2007.10.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2007.12.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
うにゃにゃ。
やー、ダメでした。ダウン、ダウン。
早い時間に店に電話を入れて、ガッツリ眠りましたよ。変な夢も見ていた様だけれど、覚えちゃいないんだわ。

けれど、夜にはすっかり元気になりましてね。
夜遅くまで勤務のワタクシ、こんなんだったら欠勤ではなくて遅刻にしておけば良かったかなぁ~・・なんて。
ご迷惑お掛け致しました、本当に。明日は働きます。

こういう時に思うのは、この店の大雑把さ。
悪くも良くも大雑把なので、細かい事は一切聞かれません。嫌な事も云われません。まぁ、この間から「調子悪ーい」ってな事を云っておりましたので、それなりに覚悟も出来ていたのかも知れないけれど。
でもでもそれって、ものっそいありがたい。細かい事を云わなくちゃならなかった場所ばかりでしたし、それはそれでしょうがないとも思っていたし。

揺らぐんですよ。決めかねるの。
次に行くの、どうしようかと思うの。

届いた採用通知を眺めつつ、行くにしても行かぬにしても、来月中には完全に決めないといけない。
今の気持ちは半々です。

次に行けっていう、見えざる誰かからのお導きなんだろうけどね。苦労もせずに採用されちゃったっつー事は。

時間は未だある。
後は俺次第。
スポンサーサイト
2007.11.11 (Sun) 01:18
良かったんだ。
夢と現の狭間にあるばあちゃん。
去年辺りから、夢の中に居る状態が長く続いておりましたが、どんどんその時間が長くなり、今では殆ど夢の中となってしまいました。

今年の夏。
「ばあちゃんが私達の事を判る内に逢いに行こう」と。
数年振りに家族揃って夏休みを取る事が出来、長い時間をかけて田舎まで走りました。
田舎に居たのは僅か3日間。
けれど、ばあちゃんと一緒に居られたのは、正味1日半位だったかも知れない。
行っている間にも色々とあり、現実をまざまざ突きつけられる形となりました。
話は聞いていたけれど、聞くのと実際に体験するのとでは大違い。少なからずショックを受け、こちらに戻って参りました。

ばあちゃんは、今の戀子の体の基礎を作り上げた人、という認識があります。
ばあちゃんと長い時間、一緒に暮らしていた訳ではないので、厳密に云えばそうではないのだけれど、ばあちゃんからの隔世遺伝で戀子はDMになりました。まぁ、血筋なんですよ。
そして今の様に太った成りも、きっかけはばあちゃんでありました。細かいところは省きますが。

戀子がリアル思春期の多感な頃。
そういう色々が相俟って、ばあちゃんとうまく関われない時期がありました。
お互いが離れた場所で生活しておりますので、滅多に逢う事は叶わなかったのだけれど、その距離と逢えない時間の中でうまく昇華出来、それから先は程良い距離感で接する事が出来る様になりました。
大体、人をどうこう思ったところでしょうがない。自分で変えられる事は、自分で変えていけば良いだけの事。

どこの家でも何かしらの問題がある様に、我が家でも、我が家の親戚関係でも、色々な事がありました。
全てを切り離したいと、思いっきり拒絶していた時期もありました。
けれど、そういうのも『時間が解決してくれる』という奴で、どうでも良くなっていきました。
赦せるのかと云われれば、決してそうではない。
でも、どうでも良いのです。そういう事も全て。

数年前。
親戚宅から田舎へと戻る途中下車だった我が家で倒れたあの夜。
毎日の様に病院へばあちゃんに逢いに行った入院中。
その後の我が家での1ヶ月程の生活。
ばあちゃんの我が儘を叱り飛ばした。
大好きだったばあちゃん特製の浅漬けの作り方を教えて貰った。

今年の夏。
我が家で過ごしたあの日以来、久し振りに逢ったばあちゃんの小さな体。
真っ白な髪。
荒れ果てた家の中。
みんなが寝静まった後、眠れなかった戀子と起きてしまったばあちゃんの、夢と現が交じり合う会話。
傍にあった父の帽子を少し弄ってからかぶり、こちらを向いてニコリと笑った時の顔が、とっても可愛らしかった。

ばあちゃんは、もうわたし達の事が判らなくなってしまった。

未だ未だいっぱい聞きたかった事があったのに。
ずっとずっと望んでいた戀子の花嫁姿、ばあちゃんが判る内に見せたかったのに。

『次』がいつだって確かに来るとは限らない。
次に繋がらない事の方が、この世の中には圧倒的に多い。
「またね」を云わないままに一生逢えなくなる人の、なんて多い事か。
この夏、ばあちゃんと一緒に写真を撮ろうと思っていたのに、不確かな『次』を信じたばかりに撮る事が出来なかった。

次にばあちゃんと逢った時には、戀子の事をどういう人だと思うのかな。
どう思われようと、戀子はばあちゃんの体に触れたいと思う。
色んな事を肌で感じたい。

今年の夏、逢いに行けて良かった。
良かったんだ。
2007.11.10 (Sat) 03:24
マヂで???
微妙な具合の悪さは変わらず。
ダラダラと布団に寝転がりながら、mixiしたり、ネット徘徊してみたり。
そんな中、今更ながらに『顔ちぇき!』やってみました。
今更感、満載ですよ。アレってどれ位前に流行ったんだっけ???

ワタクシ、池内博之サン<Link>に似ているんだそうです。この方が似ている芸能人ナンバー1で、54%。
続いて来るのが上野樹里チャン<Link>で、53%。
3位はオダギリジョーさん<Link>で、51%。
基本的に男顔っつー事でしょうかね。
男女別のランキングでいうと、似ている男性芸能人は池内サン、オダジョーに次いで来るのは阿部サダヲさんでした。
女性は樹里チャンに次いで鈴木京香サン、芦名星サンでした。
総じて垂れ目っつー事で。
彼ら・彼女らの美形っぷりからはかけ離れてはおりますが、二重で垂れ目って辺りは納得であります。
この顔チェキ、アニマルチェキなんてのもあるのだけれど、それだとワタクシ、1位は羊、2位はパンダ、3位は鹿だそうです。

そんなんで1人楽しんでいたら、舞い込んできた1通の封筒。

この間、『しょーもねぇなー』状態の面接を受けた会社からの通知でありました。
ものっそいうっすい封筒で、不採用通知だわーなんて思いながら封を開けたら、あらあら、何と採用ですってよ、奥さん。
ワタクシ、もぉ終わったモンだと思っていたのだけれど。

マヂですかー、そうですかー。
やはり訊いてみたいのは、あの流す様な面接と履歴書で、戀子のどこに引っ掛かったのかという事。
それとも、まだまだ日もある事ですし、大量に採用するだけしちゃって、その時まで待とうという心構えなのか。

何にしても、採用だそうです。

マヂですか。
2007.11.09 (Fri) 23:01
上がったり、下がったり
こりゃ暫く、微熱が続きそうな気配ですよー。上がったり下がったりしてますよー。
朝はそうでもなかったのだけれど、夕方にはお惣菜のにおいが鼻につきまくるは、眩暈三昧でどうにもこうにもだは。
具合が悪くなると登場する、戀子的お助けご飯・おにぎりとポカリで1日を乗り切って参りました。これが食べられている間はどうにかなる。

アレだな。体調が悪い時には仕事もうまく運ばないっつーか。
手元は狂うし、言葉は噛むし、注意力が散漫になるし。
ヨレヨレな1日でした。しゃーない、そんな日もある。

そんな中、今日はいつもいらっしゃるお客様から、カップケーキとパウンドケーキの詰め合わせ(というのとも一寸違うのだが)を頂きました。
いらっしゃったら挨拶をする程度で、殆どお話をした事がなかったのでびっくりしちゃったのですが、折角なのでありがたく頂きました。
こういう贈り物をうまく受け取れる人になりたいです。
そして、相変わらずオッサン受けの良いワタクシであります。

体がダルいのに眠れないのは、休みの前の日だからでしょうかね。
元気だったら出掛けたかったのだけれど、この分だと一寸アレだな。大人しく過ごして明後日からの仕事に臨みましょう。

今朝、起きる直前。
夢の終わり際に聞こえた、けれど夢とはまるで繋がらない言葉、「哀しいよ。もっと一緒に居たかったのに」という女性の声が耳から離れません。
誰だったんだろう、何を伝えたかったのか。


さて。
少々不具合が出て参りましたので、もしかしたらこのブログをどこぞに移行させるやも知れませぬ。
その時が来ましたら、ミナサマにはお知らせするやも知れませぬ。
お知らせもせずに、いきなり去るやも知れませぬ。

全ては未定。

戀子の傍に居る極身近な方々、蜘蛛の糸を彷徨って『想ヒ出綴リ』に偶然辿り着いた見知らぬ方々と戀子が交わる場ですので、大事にはしたいのだけれど。
でもねぇ、中途半端に戀子を知る人に介入されたくはないのですよ。
他人の目にどう映っていようとも、戀子にとってここはとても大事な場所ですので。
2007.11.09 (Fri) 03:33
オロチ
相変わらず、上がったり下がったりしている微熱にやられております、戀子でございます。
見ない振りをして過ごしております。見ない振りをしときゃ、どーにかやれる。うむ。

さて、そんな見ない振り的お話。

2年前の今頃の事。
一路に連れられて初めて、東京モーターショーに行きました。
車の免許もございませんし、ものっそい車好きな訳でもございませんので、その時にはただ『連れられて行った』ってな感じだったのですが。
ずらりと並んでいる色んなメーカーを見比べてみるのも楽しそうでしたし、一路が好きな世界を覗いても見たかったし。普段は圧倒的に戀子が好きな事やら行きたい場所やらを優先して連れて行って貰っておりますのでね。

連れられて行ったモーターショーではあったけれど、その時にものっそいヒットした車がございまして。
それがここ、光岡自動車製作の『大蛇(オロチ)』であります。<Link>

外観から判りましょうが、この顔が超~ヘビですよ。
流線型のボディが美しいでしょ???大きいしね。まさに大蛇の風格。
色んな車を散々見た後で、この大蛇を見た時の衝撃ったら。デジカメで撮ろうと思ったら電池切れだった時の衝撃ったら。
たまらない程に激しい吸引力だったにも関わらず、デジカメにも写メにも残せなかったのが後悔しきりでありました。

で、この間。
一路がお友達と開催中のモーターショーへ行くという話でしたので、「あのかっこいい車を写メって来て!」と懇願。
まぁ、かっこいいと云いながらもワタクシ、肝心の光岡の名前も、大蛇って名前も忘れてしまっていたのですが。
それでも見た後で散々「かっこ良かった♪」を連呼していたものですから、一路も覚えていたようで。記憶力の良い人で良かったわ。
その日の内に写メを送ってくれました。

スポーツカーな装いではありますが、この大蛇はスピードを楽しむ車ではないんだそうな。
スポーツカーな『雰囲気』を楽しむ車なんですって。日本の道路事情を汲んでの、あくまで雰囲気なんだそうだけれども。
形から入りたがる戀子の様な人にはピッタリですな。何つーか、丘サーファーチック???
綺麗な女子が大蛇を運転していたらかっこいいなぁ~・・♪なんて、ほわんと想像してニヤニヤしちゃったりね。自分自身がっていうんじゃないのが哀しいんだか、そうじゃないんだか。

内装の色は全部で25色、車体の色は300色程の中からオーダーが出来るんですってよ。
完全受注生産で、光岡の職人サン方が手仕事で作ってらっしゃるというお話。
すごいよなぁ~・・うっとりするよ。

まぁ、それゆえの1千万を超えるお値段なのですがね。ンフ。

到底、手が出ませんので(免許もねぇし・・とかいう以前の話だが)、トミカのミニカーで手打ちにしましょうか。
こちらは500円足らずの幸せ。
mitsuoka.jpg

2007.11.08 (Thu) 02:32
風邪っぽ
休憩入った後から目蓋が重く、これは~・・と思っていたら、どうも風邪っぽ。
今、流行っているからねぇ~・・お客様でもマスクマンが増えて来たしねぇ~・・
その中から貰ったみたいよ。何でも貰わなくていーのに。昼間は元気だったのに。

熱っぽいので、今宵はこれにて。
明日、明後日も仕事だしの。

ミナサマも御自愛されたし。体が資本。
俺が云うと説得力あるっしょ???ンフ。
2007.11.07 (Wed) 02:02
ベルトコンベアーに載せられたもの
そんな訳で、久し振りに面接を受けに行って参りました。
今の仕事に就く時の面接が最後なので、かれこれ2年半位振りであります。

昨日の夜。
履歴書を書きながら求人広告をもぉ1度よく見直し、細々と聞きたいところが幾つかあったので、大まかな事しか書かずに終わる。
契約社員、パート、バイトの募集だったのだけれど、今の様な状態で働きたかったので、契約社員希望でおりましてん。

でも、微妙なところでね、これが。
ワタクシ、朝は体調がよろしくない事が多いのですよ。血糖値の関係っつー感じでね。
だもんで、20代の後半からこちら、勤務時間は午後からを条件で働いております。時間が経つにつれ体調も落ち着いて参りますので、この方が都合がよろしいんですわ。
なので、端から早番は希望してないんですよ。
広告によれば、早番・遅番の両方とも出来なくてもオッケイとの事でしたので、じゃあ遅番オンリーで・・と思っておりましたが。
が。ここで住んでいる場所の微妙さがネックに。
ラストまでやってしまうと、今度は終バスの時間に間に合わないというね。
出勤の度にタクシーを使うようでは困ってしまうなぁ~・・と。

で。
じゃあ、今の店よりも時給は遥かに良いので(最大で400円アップですから)、いっそパートでもいいかしら・・と思いつつ見てみたら。
それだと、今度は4時間までしか働けない。
幾ら時給が高いとはいえ、時間が短すぎて今よりも稼ぎが少なくなってしまうという。

契約社員の勤務シフトで中番はないのかという事、パートで4時間以上は働けないかという事、その他モロモロの質問を抱えつつ、面接に臨む事に致しました。

会場であちらが用意した履歴書的アンケートに答え、いざ開始。
1つの部屋に面接官2人がそれぞれ面接をするというスタイル。1対1なのだけれど、同じ部屋なのでオープン過ぎる感じで、少々嫌だなぁ~・・という状態。しかも狭いし。

履歴書を復唱する様な形で辿られるものの、「ちゃんと見てるの???」と何度突っ込もうかと思った程に、肝心なところをことごとく間違えられる。
そして、これは毎度の事だけれど、健康状態のところで何度も何度もうるさい程に聞かれる。「病院へは通っているの?」「薬は飲んでいるの?」「仕事をして大丈夫なの?」
んもぉ、ゲンナリだ。うっさい、うっさい。
採用する側としては気になるところだし、判るんだけど、こればっかりは慣れないんだよなー。己の弱点だからなのか。

始まる前に用意していた質問は、説明が一通り終わってから訊こうと思っておりました。
が、結局。そんな時間はまるで与えられず「じゃあ、○○と△△をやって頂いて、今日は終わりです。お疲れ様」。

えぇ???何だ。それで終わり???

戀子が質問する時間もなかったけれど、戀子に質問する事も一切ありませんでしたけれど。
唯一、「レジ経験はありますかー?」「はい、ございます」。以上。
あれで何が判ったんだ???あれで採用って事になったら、どこに掴まれたんだか聞いてみたい位だわ。
正味10分。そんなものでした。

まるでベルトコンベアーに載せられたものみたいに、履歴書だけを覗き込んで面接をして。
志望者はいっぱい居たので、それを捌くにはただ淡々とやらなくてはこなせないのかも、と思ってみたものの。
でもなー、もぉ1人の面接官の方はちゃんと『面接』していたけれどもな。
自分達のやり取りの無意味さに途中でしらけてしまった次第。

今の店の面接も相当なものだったけれど、ある意味、今日のところはそれ以上。
ありゃないね。採用は無いと見たよ。ベルトコンベアーに載った俺は、不具合があるからはねられたっぽ。

でもアレだ。外の空気に触れるという事では、意味のある時間だったかも知れない。
1つのところに居ては見えない事が、久し振りに見えた感じでね。
暫く今の店で様子を見つつ、またどこかアンテナに引っ掛かる場所があれば、行ってみようかと思います。
2007.11.06 (Tue) 02:03
寒々しい
20071105144032.jpg
こう寒くなって来ると、噴水はどうにも寒々しいもんですな。

面接までの時間、会場近くの公園で募集要項や履歴書を見直してみる。

あー、『話を聞いてから~』位に気楽に構えていたものの、いざってなると緊張するわー。
2007.11.05 (Mon) 14:40
ミスプリ的
この間、軽く裏切られた想いでガックリ来てしまっていた、会社のアレコレに関わる諸問題。
店長クラスの社員サン方にも話がまるで伝わっておらず、聞こえて来る話も要領を得ず。
何だかなぁ~・・と本当に嫌気がさしていたところ、今日聞いた『恐らくはこれが真相』という話が、『実はミスプリントがありました』という。

俺ら、時間給労働者ですのでな。
お時給問題には敏感な訳ですよ。ましてや2年チョイ通っているというのに、全く微動だにしないお時給。
現場を見ている店長にその権限がないというのだから、まぁおかしな話だよってな訳ですがね。
大体、たまぁ~にしか来ない本社の人間が判断するったって、一体何が判るというの。
そうでしょう?奥さん。
何で判断するんだ。店の売上と同時に、ただ勤務年数か。仕事っぷりは関係ないのか。
年数に関わらず、とても良い仕事をする人はいるし、長くいてもアイタタな仕事っぷりな人も居たりするのにね。

まぁ、それは今回はさておき。

結局、みんなが敏感に反応し、ブチ切れたお話というのが、店で出している売出しの広告の隅に小さく載せていた求人募集の広告で、我々の時給よりも100円も高く設定されていたんですわ。
それが夕方からの数時間。
朝は今の我々の時給と変わらず、夕方から一気に100円アップですよ。
土日祝の時給をアップする会社があるのと同じで、忙しかったり夜が遅かったりなどの特別時間帯に時給がアップされる会社も多い。うちの店もそうですよ。夜間は100円アップするのでな。
でも、夕方からってのは初耳。

じゃあ、全体的に時給がその様に改正されるのかな???と思いきや、そうではなく。
最初に聞いたあやふやな情報では、午前中は対象外、その時間前に入る午後からの戀子も、その時間帯にバッチリ関わって来るにも関わらず対象外、午後から入って1時間だけその時間に関わって来る人も対象外。
あくまで、特別時間帯の開始時間以降から入る人のみが対象だという話でありました。

これだけ聞いたらどないやねんっちゅー話ですよ。
仕事もろくに出来ないド新人サンがいきなり100円高い時給でさ、慣れている我々が変わらないっていうんじゃさ。
余りお金の話をしたくはないが、ボランティアでも好意ででも働いている訳じゃないからね。ガタガタ云いますよ。安い時給だしね。

が、結局。
少し離れた場所にある某店のみの求人である事が判明。その店は他の店とは違って閉店時間も早く、それゆえに特別時間帯枠も早いという事でありました。他にも理由はあるんだが。
当然の事ながら、他の店のスタッフさん方からの反応もデカかったらしく、かなり総出で踊らされた形となりました。
何だかなー。

「だから、戀子サン方も安心して良いんですよ」と云われたものの、何をもって安心すりゃいーんだ、店長。
バイトちゃん達だけが時給が上がる訳じゃなく、これまでと同じでみーんな変わらないっつー意味での安心なのかも知れぬが、それはそれで問題なのですよ、店長。

何だか怒り損というか。
それでもかなり脱力しちゃったけどね。まさかミスプリとは・・
校正、しっかりしろよ。募集店舗名がまるまる抜けるなんざ、デカい事ですよ。
ねー、soniチン!

そんなこんなで、脱力しつつ1週間が終わりましたよ。

明日は久し振りの面接であります。
履歴書、さっき書き終わった。聞きたい事だらけだ。
2007.11.05 (Mon) 03:41
『キープ笑顔』
キープ笑顔を心掛けようと思いつつ、中々キープ出来ない困ったチャン。
今の俺、相当やさぐれておるのでな。自分でも持て余してしまう程なのでな。
お休み前日の夜、常々思っていた事を聞いて貰い、幾らかすっきりして1日が終われた訳ですが、そうは云っても俺、そこまで大人になれんのですよ。
きっちり気持ちの切り替えをする事も仕事の内なのかも知れないけれど、何しろ中2病ですから。
万年思春期、いつまで経っても大人になれず。青春スーツは装着しっ放し。

今日も今日とてやさぐれて、よくいらっしゃるオヤジなお客様の冗談に、くそ忙しい時で相手もしてらんないわ的状態だった事もあり、ニコリともせずに流してしまったり。
ホントに困ったもんだ。これまで仕事であんな態度を取った事はなかったのに。
仕事はしましょ、イライラしてても。お金貰っている以上はプロなんだから。

あー、くそくそ。
こんな時には一路に絡み付いていたいのに。
けれどこういう時にこそ、ゴロゴロと擦り寄る事が出来ない。ヨシヨシして貰いたいって思うのに、こういう事で甘えるのは何故か卑怯な気がして出来ないんだよな。
可愛げ無いんです。頼るのも苦手なんです。
それよりアレだ。
この間みたいにバドミントンとかしちゃって笑い合いたい。
あー、でもアレだ。
今はめっさ一路とチューしたいんです。

何だろうね。
Hも良いが、それよりチューの方が心癒される感じっていうの???
Hに辿り着いた時よりも、例えば指を絡ませた時の感触がたまらないっていうの???

何やら訳が判らなくなって参りましたが。

肉の交わりよりも、肌の触れ合いがたまらなく恋しい夜であります。
今日刻んじゃった眉間の皺を伸ばさなくっちゃさ。
1日の終わりにリセットしなくっちゃさ。
でもまぁ、すぐに触れ合える距離に一路はいない訳ですが。

暫し、一路サンとは逢えないのでね。
我が家にやって来たスティッチ師匠の感触で、今宵は癒されようと思います。
h-candy.jpg
ホワホワでニヤニヤ。
そしてお香を焚きまくり。
寧ろ充満な方向で☆
2007.11.04 (Sun) 04:29
巷でうわさの・・
今日は月イチ恒例の内科の受診日。
予約を取っていた日に行けず、予約の取り直しもすっかり忘れてしまったので、今回は予約ナシで受診する事になったのだけれど、大学病院や総合病院の様に大きな病院ではないものの、DMの専門医が開業されている病院である事もあって、いつもものっそい混むのです。
待ち3時間、5分診療なんていう事はされず、じっくり話を聞いて下さる先生なので、余計に混むっていう話もあるのだが。でもその分、信頼も置けるっていうね。
戀子が死ぬ迄、先生には現役で頑張って欲しいよなー。

午前中には行くつもりでいつもよりも早起きで用意をしていたものの、昨日の夜更かしが祟ってしまい、んまぁ中々動けないったらない。
結局、午前の受付時間には間に合わず、それでもサクサク行って、午後イチで診察券を滑り込ませる事に成功。

久し振りに本でも読みましょうと、村上春樹サンのエッセイを2冊買うも、睡眠時間の足りなさゆえに同じ行ばかり読んでいて、終いには舟を漕ぎ出してしまったので途中で諦める。
寝しなにゆっくり読みますよ。

今回、ものっそいストレスがかかっていた事もあり、高血糖も自覚しておりましたので、決してよろしくはないだろうなぁ~・・と思っていたものの、HbA1cは若干ダウン気味。
けれども1日の血糖値の変動で見ると、下がって欲しい朝が中々落ち着きませんので、インスリンをうまく吸収させる薬が追加される。
また薬が増えちまったなぁ~・・
医療費、中々下がりません。緩やかに右肩上がりですよ。
無駄にお金をかけています、この体。

受診後は1人で遅いお昼ご飯。
時間的には午後のティータイムといった位で、お茶とケーキでお喋りに花を咲かせている主婦の方々の会話を聞くとはなしに聞きながら、もふもふとパスタを頂く。
どーしてもパスタの気分だったんだ。

ハロウィンが終わり、そこここには年末の香りがちらほら。
雑貨屋サンではクリスマスのツリーやディスプレイ用品が売られていて、何となく浮き足立つ。
そろそろ部屋の中のディスプレイも替えようと思い、同時にタンスの入れ替えが未だ出来ていない事を思い出したり。
薄ーい服しか入ってないよ。そうじゃなかったら半袖三昧。寒い、寒い。

文具屋サンで履歴書を買い、帰宅ラッシュの波にもまれながら家に戻ったら、この間ネットで頼んだ眼鏡が届いておりました。
それにしても、ネットで何でも買えるんだなぁなんて。
最近では外でモノを買う事が少なく、大概ネットで済ませてしまうワタクシ。
某所で見付けた可愛くて安い眼鏡は、コンタクトの度数で眼鏡が買えるというもの。
前はコンタクトの併用で眼鏡、といった位だったのですが、最近は目の調子がイマイチな事もあって眼鏡を主に使っておりまして。
眼鏡、1本しかないのでね。手荒に使うワタクシなので、かなり可哀想な事になってしまっておりました。
セルフレーム2本で5千円はお値打ちでしょ???
掛け具合も悪くない。色味も可愛い。
スケルトンのパープルとブラウンのニクい奴ら、明日から使い倒します。

ここ暫く、かなりやさぐれ気味な日記が続いておりますが、そこはそれ、戀子の為のブログなので、どうぞ御容赦。
垂れ流しブログですから。

ここでチョロッと一服を。
某所で見つけて面白かった、『巷のウワサメイカー』。脳内メイカーの何番煎じと云われましょうが、面白ければそれで良いのです。
you達、やってみちゃいなよ!ケータイからご覧下さっているyou達も見れちゃうよ!<Link>

そんな戀子の結果はこちら。
『日本屈指と言われている戀子さんですが、巷ではレントゲンについに骨が写らなくなったというもっぱらのウワサです。』
あああ、レントゲン撮りてぇぇぇぇ――――っ!!!
2007.11.03 (Sat) 02:54
軽い裏切り的。
かなりゲンナリさせられる話を、間接的に知る。
ある意味、間接的にもなっていないかも知れない。気付かぬ振りをしていたら、そのまま流されて終わりになるかも知れない。
それ位さらりと、けれど大胆に、打ち出していた事。

多少の後ろ髪を引かれる気持ちはありつつも、今の場所から離れようと決めた昨日。
明けて今日。
ここを知って定期的に読んで下さっている、かなり近しいスタッフの枠を越えた方々以外には、当然辞めるという話もしておらず。
過去の失敗を繰り返さない為にもな。次をきちんと見付けてから動こうと思っているのでな。

いつもと変わらぬ状態で仕事をしておりましたが、そんな中で知ったゲンナリな事実。
軽く裏切られた気分になりました。
や、軽くもないな。かなりなモンだ。

うまく云えないけれど、何ともやりきれない想いです。

何をして来たんだか、ここまで。
あれを知った皆は、当然の事ながら怒るだろうな。
馬鹿にするのも大概にして下さい。

明日、休みでよかった。
この気持ちのままでは、どうにもこうにもだ。
誰かきちんと、説明してくれよ。
2007.11.02 (Fri) 03:30
久し振りの緊張感
昨日は相当頭に来ていたものの、その後でゆっくり反芻してみました。勢いだけじゃいけないからね。
で。
精神衛生上、やっぱりよろしくないよなぁという結論に行き着く。

ウダウダ悩むの、好きじゃないんですよ。
そうは云いながら結構ウダウダしちゃうのだけれど、もぉ散々ウダウダしたので、そろそろいいんじゃないかなぁって。

そんな訳で今日は、朝イチで久し振りに面接の予約の電話を入れました。
久し振りなものですから、番号を打つ手も震えるってなもんだ。
何しろ緊張しぃなのです。未だ面接まで行き着いていないっつーの。
「レジの経験はありますか?」という質問に「はい」と答えたものの、今のペースでのチェッカーは、チェッカーとしての経験値を上げるだけのものなのか、どうか。
今の店の中ではレジを捌くのは速い方だけれど、ただそれだけの話だし。

どうしたものかと悩んでいた時に、タイミング良く舞い込んで来たこの求人は、どうしても捨てられずにおりました。
求人が入ってから3日も経っているものですから、募集が打ち切られている場合も往々にしてある。
気になりつつも『まぁいっか』であっさり捨てられる求人もあれば、今の会社に入る時もそうだったのだけれど、暫く寝かせておいても忘れられない求人もある。
得てしてそういう求人は御縁があったりするのだけれど、今回もそうなるのかな。どうなんだろうかな。
一先ず今回は、どうにか面接までこぎつけた。

この年齢での求職活動は色々と難しくなってはくるものの、そうも云ってはいられないのです。
ワタクシ的に云えば、自分に1番向いているのは主婦業であると思うけれど、主婦になれるだけの条件は揃ってはいないのでな。
どこかに属してガツガツと働かなくてはなりません。

離れる事への不安は嫌でも付き纏うけれど、現状がどうにも動かないのであれば、自分から動くしかない訳で。
体なのか、お金なのか、仕事内容なのか。
どこに重きを置けば良いんだろうかと思うものの。
思うものの。

今度、面接に行く会社で採用という事となったら、暫くはライヴだ何だと云っている場合じゃなくなるのは必至。
CANTA、きっと行けないなー。完全に土日は休めなくなる。
まぁそれも仕方がないやね。土日休みの仕事には就けないしね。

何だ勘だと云いながらも、先ずは面接を受けない事には始まらないのですよ。
散々あーだのこーだのと云っておきながら、不採用だったらそこまでだしね。
そしたら状況を見つつ、次を探すまでなのですが。

今度の日曜は、チケが取れていたらCANTAのライヴだったのですが、今回は行けなくて正解。
シフト表を見たら、「日曜は何かの集会か?」ってなばかりに、女子連中みーんな公休希望。
朝1人、午後は戀子が来るまでゼロ、夕方から1人という有様。
幾ら小さな店だからって、こんなんじゃ営業出来ねぇよってな話。
恐らくは朝から晩まで男祭な予感ですよ。
わっしょい、御利用。
2007.11.01 (Thu) 02:34
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。