2007.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2007.11.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
期待をするから
云われたその時には不満はありつつも、まぁいいやと。
それならそれで、納得いくだろう形にまでやったろうじゃねぇかと。
そんな風に思いながら取り掛かったのだけれど。

後からよくよく考えてみたら、それは『私達は色々やる事がいっぱいで、時間がないから』というもっともらしい理由で、体良く押し付けられただけじゃないのかと思えて。
そこに入った事がないので正直、どんな仕事をしていて、どれだけ時間が足りないのかはよくは判らない。
けれども、少し前に加わったそこから移行した仕事に今回新たに上乗せされ、おかげで手が回らないっつー話だ。
俺の体は1つしかないんだし、それ以上の事を望まれても出来ません。
出来ないから「出来ません」とは云った。出来ないなりに、出来る範囲ではやるけれど、と。
つか大体さ、そこ以外の場所だって条件は同じでしょ。
他の場所も同様にやりましょうって話であれば、納得出来る。
でも、そういう話じゃない。

余程、暇そうにやっている様に見えるのかな。
大した事をしているとは思わないけれど、結構時間めいっぱい動いていると思うのだけれど、そう思っているのは自分ばかりで、ただの驕りだったのかしらね。
実際、余裕なんて今はまるで無いですよ。
気持ちの問題なんだろうか。

もぉいっそ、それなら俺をチェッカーから外してくれないか。
正直、ここずっと終わり2、3時間以外は殆どレジに立てないんだし、他の仕事をあれこれ都合よく振られる位なら、チェッカーとして見て欲しくはない。
そこに専念させて下さいよ。

『最初の話と随分違う』なんて事はよくある話だけれど、これまで随分呑んできたと思う。
実際、良くして頂いた部分だって多い。
ものっそい感謝しています。

けれど、もぉいいっすわ。

訴えてみたところで結局は何にも変わらない。
さらりと流されて、ただやるべき事が増えていくばかり。
今の状態を続けて行ったら、間違いなくまた動けなくなる。
私生活に支障を来たしたところで、会社が何かしてくれる訳でもない。

明日、電話を入れよう。
来年以降の居場所を探そう。

その前に何か変わるか。
や、変わらないよ。

期待するから頭に来るんだ。
期待なんかしないで、来るべき時が来るまで、今だけを過ごそう。

俺が居なくなったところで、何にも変わりはしないから。

勝手にして。
スポンサーサイト
2007.10.31 (Wed) 02:30
どんぐりと小さな焼き菓子、部活並みのバドミントン
もぉ10月も終わるっていうのに、今日は何だったの、あの暑さ!
20度を軽く上回り、動くと汗ばんでしまう程。

そんな中、怒涛のバドミントン大会を一路と開催して参りました。
よく行く辺りにある気になっていた公園は結構な広さで、ジョギングコースや野球場、テニスコート、プールなどの施設もあって、外から見るよりも随分奥行きがありました。
外観はひなびた感が漂っていたんだけどなー。その辺りも魅力だったんだけどなー。

でもこの広さ、遊び甲斐は充分。
お子を持つ若いママさん方がいっぱい居たり、お犬様連れの方々も多かったり。
一通りぐるっと回り、障害物のないバド向きの場所を見つけていざ、開始。
つかここ、『展望台』というプレートが立っていたのだけれど、一体どこを展望しろと???という程、周囲は木が茂っていたのですが。
そのすぐ下に広がるテニスコートを展望すればよいのか。
この木の茂り具合では、展望というよりも寧ろ盗撮チックですが。

今回、公園の近所にあるお気に入りのお菓子屋サンのお菓子を賭けてのバド大会。
モノがかかると俄然やる気が出て来ますよ。
『健康の為に運動を』と云っていた筈なのに、お菓子を食べちゃ帳消しになるんじゃないかっていう話もあるけれど、ここのお菓子は近所にあれば絶対に通うし、お土産に持って行きたい位に好きなんだもん。んふ。

履いていたパンプスから、一路の車に入れてあるドライビングシューズに履き替え、完全に戦闘モード。
おデートでのお遊び的バドなんかじゃないですから。俺らのバドは部活並みですから。

3セット先に先取した方が勝ち!ってなもんで、ガツガツと打つ、打つ。ひたすら打つ。
ふと気付いたのが、明らかにうまくなっている俺ら。
最初の頃は、こんなにラリーが続く事はなかったのにね。気合ばっかり充分で、スカスカしまくっていたのにね。

しかし、普段は運動からかなり遠ざかっている我々。
1セット毎に休憩を入れない事には動けないという有様。ポカリが染みたなー!

結局、先に2セットを取るも、プレッシャーに弱いワタクシが地味な重圧に負け、一路の勝利。
てくてく歩いて焼き菓子数点をお買い上げ。
うん、何だ勘だで自分の分も買ったけどね!
お疲れっした!

暑い、暑いといっても、そこは10月も終わり。
日が傾いて来ると途端に風は冷たく、手にしていたコートを羽織る。
お喋りしながら園内を歩いていると、道に転がる小さなどんぐり。

高校時代の友達・さかゆきの日記でどんぐりの話を読んで以来、一寸恋しかったどんぐりに逢えましたよ。
どんぐりを見なくなって10数年。多分、いやきっと、小学生の遠足以来のご対面ですよ。
そこらを見てみるも、潰れているものが多くて、傘までかぶっているものには出会えず。
最初に見つけた無傷のどんぐり1個を手の中で転がしながら、公園を後にしました。

今週の逢瀬の後は、暫く一路とは逢えない。
「明日はお互いに仕事だから、今日は早く帰ろう」なんて云いながら、蓋を開けてみれば夜明け前。夏だったら空は白んでいただろうなぁ。
名残惜しみながら帰り、1日を振り返る。

今日も笑顔で過ごせました。ありがとう。

ああ、10月もいよいよ終わり。
ここから暮れまではあっという間だな。
2007.10.30 (Tue) 04:30
夜更けの大掃除
仕事から帰って来て、ご飯を食べて。
後はのんびりしようと思っていたのだけれど、急に掃除をしたくなりましてね。
いきなりのシャキ神様ご降臨ですよ。

今日は随分久し振りに、ほぼずっとレジに入っていたので、これはこれで気疲れしちゃって結構グッタリしていたのだけれど。
その筈なのにね。元気に掃除なんかしちゃってましたよ。

掃除といっても、日付を跨いでの深ーい時間ですのでね。
当然の事ながら掃除機なんかはかけられないので、コロコロとウェットティッシュと雑巾をフル活用ってなもんで。

ガツガツと動く事、数時間。
気付けばこんな時間ですよ。早いもんですよ。
明日はおデートだっつーの。
いつもより早起きなんだから、早く眠るつもりでいたのに。

まぁ、部屋がスッキリして気持ちが良いからヨシなんですがね。これでいつ誰が来てもダイジョブだからね。
それにしても、夜中に掃除したくなるって話はよく聞くけれど、ワタクシ的にはこれが初。

ああ、もぉもぉ。早く寝よう。
また起きれないよ。睡眠不足は肌によろしくないよ。

今更な感じがしなくもないが。
2007.10.29 (Mon) 03:45
台風襲来
秋台風っていうのは、どえらいスピードで駆け抜けていくというけれど、本当にあっという間に駆け抜けていった台風でありました。
出勤時間辺りは結構な雨風だったけれど、日付を跨いで帰る頃にはすっかり上がっていて、何だったんだかなぁっていう位で。

まぁ、雨漏り全開で店はてんやわんやでしたけれど。
処理班の方々、お疲れ様でございました。

何だかてんやわんやでしたので、1週間も終わり気分でおりましたが、明日もぉ1日あったんだよな。
頑張れ、俺。
2007.10.28 (Sun) 02:46
幸せオーラにあてられた。
フロア違いではあったけれど、以前一緒にお仕事をしていた若い女子が今日、1年振り位に店に遊びに来ましてね。
彼女、奥様になったんですよ。
なったのは去年だったっけ???今年だっけ???今でも未だ『新婚サン』と呼べる位の頃なのですが。
元々美人チャンではあったけれど、久し振りに逢った彼女の美人チャンっぷりは更にアップしておりまして。
「順調?」と訊いたら「はい、順調です!」という、弾んだ声。
ああ、幸せなんだなぁと。ものっそい思ったのでした。

今日の帰り、夜を共に闘う男子から「ネエサン、とうとう付き合い始めました!」という告白を受け、思わずニヤニヤした次第。
嬉しいね、良い子達だからうまく進んで行ってくれる事をオバチャンは祈っているよ。

幸せの只中にある人は、やっぱり輝いて見えますよ。
それは別に色恋に限った話ではなく。
幸せ・・っつーか『充実している』っていう方が正しいのかも知れない。
全て、己の心根次第なのだけれどもね。
自分が如何に自分を貶めていたのか、すごーく感じちゃったんですよ。幸せオーラにあてられちゃって。
山アリ谷アリで、いつも真っ直ぐに立ってはいられないけれど、それでも貪欲に真っ直ぐでありたいじゃない???
いつ何があるんだか判らないんだしさ。
明日、死んでしまうかも知れないなら、恥ずかしくない生き方をしたいのさ。
人様に誇れなくても、自分なりに全うしたい。そんな感じ。

そして改めて、笑顔は笑顔を呼びますなぁ。
ここ暫くはグダグダ続きだったワタクシ、心を入れ替えて公私共に臨み始めたばかりなのですが、今日は好感接客というよりは兎に角『With笑顔』を心掛けて仕事をしていたら、いっぱいの笑顔に見舞われました。
笑顔の応酬は嬉しいのでヨシ。

人生は修行の場といえど、嫌な事よりは良い事が多い方がやっぱりいいもの。
そろそろ俺も上がっていかなくては。来年早々には後厄も抜けるしな。
本厄よりも、後厄の方がワタクシ的にはきつかった気がする。
後数ヶ月、最後まで気を抜いてなんかいらんないんだわ。

ところで、季節外れの台風が接近中ですが、明日はどうなるのかなー。
秋台風ってのはやたらにスピードが速いんだそうで、今朝沖縄辺りで発生して、明日には関東近辺に居るらしい。逸れないだろうか。
まぁおかげでとでも云いましょうか、来週の月曜は雨はダイジョブみたいだし。

来週のおデートは、部活並みのバドミントンで鍛え上げる予定です。
秋ですもの、運動しとけって話よ。
その後の筋肉痛は必至ですよ。

ああ、CANTAのDVDが見たいなぁ。
2007.10.27 (Sat) 03:48
昨日の余韻。
昨日はCANTAではほぼ初ってなばかりに近い距離でステージを拝めたにも関わらず、どうにもこうにも不完全燃焼感が否めないのは、やっぱり対バンだったからなのかなー。
対バンライヴの割りには結構な曲数をやってくれたにも関わらず、途中のセットチェンジで気持ちがね、萎えてしまうんですよ。
飽きっぽいの、集中力も続かないし。
一気にワーッとやってくれちゃった方が、万倍スカッとする訳よ。
その時にはそれなりに楽しんで、お目当てな彼の変わらぬ笑顔全開っぷりにニヤニヤしちゃう程の勢いではあるのだけれども。
やっぱりワンマンがよろしい。ずーっと同じ面子を見ていられるし、音を聴いていられるし。
うん、我が儘ですよ、オーディエンスは。お金払って観に行くんだもん。
来年までお預け喰らったままなのが切なくもあります。ワンワン。

そんな今日は、完全引き篭もりですよ。予告通りの引き篭もり。
昨日の余韻が左足のふくらはぎだけにビシビシ残っちゃって、軽く筋肉痛で歩くのが嫌になりますよ。
おまけに乙女ウィークなので、やたらに眠いし。昨日は疲れて帰って来たにも関わらず、明け方まで眠れなかったというのにさ。
昼過ぎに起きてぼんやり過ごし、ご飯を食べてはぼんやり過ごし。
部屋でダラリとしていたら、気付けば夜まで爆睡でした。

寝ちゃったものだから今宵も朝までコースだなぁ~・・なんて思いつつ、今日はマンマ眠れそうな気配がちらほら。
体内時計がめっさ狂いまくっているから、これでうまく調整出来れば良いのだけれど。

ワタクシ、風水に一時期ハマっておりましてね。信じる・信じないは別として、風水のアレコレに則って気を付けて生活をしてみると、気持ちがスッキリするんですよ。心地良いの。
今は取り入れ易い事だけを取り入れて・・という感じなのですが、今月の風水的運気をケータイに書き込むだけ書き込んで、殆ど見ないままに今月も終わりを迎えようとしております。
よくよく見てみたら今月は『ストレスは大敵』との事。
俺、ストレス三昧だったよ、今月は特に。グダグダで後ろ向き発言満載だったよ。
そしたら『前向きな気持ちを篭めて、夢や希望を親しい人に話そう』って。
すんげー愚痴ってましたよ、周りの方々に。

これからモーレツな勢いで、夢や希望を話しまくろうかと思います。
周りの方々、鬱陶しがらずに聞いてやって下さい。

で。
ストレスが溜まった時には『やわらかいものを触ったり、眺めたりして気持ちを穏やかに保ちましょう』と書かれておりまして。
そんな訳で、やわらかい奴らを触りまくって癒されます。
三十路の乙女が1人、部屋の中でぬいぐるみ(フワフワ系な奴ら)をこねくり回しておりますよ。
もぉすっかりホワホワよ。
気持ち悪いとか云うな。ストレス回避処置なんだ。

まぁ、そうは云っても今月、もぉ終わりますけれども。
今更でもいーのだ。一寸でも回避出来ればそれで。
2007.10.26 (Fri) 02:32
考えるな、感じろ!
という台詞を云ったのは、『燃えよドラゴン』の中でのブルースリー。
ライヴの楽しみ方もこれに尽きると思うのですが、どうでしょう。

さて、今日は夏以来のライヴ参戦でありました。
『Don't think,Feel!』と銘打ったライヴイベントで、今宵は戀子が愛する『CANTA』<Link>を含めたスリーピース4バンドの対バン形式であります。
他、3バンドはこちら。
『FUZZY CONTROL』<Link>、『ALvino』<Link>、『DUSTAR-3』<Link>
ステージ登場順。
因みにCANTAはトリでありました。年功序列、1番ニイサンですからね。
紅白で云うところの北島<さぶチャン>三郎サンですよ。歌っちゃうよ、神輿の上で『祭』。

久し振りのライヴだったにも関わらず、ここ最近は調子がイマイチなのに加えて、今朝から乙女ウィークスタート。
ヲイヲイ、2週間前に長く続いた乙女なウィークが終わったと思ったのにさ。どこまで乙女を感じろっつー話なのよ???
乙女+若干の風邪からか、微熱があって涼しい筈の外も少し暑い。手の平から熱がバンバン放出しているのが判りますよ。

大将と共に少し早めに渋谷へ向かい、遅いお昼ご飯を頂きながらのお喋り。
隣りのテーブルで仲良さそうに話をしていたカップルが、途中からどうにも険悪になり、終いにはさっさか彼氏が席を立って、会計を彼女任せにして出て行ったのが気になります。
おい彼氏、お前の仕事お疲れ話とダーツの自慢話で終わっていたじゃないの。
少しは彼女の我が儘、聞いたれや。

渋谷の雑踏を縫って歩きながら会場へ向かうと、そこは渋谷の桃色地帯・円山町。
ラブホ街にあるのですよ、渋谷O-EAST、WEST、NESTの3兄弟的ライヴハウスは。初めて行った頃は、軽く気恥ずかしかったものですが。
何せ、10代でしたから。
今では軽く、料金体系モロモロをチェックします。
何せ、オバチャンですから。そういう意味で怖いモンはねぇのさ。

対バン形式のライヴですからね。お客さんの年齢層もバラバラなのです。
CANTAが1番ニイサンなバンドですが、他の3つのバンドのメンバーはお若いのです。
そうすると、ファンの方々もお若い。
CANTAのライヴに行くといつも、年齢層の高さというか、自分達と年の変わらない元バンギャな方々が多いなぁと思うのだけれど、今回は若い方々が多くいらっしゃったものですから、余計にそんな事を感じました。

まぁ、『メンバーが若い』と云いつつも、DUSTAR-3のお三方はタメ&少し年上だし、ALvinoのギタリストのKOJIサンと潤サンってのも、大して変わらないお年なので、そう若くもないのだけれども。
でもアレよ。ステージの上に居るバンドマン達に熱くなり始めた思春期から向こう、大概は自分達より10歳は上でしたからね。
同年代がステージに立つようになったんだなぁと感慨しきりでありました。

さて、ライヴ。
先ずはFUZZY CONTROLから。こちらはボーカル&ギター、ベース、ドラムのスリーピースバンド。
登場早々、上半身裸のボーカル・樹音クンとパン一のJOEクンの若い裸体に目を奪われましたが(ああ、オバチャンだよ)、いざ始まったら音が良い!!
ドラムのSATOKOチャンが兎に角、可愛いったらなかった!ものすんごい楽しそうにドラムを叩くんですよ。で、パワフルだしね。
女の子ドラマーっていう感じじゃないの。かっこ良かったなぁ~。
家に帰ってからフライヤーを見て気付いたのですが、樹音クンのCD、昔持っていたんだよ。彼が未だ10代半ばの頃に出したマキシ。
ラヂヲで流れた声がとても良くて、すぐ買いに行ったんだったわ。

次はALvino。9月にデビューしたばかりのバンドで、ボーカルとツインギターのスリーピースバンド。
他の3バンドと比べて毛色が違う音でしたね。爽やかな風とでも云いましょうかね。
ポップなロックで、戀子が普段聴かないジャンルの音でありました。
未知との遭遇的なものが、対バンライヴの良いところでもあり。

続くはDUSTAR-3。ギター、ベース、ドラムのスリーピースなのだけれど、3人共がボーカルを取れるという異色のバンド。
数年前にSEX MACHINEGUNSのライヴで見て以来のベーシスト・NOISYとドラマー・HIMAWARI。
ギターのYUKI君はお初でありました。若いなぁ~・・と思って見ていたら、大して年が変わらないという。
そして改めて再確認。やっぱりNOISY、たまんねぇ♪♪♪
『喋らなければ良い男』って奴ですが、喋った時とのギャップがワタクシ的には超~ツボであります。
かっこいい人がかっこよく振舞うのは当たり前過ぎて面白くないもの。
そんなん、ごまんと居るっつー話よ。

そして、CANTA。
ここはもぉ、いつも通りっていうね。いつもの空気を感じていられるっていうね。
CANTAを見に行って以来、ちゃんとしたライヴでは初めてという近さは、4列目ど真ん中。
ホールで云えば2列目位の近さじゃない???オケピにも席を作った時の。ホールライヴに行かない方々には、イマイチぴんと来ないだろうが、そこは御容赦。2、3メートル先にステージがあるっていう位ですよ。
普段、CANTAのライヴでは『後ろは任せろ!』状態なので、顔以外のパーツが見られる事は殆どございません。何なら全く見えないという時だってございます。
それが今日は上半身どころか、履いているパンツの柄だったり、どんなアクセサリーをしているのかも見えたりと、一寸キュンキュン来ちまいました。

4バンドも出ているから、どうせ1バンド3、4曲で終わるんだろうと思っていたら、5、6曲はやってくれて。
嬉しいやら、帰りの時間が気になってドキドキやら。
最後は全員セッションで、若さをビシビシと感じつつのライヴが終了致しました。

結局、終わったのが10時前。
急いで帰るだけの元気もなく、終バスをマンマと逃がし、タクシーで御帰還。
チケット代はいつもより安かったものの、タクシー代の所為でいつもより高いライヴとなっちまいました。残念。
楽しかったけれど、対バンは暫くいいなぁ~・・なんて。
バンドとバンドの合間のセットチェンジの時間が耐えられない、そんな堪え性の無いオンナなのです。

年内最後のライヴが終わってしまい、後は地味に日々を過ごすばかりです。
早くも気持ちは来年の2月へ。
2月のワンマン、また渋谷の如何わしい界隈で逢いましょう。
2007.10.25 (Thu) 02:41
1万人。
昨日、X JAPANが10年振りに再結成したというお話。
何だか感慨深いですな。10年ですか。
ワタクシ、ライヴには参戦した事がないのだけれど、Xは好きだったんですよ。アルバム、今でも何枚か持ってますしね。有線で曲が流れると、問答無用でテンション上がるしね。
中でもhideが好きでした。今でも好きです。

以前から噂されていた復活劇がどうやら本物らしいと知ったのが、今年の春頃だったでしょうか。
その時には『再結成』ってだけで、具体的な話はまるで聞かなかったのだけれど。
正直、複雑でね。
やっぱりhideも揃ってのXじゃない???っていうね。

今でもそれは拭えないけれど、WEBニュースの写真で揃った彼らを見た時に、懐かしさにゾクッとさせられた次第。

でもそれ以上にゾクゾクさせられたのが、PVの公開撮影を待つファンの方々の姿をTVで見た時。
コスプレしている方も多くいて、それを見てキュンと来ちゃったんですわ。
Xのファンだからっていうよりは、コスをする程に好きな本命バンドは別に居たけれど、かつて自分もそういう風にコスってたよなぁという、そんな感慨。

「久し振りに当時の衣装を引っ張り出して着たんですよ~」
「昔は地毛で(髪を)立てていたんですけど、今は仕事もありますからねー、カツラで・・」

そんな言葉に色々感じちゃうんですよ、元バンギャとしては。
もぉバンギャとは云えないお年頃なのでな。

聖飢魔IIが期間限定で再結成するっていう話が出た時も、我々、相当浮き足立ったもの。
「メイクしよう!!」ってみんなで意気込んだもの。
結局、肌荒れの恐怖やら何やらで、メイクをするまでには至らなかったけれど。

長い時間をかけて聴いて来た音なだけに、曲を聴くと当時の気持ちだとか、その頃あった色々だとかを思い出してしまうのね。
当に青春なんですよ。Xが出始めた頃なんて、高1かそこらだったもの。
一寸かじった位のファンがこうなんだ、大本命がXだって方々の胸中、それはそれはものすごい事になっているに違いない。
色々思う事はあるだろうけれど、それでもさ。

93年の初冬。
TOSHIが主演で聖飢魔IIも出演していたロックオペラ『ハムレット』@中野サンプラザで、Xのレイヤーさんとメイクをしていた我々と、一緒に写真を撮ったり、Xファンの気合入れ(っつーのか、何つーのか、忘れてしまいましたが)の仲間に入れて貰ったりしたのも、良き想い出デス。

さて、タイトル。
これは昨日の公開PV撮影に訪れたファンの数なんだそうな。
1万人って。

明日はワタクシの今の本命である、CANTAの対バンライヴに行って参ります。
色々クサクサしていたここ最近、そんなモンを全て振り切るが如く、思いっきりはっちゃけて来る所存でございます。

止めるんじゃねぇぞ☆
2007.10.24 (Wed) 03:14
起きたら既に
午後でした。
まぁいつも昼起床なのでね。大概、午後だったりするのだけれど、今日はいつもより深く、そして長く眠っていた様で。
まぁ大事だものね、睡眠。ガッツリ眠れる時には寝ましょうと。

そんな今日は公休。
具合の悪さはかなり楽になったので、布団を上げてシャワーを浴び、着替えてみる。
狭い6畳の部屋を見渡せば、己の心のとっ散らかり様がまともに見て取れる程の乱れっぷり。
すぐに溜まってしまう通販のカタログやDMなどの紙ごみをまとめ、整理整頓を軽くしたら、随分すっきりとしました。
窓を開けて空気を入れ替え、お香を焚いて。

おやつの時間の午後3時を回ってから、朝食というか、昼食というか、どちらにしても随分遅いだろうご飯を摂ろうとしていた時に、弟(上)から電話が入り、夜も早い時間から仕事で東北へと行かねばならないという事で、夜食&朝食の弁当を作って欲しいというお願いが。
弟(上)はトラッカーなのだけれど、今宵は寝ずに走らなければならないだろう状態。
過酷よね、これで中距離ドライバー。
関東から東北の某所までじゃ、充分長距離じゃないのと思うのだけれど、一応、長距離ではないんだそうな。

そんな訳で急遽、夜食&朝食と、出勤前に食べる夕食も作らなくてはならなくなり、おおよそ自分のご飯どころではなくなる。
途中、一路から夜おデートのお誘いを受けるも、おデートするだけの余裕は無さそうなので、ガッツリ台所に向かう事に。

自分のご飯をのんびり食べて、それから夜ご飯のメニューでも考えましょうと思っていたものの、そんな悠長に構えている場合ではないので、冷蔵庫の中身と相談しながらすぐに取り掛かる事に。
ご飯を食べつつ、夜ご飯とお弁当を作りつつ。
姉ちゃん、同時進行でやっつけますよ。
つか俺、そんなに器用でもないんだけどな。

帰って来てからすぐに入れるようにお風呂を沸かしつつ、夜は寒いのでポットに入れていく温かいお茶を淹れつつ。洗濯物を取り込みつつ。
えらいよ、主婦は。こんな感じで日々を過ごしているんだものね。
冷蔵庫にそこそこ食材があったおかげで、買出しに行く手間が省けたのが助かった。
えぇ、凝った料理は作れませんが、有り合わせでやっつける系料理は割りに得意です。

弟(上)が帰って来る少し前にほぼ全てを作り終え、お風呂に入ってご飯を食べ、息を吐く間もなくまた出勤。
これを書いている今頃は、一体どこぞを走っているのやら。
そして、帰って来るのは明後日であります。
お疲れさん、くれぐれも事故にだけは気を付けて。

家事の全てが早い時間に終わったので、今宵はのんびり出来ました。
普段はさ、みんなの帰宅時間がバラバラな事もあって、いつまでも終われないんだわ。
最終的に全て終わるのが日付を跨いで1時近く・・なんて事も、我が家では普通なのです。

さて、明日はお仕事。
迷惑かけた分、仕事できちっとお返ししないと。
そうは云いつつ、明後日・明々後日は公休だったりするのですが。

あい、すみません。
2007.10.23 (Tue) 02:57
俺色に染まれ
出勤するつもりでいたのだけれど、やはり未だ調子が戻らず、今日もお休み。
1度ダダ崩れになると、中々復活までに時間が掛かってしまう己の体が恨めしいったらありゃしないですよ。
大人しく1日を過ごし、次の出勤までにはどうにかっつー方向で。
アレコレとウダウダ仕事の不満やら何やらを書き連ねてばかりでおりますが、こういう事があると、やっぱり転職に躊躇してしまうワタクシがおります。

やっぱりね、思い出してしまう訳ですよ。これまで流れて来た職場で受けた態度だったり、対応だったり。
今の職場は良くも悪くも細かい事を云わない会社だけれど、大半の会社はこうじゃないですから。

『具合が悪い』と云って、『お大事に』と和やかに云って貰えるのは最初の内だけ。
それが何日も続いたり、ひと月の内に頻繁に起こったりもすれば、病欠も疑われてしまう訳ですよ。単なるズル休みなんじゃないかと。電話を受ける先の上司なりの声音が、明らかに変わっていきますからね。診断書を出せよっつー話よ。
それに当然の事ながら、その場に居る方々にその皺寄せが行ってしまうでしょう???心苦しいこと、この上ない。
DMを発症してから向こう、近い人からそうではない人までの言動で、様々な形で嫌な思いをして参りましたので、体の事を誰かに判って貰おうとはまるで思ってもなく、随分居心地悪い思いをしながら仕事をするばかりだったのですが、まぁそれも無理もない事。すんごい悔しいけれど。そんなんで昔は、よく泣いていたけれど。
何でもそうだけれど、当事者じゃないんだもの。判る訳が無い。

今の職場ではそういう事が一切ない。
もしかしたら何か云われているのかも知れないけれど、少なくともワタクシの耳にまでは届かないし、あからさまな事は何もされていない。
それだけで充分、ありがたい訳です。

色んな事情があっての『仕事、ぼちぼち変えなアカンだろう』的思考な今日この頃なのですが、体の事だけを考えていられるのであれば、今のままでも悪くはない。
どこまでそれが通用するかは判らないけどね。
普段のガツガツな仕事っぷりは、人様よりも圧倒的に病欠が多いワタクシなりの、精一杯のカバーなのです。
それ位しか出来ないからね。それでも足りない位だけどね、本当は。

まぁ兎に角、早く落ち着かせよう。
先ずはそこからだ。行かなきゃ話にならん。


話は変わり。

♪ア・ブラ・カタ・ブラ 君よ俺色に染まれ~♪
と、その昔、ご陽気に歌っていたのは米米CLUB。

俺色とはまるで関係ございませんが、自分は何色イメージで見られているのかなぁと。
ユエの日記を読んで、そんな事を思った次第。

例えば『この人といえばこの色!』という、イメージカラーってのがあると思うんですよ。
ワタクシの場合、先述のユエならば紫!っていう感じで。ラベンダーとかじゃなくて、深みのある紫色ね。

好きな色とイメージカラーがイコールなのかと云えば、きっとそうではないんだろうな。
Myブームな色ってのがその時々で変わっていきますが、ここ10年位の戀子の変遷はというと。
赤→ピンク→オレンジと辿り、去年・一昨年辺りから向こうは紫色が大ブレイク中。紫、ラベンダー、そしてラベンダーより青みの強いライラックという辺りですな。
因みに10代の頃は圧倒的に暗い色味が好きで、誰もが1度は辿る黒の時代が、長きに渡って支配しておりました。

自然と選ぶ色には何かしらの意味があるらしいけれど、人様から見たイメージカラーは、そっちに近いんだろうか。
何しろ、自分の事は自分が1番よく判らないしね。

ミナサマ、戀子からイメージする色って何色ですかね?
リアルに戀子を知る方々と、WEB上で戀子を知る方々とでは、また違ったりするんだろうかな。
そんな事が一寸気になる真夜中過ぎでありました。
うん、ただ聞いてみたかったの。あはん☆
2007.10.22 (Mon) 01:43
見えざる誰かから
んん、仕事お休みしちまったよー。

昨日、久し振りにユエとおデートした帰り道。
夕方から降り出した雨の所為で急激に冷え込み、帰りのバスを待つ間、軽くカタカタと震えていたのだけれど、あれが風邪の予兆だったのか。

そんな訳で、自覚していたものだから、昨日は早々に眠ったにも関わらず、しっかり睡眠をとったのにとにかくだるい。
そして、相変わらず息が上がって苦しい。
やってやれない事もないのだろうけれど、重たい体を起こして振り絞って行くだけの元気もなく、それならばと早めに店に連絡を入れて、また眠る事にする。
睡眠、大事。ガッツリと眠らないと。
つか、普段から結構眠っているのだけれど。眠る時間が遅いだけで。

起きた頃には少し楽になっておりました。
この『息が上がる』っての、ものっそい波があるんだよな。続く時には相当長く引っ張る事もあるし、まるで何でもない時もあるし。

夜はTVでやっていた世界の限定マックメニューを見て、軽くお腹空いちゃったり。
何事にも『限定』に弱い女子なのです。
フィリピンマックでやっているライスバーガー、日本でもやれば良いのに。
何しろ米が好きなのです、米が。
フィリピンマック、超~サイドメニューが充実していたよ。おにぎりもある程に。

苦しい・苦しいが溢れてしまって、益々後ろ向きになっちまうなぁ~・・と思っていた矢先に、TVやら本やらラヂヲやらメルやら。
そんなアレコレから『そんな気の持ち方じゃダメだ』、『心配しないでも大丈夫だから』といった、人生のアドバイス的なヒントを貰う。
実際の言葉は先述の様な簡単な言葉ではなくて、より複雑だったりするのだけれど、その言葉の中身がね、自分へのアドバイスっていうか、ヒントっていうか。
そんな風に思えた。自分フィルターを通してだけれども。

何かを見聞きしている時に、その言葉達が体に染み込む様にして、目から鱗がボロボロと落ちる瞬間っていうのが時としてあるけれど、これは見えない誰かから差し伸べられた手だと思っている。
色んな困難で挫けそうになる事は多々あれど、決して独りではないんだよな。
誰かが必ず自分の事を見守ってくれている。
自分から見える人だったり、見えない人だったり。

まぁ、現状がそれで大きく変わるのかと云われると、そこまで甘くはないのだけれどもね。
でもアレよ。気持ちが上がってくれば、どうにかやっていける筈。
これからも上がったり下がったりの波は大きいだろうけれど、大丈夫、いつだって独りではない。

1日の最後に気付かされた、そんなあれこれ。
ありがとう。今日もまた救われました。
2007.10.21 (Sun) 02:55
ワッフルの甘さに悩殺された午後
今日は久し振りに女子友・ユエとおデートして参りました。
普段は休みがまるで合わない事もあって、中々逢えないという淋しい間柄なのだけれど、今回はバッチリ合わせて、半年振りの逢瀬に。

平日の午後、人が少ない時間帯からのガッツリ女子友おデートは、気が楽でとても楽しい。
ここ最近、気が落ち着かなくてとても穏やかではない心持ではありますが、一時の休息的ね。
いきなりやって来る息が上がるあの感じだったり、お腹は空くのに胃が痛かったり、地味な体調の悪さが少し気になりつつも、息抜きは大事だしね、ってな訳で。

何しろ久し振り、お互いの現状はブログで判るとはいえ、ブログが全てではないですからねぇ。
あんな事もこんな事も話したいじゃない???
ゆっくりお話が出来ましたよ。やっぱり同年代の女子友とのおデートは楽しいなー。
また近い内に、ゆっくり話をしようね!

夕方になって冷たい雨に降られたのだけれど、まぁ寒いったらない。
バスが来るまでの時間がとにかく長かったわ。
途中下車して、店に寄って軽く買い物をしに行ったら、並んだレジに入っていたバイトちゃんに「戀子サンッ!!全然雰囲気が違うじゃないですかー!」とやけに驚かれる。
普段は髪をひっ詰めて、おでこ全開にしてますからね。with眼鏡だし。
それだけで相当雰囲気が変わるでしょう。

帰って来てからはすっかりフワフワ。
軽く寒気がしてますよ。風邪、ひいちまうんだろうか。
明日は仕事だし、暖かくして今日はさっさか寝ます。
休んでいる場合ではないのだ!!!
2007.10.20 (Sat) 00:42
判ってはいたが
3日間休んだ位じゃどうにもならんのは判ってはいたが、まぁこうも変わらないものかと。
つか、より激しくなった気がする。

何がどう変われば自分が納得するのかもよく判りません。
どうしたものかな。

どうしていこうかな。

わたしが変わらない限りは、何にも変わらない。
どこに向けて狙いを定めるか、なんだろう。

今は一寸お疲れなので、これでおしまい。
八方塞的なのだけは確かです。

呼吸が上がって、苦しくて仕方がない。
腐らないでいないと。
2007.10.19 (Fri) 02:29
日曜日の夕方
うん、そんな感じ。

やっばい。
また呼吸が上がって来た。
2007.10.18 (Thu) 03:33
放心状態的
昨日・・というか、もぉ今朝になってからの話。
一路と色々な話をして、散々泣いて、けれど幸せな気持ちになって。
日が昇ってからの帰宅となりました。

少しばかり眠り、目が覚めたらお昼前。
泣いた目は少々腫れぼったく、目蓋はどうにも重たい。

かなりの勢いで泣くと、軽く放心状態になりませんか???
今日はそんな状態が暫く続き、何をするでもなく家で大人しくしておりました。
買ったままで中々読めずにいた本を読んだり、DVDを観たり。

けれど、随分時間が経ってからも、何となくもやもやしたものが胸の内側にあって、どうにもこうにも気が重たい。
や、重たいのとも一寸違うんだよな。不完全燃焼な感じ。

昨日の話が不完全燃焼だった訳ではないのに、今ひとつスッキリ出来ないでおりました。

何だろうかなぁ~・・と思いつつ、夜になってお風呂に入る。
久し振りに湯船に浸かってぼんやりとしていたら、そのもやもやの正体が現れる。

そうか、未だ泣き足りなかったんだわ、わたし。
そんな事を思いながら、湯船の中でワーワー泣いている三十路女子。

何が哀しいんでもない。
自分が何で泣いているのかもよく判らない。
寧ろ、戀子自身ではない誰かが、戀子の体を使って泣いている気さえして来る。

お風呂から上がった時にはスッキリしておりました。
泣いた事で悪いものが出たのかしらね。

先の事が判らないのは誰も同じ。
そこに優劣は無いと思いたい。最終的にはプラマイ0な筈だ。
今が苦しいのは、先へ進む為の確かなステップ。

これまで色々あっても、どうにかこうにか乗り越えて来た。
大丈夫、未だ闘うだけの力は残っている。

さ、頑張って歩こうじゃないの。
同じ空の下、大好きな人達もみんな確かに闘っているから。
みんな、同士だものね。
2007.10.17 (Wed) 01:36
とめどなく。
一路と2週間振りの逢瀬。
先週、久し振りにパンク寸前状態になってしまったワタクシは、一路が恋しくて恋しくて仕方がなかった。
いっぱい彼の話を聞きたかったし、戀子自身、聞いて欲しい事が山ほどあった。

そしてそれとは別に。
彼を前にしても、ずっと云えないでいた事がある。
とても大事な話だったし、きちんと向き合って話さなければならない事であったのだけれど、それで関係が揺らぐ事は無いだろうと思ってはいても、一路の中でどう考えているのかが少し見え辛かったその部分には、どうしても踏み込めずに居りました。

うん、かなりの勢いで怖かったんだろうと思う。
どういう言葉が出て来るのかが、何となく想像出来ていたから。

その話さえしなければ、今日の逢瀬もお互いが笑顔のままで終われる。
それは判っていながらも、ここで云わなかったらまた機会を逸してしまい、もやもやとしたものを抱えながら、次の機会まで過ごさなくてはならない。
それに、面倒な事は避けるのではなく、きちんと向かい合わないとね。
先延ばしにしてしまったら、もっと厄介な形で目の前に現れる事となるから。

出来るだけ冷静な形で話をしようと努めていたのだけれど、一路を前にした戀子は強い一方でとても脆くもあり、これまでとどめていたものが一気に溢れ出る形となってしまいました。

ずるいよなぁと、自分でも思う。
故意ではないにせよ、涙を見せてしまったらそれは、相手に対して少なからず圧力をかけてしまっている気がするのです。
涙は女の武器と云うけれど、こんな場面では絶対に流したくはない。
武器を使ってする様な話でもない。

もっともっともっともっと、冷静に話をしたかった。

けれど、その辺りは一路も汲んでくれていて、そしてずっと戀子が思っていた事も判ってもいて。

離れた場所で2人が抱えているものは、とても大きい。
戀子よりも一路の方が、遥かに大きいと思う。
そこをクリアしない限りは先に進む事も難しいのだろう。そしてそれをクリア出来るのは、いつになるかは判らない。
ずっと先の話かも知れないし、それは明日かも判らない。

想像していた答えを云われ、正直えぐられた部分がない事もない。
あの日、自分なりの覚悟をもってもう一度、一路と手を繋ぐ事を決めた筈なのに、この期に及んで望みの薄い淡い夢を見てしまっていたのかも知れない。
けれど、奥底で抱えていたものを話が出来て本当に良かった。
お互いの気持ちは1つだし、想いが同じである事もしっかりと確認出来た。
本来ならば、折に触れて話をするべき事なのかも知れないけれど、現状がそれを赦さないと云うか、今にただ流されてしまっていただけとでも云うか。
どうしているんだろうな、世のお付き合いをされている方々は。

慎重で、慎重で、慎重で。
だからこそ、軽はずみな事を云いたくはない一路。
もっと気楽に考えても良いのかも知れないけれど、これまで辿って来た道が、一路をそうはさせない人に築いたのだろう。
夢物語は決して云わない。
彼が何かを云う時には、それはイコール全てが現実だ。

みんなが当たり前の様にしている事を出来ない苛立ちともどかしさを感じていたのは、一路も同じ。
わたし達、似たもの同士なんですよ。

一路の言葉を聞きながら、いつまでも涙を引っ込める事が出来なかった。
ごめんなさい、泣くつもりは本当に無かったんだ。

好きなだけではどうにもならない事があるのは判っている。
けれど、そんな甘っちょろい事をと云われようとも、ただ好きなだけで多くの事を一路と乗り越えていきたい。
闘っていきたいんです、共に。
泣きながら生まれて来たこの世の中で、一緒に笑っていたいんです。

この人を選んで良かった。
この人が選んでくれて良かった。
ただ一緒に居たい。

だから、一緒に居よう。
2007.10.16 (Tue) 07:16
08年の準備をここから。
ワタクシ、手帳命なのですよ。
こちらにも日々のあれこれをつらつらと書き連ねておりますが、手帳にも同じ様な事をつらつらと書いているのです。
ほぼ同時進行で更新中であります。

それまでノートに書いていた日記を手帳につける様になったのは高校生の頃からで、元々書く事が大好きだったワタクシは、with日記帳状態になった手帳が、益々好きになりました。
だってほら、手帳って自分史みたいなところがございません???
その日のスケジュールを書き込んで、日記もそこに書き込んだらその時の想いが満載になって。
書き込む予定なんてのは、若い頃からしたら随分減ってしまったけれど、そんな変わり映えしない日常であっても、何かしら思う事は山ほどある。
後になってから読み返すと、その辺の下手な小説を読むよりも、余程面白かったりするもの。良かった事も悪かった事も含めて。
そんな俺は、自分が大好きなんだって事に気付いたのは、随分後になってからなのですが。

そんなこんなで、手帳に日記を書くようになってからというもの、暫くはバイブルサイズの大きなシステム手帳を使っていたのですが、いかんせん持ち歩くにはデカ過ぎる。
なので、一般的な小さめサイズのバインダー式手帳にしたのですが、やはりダラダラと文章を書きたがるワタクシとしては、一寸物足りなかったり。
何しろ書き込めるスペースがまるで足りない。
日記のみのページを作れば良いのだけれど、見開き1週間のメモ欄に書き込むものだから、字を思いっきり小さくしなくてはならないし、それでもせいぜい4行程しか書けない。
後で読み返して、何の事だか判らないって時が増えてしまって、これは全くよろしくない。

そして今年の手帳は、大好きな和雑貨屋サンで一目惚れ状態で買ったものだったのに、今年も残り2ヶ月一寸になろうとしている今となっても、イマイチ愛着を持てずにおります。
その所為か、日記を書くのも忘れる事が多くて、後でブログを見直して書き足している次第。

ブログ程に書けないまでも、もっと書きたいなぁ~・・と思っていたら、良いものを見付けたのですよ。
お友達のきよチャン<Link>や、美波チャン<Link>が以前、彼女達のブログで紹介していて、数年越しで気になっていたこちらの手帳。
ほぼ日手帳であります。<Link>

ネットでもロフトでも買えるのだけれど、先ずは実物を見たいと、前に一路とラゾーナに行った時に手に取ったのですが、見開き2日間なものだから、スペースがいっぱいあってたっぷりと書き込める。
それに何が良いって、好きなように使えるだけの自由さ。
そりゃ手帳なんて、自分カスタマイズで自由に使えるものだけれど、これは更に自由に使えるだけの余裕とでも云えるものがある。
これまで使っていたものよりは大きくなるけれど、それでも良いなぁと思わせるだけの説得力。

で、結局。
それから程無くしてネットで買い求め、それが今日届きました☆
カバーはナイロンのツートン、ラベンダー&チノをゲット。
techou.jpg
ナイロンのマンゴーと迷ったものの、先ずはここ暫くのMyブームなカラー、ラベンダーは押さえたかったのでね。
カバーだけを買う事も出来るので、後でマンゴーも買っちゃおうかなぁという魂胆。暫く寝かせても、マンゴーが忘れられなければ。
ラベンダーとチノのツートンは、大人な女性的色味でステキ。
カバーにはポケットがいっぱい付いているので、アレコレ持ちたがるワタクシにはピッタリっぽい。

手帳が出回りだすと、いよいよ今年も終わりに向かっているんだなぁといつも思う。
好きな季節がやって来る。

来年の準備、ぼちぼち始めてみましたよ。
2007.10.15 (Mon) 03:21
居心地が悪い
休み明けの今日。
この間の『もぉやってらんないわ』的発言が大きく影響して、必要以上に店長に気を遣われてしまって、かえって居心地が悪いったらなかった。
うーん、そういう事じゃねぇんだけどな。

そんな今日は、仕事に入ってすぐから向こう、あっち(店長)こっち(マリオ・元店長)から「戀子サーン、コレを・・」、「戀子サーン、アレを・・」とやたらに引っ張りだこ状態で、ずーっと品出しをしておりました。
うん、結局こうなのよ。しょうがないんだけど。こんなモテは要らねぇっつーの。
両手の薬指がカクンカクンいっちゃって、完全にばね指復活の兆しなのだけれど、仕事をしに行っている以上はやるしかないからね。
『私はレジ希望で入ったんですけど』なんて云えないしな。

気持ちがどうにもささくれ立った1週間は濃厚で、かなり疲れてしまいましたのでね。
来週は一寸ばかりお休みする事に致しました。収入が少なくて参っているところに休みかい!とつっこまれましょうが、そこはそれ。
今すぐにでも辞めてやるってな程の勢いがありましたので、気持ちを一旦リセットしたいのです。
気分的には1ヶ月ばかりお休みして、どこか湯けむり温泉的な場所にでも隠れてしまいたいところだけれど、それをやっちゃったら生活出来ぬのでな。
チョコッとだけにとどめておきました。それでも苦しいのは必至の台所事情な訳ですが。

って、未だ来週以降のシフトが出来ていないから、どうなるんだかなーな感じではあるのだけれど。もぉ土曜なのだけれども。
ユエ~!そんな感じだからもぉチョイ待ってておくれやす!
もしかして、もぉ予定入れちゃったかなー???(超私信)

今日、そしてこの間の社員サン方との話の中で、汲んで頂けそうな事もあったので、その辺りのアレコレを少し見守ってみようと思います。
あの時、我が儘な事を云ってしまったとは思わないけれど、こうやたらに気を遣われてしまうと、何だか申し訳ない気持ちになってしまうのは、何というか、余りに日本人的でしょうかね。
いやいや、いいんですよー。そんなんじゃないんですよー、っていうね。
全然いいんですよとは思わないのだが。

休憩中、同年代で部門違いのネエサンと少し話をする機会があったのだけれど、同年代の方々と仕事の話をする時、若い方々の仕事に対する姿勢だったり、向き合い方だったりに関して思う事が同じで、少しホッとする。
や、若い方々みんながみんな、同じ様な感覚で居るとは思わないし、実際、きちんと出来ている方も多い。
多いのだけれど、時々同年代の方々と話をして確認しない事には、すぐ近くに確認出来る人が居なかったりすると、どうにも自分がおかしいのかな???という風に思えて仕方がない時があるのです。
多くの若い方々と一緒に働く、同年代の方々には判って貰えるだろうかな、この感覚。

今日も彼女の部門での話を聞き、互いに確認作業が出来た感じ。
世代間ギャップで片付けるのもどうかと思うものの、どの同年代の方々と話をしても、似た様な話が聞けるし、同じ結論に至ってしまうので、やっぱりそういう事なのかなぁと。

さ、今週も明日行けばお終い。
明後日は一路と濃厚おデートの予定です。
もぉもぉ、ベッタベタするよと宣言してありますので、有言実行な方向で。
2007.10.14 (Sun) 04:55
モツ煮の日。
昨日、モツが安かったのでね。帰りに買って来ましてね。
今日はお休みだし、昼間から仕込んでのんびり作ろうと思っていたのですが、家に帰って来たら必要な材料がアレもコレもないという事に気付き、今日はただ買い物に行く為だけに化粧をして外へ出た次第。

ほら、随分寒くなって来ましたから。
寒くなるとモツ煮が恋しくなるのです。居酒屋なんかで出るアレですよ。
お酒と頂くのがウマかろうと思うものの、ワタクシ、殆ど呑めないのでね。

呑めないけれど、居酒屋のつまみ的食べ物は大好きなのです。
小さい頃に父が勤める居酒屋へ、よく食べに行ったり、お土産で持って来てくれたり、家でも作ってくれていたからでしょうかね。
ある意味、昔からの居酒屋フードは懐かしい味でもあるのです。

小洒落た料理は作れないけれど、大皿系や全く飾りの要らない料理っつーのは割りと得意なのです。
全て自己流なので、人様に教える事は出来ませんが。
オール目分量だし。基本、大雑把だし。

昨日、社員サン方に『もぉやってられません』的発言をして来たばかりだという事もあり、休みの時にまで職場に行きたくはなかったものの、仕入れてこない事には作れないってな訳で店へ。
動き出した時間が遅かったので、さっさか買い物を済ませて帰って来ました。
長居は無用なのです。うむ。

自分がやる気になって向かう台所は楽しいなー。
夏の暑さからは解放されたので、長々と火の前で立っているのも気にならない。
以前は、ストレスが溜まって来るとじっくり台所で何かを作る事がおおかったのだけれど、最近はとんとご無沙汰でしたのでね。
かなり久し振りな感じでありました。

あ、今日のモツ煮もイイカンジでありましたよ。
俺のモツ煮、プロに「店に出せる」と云われた程のものですからね。ウヒヒ。
小料理屋やろうかな。モツ煮しか出さないの。
うん、他のモノがお店で出せるものとして通用するか判らぬからね。
一先ず、モツで勝負な方向で☆
乙女な料理ではないけどな。寧ろオッサンなテイスト。
イコール、俺テイスト。あはん。
2007.10.13 (Sat) 02:54
小さな石に篭められた祈り
今日はどうも、全てがツボに入る1日で。
感情を抑えきれぬ程、もぉどうにもこうにもな状態でありました。

大人な対応なんか取れなかったよー。
仕事放り出して帰っちゃいたかったよー。

そうは云っても、どうにか1日、勤め上げてきた訳ですが。

ところで。
お他人様の指輪って触ります???
ワタクシ、よく触られるんですよ、指輪。
友人・知人以外のよぉ知らん方々に。

今の職場は基本的に、婚約指輪や結婚指輪以外は外す事になっているのだけれど、先述の扱い的指輪なのか、アクセサリーとしての指輪なのか、戀子の年齢的に微妙だったからなのかしらね、これまで特に注意される事もありませんでした。
土台(とは云わないか。地金???)だけのシンプルな指輪ではなく、大好きな色石・タンザナイトの指輪なのだけれど、石自体は小さいからなのかな。

それを左の薬指にずっとしたまま。
以前はね、綺麗なままキープしたかったので、仕事の時やお風呂に入る時などは外していたのだけれど。
一路と離れていた時期に、外した指輪を家の中で無くして散々探し、漸く見付けた時に大号泣した事がありまして。

愛する人から初めて頂いた大切な指輪が、その当時は一路そのものだったのです。
それを無くしてしまったら、頂いたその時の一路の想いまで消えてしまい、ワタクシの元には何も残らなくなってしまうと思ってね。
それが出て来た時には、僅かながらも未だ可能性があると、兎に角泣けて泣けて仕方がなかった。

一路の想いと同時に、戀子の思い入れがとても強いこの指輪。
その一件以来、文字通り『肌身離さず』、戀子の傍に居続けております。

それをね、さらりと触られちまうのよ。
よく知りもしないオッサン連中がさ。そう、女性じゃなくて圧倒的に男性。つか、オッサン。
まぁ、お客様なんだが。

最近ではどこの店でも大概やっているポイントカード。
うちの店のカードはテレフォンカードの様なタイプで、それをカードリーダーに通すとポイント数が上書きされていくのですよ。
感熱式で、表面に来店日とポイント数が見えるタイプね。
そのリーダーがレジの左手ないし右手にある訳ですが、ワタクシ、ポイントカードの渡し忘れが無い様に、リーダーに通したらカードが出て来るまで、そこに片手を添える様にしているんですわ。

レジの左手にリーダーがある場合は、左手を添えているのだけれども。
そうするとね、何故か触るんですわ。指輪を。石の部分を。
女性のお客様に見られたり、そっと触られる時は(それもそうある事ではないし)、然程でもないのだけれど、男性のお客様にそれをやられると、そりゃもぉワタクシ、腹が立って仕方が無いのです。
気安く触るんじゃねぇよと。
俺に触れても良いのは一路だけだっつーの。

体に触れられるのも嫌だけれど、色んな想いの篭った指輪をダイレクトに触られるのはもっと嫌でねぇ。
今日もオッサン的お客様からそんな事をされちまったのです。
よりによって、めっさツボに入りまくりの今日ですよ。
何してくれんねんっていうね。
かといって、相手はお客様。
いきり立つ訳にもいかず、軽く鳥肌立てるだけでどうにも出来ないこの状況ね。

戀子が一路から頂いた指輪はこの1つだけ。
以前の誕生日に、「新しい指輪を買ってやろうか?」と云われた事があったのだけれど、その時に「大事な1つがあれば良いから」と断った位、大切なんですよ。
仕事中といっても外せない位のさ。傷や汚れが付くのが判っていてもさ。

何つーか、いつも以上に汚された気分になってしまいました。

・・誕生日の時にでも、新しい指輪をおねだりしてみようか・・

あー、早く一路に逢いたい。
話をしたい事が山積みで、またきっと想いばかりが先走って何も話せなくなってしまうだろうけれど。
2007.10.12 (Fri) 04:21
誰のためのものなのか
結婚は誰の為に、何の為にするものなのか。

これから先、ずっと一緒に歩いて行きたいと。
そう本気で思ったのは、一路が初めてでありました。

一緒に歩く=結婚なのかと問われると、そうではない。
うまく云えないけれど、ただ『一緒に居たい』。一路と共に生涯、様々な困難と闘って行きたい。穏やかに笑い合いたい。
ワタクシの願いはそれだけなのだけれど。

たった紙1枚の約束とはいえ、その1枚の紙の威力は絶大で。
けれど、それで生涯安泰なのかと云われれば、決してそんな事はないのにね。

放たれたある一言で、いとも容易く揺れ動いてしまったワタクシの心の内には、長い時間をかけて繰り返し問い掛け、そして祈り続けて来たあの時の強さは消えてしまったのか。
そんな事はない。
当時と変わらず一路以外の人は考えられないし、これは今、一路とお付き合いをしているからそう思うのではなく、一路から離れたら恐らくは、独りで歩く道をワタクシは選ぶでしょう。
色々と難のあるワタクシを、一路以上に受け入れてくれる人は居ないと思っているからね。
そして、砂糖菓子の様に甘ったるい、耳障りの良い事しか云えない男子を、ワタクシは信用出来ないで居る。

多くのものを手放し、多くの事を諦めざるを得なかったこれまでの人生で、ここだけは譲れない。
ここだけは。

自分1人が想うだけじゃ出来ない。
自分達2人だけでは成り立たない。

結婚は、誰のためのものなの?
一緒に居たいだけでは駄目なの?
こんな考えは子供染みている?

先が見えない不安は、自分達2人だけではない。
それが判っていても、今はどう答えたら良いのか、少しばかり考えあぐねている。

どうすりゃいーんだ。
どう思っているんだ。
どこへ向っているんだ。

皆が願う方向は同じ筈なのに。
2007.10.11 (Thu) 03:01
雇用契約書。
雇用契約書を渡されたものの、これまでの様にすんなりとサイン出来ないワタクシがおります。
思わず店長に聞いた「時給が上がる見込みはあるんですか?」という言葉は本心。

普通に年イチで昇給があるんだろうと甘く考えていた当初。
これまで働いていた会社がきちんとしていただけだったのか、今の会社の様な状態は割りと当たり前なのか。世間を知らぬワタクシにはよく判らぬのだけれども。

この店がオープンして2年一寸。
全く微動だにしない時給は、決して高からず。
そして、みんな揃って同じ時給。
最初から居る人も、ついこの間入ったばかりの新人サンも、一律なのです。

上司から見て、この仕事振りでは昇給させられないという判断であるならば、それは仕方がないのかなとも思えるのだけれども。
でもなぁと。どうなのよと。
そんな判断もされているのかどうか、怪しいものです。

やっぱりと云いましょうか、契約書を渡された他の方々からも、同じ様に聞かれたという話でありました。
だろうよね。そりゃ云うよ。
信用ならないっていう話よね。

小さい事でガタガタ云うなって云われそうだけれど、それが生活に直結しておりますのでね。
小さい事でガタガタ云いますよ。小遣い稼ぎで仕事をしている訳じゃねぇんだもの。
云いたくないけどさ。云わないで済む状態でありたいものですよ。

余程、嫌なのかな。
出勤間近になって呼吸が荒くなり、仕事に入ってからも随分長い間、胸が苦しくて仕方がなかった。こんなの、初めてよ。
過呼吸ってこういう状態から発症するのかなー???なんてな事を思い、ネットで調べてみるも、一寸違うみたい。
つか、よく判らなかったのだけれども。
胃痛までしてきちゃって、いよいよ本格的に病み出すんだろうか。精神に引っ張られて体の方が。

何が嫌なのか、どうあればヨシなのか。
ここ最近、じっくりと考えてみるのですが、自分でも判りません。
結局、どうしたいのやら。

余りウダウダと悩むのは嫌なのだけれど、もしここで転職を・・となった時に、ただの勢いでの転職になり兼ねない。
それは避けたい。

そぉそ。
昨日日記を書いた後、やっぱりどうにも納得がいかず、31にクレームのメルを送りました。
そしたら今日、お返事が来ておりました。
先ずはそこにびっくりした。
以前、某大手スーパーのスタッフに数回に渡って随分酷い対応をされた時以来、これが2回目のクレームメールなのだけれど、その大手スーパーさんは何の反応もなかったんですよね。
それが当たり前なんだろうかな、と思っていたのですが。

それ相応の対応をされて、嬉しいっていうのも変な話だけれど、きちんと対応して下さった事に、ありがたく思いました。

また行くよ、31。だって好きなんだもん。
2007.10.10 (Wed) 03:23
デロンデロン
半分近く溶けている状態で出されて「1,040円でーす」はないだろう、サーティワン。
混んでいて後ろにも人が並んでいたので、その場は一先ず離れた次第。
戀子はカップで頼んだから未だしも、コーンで頼んだ弟(上)のアイスは、店外に出たらダラダラが加速、手はクリームだらけだっつーの。服汚したっつーの。

流石にそれは如何なものかと、弟(上)が店内に戻ってクレームつけたら、「お作りしますか?」。
いや、ちげーだろ、そこは。「申し訳ございません、お取替えしましょうか?」じゃねぇの???
真夏の炎天下だってそうそう早く溶けはしないのに、店内で半分溶けているってのもどうなんだ。暑くもないのにさ。
つか、俺らの前にも何組か食べていたのに、その方々のは大丈夫だったのかー???

つかさ、それ以前の問題で、スーパーやコンビニなんかに置いてある、蓋が閉まっているカップアイスとか、マルチパックのアイスとかだったら未だしも、剥き出しで置いてあるのだから、溶けている状態も見えるだろうし、カップに入れた段階で溶けているのが判っているだろうに、そういうのを売るのってどうなのよ???
売るんだとしても、生鮮食品で云うなら完全に見切り扱いでしょ。
アイスクリームで商売しているのに、そこはどうなの???

買ったその場よりも、後になってから腹立たしく思った次第。
何というか、とても残念な気持ちになりましたとさ。

気持ちが鬱々としておりますのでね。
家に居るのが嫌で、無理矢理に外出したらこうですよ。
ああ、上げていかないと。
まぁでも、鬱々としている時ほど、自分の内側を見る時というのもないので、今は一先ず『考える時間』なんだろう。
双六の『1回休み』的。生き焦るな、俺。

そんな中、嬉しいメールを友達たちから頂く。
悪い事ばっかりじゃないっつー話だ。

それにしても。
この世は苦界にございますよ。
2007.10.09 (Tue) 02:01
そんな調子だから
やー、マイナスはマイナスを寄せるっつーかね。
テンションが下がっている時というのは、どうしても嫌なモノばかりを引き寄せてしまうんですな。
見えない誰かから『そんな心の持ちようでは、こいつらを近くに撒きますよ』的刺客を、目の前にちらつかされた今日の前半戦。
苦手を通り越し、嫌いな客のオンパレードですよ。うむむ。
折角、久し振りにあいあいの顔を見れたというのに、ろくに話も出来なかったりしてね。何だかなー。

こんな気持ちのままではアカンと、仕切り直すには丁度良いタイミングでの休憩でありました。
温かいお茶を飲みつつ、TVを流しっ放しにしながらぼんやり過ごした小一時間。

いつもなら、家に帰った時点でどうにか頭の中も切り替われるものの、中々切り替える事が出来なくてね。
そんな中で見ていた求人広告に、かなり惹かれるモノを見つけてしまいました。
仕事内容は今と大して変わらぬのに、や、今よりもやる事は少なくなるだろう状態なのに、今よりも時給が格段によろしい。

ただ、ネックなのが通勤ルート。
時間がまるで読めないバスを2度も乗り継がなくてはならない場所にあるので、どうしたものかなぁ~・・と。
同じ市内にあるんだけどな。
けれども、隣りの市との市境近くにあるものだから、家から行くとなると、バス→電車→バスというルートになる。
広告によれば、駅からバスで15分となっていたのだけれど、ただ時間だけを見れば、家から駅までと然程変わらない。
けれどもさ、家から駅までバスで出るとなると、渋滞含めたら午前中は小一時間ばかりかかるのですよ。大きな国道がクロスしている場所にあるから・・というのもあるけれど。
この15分マジックね。渋滞まで加味してはいないだろうからねぇ。

今よりも2時間ばかりスタートが早いので、どうだろうなぁ~・・という。
電車・バス通勤をしていた頃よりも遥かに体力が落ち、モロモロ弱っているのですぐにヨシ!と動けなくなっているのが困ったもんだ。
条件よろしく変わったところで、通い切れなくなったらそっちの方が困りモノだもの。
今よりも元気だった数年前なら、さくっと電話をかけているだろうけれども。

さて、どうするかな。
チェッカーの派遣をされている会社の募集でしたので、その広告だけは一先ずキープ。
今回募集している場所以外での求人もあるかも知れぬしね。

レジに入れる時間がまた減り、品出しの時間が大半を占める様になって来たので、指先が固まって来たりして。
社員サン方に何度か話をしたけれど状況は変わらないので、もう云う気もございません。
今のワタクシの働き方というか、入り時間からでは、社員サンがこういう風な使い方しか出来ないのも判るし。

体、元気になってくれないかな。
俺の体、何年先まで使い物になってくれるのか。

こんな心配、もっと年取ってからで良いのに。
2007.10.08 (Mon) 04:01
3回も。
ここずっと、休み明けはモーレツに『行きたくない』病でまいっちんぐ。
今日も今日とて、嫌だなぁ~・・と思いながらの徒歩10分足らず。

行ってしまえばなんて事もないのだけれど、波に乗るまで・・とでも云いましょうかね。
そこまでが長い。
仕事、嫌いではないのだけれど。

何となく気持ちが落ち着いて、いつも通りにサクサクと品出しをしていた夜の事。
お客様(男性・推定70歳前後)から商品の場所について聞かれ、そこまでご案内を。
ビールを探していたのだけれど、他の銘柄はフルの状態で陳列されていたものの、補充した後で大量に買われたか、探していた銘柄だけ、冷蔵ケースの奥の方に数本あるだけで、パッと見つける事が出来なかった。

「こんな奥にあるんじゃ、探せるものも探せないっていうんだよな。困るよ、こんなんじゃ」

そう云われ、『あい、すみません』with笑顔で応対しておりましたが、少々酔っ払っていたものだから、んまぁ、しつこいったらない。
しつこいからといって突き放す訳にもいかぬので、納得されるまでお話していた訳ですが。
「別にねぇ、戀子サンの事を責めている訳じゃないんだよぅ~」的な言葉を何度か吐かれつつ、そろそろ帰っておくれよと、腹の中では少々うんざりしつつ。

そんなやり取りを10分程しておりましたでしょうかね。
「じゃあ、また来るよ~」と云いながら帰られ、漸く解放されて仕事に戻る。

それから1時間後。
別の棚で品出しをしていたら、またそのお客様がお友達らしき方と一緒に御来店。
「今日はこれからさぁ、スナックに行くつもりだったんだけどさぁ~」と始まり、また15分程掴まる。
いや、暇な時ならそれでも良いが、暇そうに見えて俺、結構忙しかったんだけどさ。
相手が『お客様』なので、品出しをしながら話を聞く訳にもいかず、一旦手を止める事になる。
結局、何だったのかと云えば、「戀子サン、今度2人で呑みに行くぞ!」的お誘いでありました。
エヘヘと笑ってやり過ごそうとしたら、「笑って誤魔化すんじゃねぇよー」と突っ込まれる。
誤魔化させてくれよぅ。

そんなこんなで帰っていかれ、やれやれと仕事再開。

バイトちゃん達の上がる時間となりレジに入った、そのやり取りから30分程後の事。
「これってさぁ~・・」と商品を手にしてレジにいらっしゃった先程のお客様。

近くにお住まいなのかも知れぬが、それにしたって2時間ばかりの間に3度も来るかー???
レジを打つ間も、「今度2人でカラオケに行こうなー」などモロモロなお誘いをされ、帰り際に「俺の顔、忘れないでよー」と云いながら退店されたお客様。
「忘れませんよぉ~」とお見送り。

忘れないよー、短時間に3度も来られた日にゃさ。
冷やかし的ではなく、ちゃんと3度共、お買い物をされたのでヨシなのだが。

三十路を越えて尚、オッサン以上の年の方と白人系ではない外人男子にはよく好かれる戀子でありました。
うん、太っている女子の王道モテパターンだ。
柳沢可奈子チャンが他人には思えません。はい。
2007.10.07 (Sun) 03:02
かれこれ2週間以上
何がって、女の子ウィークが絶賛ロングラン実施中なのですよ。
長い・・久し振りに長いよ、2週間以上の出血っていうのは。
いつ止まるんだ???

休みの今日は完全に家・・というよりは部屋に引き篭もり、化粧もせずにゴロゴロとしておりました。
深夜にOAしている『24』のシーズンVを見まくる1日。ビデヲが不調だってのにガンガンOAするものだから、中々追いつかなくて困る。

つか、ゆっくり観られる様に、DVDをレンタルすれば良いのだけれどもね。相当数出ている事だし、何よりシーズン1から見てないし。
けれども、近所にはレンタル屋がなく、かといって足もないので、TVでOAされるのを地味に待つという、他力本願万歳な24ファンであります。あはん。
ところで、オンラインのレンタル屋サンってどうなんだろう???
どなたか御利用されてます???

乙女ウィークロングランの影響なのか何なのか、モーレツにだるく、体は火照りまくり。
すっかり外は涼しいというのに、体の中で熱が篭った状態が長く続いていて、じんわりと汗ばんでしまうのです。
不良DM患者ですのでね。定まらない血糖値から来る自律神経の乱れから、元々多汗症チックではありますがね。乙女ウィークの時にはそれが倍ドンされる気がする。
ワタクシの手の平、モーレツに熱いよ。そこから熱が放出されるのを待っている様な感じ。
体の中は未だ夏真っ盛り。
つか、年中漏れなく常夏な勢い。それも嫌だ。

さ、明日はお仕事。
そろそろ寝ましょうよ。
2007.10.06 (Sat) 03:01
ご近所で働くということ
今、戀子が働いているお店は、完全に地域密着型のスーパーであります。
大型店ではないので、迎えるスタッフサイドもお客様サイドも、会話を交わした事の有無に関わらず、定期的にいらっしゃるお客様などとは、顔を見知った状態で。

これまでの仕事の大半も接客業でしたので、夫々の場所で何人かのお客様と顔見知りになり、顔を合わせばお話する様になり・・と、関係性も深まっていく訳ですが。
今のお店はこれまでのどこの職場よりも、そういう事が濃い気が致します。
地域密着型ゆえ???他に近くにはスーパーもないしねぇ。

今程に近い場所で仕事をしていた事もあったのだけれど、その時は長年住んでいた場所でのお仕事で、ゲーセンという店柄、しょっちゅう会話する訳でもなく、またよく来るお客様といっても、お客様というよりは、昔から知る近所の人達といった印象が強かった。

今の場所は、今ではその当時と変わらぬ位に長く暮らしてはいるけれど、随分大人になってからの引越しだった事もあり、ワタクシ自身はご近所サンとの交流はまるでなかったのですよ。
圧倒的に家族住まいが多いマンションですのでね、自治会や子供会、小中学校にでも所属していない限りは、お隣りサンが誰なのかも全く判りません。
母は自治会の役員を数年前にやった事があったので、そこで多少なりとも知り合いは出来た様だけれど、母以外の家族は全く。

近所に知る人が誰も居ない状態から、今の店で仕事をする様になって以降、多くのご近所サンと知り合う事となった訳ですが、思っている以上にご近所率が相当高くて。

外を歩けばお客様にぶち当たる状態が、実は少々面倒臭い。

本来ならば、職場から離れた家の近所っていうと、気の抜ける場所である筈なのだけれど、そこここにお客様が点在しまくっている状態では、下手な事が出来ない。
それこそ、機嫌が悪いって云ったってさ、不貞腐れた顔をして歩くのも憚れるのですよ。すぐ声をかけられてしまうから。
それに、こちらは覚えてはいないけれど先方は知っている・・なんていう場合もございますからね。
どの人がお客様だかなぁ~???っていうね。

基本的に、仕事が休みの時には店に近付かないワタクシ。仕事を離れた時まで、仕事を思い出す場所に居たくは無いですから。
けれど、外を歩けばお客様にぶち当たる。
家の周りでは完全にオフモードにはなれないのですよ。

そんな事もあり、どんどん引き篭もっている今日この頃であります。
近所から離れて、ガッと外へ出歩けば良いんじゃ???って話もあるが、たまーに散歩したくなったりさ。涼しくなって来たからウォーキングしようかなぁって思ったりさ。
特にウォーキングを黙々としている時なんかは、誰にも見られたくはないし、話し掛けられたくもない。

あ、書きながら気付いたよ。
オフの日まで、友達や家族以外の人に気を遣いたくないんだな。

ご近所で働くにしても、接客業という仕事ではなかったら、こうはならないのだけれどもね。

うん、一寸面倒臭いなぁって。
んで、またそういうのが怖いなぁって。
思ったりしている今日この頃であります。

今更ながら、ご近所で働くっていうのはこういう事なんだなぁと、痛感している次第。
2007.10.05 (Fri) 02:53
慣れたけれども
ゲンナリする話を朝っぱらから聞かせられ、どうにも気が重たい1日のスタート。
仕事に行きたくないと思いつつ、ガッツリ仕事に逃げる事にする。

慣れたけれどもね、そういう話。何度目かな???なんて思ってしまう自分も居るし。
でも、そんな事に相当慣れても、重たく感じるのには変わらない。

朝からダダ崩れなテンションに、どうなるものかと思ったけれど、何事も無く1日が終わりました。

いーんだ、どうにか生きていられればそれで。

大丈夫、どうにでもなるから。
歯を食いしばって、笑顔キープで頑張りましょう。
しんどいのは俺だけじゃない。
みんな、夫々の場所で夫々の敵と闘っているんだから。

見えない敵はお前の中に居ると、そう戀子に教えてくれたのは聖飢魔II。

明日からも歩け、歩け。電池切れになるまでは、誰も止まれないんだわ。
Go Ahead!
2007.10.04 (Thu) 01:46
2人フードファイト
そんな感じの鍋ご飯でありました。
今日は大将宅にお邪魔して、鍋を頂いて参りましたよ。
寒くなって来たからね。これから益々、鍋が旨くなるよね。

明るい内からスタートし、休憩しながらダラダラと暗くなるまで喰らっておりましたので、何やらフードファイトなテイスト。
けれど、そうは云っても炭水化物をまるで摂ってはいないし、野菜やお豆腐でガッツリでしたので、割りとヘルシーだった。
うん、その筈。ケーキも喰らったけれども。

久し振りに長い時間、ゆっくり話が出来ました。
こういう女子友とのお喋りは良いね。時間があるんだか無いんだかで、中々友達と逢う事もままならないのだけれど、うん、ホッとするんだわ。
頑張らなくても良い関係の人というのは貴重ですよ。

鍋のお供に、昔々の聖飢魔IIのミサビデヲを観たのだけれど、今の我々の年と変わらない(10万違いでね、というお約束)彼らに、すっかり萌え。
2人揃ってニヤニヤしながら観ておりましたので、頬が痛くてたまらぬのです。
うん、笑顔キープだからさ。ビデヲを観ている間中ね。
15年程前のビデヲを、当時と変わらぬ視線で観ている三十路の乙女達。
ああ、病みっ放しだよ。俺ら、随分助けて貰っているんだ。あの悪魔達にはさ。

お腹も心も満たされたところで、今宵はお開き。
また近々、ゆっくり話そう。

帰り道、ふんわりと香った金木犀に、秋を感じた夜。
もう10月だもんなぁ。
見えない目で夜空を見上げれば、欠けた月がポッカリと浮かぶ。
肌で感じた秋に刺激され、一路に無性に逢いたくなり、電車の中からメルを送った。
昨日、ずっと逢っていたのにね。
数度のやり取りで途切れたメルに、寝入った一路を感じた。
今日も1日お疲れちゃん、ゆっくりおやすみ。
2007.10.03 (Wed) 01:07
ハロウィンリベンジ
そんな訳で、昨日の夜。
久し振りだった昼過ぎからの仕事を終えてから一路と合流、今年2回目のネズミーランド詣に行って参りましたよ。
ランドが出来て20余年になりますが、その間、戀子がランドに行ったのは7回。その内、一路と行ったのが4回。
一路とお付き合いを始めてから5年半になりますが、4回の内の2回が今年ですよ。
それまでの15年チョイで3回を思えば、そりゃものすんごいハイペースですよ。

前回のランド詣は、懸賞でチケットが当たったので行こうという話になったのだけれど、その時、チケットとセットで付いて来た食事券を使う事が出来なかったのですよ。
最後に乗ったスペースマウンテンで酔ってしまい、すっかりヨレヨレになっちゃって食事どころじゃなくなってしまってね。
少し前の逢瀬でその話になり、「もうすぐ有効期限も切れちゃうし、折角だから使いに行くかー???」と冗談で云い合っていたのが本気となり、ただその食事券を使うが為に行ったという、今回のランド詣。

そして今回、裏目的とでも云いましょうか。
只今、ランドでは『ディズニーハロウィーン』と称して、ハロウィンのイベントが開催されているのです。
同時に、ホーンテッドマンションでは『ホリデーナイトメアー』という、期間限定の特別バージョンに変わっているのです。
ティム・バートン監督の『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』が軸になっていて、内装がすっかり様変わりなんだそうで。

だそうで、って。ワタクシ、今回が初体験でありました。
以前、『ホリデーナイトメアー』目的で一路と行った事があったのだけれど、イベント期間中のランドを甘く見ていたんだな。
アフター6で行ったらえらい目にあったという、哀しいお話はこちら。<Link>
まぁこの日は険悪も険悪でしたよ。見事な程に不貞腐れまくりでしたもの、俺。

そんな訳で、今回の裏目的は『ハロウィンリベンジ』。
ランドに行くと決めた時から、どういうスケジュールで動くかを一路に計画して貰い(計画を立てるの、嫌いだし苦手なの☆)、今回こそは失敗の無い様にと、ひたすら何かに向ってお祈り。

天気がよろしくないのが難ではありましたが、かえってそういう時は空いているから良いという話も聞きましたので、「じゃあ♪」なんて、軽く期待しておりましたが。

が。

何なんだ、あの人の多さ!
前回の時よりも天気が悪いのに遥かに人が多かったのは、やはりハロウィンゆえ???
園内はすっかりハロウィンテイストでありました。
torio.jpg
前に働いていたショッピングモールの店長研修で、オリエンタルランド(会社の方ですな)へ行ってお話を伺った時、オリエンタルランドの理念の徹底っぷりには感心させられたのだけれど、本当に凄いよなぁとつくづく思う。
プロって、こういう事だよね。

今回も我々、開園ダッシュで行きましてね。
先ずはホーンテッドマンションのファストパスを取って、兎に角、安心したいと。普段はトロトロ歩くワタクシ、その気になれば結構歩けるもんなんだと思った程に、サクサクと向かいまして。
そしたら、待ち時間が10分程だというではないの!ファストパス取らないでサラッと入っちゃいなよ!ってな感じで、1発目からホーンテッドマンションに乗り込む。

食事券云々とありましたが、ワタクシの1番の目的はこちらでしたのでね。
もぉねぇ、開園早々から御満悦。もぉ帰っても良いわ~っていうね。

実際に見てみて、どうしてみんなが行きたがるのかが判りましたよ。
あんなに様変わりしちゃうんだな。あんなに違うものなんだな。そりゃナイトメア好きは行くわな。

ここがクリアされれば、後は何が来ても良いわよね状態の戀子。
その後は一路にお任せで、フラフラと連れられて楽しんで参りました。

アトラクションよりもパレードやショーが見たいと云っておりましたので、その辺りも抜かりなく。
昼のパレードも、夜の『ホーンテッド・ロッキン・ストリート』も、ガッツリ見られました。
そぉそ。この夜のショーは、抽選でシンデレラ城の前のエリアで椅子に座って見られるのだけれど、その抽選に見事に当たり、ゆったり見られましたよ。
一路のくじ運に感謝♪♪♪
oshiro.jpg
名前の通り、今回はロックが流れる中のショー。
初めてだよ。ミッキーやミニーを見ながら、超~ライヴに行きたくなったの。
生音っつーか、大音量でロックを聴くと、激しく刺激されてしまうのです。あはん。

さて、今回は険悪な状態にならずに行けたかと云われると、『ほぼ大丈夫でした』的。
やはり、人ごみと疲れは大敵ね。アカン。
回避出来ただけ、大人になったんだと思いたい。

これで暫くはランド詣は無いだろうなぁ。
色々アトラクションを楽しみつつ、その中でホーンテッドマンション×2回、プーさんのハニーハント×2回ですっかり御満悦でありました。
そしてスティッチなモノをゲット出来なかったのが残念。
俺、前回の『スティッチを探せ』(そんな名前だったか???)以来、プーさん派からスティッチ派になりましてん。
でも、プーさんのハニーハントは激しく萌えでした。んふ。
唯一ゲット出来たスティッチさんは、こちら。
だってかぼちゃよ???きゃわゆい・・
kabo.jpg
2007.10.02 (Tue) 00:42
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。