2007.04.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2007.06.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
はったりか、はたまた。
今日からまた新人サンが入って参りました。
昼過ぎから夕方まで一緒にやる、年上だろうパートさんで、どんな感じなのかなぁ~・・と、色んな意味で興味津々であります。

昨日の帰りがけ、店長から「経験者の人が入るから」という話を聞いておりまして。
戀子が入る1時間前から研修がスタート、同じく午後から夕方までのパートさん・クゥさんがさらりとレジ操作を教えた後は、経験者だからという事もあって、ほぼ放置プレイ状態だったとの事。
「細かい事は戀子サンに教えて貰おうと思って」という事で、早速引き継いで、新人サンの後ろに張り付いて見ておりました。

が。
経験者だからと思って余裕こいて見ていたのが間違いで、ツッコミどころが満載でありました。
レジの操作は、レジのメーカーによって多少違うので置いておくにしても、かごからかごへと移す時のやり方だったり、お客様との言葉のやり取りだったりが、云いたかないが『ホントに経験者なのか???』と思ってしまった程。

そこんトコ、どうなのよ???ってな訳で、知らない振りをして本人に直接聞いてみたものの、やはり経験者で、尚且つ年数もそこそこやってらして。
それに前職は、聞いたらみんなが判るっていう程の大手スーパー。
あそこはそんなに緩い接客は許しちゃいなかったと思うが。きちんと教育していそうなものだけれど・・

結局、後ろに張り付いてアレコレと口出しをしてみましたが、経験者の方にレジ操作以外の基本的な事を指導しなければならないとは全く思ってもいなかったので、うむむと唸ってしまいました。

彼女が帰った後で、クゥさんとも店長とも情報交換を軽くしたのですが、総じて『経験者って聞いていたのに・・』という評価。
云ってしまえば、履歴書には何でも書けるからなぁ・・と思いつつ。
例えば同じ年数をやっていたとしても、入る時間や日数が違えばまた違って来るし。
でもなぁ~・・そういう以前の問題な様な気がしちゃったんだよなぁ~・・

クゥさんも戀子も、サクサクとレジを捌くやり方は、ある意味では『武闘派チェッカー』だ。
数日前に入って来た新人サンは、全くレジ経験のない方だったのでさておき、今日の新人サンがどういう感じで化けていくのか。
少々不安だったりする次第。
何が不安って、新しい人が増えていく環境と、そこに順応するのが遅いワタクシ自身。仕事だからと云われればそれまでだけれど、人見知りだからさ、俺。
バイトの新人サンってのは然程気にしないけれど、パートの新人サンってのは、精神的に少し重たい。始まってしまえば、どうって事もなかろうが。
良い人だといいなぁ、なんて。

それにしても、経験者という言葉ははったりか、はたまた。
スポンサーサイト
2007.05.31 (Thu) 02:43
『ご趣味はなんですか?』
この間の『CANTAにお触り♪♪♪』<Link>の効果は思いの外デカく、未だにニヤニヤしながら妄想の中におります。
ニヤニヤし過ぎてほっぺたが痛いったらない。
今日の仕事中は、頭の中で『お願いロック』と『1400km/h』がエンドレス。
あああ、早くライヴに行きたいなぁぁぁぁ。このマンマの勢いで行きたいったら。

戀子が本物の思春期だった頃を知る貴重な友達の1人が、ある分野の趣味の世界で有名な人になっておりまして。
その趣味のアレコレが、雑誌に掲載されたんだそうな。
すごいなぁって、単純に思いました。
『たかが趣味』と云うなかれ。趣味とて突き抜ければ立派なモンだ。

そんな友達から『戀子の趣味は???』と、まるでお見合いか???ってな、振りを頂いたので、改めて考えてみました。

さて、趣味とは一体、何ぞや???
辞書にはこんな風に書かれております。
1:人が自由時間(生理的必要時間と労働時間を除いた時間、余暇)に、好んで習慣的に繰り返しおこなう事柄、あるいはその対象。
2:美しいものや面白いものについての好みや嗜好。

習慣的に繰り返し行う事柄、対象。
先ずはライヴ。
戀子はプレイする側ではなくて見る側でありますが、ライヴ参戦の醍醐味を知ってしまったら、もぉ、もぉ。そう簡単には手放せない。
かれこれ17年もの間、ほぼ毎年(1回だけ行けない年があったんだわ)1本以上は参戦しているので、習慣的に繰り返し行っている事となりましょう。
最低1本は行っていないと、イマイチ調子が悪いんですよ。頭振りつつ、大声だしつつで毒を抜かないと。

次いで、記録する事。
記録に残る様な大きな事は何一つ出来ていないワタクシですが、自分のアレコレを日記として記す事は、7歳の頃からほぼずっと続けております。
続けているっていうか、単に好きだから続いているんだわな。
その全てが残っていないのが、今となっては残念なのだけれども。後から読み返すと面白いからね。まるで他人の日記を読んでいる様で。
昔は『文章を書く事』と云っていたのだけれど、それよりも自分の記憶や想いを記す事が好きなので、最近では『記録する事』という風に云い改めております。

色んな事に興味があって、若い頃は趣味がとっ散らかってしまっていたものだけれど、時間が限られた中で今でも日常的に続いているのがこの2つという事で、切り離せない趣味なんだろうなぁ。
この2つが無かったら、戀子の生活は成り立たないなぁと。
どちらも大事なんですよ。欠けたら大変。困っちゃう。

『美しいものや面白いものについての好みや嗜好』に通じるところでは、食品サンプル系ミニチュア集めだろうか。
子供の頃から小さいモノが好きで、中でも食品に関する小さくて精巧なモノは大好きでした。
アレを目の前にしたら悶絶しまくりよ。
今は食玩を中心に集めているけれど、ストラップやお菓子のパロディ文房具なんかも未だに大好きです。
人から見たらガラクタ同然だろうけれど、そういうモノに激しく引かれてしまうんだから仕方がない。ミュージアムが開ける程の量がないのはヘタレな証。

他にも『和食器&和雑貨集め』、『一路と一緒にラブホ巡り』なんてのもありますが、2大巨頭は先述の2つ。
人生の彩りであります。

さて、皆様のご趣味はなんですか???
突き抜ける程のご趣味はございますか???
2007.05.30 (Wed) 03:11
のんびり、のんびり
どこに行っても、のんびりのんびりな1日。

お昼過ぎに大将宅から出て、月イチ受診の内科へ直行。
今日はいつもよりも少し遅めに着いた事もあり、順番も少し遅め。一通りの検査を終えた後、「未だ未だ時間がかかりそうだよ」という看護士サンの言葉に、外でお茶でもしようと待合室から中抜け。
病院近くの駅ビル内に最近出来た『サンマルクカフェ』でマッタリと。
20070529015343.jpg
アイスゆず茶と、上にパリパリにしたチーズが乗っかった、もちもちしたごまのパンを一緒に買う。
パンは結局、食べずにお持ち帰り。美味しかったよ。

それにしても、ここはやけに居心地が良い。
お気に入りだった和カフェの跡地に出来たここは、店内入り口付近に喫煙席があり、そこを抜けた左奥には、隠れる様にして禁煙席が設けてある。
奥に行くと広がっている、何とも洞窟チック。
午後の中途半端な時間帯だった事もあって、五月蝿い集団もまるでいなくて、かなり快適でありました。
座り心地の良いソファが、病院へと中々戻らせてはくれないったら。

かなりゆったりして病院に戻るも、戀子の順番は未だ未だ先で。
結局、1時間以上経ってからの受診となりました。
最近、ストレスフルだったりするし、若干高血糖気味なのを自覚していたものの、今回のHba1cは少しだけ下がり気味。それに伴い、インスリンが効いていて体重は増え気味。
生活のみならず、色々と見直さないとアカンなぁ。要メンテ。

病院から出たら、お気に入りのパスタ屋サンでのんびり遅めの昼ご飯。
4時も回っていたので、殆ど誰も居ないし快適だ~♪♪♪なんて思っていたら、同時に入ったカップルの女子が相当鬱陶しくて、かなりゲンナリ。
テーブルを2つばかり挟んだ向こうで繰り広げられる、彼女の『こんな事もあんな事もしちゃう、可愛いわたしを見て♪』的猛アピールトークは、色々とツッコミどころ満載で。
彼氏には「この子でいーのか???」と小1時間程問い詰めたいところでありましたが、まぁ若いから許してやろうかという事でパスタを喰らう。
その後、甘ったるい喋り方をするその彼女が社会人だという事を知り、よりゲンナリ。
まぁ、若い内の男子は、判り易い女子が好きだもんなぁと、かつて友達だった人の事を思い出してみたり。

普段買わない様な雑誌を2冊も買っちゃって、自分の中の女子な部分に喝を入れてみる。
つか、内面・外面の自分メンテに刺激を与えてくれそうなこの雑誌。
飽きずにちゃんと読めよー。

昨日の余韻は手の中には残ってはいないけれど、オールCANTAなBGMって辺りで、相当やられてしまっている模様。
そぉそ。
待ち受け、悪魔のではなくてCANTAのルークにしちゃったよ!
とうとうだよ、俺!!!
2007.05.29 (Tue) 01:53
脳内麻薬、大放出の末
とうとう、と云いましょうか。

戀子がモーレツ敬愛しているミュージシャンは、ここでも何度も書いておりますし、未だに頻繁に名前を挙げている『聖飢魔II』<Link>であります。
現役バリバリの信者だった時には、関東圏内は勿論の事、地方にも度々遠征に行ってはミサを参拝していたものでした。
普通の方々(っていうのもアレだが)に話をすると大概驚かれるのだけれど、戀子も含め、周りの仲魔達は1ツアーで4、5本は参拝するという程でしたので、『関東?当然全部行くよね』、『仙台、名古屋、大阪は外せないよねぇ』ってな感じで、住んでいる地域というのは余り問題ではなく、方々へ足を伸ばしていたものでした。

05年に期間限定で再結成した時にも、仕事の絡みがあって中々・・な状態ではありましたが、大阪遠征も含めてトータル7本行って来たワタクシ。
もぉそんなバンドとは巡り合えないよ・・と思っていたのだけれど。

現在、活動しているミュージシャン・バンドで1番ライヴに行っているのが、これまた何度もここでは名前が出ている『CANTA』。<Link>
こちらは聖飢魔IIの中で1番大好きだった、ギタリストで現在はボーカルも務めているルーク篁サンを中心に組んだトリオバンドで、他には同じく元聖飢魔IIの構成員であるドラマーの雷電湯沢サンとベーシストのMASAKIサンがいらっしゃるのです。
このCANTAでも、ライヴは1ツアー中1本行く位なものですし、熱心なファンであるとは決して云えない状態であります。タイトルと曲が合致しないなんてのもフツーにあるし。

そんな中、昔からの仲魔でありCANTA仲間である源からのお誘いで、同じく仲魔でCANTA仲間である大将と3人で手に手を取って、今日は大宮まで遠征して参りました。大宮、すごく久し振りだ。99年の御礼参りツアー以来。
ライヴっていっても、今回はCD屋サン主催のインストアライヴ。つい先頃、『流星と春の嵐』というアルバムを発売したばかりで、その絡みね。インストアですから、無料万歳ですよ。
で、アルバムを買った人はライヴ後に握手会があるというので、初回版を既に買ってしまった事を軽く後悔しつつ、通常版を買って、折角だから(?)握手をして来ようという事に。

これまた『イメージと結びつかない』と、信者以外の方々からはよく云われていたのですが、聖飢魔IIのファンクラブでは『信者の集い』というイベントを毎年恒例でやっていて、その中ではイベントの最後に握手会があったのです。
本物の思春期だった当時は、それはそれは舞い上がりまくりで、数日は夢心地で過ごせていた程。
それは解散するまで続けられていて、普段触れられない彼らに触れられて、尚且つ短くも1対1で直接言葉を交わせるほぼ唯一の機会。
楽しみで仕方がなかったイベントでありました。

それ以来、ライヴで最前辺りまで突っ込んでのホームランタッチなり何なり、一切触れる機会はなく、ここまで参りました。
そんな訳で、随分久し振りに触れ合う事が出来るのですよ。
そりゃ、嬉しくない訳がない。幾らヘタレファンであってもだ。

仕事以上に早起きをして、大宮に結集。
イベントが行われる大宮駅前にあるアルシェは、NACK5の公開放送も行われる場所。NACK5リスナーとしても、一寸ばかりテンションが上がるってなモンだ。
信者的に云えば、今から10年以上前に、ルークが深夜4時間の生放送をやっていたのもNACK5。感慨深い。エロトーク満載でしたよ。

早速CDを買い込んで無事に整理券をゲット、時間までは未だ少しあったので、近くの和喫茶店でお茶。
白玉ぜんざいに癒された午後であります。

思えばCANTAに限らず、インストアライヴってモノに参加するのは初。
普通どれ位の人数でやるものだか判らないのだけれど、結構な人数が集まるものなのね。
今回は先着200名限定だったのだけれど、その200名を収めたアルシェの屋外1階スペース以外に、駅のコンコースからも見える造りになっているので、見ようと思えばどこからでも見られた程。
実際、ファンなのか、はたまた通りすがりだったのか、2階のコンコースだったり、下へと降りる階段に腰をかけて見ている様な方々もおられて、一寸面白い状態でありました。

そういやアレよ。屋外ライヴってのは何度も参加しているけれど、青空の下のライヴってのは初めてなのですよ。
野外でも夕方から夜にかけてのライヴですもの。お天道様が未だ大分高い位置にある最中のライヴ。
それに、スポットを浴びた状態ではない彼らを初めて見たんだわ。
この感覚が『肉眼で見ているんだー!』っていう感じで、やけに感激した次第。
ライヴハウスの中じゃ明るくたって、それは人工的に明るくしているだけに過ぎないんだものね。

整理番号は後ろの方だったけれど、そうは云ってもステージまですぐそこよ。
いつものライヴの様に『後ろは任せろ!』状態であっても、ステージから最後列まで5メートルも離れちゃいないんだからさ。

新譜から4曲程歌った30分足らずのライヴでしたが、もぉもぉ御満悦でしたよ。
楽しかったなぁ~。メンバー自体も相当楽しかったみたいで、超~笑顔がステキでした♪♪♪
俺、もぉはきゅーん。はきゅーんしまくり。脳内麻薬、大放出中。

ライヴが終わったら、今度はいよいよ握手会。
それまでまるで緊張しちゃいなかったのに、いざ『始まるよ!』ってなった時に、急にド緊張ですよ。
手に汗握るとはこの事だ。『しっとりしていてごめんなさいな』的。
先述の信者の集いでのホームランタッチの時にもそうだったのだけれど、その時になって「あー、何を云おう」とグルグル頭の中で巡るのです。
今回も当にそんな感じ。
つか、まるで吹っ飛んでしまっていて。

どうしようかなぁ~・・と考えている間に、先に行った源、大将と続いて順番が回って来てしまい。
結局、こんな感じになりました。

マッキーへ「網あみ(今日来ていた衣装がメッシュの透かし状態だった)、ステキです!」
マッキー:「ありがとうございますー(メッシュの服の胸元をスリスリさすりつつ)」
ルークへ「あああ、久し振りのお触りなんですぅぅぅ!!」
ルーク:「ああ、そうなのー?」
雷電へは、大将が誕生日だったので、その前に「おめでとう(雷電)」、「ありがとうございます!(大将)」というやり取りがあり、それを受けて「この子におめでとうと云って貰えて、私も幸せです!」
雷電:「どういたしまして」

終わった後で俺、激しく後悔。
マッキー、雷電は良いんだ。これで良いんだ。
でもね、本命であるルークに対して『お触り』ってアンタ。いささか変態チックじゃあるまいか。
もしくは、そういう店か???いっそ、握手ではなくて好物のルークの太腿をペロンと触って来る位の気概があれば良かったか。
ルークが笑ってくれていたのが救いだったが。
や、笑っていたのではなく、実は『笑われた』くさいが。
まぁそれもヨシか。多少でも印象に残るならば。

やはり本物に触れると、テンションは嫌でも跳ね上がる。
握手を終えた直後の我々、恋する乙女でしたよ。四十路のオッサンに恋する三十路の乙女達だ。
傍から見りゃ、イタイの全開♪
終わって2階のコンコースに上がり、暫くはみんなが握手をする様を眺めておりましたが、最後の最後で彼らが撤収する時にブンブン手を振ると、気付いて振り返してくれた彼ら。with笑顔。
もぉダメだったね。
「うきゃ♪今、目があったぁぁぁぁぁぁ―――♪♪♪」的。妄想大暴走ですよ。
あそこに居たみんなが恐らくそう思ったに違いない。
ライヴ会場でも叫ばないっつーのに、久々に叫んだ『ルーク―――ッ!!』from2階コンコース。
えぇ、俺はまだまだ乙女を自負。あの瞬間は完全に思春期の当時に戻っちゃうんだわ。

あんなに『白くないと燃えないし萌えない』と公言していたのに、ここ最近はすっかりこんなんで。
今日ので俺ら、漏れなくノックダウンですよ。
久々に地方遠征、関東制覇なんて事をやり出す日も近いやも知れぬ。
いや、でもCANTAったら、ホントに面白くなって来たよ!!

乙女になったその後は、お寿司屋サンでのんびりランチ。
大人な午後でございました。まぁ、そうは云っても、散々語るのは悪魔なりCANTAなりの話なんだが。

そして今宵は、そのまま大将宅にてお泊りであります。
そりゃ寝るギリギリまで妄想トーク、サクレツですよ。

あああ、良い夢見られそうだ♪♪♪
2007.05.28 (Mon) 03:01
激しい衝動に負けそうになった午後
1週間も今日でお終い。
明日はお出掛けなので、いつもよりも1日早い週末ですよ。

今日は本当に自分でもヤバいと思える程の状態で。
仕事をしている中でどうにも馬鹿馬鹿しくなり、品出ししていた商品全てを本気でぶちまけようという衝動に駆られまくりでありました。
『イライラするからやってみたーい!!』といった可愛らしい感じではなく、『もぉこれで終わりになってもいいからやっちまおうか』といった本気モードで。
すれすれのところで辛うじて抑えられたのは、僅かに残っていた理性がゆえ。あんなに激しい衝動って、そうはない。
ましてや俺、仕事では決してそういうキャラじゃない。

夜にはすっかり落ち着きましたが、明日、明後日が休みで良かった。

そんな夜はお客様からアイスを頂き、仕事が終わってからは、みんなでファミリー風を装いながら、ファミレスでご飯を喰らいました。
ハンバーグに癒された。ウマかったー。
帰ってみたら、アイスはデロデロに溶けてしまっておりましたが。
でもでも感謝。ありがとうございますー。美味しく頂きます♪

明日はいつも以上に早起きしなければならないのだけれど、いつもからすれば随分早い時間なので、まだまだ眠れそうにない。
折角なので、マニキュアでも塗ろうかしら。
ペディキュア、塗りなおそうかしら。

ああ、早く寝ないと。肌によろしくないったら。
明日はルークに久々のお触りゆえに、少しでも小綺麗でありたいの。
そんな三十路乙女の揺れる真夜中。
2007.05.27 (Sun) 02:33
笑えない
今日から新しいパートさんが来ておりました。
初めてレジをされるという事だったのだけれど、レジを捌くスピード以外は初めてな感じがとてもしない方で、続いてくれると良いなぁと、本当に思う。

以前はガッツリ新人研修を任されていたワタクシでありますが、最近は殆ど研修をする事もなくなりました。
まぁでも、それはそれで良いだろうとも思う。今の俺じゃダメだ、きっと。
教えられる人が何人も居ればそれで良いと思うしね。教える事がぶれてしまったり、肝心な事の教えこぼしがあるようでは、どうだろうとは思うけれど。
もぉ、そこまでやらんでも良いのかも知れません。

最近、本格的に仕事が辛くなって参りました。

自分で自分を追い込んでしまっているだけなのかも知れないけれど。
もっと気楽にやれば良いのかも知れないけれど。
見ない様にすれば良いのかも知れないけれど。

大した仕事もしていないのだから、大きな事は何も云えず。
何も変わらない立場だから、何をどうする事も出来ず。
けれど、どうしたって見えてしまうし、見えたら見えた以上に苛立ってしまうし。

そろそろか。
そろそろなのかな。

つか、どうなれば満足なんだろう。
結局、ここにいようと、他へ移ろうと、どうなったところで満足する事なんてないのよね。

ならば・・とは思うが。

仕事を離れていた期間は、『このまま終わってしまうんじゃ・・』といった不安から、仕事の事だけではないにしても、どうにも云い難い焦燥感に駆られ、鬱状態にまでなってしまいました。
そこから復帰し、お客様と関わる事が楽しくて仕方がなかった最初の数日。
そういった事が落ち着いた頃に、これまで以上に見えてしまったもの。
戀子が休んでいる間に変わってしまったのか、変わったのではなく、ただ紛れて見えていなかっただけなのか。

ただはっきり云えるのは『そんなんじゃ嫌だ』という事だけ。
そして、働かなくても良い状態であるならば、もぉ辞めているだろうとも思う。
休職していた時の焦燥感は何だったんだ???と云われそうだけれど、働かなければならないからこその焦燥感。
そして少なくとも、あの時点では愛着のある職場でした。
や、好きだからこそ苛立って仕方がないのかも知れない。
ルーズになっていっているのが許せないのかも知れない。

ああ、本当に笑えない。

そして今日も、あのバイト君からは挨拶されませんでした。
居ると思うと無駄にイライラするので、戀子の方から挨拶するのも、関わるのも、一切やめようと思います。
大人げなくて結構。
ちゃんちゃん。
2007.05.26 (Sat) 04:13
今更ながらに
今朝、ノリとのおデートから帰って来て、電池が切れたが如く就寝。
けれど珍しく、家にかかってきた電話だ、ケータイメールだに起こされる。
普段寝ている時ってのは、まるで気付かないのになぁ。久々のおデートにコーフンして眠りが浅かったか???

休みの今日は何もしない1日と決めていたので、録りためていたビデヲを見たり、CANTAのアルバムに付いていたDVDを見たりして過ごす。
『1400Km/h』のPV、萌え~~~!いよいよ白いのは顔じゃなくてもオッケイなのか、俺???

そぉそ。
今更なのだけれど、『ワンピース』って面白いね!<Link>
先週末、職場のパートさんが「朝っぱらからアニメを見て泣かされた」と、そのアニメ『ワンピース』の話になりまして。
お子のみならず、彼女自身がすっかりハマり、単行本も全部持っているという事でしたので「じゃあ、貸して♪」と、10巻ずつレンタルさせて貰っているのです。ハチクロと交換でレンタルだ。

そんな感じで、今日一気に10巻読破。ゾロ、超~~~かっこいい♪♪♪←腐女子魂全開☆
早く返して続きを借してもらおう。単行本を揃えるには、巻数出まくりだ。
ジャンプ系漫画を読むの、るろ剣以来だなぁ。
久々に少年漫画を読んだら、以前ハマってアレやらコレやらをやらかした『聖闘士星矢』、『るろうに剣心』をまたガッツリ読みたくなりました。
単行本、全部ブックオフに売っ払っちゃったもんね。置き場所がなくて。

因みに、『聖闘士星矢』ではミロ×カミュ、『るろうに剣心』 では斎藤×左之助、斎藤×蒼紫を超~御贔屓でありました。
判る人に判れば、それで幸せ。
ここをそっと見守る元腐女子のご婦人方も、現役腐女子のご婦人方も、そうでしょ。あはん。
2007.05.25 (Fri) 01:32
宵っ張りの俺ら
オンナ友達とのおデートはやっぱり楽しい。

最近のワタクシといえば、すっかり世界が狭くなり。
家と職場までの往復10分足らずが日々の殆どを占めていて、職場の方々以外の誰かとの交流といえば一路だけ。
遠かったり、生活サイクルが中々合わない事で、すっかり女子友とは疎遠になっております。
それでも、mixiが救いっつーか。
以前は、ブログを持っている友達たちとの、PC上での交流が頻繁だったけれど、ミクを始めてからというもの、ミクを通じて友達たちの動向(っつーか)を知る事が出来る様になったので嬉しい限り。日記へのコメントは時間問わず出来るしね。

そうは云ってもだ。
mixiをやっている友達ばかりではなく、気になっている友達たちも多く居る。
逢いたいし、連絡取りたいし、さりとて中々叶わぬし・・と、こちらも悶々としつつも、日々のアレコレに紛れがちになっておりました。

でもでも、漸く!
高校時代からの友達・ノリとのおデートが今宵は敢行出来ました♪♪♪

今から10年程前は、『俺ら、付き合ってるんじゃねぇの???』って位の勢いで、それはもぉ相当頻繁に逢っていたし、夜な夜な遊んでおりました。
けれども、お互いに生活環境が変わってしまった事もあり、最近では1年に1度逢えるかどうか・・という、そんな淋しい状態で。
近いのに逢えないってのも切ない話なのだけれど、まぁそんなモンだったりするんだわ。

そんなノリとは、実に1年以上振りのおデート。
戀子の仕事が終わってからのおデートでしたので、日付を越えてからの逢瀬。宵っ張りの俺らにはピッタリなんだわ。
実に真夜中の密会状態でありました。
『密会』・・淫靡な言葉の響きがステキ☆

真夜中でしたので、行ける場所は本当に限られており。
結局、得意の『ファミレスwithドリンクバー、朝までコース』と相成りました。
学生チックだよなぁ、これ。三十路のオンナ2人でファミレスで延々ってのもどうだ???って話もあるけれど、まぁそれはそれ。
めっさ楽しいのでヨシ。
戀子が呑めれば酒でもいーのだが、仕事終わりのこの状態で呑んだ日にゃ、さっさと眠くなってしまいそうで勿体無いったらない。
だって、折角久々なんだもの。眠気でぼんやりしちゃうのなんてアカンでしょ。ガッツリお話したいでしょ。

そんな三十路女子2人のマシンガントークのテーマは『仕事におけるアレコレ』と、『プライベート充実(希望)の貴族的生活』。
貴族とは???そりゃアンタ、独身貴族ですよ。
我々、貴族ですから。おほほ。
日々、ヒラッヒラな羽根飾り全開のアイマスクで目元を隠しつつ、仮面舞踏会を開催中ですから。おほほ。
妄想、得意ですから。おほほ。

多くを語らずとも、それまで培って来た年月がすぐに逢わなかった時間を埋め、ものっそい心地良い空間を作り出せる。
こういう関係って貴重ですよ。そうは簡単に出来ないもの。
良い友達を持ったよなぁと、改めて実感する次第。
気付けば人生の半分以上のお付き合いなんだわ。共に白髪が生えるまで、今後とも1つ、よろしくどーぞ。

そんな貴族な密会も、空が白々して来たところで今宵は終了。
まだまだ話し足りない状態でしたが、足りない部分は次回以降のお楽しみという事で☆
次は近々、カラオケおデートと参りましょう。
歌うよ、ガッツリ!ビバ☆80年代~90年代!
2007.05.24 (Thu) 05:20
『どうして結婚しないんですか?』
1週間の始まりですよ。
おデートで気分もリフレッシュ、洗濯したばかりの制服に身を包み、夕方のピークタイムに飛び込んで快調にレジをこなしていたら、お惣菜のラップの巻きが甘く、見事にたれが漏れまくり。
お客様曰く、「何だかベタベタしていたのよねぇ~・・」。
そうでしたか。
仕事に入って30分足らず。俺、あっという間に南蛮漬け風味漂うオンナとなりました。

そんな今日の仕事前。
最近入ったばかりのバイトちゃんと更衣室で一緒になる。
殆ど終わっていた彼女のレジ研修の最終チェックをしたのは、仕事復帰したばかりの頃。
最近では仕事の時には誰とも殆ど話をしないし、自分の中の着火剤となる色々を見たくはないのですぐにレジから離れて別の仕事に移るので、バイトちゃん達と話をする機会が少なくて。そんなんだから、かなり近寄りがたい雰囲気を醸し出しているだろうとも思うが。
なので、彼女とも『まるで話をした事がない』という程。

仕事に入るまでの10分足らず、少しだけお話。
何となく興味があったのか、単に場つなぎだったのかは判らないけれど、戀子自身の話になる。

「戀子サンは結婚しているんですか?」
「してないよぅ。いつかはしてみたいねぇ~・・(遠い目)」
「ミノさんもオクさん(共に社員サン)も、結婚しているんですよね???社内恋愛は難しいですねぇ~・・」
「や、社内恋愛を狙っている訳でもないからさ。一応、彼氏も居るし」
「それじゃ、どうして結婚しないんですか?」
「うーん、何でだろうねぇ???」

さて。
この答えにどう答えれば良いのやら。

若い女子と話をすると、大概訊かれるこの質問。
相手が居ない訳じゃないのに、その年で(とは流石に云わぬが)どうして結婚しないのかと。

まだまだこれからという若い女子には特に、やっぱり判らぬ領域ではないかと思うのですよ。
ある程度の年齢になったら、その年頃にお付き合いしている人と結婚して、子供を産んで・・というのが、それなりのレールだと思うんだろう。
戀子も思春期真っ只中の頃には、確かにそう思っていたし。
みんな、そうやって人生歩いていくんだろうなぁ・・なんて。
まるで疑いもなく。

戀子は持病の絡みもあって、二十歳前にして結婚を諦めた事もあり、そこから先、一路とのお付き合いが進んでいくまでは、結婚というモノに関して『好きな人とずっと一緒に居られて良いなぁ』と思う以外は特に感じる事もなく、大体が他人事でありました。
周囲の友達たちが結婚・出産と進んでいこうとも、自分にはまるで関わりのない世界っていうね。

年齢を重ね、周りを見回して。
改めて感じるのは、自分達の事であって自分達だけの事ではないし、しがらみも色々と付き纏うという事。
そして甘い夢物語ではなく、婚姻届に記入した先は、恋愛の延長だけでは進んではいけないという事。
何も判らぬままに突っ走った方が、実は案外うまく行くのではないかと思ったりもする今日この頃。
頭で考えているだけでは、結局何も変わりはしないしね。

さて、我々の場合はどうなんだろうな。
そろそろ良いのでは・・というのは、大方の周りの評価であります。
良いかも知れないけれどもね。

「結婚したら、ラスト(閉店時間)までは出来ないですよね?」
「何云うか!結婚したらこの店は辞めるわよ!」
「えー、じゃあダメですぅ!」

そんなんで終了した結婚話でありました。
チャンチャン。

ネットで予約していた、明日発売のCANTAのニューアルバム『流星と春の嵐』が届きました。cd.jpg
前作も良かったけれど、今回も良いぞ☆
うん、イタイのが気持ちイイ!
この世界観がたまらぬのよね。あはん。
週末のインストア、夏のライヴが楽しみであります。
2007.05.23 (Wed) 03:04
今週は一転・・
先週のネズミー詣なおデートは、我々三十路カップルにしては相当頑張りましたのでね。
えぇえぇ、本当に。あの後は女の子ウィークも手伝って、1週間通して抜け殻チックに過ごしておりましたから。

今週はその反動で、超~~~のんびりでマッタリなおデートでありました。
我々(というより、戀子)が得意とする、完全ノープランおデート。
買いたいモノがあったので、それを求めてお店を何軒も梯子をする。
無事に買えたその後は、ホントにフリー。
「一寸疲れたし、ゴロゴロしたいよね」ってんで、明るい内からラブホに引き篭もって、アレやらコレやらと話をしておりました。
ラブホに入ったって、ただHするだけじゃねぇんだわ。ここだから出来る事がいっぱいあるのさ。
実家暮らしカップルにとっての、ラヴい空間ですよ。

この間こちらでも書いた『挨拶出来ない人』云々の話も聞いて貰い、最終的には『親の躾の問題で、小さい頃までの教育でその後は決まったも同然らしい』という話で終了。
実際、そんなお悩み(?)がつい最近、TVで紹介されていたんだそうな。
そーか、そーか。親の躾如何なのか。
でも確かに、家族の中できちんと挨拶を行わない家庭っつーのは、しない事が当たり前なのだから、外でも当然出来ないものかも知れないと、妙に納得。
「他の人にはするけれど、わたしにはしない」という話をしたら「それは単に嫌われてんじゃないのー?」と、ニヤニヤしながら云われました。
ニヤニヤは余計だってぇのよ。
まぁでもアレだ。うむ、それはそれで当たっているかも知れぬ。

仕事の時の1週間も早いけれど、おデートな1日の時間ってぇのは更に倍。
何でこんなに早いんだろう・・そんな乙女的発言もさらりと出ますよ。
だって乙女なんだもん。心だけはいつだって思春期全開ですよ。
ああ、しかし。
楽しい時間は緩やかに過ぎてくれたら良いのになぁ。
これは本当の、嘆きともつかぬ独り言。
三十路乙女の浮ついた嘆息だ。

一路をバッチリ充電し、今週も日々をやっつけていこうと思います。
今週半ばは久し振りのお友達とおデートだし、日曜には大宮でCANTAと握手!(『後楽園で僕と・・!』的)
楽しい事を目指して、ガツガツ頑張りますよー。
2007.05.22 (Tue) 04:00
今週もおしまい
仕事に復帰してそろそろ1ヶ月。
浦島気分から漸く抜け、色んな事が見えて来てしまって・・というより、見えていたモノを改めて突きつけられ、勝手にイライラしまくっていた今週。
女の子ウィークだから、イライラも倍ドンですよ。
今週も無事に終わった、終わった。1日は緩やかでも、1週間はとっても早いったらない。
そういえば、悲願達成のネズミー詣も今週だったんだよなぁ~・・今となってはもぉ随分昔のようですよ。
あんなにスペースマウンテンにやられて、そりゃもぉヘナヘナで帰って来たっていうのにね。

それはさておき。
昨日の愚痴日記に、思いがけなくコメントを寄せて頂いちゃって。どうもありがとうございました。
ここに集って下さるみんなは、揃いも揃って働く同士。
働きマンは色々あれど、毒を吐きつつ今日も明日も頑張りましょう。
アナタ方が居てくれるから、俺も頑張れるってなモンだ。

あ、今日は穏やかに仕事をしておりましたよ。
1日レジの中に篭り、自分の仕事のスタイルを見直す事につとめてみました。未だ未だ己にもツッコミどころ、満載ですから。
思えば今の職場に入って1ヶ月かそこらは、レジしかやった事がなくて。
他のパートさん方の様に発注をしたり、品出しをしたりする事がなかったのですよ。
仕事が出来ない自分に不安を随分感じていたものでした。
今の様にやれるようになったのは、良くも悪くもマリオのおかげ。人使いが荒い彼に鍛えられ、大概の事はどうにか出来る様になりました。
ありがたや。好きではないけれど。

さて。
イライラしてばかりいても仕方がないので、今宵は久々にバトンで駆け抜ける夜にしとうございます。
某所で踏んだバトンに、懐かしい自分の姿を思いつつ。


『女子高生バトン』

1:今あなたはいくつですか?
10と10と10と2歳でぇす。
万年思春期の三十路女子☆


2:高校は公立?私立?また学科はなんでしたか?
今は違うけれど、当時は限りなく公立に近い風体の私立でありました。
学科は普通科・進学文科。


3:女子高でした?共学でした?
共学ですよぅ。コースの中では我がクラスだけ女クラ並みでしたが。
男子、1/3程度しか居なかったなぁ。
『女クラ並み』だったから行動も女クラ並みで、今思えば男子は少々可哀想だったかも。


4:彼氏はいましたか?
おりましたよ。人生初彼氏。在学中は1年近くお付き合いしておりました。
1つ上の部活の先輩でね。
初めて顔を合わせた時に、顔が好みでも何があった訳でもないのに、ものっそい印象に残っていたのを覚えております。
純粋に大好きだったなぁ。可愛げあったよな、俺もあいつも・・ってな感じ。


5:部活はなんでしたか?
3年の春まで吹奏楽をやっており、ホルンを吹いておりました。
中学ではやっていなかったので、未経験バリバリで。
ここでは甘酸っぱい想い出が満載。
当に青い春。


6:好きだった教科は?
文系教科は基本的に何でもバッチ来い状態。
古文とか日本史なんかは、妄想しつつ授業を受けていたなぁ・・
大好きだったから、歴史。


7:嫌いだった教科は?
理数系教科全般。
嫌いがゆえに、高校を受験する時には『出来るだけ理数系教科をやらない学校を!』ってな基準で選んだ位。
受験云々ではなく(行きたい大学も文系だったけれど)、あくまでそこ。

文系教科だけれど、世界史も大嫌いだった。
余りの他の教科との落差に、「どうして俺の授業だけ、こうなんだ・・」と、教担が担任に嘆いていたという話。
ただ単に、カタカナが覚えられないのん♪


8:学校にメイクはしていきましたか?
フツーのメイクも、悪魔メイクもしておりません。
学生時代に悪魔メイクが出来る環境だったら、戀子の学生ライフもまた全然違っていたかも知れないわ。


9:ピアスはOKでしたか?
NGですよ。みんな開けていたけれどもね。
ワタクシは社会人デビュー。中々ホールが完成されなくて、両耳揃うまでに何年もかかったけれど。


10:制服はセーラー?ブレザー?
ブレザーでした。
セーラー服は、実際の学生生活でも悪魔コスプレでもラヴいコスプレでも着た事がございません。


11:あなたの学校の夏服をくわしく教えてください。
つーても、何ら変わり映えしないよー。
白のワイシャツにグレーのベスト&スカート。


12:では冬服は?
上記プラス紺のブレザー。胸にはエンブレム。
ノーマル、ノーマル。変わった事は何もなし。


13:リボンはどんなものでしたか?
リボンではなくて、ネクタイでしてん。
紺とエンジのストライプで、学年カラーの校章(っつーか、何つーか)が入っていた。


14:校則は厳しかったですか?
うちのコースだけ、やけに厳しかったのを覚えているわ。
服装チェックとか、しょっちゅうやっていたもの。


15:体操着はどんなものでしたか?
青ジャージ+白い学校指定のTシャツ。胸には学校の名前入り。
今でもアレなのか。
あれ、在学中に新しいジャージとかに変わったんだっけ???アレは中学ン時か???


16:スカートは短くはいてました?
先輩から譲り受けたスカートを、くるぶし程に長くして履いてました♪
譲ってくれた先輩が背の高い女子だったので、ちびっこな戀子には、彼女の標準がくるぶしだったっていう話だが。


17:ルーズ派?ハイソ派?
くるぶし派♪
我々の頃はハイソは子供っぽくてダサいモノだったし、ルーズは未だ出始めだったのですよ。


18:カーディガンは着てましたか?
カーディガンではなくてベストね。
我々の時代はベストでしたよ。


19:着てた方、どこのメーカーの何色のカーデでした?
ベストはラルフローレンがド定番。


20:カバンはどんなものを使ってました?
学校指定のバッグに、雑貨屋で見つけた可愛いサブバッグをフル活用。
当時から荷物の多いオンナでしたから、とても学校指定のバッグだけでは間に合わないったら。
当時は『だっせぇなぁ~』って思っていたこのバッグだけれど、我々が卒業
してから急に『可愛い』ともてはやされ、結構な高値でやり取りされたって話も聞いたり。
あんなんで良かったらあげるよっての。
もぉないけれど。


21:髪は染めてましたか?
興味なかったし、今と変わらず黒髪で。


22:靴はローファー?
うん、ローファー。履き潰したねぇ。


23:電車内でメイクとかしてました?
つか、どこであろうとメイクはしていなかったし。
ちゃんと化粧をする様になったのは、学校を卒業してから。それまではせいぜい、色付きリップ。
可愛いもんだ。


24:学校で写真をとるときは髪&メイクに気合入れてましたか?
俺ら、前髪命世代!!!
ケープやらミストで立ち上げる、立ち上げる。


25:休み時間には友達とどんな話をしてましたか?
主に恋バナ。受験関係の話も結構ディープにしていたなぁ。
途中から受験出来ぬ事になった戀子は、後半は殆ど相談役でしたが。


26:学校帰りに友達と街で遊んでたりしました?
部活をやっていた時には、部活後に海に行って、そこで呑んだり、語ったり。
制服でも酒を売ってくれていたんだもの、良き時代よねぇ。
部活を離れてからは、カラオケ行ったり、駅前のお店をフラフラと見て回ったり、お茶しながら何時間でも喋っていたり。


27:ナンパされたことはありますか?
制服姿ではありませんよ。
私服ではね、何度か。


28:バイトはしてましたか?
バイトも学校を卒業してから。3年の時に面接には行ったけれど。


29:どんなバイトでした?
面接に行ったのは写真屋サン。友達が行くっていうから、ついでに行ってみた。
勿論、採用にはならなかったけれど。


30:行事は頑張るほうでしたか?
行事ごとには熱いクラスでしたので、何でも勘でも激しく盛り上がっておりました。
他のクラスは割りにシラッとしていたみたいだけれど。
『あのクラスには賞金でもかかっているのか???』と、他のクラスの方々には云われていたらすぃ。


31:どの行事が一番楽しかったですか?
んー、何だろう。
体育祭・・記録会が楽しかったなぁ。
コースの中では『賢いクラス』で、先生からも他のクラスの方々からも、妙に特別視されてアレだったのだけれど、当人たちはンな事なんかどーだって良くて、中身は超~体育会系で。
普段の授業だって、体育はものっそい盛り上がっておりました。
バレーやバスケなんかはチーム分けされると、朝練がある程の熱の入れ様。


32:ここだけの話、お酒飲んだりしましたか?
多少はね。
部活の後だったり、文化祭の打ち上げだったりで、少々。


33:女子高生でよかったことは?
あの当時・あの年頃にしか出来ない事を、充分に味わわせて貰えたと思う。
『女子高生』だから良かったのではなくて、学生で良かったっていう感じだなぁ。


34:逆に女子高生でいやだったことは?
十把一絡げに見られる事。
それは女子高生に限った話ではないものの、あの年代は特に目立つから云われ易いんだろうと。


35:今女子高生にもどりたいと思いますか?
今の女子高生になりたいとはまるで思わない。
当時の学生生活は、もぉ少し味わっても良いかもなぁと思う。
部活とか、友達との恋バナとか、部活とか、友達との恋バナとか、彼氏との学生ならではのおデートとか。


36:女子高生が短いスカートで足を出してるのを見ると「若いなぁ…」とせつなくなりますか?
寧ろ、学校を卒業してからの方が、バンバン足を出しておりましたので。
今の女子高生チャン達は「短いな―――っ!!」って思う程度。
まぁ、制服がそういう形だものね。


37:現役女子高生を見て「昔自分がこんなことしてたなんて恥ずかしい!」と思うところはありますか?
電車の中で物を食べていた事くらいだろうか。
友達たちと冷凍みかんを喰らいながら帰ったのも、今となっては良き想い出なのだが。


38:先生に叱られた思い出はありますか?
叱られた事は少ないンすよ。単純に怒られるのが面倒だから、普通にしていたし。
そんな中での数少ない1回は、授業が始まる前に友達とトイレで髪をいぢったりしながら話をしていたら、チャイムを聞き逃して。
で、まんまと授業に遅れ、4人揃って廊下に立たされたって事。
高校生になってまで廊下に立たされた。今となっては、良き想い出なのだが。

あ、クラスみんなで数学の先生に楯突いて、先生が授業をボイコットしたって事もあった。
ストーブをつける・つけないとかいう程度の、そんなくだらない話ね。


39:女子高生をひとことで言うと?
大人でもなく子供でもない、あらゆる事が輝いているだろう貴重な時間。
女子高生ってよりは、これは思春期だな。


40:お疲れさまでした。このバトンを5人に回してください。
ぷりンちゃん。
あいあい。
かおり。
ルカ。
みーチャン。

この間まで現役だった人から、そうではない人までのラインナップ!
世代間ギャップが面白そうだなぁってな感じで。
受け取ってくれたらモーレツ感謝♪
ネタに困った時にでも、よろしくどーそ☆
2007.05.21 (Mon) 03:52
悶々
どうにも悶々として仕方が無いですなぁ。

今日も今日とて、淡々と仕事をしておりました。
常に気になるアレコレは見て見ない振りをしてやり過ごし、仕事内容ではなくて『仕事そのもの』に対しては、色々考えたらきりが無いので、思考を完全にストップ。
どんな事でもいいから、自分なりに『仕事内容』に関する目標を立てよう。
それに向かって仕事をしてみよう。
そうすれば、幾らか悶々も解消されるだろうか。

この職場では、戀子の『3年目のジンクス』はクリア出来るんだろうかな。
後1ヶ月もしたら3年目を迎えますよ。
気分的には5年は働いていそうな勢いだけれども。

楽しくない訳じゃない。
遣り甲斐がない訳じゃない。
仕事を評価されていない訳じゃない。

でもね、なんだよな。
やってもやらなくても変わらないのなら、もぉガツガツとやりたくはないという事だけだ。
周囲の目を意識してガツガツ動いている訳ではないものの、ふとギャップに気付いた時にガックリ来てしまうのです。
色んな事が中途半端になってしまっている自分自身にも苛立つ。
『どこも同じ』と云われればそれまで。これ以上は無いと云われればそれまで。
人間関係等々の後ろ髪を引かれるだけの材料は多々在れど、区切りをつけて離れるだけの事。

戀子が休職している間に入って来たあの子からは、これまで何度も顔を合わせているし、狭い店の中ですので、すれ違う事も多々あるけれど、1度も挨拶された事はない。
こちらから挨拶をして、初めて存在に気付くといった感じだけれど、基本的にはオール無視だもんな。
今日もそうだったなぁ。
彼の目にはワタクシ、映っていないのかも知れない。
そんな態度を取られる度に、いつもゲンナリしてしまう。
わたしはアナタに何かやらかしましたかー???

大人なんだから歩み寄らなければいけない???
若人に対してキリキリし過ぎ???
そうかも知れないけれど。
『仕事先の若人』ではなく、一緒に働いている以上は『同僚』なんだよな。

まぁいーや。

そんな中、今日はとても可愛い小さな女の子(推定2歳児)に癒された。
ばいばーいってしたら、ほわんとした笑顔と一緒に、小さな手で戀子の手をニギニギしてくれた。

疲れているんだなぁ、きっと。
人の事なんてどーでもいーから、自分の内側だけ見ていよう。
どうにも我慢出来なくなったら、求人を探せばいいだけだ。

・・実際、ちゃんと仕事が出来ているのかも判らなくなって来た。
過大評価かも知れぬ。自分の。

女の子ウィークにつき、色々御容赦下さいな。
山も谷も波もあるってな話。
2007.05.20 (Sun) 02:33
昨日の反動と、ある男子の熱い視線
昨日の忙しさにすっかりグッタリ。
今日の昼間はモーレツに暇で、けれどもぉ動くのも億劫で。ぼんやりとしながらレジの中に篭ってみました。
グッタリしているものだから、商品をスキャンしたりお金の受け渡しをする時に手がもたついてしまったりで、どうにもこうにもな感じだ。
女の子ウィークに輪を掛けて、実はネズミーの余韻がデカいんだと思われる。
三十路虚弱ッキーの疲労回復度なんて、こんなモンですよ。中々回復しないったらない。
お出掛けだって命懸け。

そんなこんなで、今日もさっさと寝ようと思います。

寝しなに一発、今日のドキドキ。
我が店に時々いらっしゃる、露出過多のお客様(女性)がいらっしゃるのだけれど、いつもは彼氏らしき方と一緒に夜の時間帯にいらっしゃるのに、今日は1人。
今日も今日とて、露出過多でありました。
パンツスタイル(ショートパンツというよりは、男子の視線総受けバッチ来いなホットパンツ)が多い彼女が、今日は細いストラップのワンピースで御来店。
胸、ドーン!谷間、ドーン!!みたいな。
思わず『おっ!』ってな感じで目がいっちゃったよ。夕方の忙しい時だって、見るモンは見ますよ。
彼女、ものっそい官能的な体つきをしているんだな。

すみませぬ。戀子は男子的視線で見ますよ。
以前、ある社員サンに『戀子サンは男の気持ちが判ってる!!』と云われたワタクシです。
つまりはエロ的思考が男子寄りだという事らしい。
『服の端から見える下乳がたまらん!』的ね。

それはさておき。

そしたら、彼女の後ろに並んでいた親子連れの御子(男子・推定幼稚園児)の方が、同じ様に彼女の胸元をガン見しておりましたとさ。
そりゃ見るよな、男子だもん。視線が超~熱かったわ。いつまでも外しやしない。

それにしても、今週も早い。もぉ週末だわ。
親知らずが出て来ているらしくて地味に痛く、ただでさえたどたどしい日本語が、より噛み噛みでグダグダだ。
まともに『どうもありがとうございます』が云えやしないったら。
笑ってやり過ごすには回数が多過ぎるだろうか。

後2日、一先ず頑張れ。

最近、店で余り話をしていないなぁ。
淋しい。
2007.05.19 (Sat) 02:26
キリキリ舞い
キリキリ舞いなんてぇのも死語でしょうが、まぁキリキリ舞いな1日でありました。
それ以外に表現の仕様が無い。

ただでさえ人が居なくて『困ったねぇ~・・』なんて言葉ばかりが続いている我が店でありますが、高校生バイトちゃん達がテストに入った事もあり、枯渇に拍車がかかり。
1週間程でしょうかね、少々キツキツな状態が続くのですが、今日はその第1弾の山。

昨日までは『最近、まるでレジに入っていない』なんて云っていたけれど、今日は1日レジに張り付いておりました。全く離れられず。
極端だっつーの。

それにしても、いつになったら人不足が解消されるんだろうかなぁ。
行動やらがアレでクビを切られたバイト君達が居たり、来月で辞めてしまうパートさんが居たりして、潤う気配はまるでナシ。
新人バイト君達にレジを任せられる状態はいつなんだろう。人がカツカツなものだから、バイト君達のレジ研修をするだけの時間すらない。
また週6ペースでやらざるを得ないんだろうか。
つか、『来月からお互い、休めるのか???』ってな事を、午後を一緒に乗り切るパートさんと話をしている程。
大きなスーパーでは考えられない程、1人の人間力がデカい地域密着型スーパーであります。

閉店後には抜け殻でありました。
ああ。後3日がまだまだ遠い・・
2007.05.18 (Fri) 02:25
寝る子は育つ
んまぁ寝た寝た、寝倒した。

女の子ウィークに入った事もあり、兎に角眠くて仕方が無い。
3時過ぎには寝た昨日。10時半には目が覚めてしまい、勿体無いとウダウダ粘ってみたものの勝てず、11時半に起床。
新聞を読んだりしながらダラダラとしつつ、朝ご飯に昨日の残りのカレーを喰らう。

そんなこんなしていたら眠くなり、欲望の赴くままに眠る。

気付けば夕方。
寝ちゃったなぁ~・・と思いながら、また眠り。

そして、今も既にモーレツ眠い。
今日は文字通り、寝倒した1日でありました。
本当に何もしちゃいないったら。ずっとパジャマのまんまでした。せめて部屋着にでもなりゃ良いのだけれど、1日ずっとパジャマでおじゃま。
ブログの更新と、CANTAの7月にやるライヴのプレリザーブ結果を見た位。
まぁ、そんな日がたまにあってもいーじゃないって事で☆
2007.05.17 (Thu) 00:30
若くはないので
昨日、一昨日の疲れがマンマ、今朝までガッツリ残ってましたよ。
一昨日の夜の仕事上がりからの動きは、記した通りでありますが。
いやはや、若くはねぇんだなぁってぇのを痛感。
電池が切れる様に昨日は寝付いたけれど、今朝はこれが中々起きられない。
いつもよりも遅い入り時間にしておいて良かったったら。んもぉ、まーるーでーダメ。
いつまでも布団の中でウダウダと過ごしておりましたよ。

今日も今日とて、品出しがてらの巡回業務。
最近、こんなんばっかりだよなぁ。お客様に対する時の様に気を遣わなくて済むのは良いけれど、体がね。
また手が痛くならない様にケアしていかなくては。

目に付く事が色々とありつつも、やはり簡単には解決しねぇよなぁとしみじみ。
戀子の我が儘というか、コレは自我(っつーか、何つーか)なのか。
仕事に対する考え方の違いでしかないのだろうけれど、これを埋めるのはもぉ無理なのかも知れない。
もっと気を楽にもってやれば良いのかな。

自分の体の事もあって社員という道を選べず、この年齢になっても時給で働くという不確かな立場でしか働けないワタクシには、プライドを持って仕事をする以外、今をキープする事は出来ないのだけれど。
同じ様なテンションで臨めとは思わないけれど、でもね。
変わらないアレコレならば、今よりもずっと低い意識で仕事をすれば良いのか。
そんな訳にもいかないし、大体、そんな事も出来ないし。

今まで戀子が仕事で関わって来た人達も、若い頃の戀子には同じ様に思っていただろうなぁ。
少々具合が悪いってだけでしょっちゅう休んでいたし。その上、ライヴなんかに行くのにも、病欠のフォローなくして普通に公休希望していたし。
今頃になって反省するよ。すみません、方々の方々。

と、そんなところに本社の社員サンから不意に振られた『マンスリーレオパレス』計画。
遠く県を跨いだあそこの店に、ワタクシは期間限定とはいえ、行く事となるんだろうか。
「独身ですし、行くも行かないも、どちらでも構いませんよ」とだけ云っておいたけれど。
環境や人をがらりと変えて、今の自分のアレコレを見るには最適かなぁとも思うけれど。
それは単に逃げでしかないのかしら。それとも、何かのきっかけになるのかしら。

つか、どこまで本気だったんだろうかな、レオパレス計画は。
「店長が離さないだろうなぁ」とは社員サンの言葉。
さて、どうだろうか。戀子の代わりは幾らでも居るよ。

店が終わった後、ライダー&あいあい、そして社員のオクさんとラーメンを喰らう。
寒かったし、何よりお腹が空いていただけに、妙に染みました。
節系の復活があっという間だったのは残念。早く復活させておくれよぅ、幸楽苑サン。

昨日休んだばっかりだけれど、明日は早速お休み。明後日は人がいないシフトでドキドキ。休憩、いつ入れるんだ???
でも明日の休みは丁度良かったかも。体メンテしとかないと。
つか、寝倒そう計画。どれだけ眠れるかちら。
2007.05.16 (Wed) 02:49
悲願達成
そんな訳で、悲願達成。
ネズミーランドに行ったら100%険悪になって帰って来る我々でありましたが、今回初めて、全く険悪にならずに帰って参りましたよ!!!
感涙、感涙、また感涙。

サービスエリアで車中泊か、どこぞのラブホでお泊りかで悩んでいたところでしたが、結局は車中泊と相成りました。
一路と落ち合ったのが2時を回るか、どうかな頃。ランドの駐車場が開くのが6時半頃だというので、その時間に間に合う様に行こうという計画でありました。
その話はこの間も聞いていたけれど、ワタクシ、冗談だろうと思っていたのですよ。そんな早い時間じゃなくてもねぇ~・・なんて。
したら本気だったのさ。マヂでした。
そしたら、ラブホに行っている時間も妙に勿体無い。どうせ寝るだけだったら、別に車の中でも良いわよね、という事で。
そんな感じで、初お泊りは車の中でございました。それもまたヨシ。

結局、朝の6時半にランドの駐車場にはおりませんでしたが、それでもかなり早い時間には居た我々。
駐車場から出てパークゲートへ向かうと、それはそれは・・な人の数。
「休み明けだっていうのに、何なんだ、こりゃ」ってな感じではありましたが、まぁそこはネズミーランドだからなのでしょう。

当に開園ダッシュ状態で中へ雪崩れ込み、先ずはずっと行けなかったプーさんのハニーハントへ突っ込む。
ファストパスを取っておけば一先ず安心だよねという事で、サクサクとパスをゲット。
時間までの間に、これまで行ってなかったアトラクションを攻めてみる。
中途半端に睡眠不足な我々には、小回りが効きすぎたライド系のピノキオや白雪姫ですら、めっさ効いたわ―――っ!!もぉもぉ、クラックラ。

プーさんは何年越しだろう???中に入れた時にはウヒャウヒャしちゃったよ。
だってもぉ、恐らくは3、4年越し。
ランドへ行く度にチャレンジするも、ファストパスの予約時間が既に埋まっていたり、閉演時間ギリギリだったりして、泣く泣く諦める事、数回。
今回、こちらも悲願達成でありました。

今のシーズン、『リロ&スティッチ』のフリフリ大騒動というイベントが開催されていて、パークのあちらこちらにスティッチが居るんだそうで。
我々世代に判る様に云えばアレだ。『ウォーリーをさがせ』だ。

ushirosugata.jpg
こんなのとか。
penki.jpg
こんなのとか。
nozokimi.jpg
こんなのとかがいるのです。
といっても、これはホントに極一部。色んなトコロに散ってましたよ。

お昼は中抜けしてイクスピアリで。
ランドの中でのご飯は、どうしてもヘヴィになりがち。洋食だったりジャンクフードだったりは嫌いではないけれど、それが続けば体がしんどい。
もぉほら、ランドでヘラヘラ遊んではいても、三十路を大幅に越えた男子と女子でありますから。
soba.jpg
へぎ蕎麦に癒されましたよ。
へぎ蕎麦とは、新潟県は小千谷市の名物なのだけれど、ものっそい腰があって。因みに、この器が『へぎ』と呼ばれるモノなんだそうな。杉の木で出来ているんですってよ。
お味は腰があってウマかったんだ、ホント。

夜のパレードは見た事あったのだけれど、実は昼間のパレードって見た事がなくて。
アトラクションとアトラクションの移動中だったり、時間の穴でうまくパレードを2度も見る事が出来たのも奇跡。
いやはや、満喫しまくりですよ。
これで後は夜のパレードだ♪それまでにもう少し遊んどけ♪ってな感じで。
一路が『これだけは外せない』という事で、スペースマウンテンに挑みました。

ワタクシ、ジェットコースターが大の苦手。
あの高さにやられ、体が振られまくるのにやられ、終わってみれば楽しめない。
でも、ランドのビッグサンダーは大丈夫だし、以前にスペースマウンテンに乗った時も、多少気持ち悪くなる事はあったけれど、割りと早く復活して大丈夫だった。
そのつもりで今回も乗りました。

が。
戀子、ここで全てが終了~。
今回は完全に寝不足と疲れが祟ったね!
もぉもぉ、フラフラもいいトコ。冷や汗かきまくりだし、フラフラで立てないし。
そんな感じで、今回のランドはスペースマウンテンで〆め。
後で買おうと思っていたお土産を買う事も出来ず、1時間以上ベンチに座り、そのまま帰って参りました。
イクスピアリに行く前に買った、母と自分用のケータイストラップが唯一のお土産でありました。

そぉそ。
そこで初めて見たのだけれど、パーク内で売られているスナックワゴンやレストランの食品の形をしたケータイアクセサリーがあるのね!!!
バスケットに入ったポップコーンだとか、ランチボックスだとか、アイスキャンディだとか・・
下手したら大人買いの勢いよ。今回は迷いに迷って、チョコクランチ&その缶のストラップをゲットしました。
誰か、ランドに行く機会がございましたら、戀子にあの小さな食品達を買って来てやって下さい・・
ちゃんと食べられるお菓子なんぞよりも、遥かに喜びます。
お金は払います(懇願)。

流石に帰りは、疲れと睡眠不足でお互いにヨレヨレ。
無理なスケジュールは立てず、色んな意味で余裕をもって臨みましょうというお話でありました。
2007.05.15 (Tue) 01:48
これから
行って来ます!
祈・お天気&険悪になりません事を!
2007.05.14 (Mon) 01:20
怪談シーズンには未だ早いけれど
最近、また復活傾向なのです。
一時期‥去年?や、一昨年の暮れ辺りになってしまうのか。
我が店でにわかに出て来た『この店、何か居るよね?』騒動。

主に、同じフロアにある倉庫と休憩室。
そして1階にある鮮魚部門の作業場。
それらの場所で若い女性の声を聞いたとか、衣擦れする音とか、人影を見たとか。
そんな事が立て続けにあった事がありました。
かくいうワタクシも、閉店後でスタッフ皆が1階に居る時に、2階をドタドタ走り抜ける足音を聞いたり、階段のすぐ下で佇む女性を見たりした事がありました。
『他の店では何事もなく仕事が出来るのに、この店に来ると(具合が悪くなる等々)何かしらある』と云う社員サンも少なくなく、『御祓いした方が良いよ』とか、『せめて盛り塩はしよう』とか、かなり本気な勢いで云われておりました。
御祓いはしなかったけれど、盛り塩はしたものね。

しかし、いつしかそんな事も忘れられ、話にも出なかったのだけれど。
最近また、倉庫や休憩室と同じフロアにある更衣室で、鍵をかけられたとか、電気が消されたとかいう事がありまして。

この地域。
話によると、その昔は処刑場があったとか、曰くのある場所なんだそうなのだけれど、それを云ってしまえば、人が死んでいない場所なんて何処にもないしそれはそれで良いのですよ。
居るだけで悪ささえしなければ、それはそれ。お互いに共存な方向で。

でもねぇ、そんな話を聞いちゃうと、チキンな戀子はやっぱり怖いのですよ。
昼間はどうって事もないけれど、夜さ。
閉店した後の照明を落とした暗い階段を上り、着替えに行く真夜中の暗い更衣室。
むはぁ。軽くドキドキしちゃいますよ。

そんな、怪談シーズンには未だ少し早いけれど、それっぽい話でした。

ここ最近また、仕事の時にアレコレと目に付いてしまって困る。
このままじゃアタイ、ただのお局様ですよ。
でも、どー見たってみっともないと思うし、どーしても我慢ならなかったので、社員サンに『どうだろうか』と話をしてみました。

さて、変わるのか、変わらぬのか。
真意は伝わるのか、伝わらぬのか。
判らないけれど、思った事を伝えられなくなったら、その時点でお終いだな。
2007.05.13 (Sun) 03:23
幸せオーラ
元モー娘。の辻チャンが御懐妊&御結婚っつーんで、お相手の杉浦太陽サンと共に記者会見を開いていたのを、今日だけでどれだけ見たろうかな。
『そりゃ云わなくても!』といった、厳しい質問も幾つかあったけれど、何つーか、幸せオーラがバンバン出まくっていて、素直に良いなぁって思いましたよ。
責任ある社会人としては、仕事に穴をあけたりとかのナンダカンダはどーなの???って云われてしまうのは無理もないトコロなのだけれども、一先ずそれは置いておいて。
うん、幸せそうやのぉ~・・ってな事をしみじみと感じてしまいました。
えぇ。正直、羨ましかったのよぅ。色々大変だろうけれど、一緒に居られて良いなぁってな感じで。
未だ未だ結婚の現実が見えている様で見えてはいない、甘っちょろい三十路の独身貴族でございます。どーも、どーも。

そんな幸せオーラをバンバン見せられた後で、今日も今日とてお仕事であります。
案の定、昨日の掃除のやり過ぎで腰はヨレヨレ。コルセット命な感じの1日でありました。
けれど今日は、昼も夜もめっさ暇でね。のんびりしまくり。
救われた気が致します。
どうあろうと、仕事に行き始めたら『出来ません』、『無理です』はナシだもんな。

それにしても、間に休みが1日入ると、1週間の速さがより加速するってなモンだ。
あっという間に1週間が終わりますよー。
今日も終わって、後2日。
日曜の夜からは一路とおデートだし♪

いやね、この間のおデート以来、すんげぇ浮き足立っているんだ。ごめんなさいな。
実はこれまで、1度たりとも、一路とはお泊りってした事がないのですよ。
今回、泊まりって云ったって、恐らくは車中泊になると思うのだけれど、それでもだ。

ネズミーランドに遊びに行くのに、『今回は開園ダッシュで行こう!』という話になっていたのだけれど、戀子の仕事が終わるのが夜の12時過ぎ。
ご飯食べて、お風呂に入って、すぐに寝て。
一路が迎えに来てくれるまでにどれだけ眠れるだろう???となった時に、大して眠れはしないだろうと。
そしてそうなると、間違いなく車酔いするし、アトラクション酔いするだろうと。
だったら、夜中から落ち合って、舞浜近辺とまでは云わなくても、近くにラブホがあるならそこに、ないなら湾岸のパーキング辺りで車中泊でもした方が楽だなぁという事になりまして。

「全ては天気次第だね」なんて云っていたけれど、この分なら大丈夫そうだものね。

それにしても、戀子の事を名前で呼ぶ様になった事といい、今回のお泊りといい、変われば変わるものだなぁと。
前は絶対的に、どんなに後少しで朝帰りチックな時間帯になろうと、どんなに眠たかろうと、『お泊りだけは駄目だ』と云っていた彼ですよ。
一昨年の悪魔祭の千秋楽の時に、電車が無くなって2人でネカフェで寝たって事もあったけれど、ホントに寝ただけでその後は家に帰っているから、お泊りってな感じではなかったし。
うまく云えないけれど、漸く『受け入れてくれた』のかも知れないなぁ。
牛歩並みですけれどもね、全てにおいて。まぁ、それも良いかなぁと。一足飛びに全てをクリアして、色んな楽しみが減ってしまったりするよりは。

ネズミーランドに行く事よりも、その前段階の方が遥かに楽しみだっていうのは内緒。
寧ろ、ネズミーランドに行くと100%険悪になって帰って来るので、そっちの方が心配だ。

今回こそは仲良く。
2007.05.12 (Sat) 03:53
勝負服を着たならば
戀子の勝負服=Tシャツにジャージですよ。
勝負服を着たならば、掃除をしない訳にはいかぬのです。毎度毎度、大掃除並みの掃除になってしまうので、動き易い格好でなければならぬのです。

仕事をお休みしている間は腰痛療養につき、いつもの様な大掃除並みの掃除は出来なかったので、かなり久々の大掃除並みの掃除。
気になる箇所三昧なのだけれど、その全てをやっつけた日にゃ、明日からまた長ぁ――――ぃお休みに入らねばなりませぬ。

部屋は心の鏡というけれど、それは本当にそう思う。
我が部屋がマンマ鏡であるならば、今の戀子は埃っぽい事、この上ないらすぃ。
埃っぽいオンナです、どーも。

戀子の掃除に欠かせないのは、雑巾とコロコロ、そしてウェットティッシュ。
掃除機はイマイチ信用ならぬのよ。掃除機をかけた後、コロコロするとバンバン汚れが付いてくるしねぇ。
それは単に、掃除機の吸引力の問題???や、そうでもない様な気がする。

戀子の部屋は割れ物(和食器&和ガラス)と小物(そりゃもぉ、文字通りちっさいちっさいモノ)が相当あって、小さいお子が部屋に来た日にゃ(殆ど来ないけれども)、軽くアワアワしながらお子の動向を見守らねばならぬ程。
そんなアレコレを綺麗にキープするには、ウェットティッシュは欠かせません。
だって嫌じゃん???折角気に入って買ったり、頂いたりしたモノが埃まみれだけならまだしも、黒ずんで汚れてしまったりするのは。軽い汚れの内だったら、洗ったり拭いたりすればすぐに落ちるし。
まぁ、自分の部屋という狭い空間だけだから出来る事だけれどもね。

変なところでめっさ几帳面なB型ですよ。A型の『全般的に几帳面』なのとは違って(つか、戀子の周りのA型で几帳面だっていう人、余り居ないよ・・)自分のテリトリーだけは綺麗にしていたいのですよ。家でも、仕事場でも。
以前、社員のパクさんに数回、『戀子サンの入っていた後のレジ(ドロアの中も、レジ周りも)ってのは綺麗なんだよなー』と云われた事があるのですが、それは単に自分の中のこだわりでしかない。
他の人のレジがどうなっていようと、大して関係ないのさ。レジを引き継いですぐに、お札の向きから何から、自分のやり良い様にサッサカ変えてしまうので、それを見たら少々小姑風味で嫌だろうとは思うのだけれど、他意はまるでございませんのでご了承の程。
『テリトリーは綺麗に』とか云いながら、それにしては、我が部屋はやたらに埃っぽいのだが。

掃除をしてスッキリしたついでに、最近めっきり暑くなって来た事ですし、服の入れ替えをしましょうと。ボヤボヤしていたらあっという間に6月ですよ。
仕事の時には、制服状態の白ブラウスに黒の綿パン&スニーカーで行くので、それ以外の服を着るのは週に1度か2度程度。
おかげで(?)服も買わなくなりました。なのであっという間に入れ替えも終わってしまうのだけれども。
でもそれが中々ね。思い立った時にやらないと、いつまで経っても出来ないから。根が不精ですから。
で、〆にまたコロコロ。これで終了。

ここまでやっつけると、流石にヨレヨレ。
夜ご飯を食べてぼんやりしていたら、気付けばうたた寝。このうたた寝がたまらなく気持ち良いんだよなー。

明日、腰が痛くて立てないなんていう事がない事だけを祈りつつ。
ついつい調子に乗ってやってしまうからアレなんだ。
2007.05.11 (Fri) 02:54
互いに不意打ち
昨日は余りに眠くて早々に眠り。
2時前には眠り、一旦6時頃に目が覚めたものの、また眠り。
睡眠時間、9時間チョイ。寝過ぎで体中が痛くて目が覚めた朝でありました。
頭はぼんやり。少々痛い。寝過ぎはよろしくないね。
ワタクシ的には、病棟にあるベッド位の硬さのベッドでゆるゆると寝ていたい。

店に来るお客様の全てが良い人では当然ありませんが、その中でも群を抜いてどぁい嫌いな奴がいる。デスノートをくれたら、間違いなく1番最初に名前を書くだろう奴。地獄少女の人形でも良いさ。
以前、しょーもない事でキレて「こんな店、2度と来るか!」という捨て台詞を吐いて帰っていった、それなのにその後も何度も来ているオッサンなのですがね。
因みに、その時の話はこちら。<Link>
この後も奴との絡みは数回あるけれど、そちらは略。

休憩が終わってから品出しをしていたところ、奴が商品の場所について背後から話掛けて来たのですよ。
後姿だったから気付かなかったんだろうな。振り向いたら『あっ』ってな顔をしてましたから。
戀子も思いっきり営業スマイルを出そうとして、顔を見た途端に全力で引っ込めました。
勿体無いもん、わざわざ嫌われている奴に営業であっても笑顔を見せるだなんて。俺も大人げなんて一切ないんでな。

戀子だという事でさっさかどこかに行くだろうかと思っていたら、そのまま「1つずつ袋に入っているタイプのコーヒーで云々・・」ってな事を云っているから、それらしきモノを見せたら「○○から出ている奴だ」と云うので「そちらは扱ってませんね」と。
すると「『扱ってない』じゃねぇよ。前にはあったんだよ」。「じゃあ、無いだけなんじゃないですかー?(超~~~軽ぅく)」でさっさか打ち切り、自分の仕事に戻りました。

これが他のお客様だったら、社員サンに訊いてみたりするところなのだけれど、これ以上の関わりはお互いに嫌でしたから。何しろ、嫌いあっているのがとてもよく判る程なので。嫌いというよりは、憎いのかも知れません。お互いにね。
会話をしてしまった事でムカムカしつつ品出しをしていると、社員サンに改めて訊いているらしい会話が聞こえて来たのだけれど、商品自体がないので終了した模様。コーヒーなんかを置いてある傍で品出しをしていたけれど、奴も社員サンも来なかったしね。

俗に云うクレーマーとは違うのだけれど、あくまで『俺はお客様』ってな横柄極まりない態度でいつも来て、誰彼構わず自分の意に沿わない事に対しては大声で怒鳴りつけたり、感じの悪い言葉ばかり吐くこのオッサン。
しかし、見方を変えるならば、戀子だと判っても話を続けたという事は、多少は思うところが変わったのか。
や、変わってはいないんだろうけれどもね。きっとレジに戀子が立っていたら並ぶ事はしないだろうし、戀子のレジしか開いていなかったとしたら、誰かをレジに入れさせるだろうし。

しかし、今日は疲れました。
ここ最近、夜からの2、3時間以外は殆どレジに入る事はない事もあり、流石に腰が痛くなって来た。
明日はのんびりお休みしましょう。そうしよう。
久々にDVDとか見ちゃうか♪1人悪魔祭しちゃうか♪
2007.05.10 (Thu) 03:20
ネムネムにゃぁぁぁぁぁ
日付は変わってしまったけれど、今日5月8日はコカコーラのお誕生日なんだそうな。
コーラが発売されて121年。
コーラを飲んでお祝いですよ。家にコーラは無かったな。
出逢えて良かったな、大将!その内、コカコーラから表彰されまっせ!!

さて。
昨日はいつもよりも早く帰って来て、いつもよりも早く寝たというのに、どういう訳かモーレツ眠たい。ご飯を食べたら電池切れですよ。

今日はサクサク寝てまおう。
おやすみなさいまし。
2007.05.09 (Wed) 01:21
おっ♪
皆々様方。
恋人や配偶者の方から何て呼ばれてます???
ワタクシ、一路から名前で呼ばれた事がないんですよ。
や、正確に云えばない事はないんだ。あるにはある。
けれどもアレよ。それは付き合う前までのお話であって、付き合って以降は面と向かって名前で呼ばれた事は1度たりともない。

えぇ、1度たりともだ。

これまでも何度か『何で名前で呼んでくれないんだ』という話をしているのだけれど、変わる気配はまるで見えず。
戀子の周りに居る男子達(主にキャップ)が名前で呼ぶというのに、彼氏である一路が名前で呼ばないっていうのはどうだろうと、少し前にまた『何で名前で呼ばないの』話を振りました。

「だって、恥ずかしいから・・」と、思春期の乙女かよ???とツッコミを入れたくなる様な答えを頂きましたが、当然の事ながら納得する訳がないですよ。
「じゃあ、何か。わたしの名前は恥ずかしい単語なのか?放送禁止用語的なのか???あぁ、そうですか。へぇ、そうですか」と返すと、「気恥ずかしいんだよぅ」との事。
彼にしてみれば、今更かも知れませぬ。付き合い始めて5年が過ぎ、現在6年目の我々。
基本的には日本男児・亭主関白的気質な彼なので、そういうアレコレがとても苦手なのです。
でもだ。そんなモンは判っていてもだ。
『おい』とかさ、『お前』とかさ、ましてや遠く離れている戀子に対して手を叩いて気付かすなんざ(実話。たまーにね)。
俺は猫でも犬でもねぇよ、ってな話。ムカッと来るでしょ?

「じゃあ、誰かにわたしの話をする時には何て云っているの?」と訊くと、「うーん・・『あいつ』が多いかも・・」と。

きっかけと云いましょうかね。最初が肝心な訳ですよ。
戀子は一路の事を名前呼び捨てで呼んでいるけれど、それだって最初は気恥ずかしかった。
でも、名前で呼ぶ以外には考えられないしね。
付き合う以前の呼び名を継続しても良かったけれど、何となく『他人行儀』とまではいかないまでも・・何だかね。一寸変えたかったのね。
一方一路は、付き合う前までは戀チャンと呼んでくれていたのに。付き合い出した途端にナシよ。
どうなのよ?ってのよ。

「努力します」という事でその時には終わったのだけれど、今日は会話の中で何度も名前で呼んでくれましてね。
思わず「おっ♪♪♪」と云いたかったのだけれど、それを云ってしまったら気恥ずかしさMAXで、恐らくそこから先はずっと名前を呼んで貰えないと思い、必死に堪えまして。

でもでもでも。
ものすっごぃ嬉しかったのよぅ。それこそ、名前を呼ばれた位でこのテンション。
思春期の乙女ばりで気恥ずかしいってな話だけれど。
根気良く云い続けてみるもんですよ。どうにかなる。
夢は叶う(大袈裟)。

来週のおデートの相談をあれこれしつつ、今日はお終い。
楽しい1日は早いったらないなぁ~・・来週に向けて、明日からまた頑張りますかー。
頑張りますよー。
2007.05.08 (Tue) 03:11
むっかり。
帰って来てからこちらのブログにアクセスしたら、昨日の記事の終わり数行が削除されてしまっているのを見て愕然。思い出しつつ、書き足しちゃいましたが。
前にもこういう事ってあったけれど、これってどーいう事なんだ???
こりゃ御立腹ですよ。目も当てられぬ様な、アレな記事を書いているんならいざ知らず。
毒にも薬にもならぬ、普通の記事だったのになぁ。誰が勝手に削除しやがった???
んもー、何が何やら。むっかりだ。むっかり。前にもあったんだよなぁ。
日常の戯言でも、戀子にとっては貴重な1日の日記なんだよ。
不愉快デス。

それはさておき。

昨日、お客様から頂いた烏骨鶏の卵ですが、結局、卵かけご飯にして頂きました。
ワタクシ、初・烏骨鶏の卵だったのだけれど、黄身の色って鶏卵よりも薄いのね。
けれど御味は、鶏卵よりもものっそい濃厚なのね!
やー、初体験でした。思わず傍に居た母と弟達にも「食べてみなよ!」と勧めまくり。
美味しく頂きましたよぅ。どうもご馳走様でした♪

夕方頃。
久々に店に来た本社の社員サンと軽くお話をする。
その時にバイトちゃん達の仕事っぷりを見て、「ネエサンが色々と指示を出さないと!」と云われたのだけれど、俺が指示をするのはどうなんだろうと思ったり。

いや、云っても良い立場であるならば、色々と教えたい事はある。
けれど結局は同じ立場でしかないし、下手に云えば角が立つだろうとも思う。

お客様からバイトちゃん達の行動や振る舞いなどについて、「戀子サンだから云うけれど」と突っ込まれたりする事は、実は多々在る。どういう訳か、戀子の休み明け程、多くある。
云われる事はもっともだと思うので、『これは・・』と思う事は社員サンにお話をし、社員サンの判断でそれとなく忠告して頂くのだけれど。
社員サンに通しつつ、それとは別にダイレクトに云っても良いのかな、とか。
バイトちゃんに云うからには、パートさんサイドもきちんとやってなければ云えないよな、とか。
色々と考えてしまう訳ですよ。

新しい人が入って来たら、レジのやり方プラス諸々を教えるよう指示を出されるのだけれど、一応の研修期間を離れた時、一体どこまで手を伸ばしたら良いのかなぁ・・なんて。
厳しい目で見れば、自分も含めてツッコミどころは満載ですし、厳しくする事がこの店のカラーに合っているのかどうかも正直、判らない。
スーパーという店柄、『適度にカタく、適度にやわらかく』が理想だけれど、アイドルタイム(=お客様が少ない暇な時間帯)の過ごし方だったり、レジの内外での振舞い方だったり、その辺りのさじ加減は社員サンに任せるしかないだろう。
そこまで云えないですよ。
たかだかパートだもん。同じ時給で働いているんだもん。

が。
が。

アイドルタイムだったり、丁度お客様の波が切れた辺りの時ほど、お客様ってよぉーくこちらを見ていたりする。
まぁ、突っ込まれる事ってそういう事も結構多かったりするし。
こちらが見ていて、どうだろうと思う事が多いのだから、お客様からすれば尚更だろう。

寧ろ、こちらが指示を仰ぎたい位だよ。
アタイ、どこまで手を出しても大丈夫なの???
細かいところまで云っても良いの???

・・疲れた。

さ、明日は一路とおデートだ。
疲れた頭に一路を猛チャージ。
頭ン中、すっかり桃色ですよ。
万年発情期だもの、しょうがないったら。ウヘヘ☆
2007.05.07 (Mon) 03:17
屋根より高い鯉のぼり~♪
菖蒲湯にも入れず、かしわ餅も食べずに終わった子供の日でありました。

そんな今日は、閉店間際にいらっしゃった常連のお客様から、烏骨鶏の卵を頂いてしまいました。
よく判らんのだけれど、烏骨鶏の卵って買うと高いんでしょ???ネットでさらりと調べてみたら、1個500円するものもあるというじゃないですか。
そんなモン、頂いちゃって良かったのか。ありがたく頂いちゃったけれども。
そのお客様が烏骨鶏を飼育しているらしく、卵は今朝採れたモノなんだそうな。
新鮮、新鮮。産直だよぅ。
それにしても、どうやって食べるのが1番美味しいのかなぁ。パッと浮かんだのは卵かけご飯と茹で卵。やはり卵かけご飯???

鳥といえば。
最近、鳥の鳴き声が部屋のすぐ傍から聞こえて来るのです。
まぁ外で鳴いているのが聞こえる位、どうって事はないのだけれど、聞こえて来る時間帯ってのが、決まって夜。
夜っつーか、夜中ですよ。2時半を回った辺りから、バンバン聞こえて来るのです。
今日で何日目だろう。4、5日位は経つんだろうかな。
そんな時間に鳥の鳴き声が聞こえるという事は余りなかったので、そのバンバンっぷりに『虐待でもしているのでは・・』と、少々戦々恐々でありましたが、どうもそういう感じではなく。
戀子が暮らすマンションの敷地内に巣を作った様であります。
近くで聞こえる気がするのも、深夜ゆえなのでしょうかね。他に遮る様なものもないし。
鳴き声を聞く限りではツバメっぽいけれど、ツバメって夜行性???
そーか???そうなのか???

Juryサンに教えて貰った塩キャラメル味のトッポを食す。
こりゃウマウマだ♪♪♪ハマりそうな予感。哀しい事に期間限定。
2007.05.06 (Sun) 02:38
著しい
昨日の発芽にテンションが上がり、今日も楽しみにしつつ見てみたら、今朝はこんなに!!
bajil2.jpg
もっさりよ、もっさり。1日でこんなに違うもんですかねぇ???
成長著しくて嬉しくなりますな。待ってろ、ジェノベーゼ♪♪♪

それにしても、どうして休みの日ほどゆっくり眠れないんだ。
昨夜、いつもより早く寝た所為で、今朝はいつもより早く目覚めてしまう。ウダウダと布団の中で粘ってみるも、どうにも粘りきれずに負け。
ああ、折角のお休みなのになぁ~・・ゆっくり寝ていたいにのなぁ~・・
とか云いつつ、ついこの間まで散々休んでいた1ヶ月でありますが。

このゴールデンなウィーク中に休みが入ったのだから、どこぞにお出掛けしちゃったりってのもよろしいのだろうけれど、久し振りのお仕事で楽しくやりつつも、そこはやっぱり結構グッタリな感じになっているらしく。人満載な中に敢えて突っ込んで行こうとは思えませんでした。
まぁー、まるで動けないったら。
『天気が良さそうだから掃除をしよう』だとか『休みだから靴を洗おう』だとか、昨日までは色んな事を予定していたというのに(予定がその程度かよ???とか云うな)、結局出来たのは『ビデヲを見よう』という事だけ。
いいのです。実行出来ればそれで。だって溜まっていたんだもん。

全然関係ないけれど、mixiのauコミュで話題になっていた『頑張れリスモ2』を早速ダウンロードしてみました。
3まで出ているらしいのだけれども、戀子のケータイは少し前の機種の為に3は再生出来ず。残念。
でもでも、2でも充分楽しめますよ。小技というか、ツボを見事にくすぐられる仕掛けが幾つもあって、無駄にケータイの待ち受けを見ながらニヤニヤしてしまう三十路女子。
あ、気色悪いですか、そうですか。
コレはフラッシュ待ち受けなので、きゃわゆいのがお好みのauな方々、レッツダウンロード!リスモが色々やってくれるよ!
トップのGoogleで『頑張れリスモ』で検索すると、PCサイトの検索結果に出て来るので見つけてみて下さいな。
あ、PCサイトビュアーで見ないでダイジョブよ!

明日、明後日と頑張ったらお休みだ。
連休もいよいよ大詰め、明日はどんな1日になるのやら。
2007.05.05 (Sat) 01:51
見間違いかと
朝起きて、コンポの上にある観葉植物に水をやりつつ、この間から育て始めた瓶入りバジルちゃんを見てみたら、小さなごみが。
あらあら・・と思いつつ、起き抜けでいつも以上に見えない目でよくよく見てみたら、ごみなんかじゃなかったよ!発芽したんじゃん!
bajiru.jpg
写真だと判り辛く、よりごみっぽく見えてしまいますが、ちゃんと芽が出たんだよ。
こうなって来ると一寸楽しいですな。意外に早いんだなぁ。
ああ、ジェノベーゼが楽しみになって来た(先走り過ぎ)。

連休初日でもあるし、どうせ暇なんだろうと思っていたら、今日もやたらに忙しく。
まぁアレだ。暇なよりは忙しい方が万倍よろしいさ。

しかし、買い物にいらっしゃる皆様、揃って楽しそうで良いなぁ。
みんなで遠出だったり、宅呑みだったり。
宅呑みなんて随分してないわ。
外で呑むのも楽しいけれど、マッタリ気分で呑めるのも楽しいわよね。

明日はお休み。
そろそろ一路が恋しくなって来る木曜深夜。
久々の仕事の疲れが徐々に来ていて、さっさか眠れそうな予感。
2007.05.04 (Fri) 02:56
思いがけないプレゼント
夢での感触が起きてからも残っている事が時々あるのだけれど、今日もそんな夢をみまして。
久し振りに夢に一路が出て来て、それがまた、めっさ可愛い態度を取るんだわ。
んもー、んもー、我が愛しのダーリンながら、激しく悶絶でありました。悶絶。
余りの可愛らしさにキュンキュンしちゃって、母性本能くすぐられまくり。超~~~っ抱き締めちゃってました。
現実でもあんなんだったら、もぉ萌え死にしてまうがな。
起きてからも思い出し笑いしつつ、ヘナヘナしておりました。ニヤけまくりんぐ。

明日からまた連休に入る事もあり、昼間よりも夜の方が忙しく。『みんなで呑み』グループだったり、『明日から遠出!』家族だったりがとにかく多かった。
昼間は昼間で比較的暇だったけれど、ビールのケースを大量に買われるお客様が多く、1回の会計で初めて5万だの10万だのという額を聞きましたよ。
お買い得価格の食品フロアでねぇ。思わずテンション上がったわ。俺の給料になるんじゃないけれどもさ。

そんな今宵のサプライズ。
お客様にごぼうを頂きました。
といっても、自分の畑で収穫した・・とか、そんなんではなく。我が店に売られているごぼうであります。
よくいらっしゃるお客様が「これ、こんなに要らねぇんだよなー。オネエサン、貰ってくれないかい?」と。2本入りのごぼうを手にして、そんな事を仰いましてね。
独身貴族のその方、1本の半分もあれば良いとの事で。残りの1本半を戀子に下さるという。
「やー、やー、結構ですよ!」と、数回お断りしたのだけれど、どうしてもと押され、余り無下に断るのもどうかと思い、「じゃあ、頂きます」と素直に受け取ってみました。

それにしても、この店ではお客様から色んなモノを頂いております。おはぎから、煮物から、恋文から、電話番号から。
本来ならばノーなんだろうけれどもね。けれども戀子は、好意をありがたく受け取っちゃいますよ。断りまくるのも失礼だ。

「オネエサンは明るくて良いねぇ」と今日も云われたのですが、只今、普段の接客よりも笑顔3割増実施中なので、その威力とでも云いましょうか。
やっぱり笑顔は最大の防御なんですよ。
笑ってさえいれば、嫌なモノは中々寄り付かないってな話。
2007.05.03 (Thu) 03:30
通常営業始まりました
先週末、1ヶ月以上のお休みより漸く復帰したワタクシ。
いつもより短めの勤務時間で始まりましたが、今日からこれまで通りのフルタイム勤務に戻りました。
先週までの3日間でお逢いしていなかったお客様も多く、レジを打ちながらの挨拶三昧がまだまだ続いております。

幸せな事よねぇ。
たかだかスーパーのレジ打ちオンナですよ。いっぱい声をかけて頂いちゃって。見ていない様で気にして下さっているんだなぁと、改めて思う次第。
こういう人付き合いが面倒くさいなぁと思う事も時々ありますが、そうは云っても、悪意を持って見られている訳ではないので、このお客様方から向けられるお言葉なり表情なりで、明日からもまた頑張れるってなモンだ。

軽く浦島気分で臨んだ先週末でありましたが、漸く日常が体に馴染んで来たというか。
休んでいた間の穴を埋めるのに、色々見たり聞いたりしております。
1ヶ月は状況を変えるには、充分過ぎる期間ですよ。
人が居るんだか、居ないんだかな現在のスタッフ事情は、こりゃシフトを作るのは本当に苦労するよなぁと。

帰り際にシフト表を見てみたら、某所に『もう知らん』的言葉が書かれてあって、そう云いたくなるのも無理もないよなぁと、思わず頷いてみたり。
云い方を変えれば『やる気がねぇなら辞めちまえ』ってな感じだ。直接対決も近いのやも知れぬ。
自分都合の暇潰し気分でやっても大丈夫な程、余裕がある人数で回している訳ではないからな。
こちらの都合を相当汲んで出来上がったシフトなのに、それで出てこないってぇのは如何なものかと。
お金を貰っている以上は当然の事ながら責任が発生するんだし、やむを得ない事情以外は出て来いよと。

まぁ、1ヶ月以上休んだ俺が云っても、説得力がないってな話だが。

ああ、それにしても、中日とはいえ世間はやはりGW。
夜遅い時間帯にいらっしゃるお客様というのは、大概仕事帰りの方々なのだけれど、その数がめっきり少ない。
暇だなぁと、のんびり篭るレジの中。
そんな時があってもいいさ。

ああ、どうでも良いけれどカラオケ行きたいにゃー。
歌ってみたい『茜空』。
2007.05.02 (Wed) 02:33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。