2007.03.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2007.05.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
逢いたくなった時に君はここにいない
・・というタイトルの曲が、サザンオールスターズの歌の中にございます。
戀子が未だ高校生の頃に出たアルバムの楽曲なので、若い方々は知らぬかも知れぬ。何しろ、15年程前の話ですよ。
コレは恋愛ソングで、歌詞と曲が何とも切なく、当時、この歌詞の想いに激しく焦がれたのを覚えております。
未だ高校生だったってぇのにね。歌詞の意味を感じ取るには、まだまだ幼過ぎました。
けれど、思春期の頃の感受性は研ぎ澄まされておりますからね。
経験値から知るそれと、想像から感じるそれとはまた感じ方が違いつつも、例えて云うなら経験値が熱で感じ取るなら、想像は色として感じるといった感じで。
判りにくいな。

恋愛に限らず、このタイトルの様に思う事は多々あると思うのです。
どんなに思っても、どんなに恋焦がれようとも、交わっていた点が離れた今となっては、どこまでも平行線であるばかりで、接点をどこにも見出す事が出来なくて。

在る一時期は、毎日の様に顔を合わせていたというのに、気付けば何年も逢えていないとか。
連絡をしてみても一方通行であったりとか。

お互いの求めるペースが違えば、思っていたところで実る事はない。
別に何かがあった訳ではない。喧嘩をした訳でもない。
ただ日常のあれこれに紛れてしまい、いつしか離れてしまっただけの事。
一生続くと思われていた縁であっても、途切れるのは容易い。

今、モーレツに気になっている友達が居るのだけれど、もしかしたらもぉ逢う事はないのかも知れないと、漠然と思う。
何があった訳でもない。ただ疎遠になっただけの事。
最後に逢ったのは何年前になってしまうのか。
あんなに毎日の様に逢っていたというのに、お互いの生活環境が変わるにつれて、気付けば『年賀状のやり取りだけ』に近い状態になってしまった。
こんなに激しく気になるという事はそうないので、彼女に何かがあったのではないかとも思ってしまうのだけれど、『便りが無いのは元気な証拠』であって欲しい。

その一方で、今日は随分久し振りに、古くからの友達からメルが来て。
それこそ『年賀状のやり取りだけ』状態だったので、いきなりのメルに驚きつつも嬉しくなりました。
内容は彼女にとって少々辛い現状報告でありましたが、そんな中にあっても戀子の事を忘れないで居てくれた事と、大事な事をお知らせしてくれた事がありがたかった。

今は逢えなくてもいずれまた、縁があれば再び交わる事もあるのでしょう。
戀子は声を上げたので、彼女から求められればいつでも呼応したいと思っている。
友達だからいつでも逢えると思っていたら、それはただのおごりでしかないんだわ。
『逢いたくなった時に君はここにいない』とは、今の戀子の心境であります。
スポンサーサイト
2007.04.30 (Mon) 02:04
まだまだ残るオーストラリア
復帰2日目。
まだまだご無沙汰の方が満載ですよ。御挨拶三昧はまだまだ続きますよ。
そして軽く、オーストラリアが名残ってますよ。

今日も久し振りに逢うバイトちゃんから「オーストラリア、どうでしたか???」と、目をキラキラさせながら聞かれましたよ。
「この時給じゃ、オーストラリアなんかに行っている場合じゃないさーっ!」という事で終了。

そもそもは、『体の調子が悪いっていう様な、マイナスな感じで休みっていうと余りよろしくないだろうから、軽くバカンスな感じで』というキャップの指令により、ワタクシの知らぬところでオーストラリア行きが方々に流れた訳ですが、みんなが見るシフト表に『コアラと戯れて来ます・・』と書いている(戀子がではなく、キャップが書いたのだが)辺りで、冗談だと思うに違いないと思っていたら、意外にもみんな、真に受けたというか、何というか。
みんな、素直なんだなぁ、なんて思ったり。
いっそ、嘘写真を持参しつつ、妄想想い出トークをつらつらと語った方が良かったか。

今日は久し振りに新人チャンの研修を。『この間まで義務教育でした』というのが顔に残っている、あどけなさバリバリの15歳ですよ。
もぉもぉ、平成生まれがどんどん増えていくったら。しかし若っけぇなぁぁぁぁー。戀子の年の半分以下じゃないのよ。ねぇ???
彼女は既に何日かやっているそうで、戀子はただ後ろに張り付いて見ているだけでオッケイ。
かごからかごへの商品の移し方だったり、モロモロの細かい事だけ指導すれば、後は特に問題ない状態でやれていたので、こちらはとてもスムーズでありました。
かえって、張り付いているだけで良かったものだから、楽をした様な気さえしますよ。

さて、ワタクシの方はと云えば。
長いお休みで気持ちがうまく切り替われたかして、我ながら好感接客が出来ておりますよ。
今なら笑顔が3割増でございます。どうぞ、御利用。

久し振りに昨日は品出しでガツガツ動いたもんで、今朝は太腿の前面が軽く筋肉痛だったのは内緒です。
明日行ったら明後日は休み。
すんません、休んだばっかりだけれども、ここはお休みな方向で♪
2007.04.29 (Sun) 03:00
やったった
昨日の夜。
自分でも持て余す程の緊張っぷりで、もぉどうにもこうにもならず。
中々寝付けず、寝たと思ったら、夢の中で仕事をしておりました。
どんだけ気になっているんだ。

出勤時間を今日は遅くして貰っていたので、夕方からの重役出勤だったのだけれど、この緊張感の中ののんびりは、寧ろ厳しいったらない。
いつまでも緊張しまくりでさ。ずーっと緊張しっ放しなんだもんさ。
中々緊張感は取れず、結局、店に着くまで終始、緊張しっ放しでありました。

それにしても、あんなに緊張していたのは何だったんだろう???という程に、いざ制服に着替えて動き始めたらストンと落ちて。
それでも、レジに入るまでは結構ドキドキで。
けれども、小忙しい時間帯にレジに入ってガツガツと打ち始めたら、思っていた以上に動ける我が身。
どうにかなるもんだ。どうにでもなるもんだ。

何しろ1ヶ月以上振り。
久しくお逢いしていなかった方々三昧なのですよ。対外的にも、対内的にも。
スタッフに改めましての御挨拶、お客様にお久し振りですの御挨拶。
ホント、挨拶三昧な1日でありました。
恋文を何通か頂いているおじいちゃんにもお逢い出来たし、何かと気にかけて下さるお客様何人かにもお逢いする事が出来ました。

何をどうしたっていう感じでもなかったけれど、今日は兎に角1日が早く、あっという間に閉店御利用。
今日は休憩ナシの6時間ぶっ通しだったので、家に帰って一息ついてからが腰に来ましたが、まぁ最初だしね、そんなモンだろう。

世の中、そういえばGWに入るんですな。
今日の夜は『これから家で呑み会なのん♪』的お買い物がとても多かった。
外に呑みに行くのも楽しいけれど、家の中で友達たちと周りを気にする事なく、のんびり呑めるのもまた、楽しいわよね。
散々休んでおいてアレですが、良いなぁ、GW。
2007.04.28 (Sat) 02:39
復帰前夜
激しい腰痛で歩くのもままならず、1ヶ月と一寸ばかりお休みを頂いておりまして。
そんなお休みも今日でお終いですよ。
明日からレジ打ち職人、復活します。

明日の復帰に備え、夕方から病院へ行って参りました。
先週までは未だ未だ痛く、びっこを引きながら歩いておりましたが、今週に入ってからは、あんなに痛かったのは何だったんだろう???という程に、すっかり腰も軽くなり。漸くヒールの靴も履ける様になり。
腰が痛くないってのはこういう感じだったんだと、久し振りに味わっている次第。
また仕事を始めたら確実に酷使する事となりますので、ケアだけはガッツリしておかないとね。

久し振りに伸ばしていた手の爪も切り、完全にお仕事モードの指先に。
これでまた、マニキュアを塗っても子供の悪戯の様にしか見えないったら。

今は久々の社会復帰過ぎちゃって、軽くドキドキしております。
指がすっかり冷えちゃって、緊張しまくっているんだな。
実際に仕事を始めたら、そういうのも軽く吹っ飛ぶんだろうけどね。

さ、ウダウダ云わんと頑張るか!
2007.04.27 (Fri) 01:36
人様の結婚に思う事
ネットを徘徊していたら、久し振りに吉田メタルさんの名前を発見。
女優の岩崎ひろみサンとご結婚されたというお話でありました。
おめでとう、おめでとう。
そうか、メタルちゃんももぉ35歳なんだな。

メタルちゃんは、劇団☆新感線<Link>に所属の俳優サン。
デーモン閣下が随分前に新感線の客演をしていたのを見に行ってすっかりハマり、今から10年くらい前までは、時々見に行っておりました。
今では有名どころの俳優サンがメインを張って公演するなど、すっかりメジャーな劇団となりましたが、当時は未だ『知る人ぞ知る』といった位で。
ハードロックがバンバン流れるお芝居は、中々刺激的でありました。それでいて、おバカ芝居だし(誉め言葉)。

最近の写真を見たら、あんなに長かった髪も短くなり、まるで別人の様相でありましたが、当時のメタルちゃんはビジュアル系な人でねぇ。大好きでしたの。
ある年の、日比谷の野音でやったミサの時に、新感線の俳優サン方が何人かゲストでいらしていて。その中にはメタルちゃんも居りまして。
野音の外でメイクをしている途中、会場入りした新感線の方々と遭遇。余りにメイクの途中過ぎちゃって、そのままの姿でお声をかけられる事も恥ずかしく、折角のチャンスを逃してしまったのでした。
そんな事まで思い出したわ。懐かしいねぇ。

35歳でメタルちゃんも結婚かぁ。

人様の結婚だの出産だのといった話を聞く度に、自分はどうなるのかなぁと、しみじみ思う様になってしまいました。
戀子の周りの友達といえば、学生の頃から知っている友達たちに既婚者は少なく、逆に社会人になってからの友達となると、知り合った時には結婚していたという方が多く、いわゆる『適齢期』の頃に焦燥感を感じる事は殆どございませんでした。
つか、それ以前の問題で『これから先、好きな人は出来るのかなー?』ってな状態でありました。
好き過ぎてすっかり長くなってしまった、もぉ不毛としか云い様のない片想いが、ひょんな事からあっさり成仏出来た頃で、色んな感覚がすっかり遠くなってしまっていて。

かといって、今が結婚ラッシュだったり、出産ラッシュだったりする訳でもないのです。
ラッシュと呼べる程に多くもない、位の数ですよ。

でも、やはりこれはそういう年齢なのでしょうかね。
三十路を過ぎて、仕事に生きられる程に元気でもなく、やりがいをそこに求めている訳でもなく。
ずっと一緒に居たいと思える人と漸く出逢えて、機会さえあればいつだって出来るだろう状態にありつつも、具体的な話がある訳でもなく。
何だろうな、ある意味で『生殺し』状態なんだろうか。お預け喰らった感じで。

この間、一路と逢った時に『こんなんじゃ、あっという間に40になっちまうなぁ』と云っていて。
結婚とはまるで関係のない話の中での言葉だったのだけれど、何となく『いつ一緒になれるのかな』なんて事を、その言葉を聞いた時に思っちまいまして。云わなかったけどね、勿論。
本当にあっという間だ。知り合った時からもぉ5年以上が経った今。
早いもんだなぁと思う。

これがもし、今より10歳・・や、5歳でも良い。若かったとしたら、こんな風な感覚にはなってはいないと思う。
戀子が今より5歳若かったとしても、一般的な適齢期な時期に当たるけれど、20代と30代の年齢の分の重みの差とでも云いましょうかね。
自分の事、相手の事、自分達の事、そして自分達の周りに在る家族の事。
若い頃よりは圧倒的に抱えるものが多くなり、勢いだけでは行けない現状が確かにある。
ただ漠然と結婚と結婚生活に憧れていられるだけの年齢でもございませんので、恋に恋する様な感覚ではございません。
色々と闘う彼を目の当たりにし、傍で一緒に闘っていきたいと思うのです。
勿論、『ずーっと一緒に居た~い!』的、乙女な感覚がまるでないのかと云われれば、当然の事ながらそんな事もなく。
居たいっスよ、ずっと一緒に。最近また、別れ際が淋しいったらないしさ。何度、『一路を連れて帰る!!』と云うか。

今の職場を辞める時には寿退社にしようと、入った時に思ったものだけれど。
さて、寿退社になるのか、どうか。
世間的に認められる、ただの紙1枚の約束事であっても、その紙1枚の重みに色々と思う事がある訳で。

冗談でもいーから、婚姻届を生で見てみたい。

・・もぉ、ンな事もどーでもいーから、一路に逢いたい。
2007.04.26 (Thu) 01:11
似すぎ
今朝方まで一路との逢瀬を楽しみ、名残惜しくも家に戻り、おやすみなさい。
起きたらテンション高かったー!
やはり癒された次の日は違うってなモンだ。ウォークマンを胸ポケットに入れて、1人カラオケをしながらの家事ははかどりまくりでサイコーでした。

そんな快調だった夕方の事。
ご飯を作りつつテレビを見ていると、『25歳イケメンジョッキー』という特集で、御神本訓史(みかもと・のりふみ)サンという方が出ておられました。<Link>
やー、びっくりした。マヂびっくりだ。
去年の秋、戀子がレジ越しに告られたAV男優似のお客様(通称・男優)に余りにそっくりでさ。
リンク先の写真だと雰囲気が違ってしまうのだけれど、TVに出ていた動く彼は、ホントにそっくり。この写真でいうと、左の写真の方が近いかなぁと。
今週末からはいよいよ復帰。良いお客様ばかりではなく、色々とクセのあるお客様とも顔を合わせるんだなぁと思ったら、少々憂鬱であります。
すっかり忘れていた事を、彼の顔を見て思い出しちまいました。


●今宵のご飯●
盛り蕎麦(弟(上)が仕事で行った長野で買って来てくれたもの)
かぼちゃと豚肉の煮物
納豆巾着
キャベツときゅうりの塩昆布和え

こんな感じの、気が向いたらの夜ご飯報告もそろそろお終い。
金曜からフツーのレジ打ち職人に戻ります。
休みすぎて、感覚を取り戻すまでに相当時間がかかりましょうが。
ね。


さて。
そんなこんなでネット上をフラフラとしていたら、さらりと見つけたバトンをゲット。
少々の憂鬱さは、色んな事をつらつらと思い巡らせて、遠くへやるに限るのです。


●音楽バトン●

1:初めて好きになったアーティストは?
物心ついた時に初めて好きになったのはピンクレディ。幼稚園の頃でした。
えぇ、えぇ。時代を感じますでしょ???
ミーちゃんとケイちゃんだったら、ミーちゃんの方が好きだったなぁ。
レコード、買って貰ったもの。今でもあるよ。
曲をきちんと意識して好きになったのは、中森明菜チャン。カラオケでだって歌います。
因みに、初ロックはSHOW-YA。<Link>
あのかっこ良さがたまらなかった♪♪♪

2:初めて買ったCDは?
聖飢魔IIの『愛と虐殺の日々』。
聖飢魔IIの信者になっての初CDは『WORST』なのだけれど、コレはクリスマスプレゼントで買って貰ったの。次に出た『有害』は、パチンコの景品で取って貰ったの。
そんな訳で、自分で買ったのは遅いのですよ。因みに高校2年生の時。
聖飢魔II以外のミュージシャンのCDを買うなら、ミサ資金にしたいと思っていたあの頃。
でも、それからすぐ後になって、アレコレ買いまくっていたけどね。音楽欲(?)がモーレツに強かった。服買うよりもCDを買っていたし。
 
3:今持っているCDの枚数は?
200枚足らず。随分売ってしまったので。
 
4:今1番好きなアーティストは?
やっぱり聖飢魔IIだと思う。
ここはきっと一生譲れないし、変わらないんだろうなぁと。

5:1番最近買ったCDは?
最近は買ってないよなぁ~・・
んー、去年の5月に出た、聖飢魔IIの『恐怖の復活祭 THE LIVE BLACK MASS D.C.7 SELECTION(+α)』が最後。
買ってまで欲しいと思うだけのミュージシャンが少なくなったので、ホントに買わなくなってしまいました。
寧ろ、昔好きだったミュージシャンのCDが欲しくてたまらない。

6:普段言わないけど実は好きなアーティストは?
云っていない・・
そうさなぁ。サックスプレイヤーのケニーGとか。
テレサ・テンとか。

7:解散して残念だなぁ~って思うアーティストは?
聖飢魔IIは云わずもがな。
THE YELOOW MONKEY、X。
筋肉少女帯、SHOW-YA、米米CLUBの復活は嬉しかったなぁ。ライヴ、激しく見てぇぇぇ―――っ!!

8:初めに思いつく1人のアーティストは?
男性ならばhide。
女性ならばCocco。

9:初めに思いつく2人組のアーティストは?
B'z。世代だね。

10:初めに思いつく3ピースのアーティストは?
CANTA。<Link>

11:初めに思いつく4人グループのアーティストは?
4人・・あ、筋少!<Link>
解散前は5人だったのだけれど。色々あったんだなぁという事で☆
QUEENも出て来た。<Link>
・・フレディ・・

12:初めに思いつく5人バンドのアーティストは?
はい、来た!聖飢魔II!!<Link>
5人じゃなくて、5悪魔だけれども。そんなお約束。

13:好きなサウンドトラックは?
サントラは持っていないし、聴かないよ。
あ、そぉそ。中学生の頃は、好きな漫画のサントラなんかを聴いていたわ。『聖闘士星矢ヒット曲集』とかね。
当時、めっさヲタだったからさぁ。つか、ヒット曲集と云われても、どの辺りでヒットしたんだろうか???ってな話よ。
懐かしい。めっさ懐かしいっす。

14:最近1番よく聴いてる曲は?
コンポに入れっ放しの天野月子<Link>の『Sharon Stones』。
好きな曲が多いんだ、このアルバムは。『菩提樹』とか『カメリア』とか。

15:音楽聴くときに使ってるものは?
部屋に居る時には圧倒的にコンポだったのだけれど、どうにも調子が悪くてCDを読まない時が多くなって来たので、最近は家でもウォークマン。
どの部屋に居ても聴けるし。

16:好きな名前のアルバムorシングルは?
名前???
アルバム:CANTA『流星と春の嵐』。来月出る新譜のタイトルであります。早く聴きたいっ!!
シングル:Cocco『焼け野が原』。何というか、渦巻く熱を感じるタイトルじゃございません???
人間椅子<Link>の『村の外れでビッグバン』なんてのもあるよ。だって、村の外れよ???

17:今、一番気になるアーティストは?
doa!<Link>
最初、彼らの歌声を聴いた時には、福山雅治が誰かと組んだユニットかと思った程、声は福山に似ているんだよなぁ。
とても響いた曲があるので、その曲を含んだアルバムが出たら、是非買いたいのです。
久々のヒット☆

18:今までに一番聞いたアルバムは?
学生の頃は今よりも遥かに時間があったので、当時聴いたアルバムが1番聴いていたモノになるんだろうかな。
きっと聖飢魔IIの『WORST』。ベストアルバムだっただけに選曲も良かったし、聖飢魔IIしか聴きたくない的時期(そういう訳でもないけれど、そういう風な感覚に近いと。まみれたいっつーか)だったので、しょっちゅう聴いておりました。

19:一番好きな曲は?
1番って!
俺的人生のテーマソングは聖飢魔IIの『GO AHEAD!』しかない!
自分を奮い立たせたり、内観したり、色んな事に立ち向かう時にはコレ。

20:バトンを回す音楽好きな5人
音楽(つか、基本姿勢はロックで♪)といって真っ先に浮かんだsoniチン!
そしてやはり、アナタは外せないわ。まきこん!
戀子とは違った音楽観を見せておくれよ、あいあい!
ココを見てくれているだろうか、みーチャン!
最近はどーなの、ARMA!

お手隙の時にでも、よろしくお願い致しますー☆
2007.04.25 (Wed) 01:27
暫く振りの逢瀬に悶絶
アレやらコレやらで流れまくっていた逢瀬が、漸く、ホントに漸く、果たせた訳ですが。
大方の予想通り、逢ってすぐは3歳児並みにもぢもぢしてしまいました。
恥ずかしいったらない。何なんだ、こりゃ。
そんな俺、32歳。

久し振りに早い時間から逢いたいよねと、お昼に迎えに来て貰いまして。
早速向かったのは、先頃オープンした『ららぽーと横浜』。<Link>
ららぽーとへは、我が家からだと車で30分程度でしょうかね。オープン当初は駐車場から出るのに1時間待ちなんていう、少々アレな状態でありましたが、流石に1ヶ月経った今は落ち着いておりました。

県内最大の大型ショッピングモールというららぽーと。敷地面積は東京ドーム2個分もあるんですってよ。
入り口から見ると大して大きくも感じないのですが、中に入ったらまぁ、まぁ。ものっそい広かった。奥行きがあるんだな、とても。

先ずはご飯を食べましょうと、それでも昨日までろくに食べられない状態でしたので、お腹に優しい和食にしましょうと入ったのが『SOY DINING 豆々』という、和ダイニングのお店。<Link>
こちらは豆腐や湯葉、豆乳を使った料理が売りらしく、どれもこれも美味しそうでした。ダイニングだけに、中の雰囲気もヨシ!超~好み☆
頂いたのは、日替わりの定食。
十二穀米と豆腐のお味噌汁、生湯葉が入ったタルタルソースのかかった白身魚のフライに豆乳プリン、お漬物のセットでした。
タルタルソースに生湯葉が入っているのかがイマイチ判らず、普通の白身魚のフライ定食といった感じになってしまったのが残念でありましたが、味噌汁に入っていた豆腐はクリーミーでとても美味しく、それなら他の豆腐メニューにすれば良かったかと、2人して少々後悔。

お腹がいっぱいになったところで、フロア散策。
何しろ広いし、店舗数も半端じゃないので、フロアガイドは必携。
大体、フラフラと歩いていては、自分が今どの辺りに居て、どこを戻って行けば良いのかも判らなくなってしまう程。
地元にもあるお店は全てスルー、無い店を中心にフラフラと。
洋服は外では買わないのでこちらもスルー。そうなると、雑貨屋サンがメインになって来ます。

ワタクシ、器や調理小物、道具など、キッチン関連のアレコレにものっそい弱いのです。
1人暮らしでも既婚者でもございませんので、完全に見るだけになってしまうのだけれど、これで1人暮らしなり、結婚なりしていた日にゃあ、それはそれはアレコレと買い足してしまうに違いない。
ニュータウン族が多く住まう地域に在る事もあって、そういったお店が多く入っておりました。
以前、戀子が働いていた場所からも近いのですが、ホントにテイストが似ている。この辺りの地域性なんだなぁと。
ニューファミリーが多いので、やはりベビーカー族満載だしね。

休職中につき、料理を毎日やっている訳ですが、そうなってくると余計に『アレがあったら良いのに』とかさ、そうではなくても、台所を自分が使い勝手の良い様に改造したくなってしまうのね。
勿論、それは出来ないけれどもね。台所はオンナの城ってばかりにさ、やはりそこはいぢれないのですよ。母の場所だもの。

上から下までほぼ見て回って、数時間。
流石に疲れ、休憩しに入ったのが『キャンドルライトカフェ』。<Link>
こちらは銀座にある洋食屋サン『銀座キャンドル』のカフェスタイルなんだそうな。
頂いたのはケーキとお茶のセット。一路は色んなフルーツが乗っかったタルト、戀子は1番人気だという、たっぷりいちごのタルト。
どちらもスティック状になっていて、程よい大きさでありました。

休憩後もフラフラ回り、疲れたところで今宵は終了。
それでも全部は回り切れていないですよ。兎に角、偏りなく色んなお店が入っているので、どこかしらお気に入りのお店が出来るのではないかなぁと。

昨日、その前と散々アピールしていたので、今日はものっそい絡み付いて来たワタクシ。
明け方近くまで2人して、じゃれ合いながらにゃあにゃあ云いまくって参りました。
お蔭様、枯渇しかかっていた一路不足も無事に解消です☆
やっぱり一緒に居て、匂いやら熱やらを存分に感じまくる以外に、解消の余地はないのです。
今なら女性ホルモンも大放出に違いない。
2007.04.24 (Tue) 05:32
遠足前夜の子供の様に
昨日、散々『男肌―――っ!!』と悶えていた訳ですが、漸く明日、一路と逢えます。
今度こそ大丈夫そうだ。

あああ、素直に嬉しいったらないですよ。久し振りに逢えるからこそ、体中に味わえるこの感覚ね。
用意していた誕生日プレゼントもやっとこ渡せるし、何より無条件でベタベタ出来る。
あ、宣言してますのん。昨日の内に一路には。
「ベタベタします。絡みつきます。にゃあにゃあ云います」と。
こういう事、普通に口に出しますのでね、ワタクシは。めっさHしたい時(そう、『めっさ』状態が重要)には云うし。
超~直球。いつだって真剣勝負ですよ。
『云わないでも判る』なんてのは、戀子の中にはないですから。
そうは云っても、何でも勘でも口に出してしまう程、デリカシーのない人ではございませんので。
極力、空気読みます。ムードだって大事ですもの。
頑張ります☆

そんな訳で、今宵は遠足前夜の小学生並みにワクワクよ。
天気が良くないという話だけれど、ンなモン、良かろうが悪かろうが関係ないのさ。
逢えりゃオッケイ!
そして恐らく明日は、久々に逢った時のお約束で、一路を前にして暫くは3歳児並みにもぢもぢするに違いない。
彼氏相手に照れ照れでどーすんだ。これでもお付き合いを始めて、6年目になりますねん。

そぉそ。
mixiやっている方々から、よく『戀子の日記が読めない事がある』とか、『いつの間にか大量にアップされている』という風に云われるのですが、読めないのはよく判らぬのだけれど、mixi日記ではなくて外部のブログを使っている所為か、新着日記に反映されるまでに結構時間が掛かってしまうみたいですよ。
それに、mixiモバイルの方では、どうも新着日記に反映されていないのではないのかなぁ~・・戀子のマイミクさんで、同様に外部ブログを使っている方が何人か居られるけれど、モバイルからでは新着で出ている事がないっぽいので。
そんな感じなので、チョコチョコまめにチェックして頂けるとありがたいです。
新着になくても、アップしている事も割りにありますので。


●今宵のご飯●

冷やし中華(ごまだれ)
刺身(めばちまぐろ)
じゃがバタ

みんなの食べたい物を訊いたらコレだ。
何だ、この取り合わせは???作る方は楽で良いけれども。
そんな訳で、冷やし中華始めました。
2007.04.23 (Mon) 02:59
恋しくて。
何がどうという事もないのだけれど、急にものっそい恋しくなる時がございます。
今日が当にそんな時で、それは人肌というか、完全に男肌を求めていたりするのです。
こういう時ってのは女子じゃないんだよな。傍に居て欲しいのは、絶対的に男子なのですよ。

一寸ばかり淋しかったり、何となくかまって欲しい。
相手が女子でないとダメな時もあるし、男子であって欲しい時もある、この『恋しい』という感覚。
この差は何なのでしょうかね。ホルモンバランスだとか、そういった事なのでしょうかね。
女子友とマシンガントークかまして笑っていたいと思う時と、男子とマッタリしたいと思う時と。ホルモンの出が違うんだろうかな。

気付けば、今月は未だ1度も一路とは逢えておりません。
最後に逢ってから、もぉすぐ1ヶ月が経とうとしていますよ。
戀子の方の諸々の都合だったり、一路の方の諸々の都合だったりでここまで逢えなかった訳ですが、んまぁー久々にどっぷり来ちゃったね。超~~~逢いたい病が。
恋しくて恋しくて恋しくてしょうがない。
云うよ、繰り返し3度も。
当に『今から来て!』の心境なのだけれども、もぉチョイ我慢すれば、今度こそは一路と逢えるんだし、我が儘云わないでおりましょう。

この恋しくて男肌を求めている今は、完全に一路不足の他ならない。
戀子の中の一路メーター、枯渇寸前。

そぉそ。
『男肌―――っ!!』と悶えてはいても、実はHがしたい訳ではないのですよ。や、したくない訳でもないのだが。
それよりも、ずーっとベッタベタしていたいだけなのね。
Hよりもチューしていたい。
絡み付いていたい。
うん、ただそれだけなのですよ。女子ならば判って貰えるだろうこの感覚。男子サイドには『蛇の生殺し』と云われるあの状態ね。

それにしても、何かアレだ。
文字にしてしまうと、完全に頭の中がどピンク状態にしか思われないよな。
まぁ、年がら年中ピンクな俺なのだけれども、それにしてもどうだ。
こういう事ってのは口に出さない方が自然なのかも知れぬが、どーなのよ、そこの女子達よ。
桃色な事、思わないですかねー???
むはーっと吐き出したくなる時ってないですかねー???

ああ、そろそろ寝よう。
云えば云うだけ、どつぼにハマっている気がするよ・・
2007.04.22 (Sun) 02:35
きりがないので
今日から母は仕事復帰。
つか、仕事出来るのか???ってな状態でありましたが、一時期の酷い状態からは意外に早く脱け出て、後は少しずつ体を慣らして・・といった感じに。
とはいえ、まるで動いていなかった3日間。今日いきなり動いたらどうなるものやら。

と思っていたら、やっぱり相当大変だった様で。そりゃそうだよね。ろくに動いていないし、食べられもしなかったんだしさ。
明日が休みになったらしいので、大人しく寝ていなさいと申し付ける。
後の事は、俺が引き受けるでな!

そんな戀子は少しずつ食欲が湧いて来たので、まぁどうにかなるだろうと。
生理チャンも後数日で終わるし、そうなったら微妙な腰痛が残るだけ。大丈夫だ。
うん、どうにでもなるさ。

休職をして1ヶ月以上が経ちまして。
そろそろ復帰したいなぁ~・・と思いつつも、中途半端に痛みが残ったままではなく、ほぼ完全な状態にまで戻してから復帰しようかと思ったり、けれどそれには、後どれ位かかるものかと考え込んでしまったり。

と、悩んでいたところへ。
夜になって、店から電話が入りました。

様子伺いの電話だったのだけれど、話を訊くと、どうにもシフトが組めない程に人が居ないとの事。
や、居るんだけれど、入らない・入れないってだけの話だろうさ。

そんな訳で、ワタクシ。
いよいよ来週末から仕事復帰しようと思います。ビバ☆社会復帰!
近い内に店に行き、シフトの相談をしようと思っていた矢先の電話でしたので、コレがタイミングだろうかと。

後1週間となったお休み期間。
バッチリ体調を整えて、復帰に備えようと思います。


●今宵のご飯●
大根と豚肉、春雨のスープ煮
新たまねぎと素揚げのナス、トマト、きゅうりのサラダ
冷奴
ジャガイモの味噌汁
大根の葉っぱとじゃこの混ぜご飯


大根の葉っぱ、大好き。
2007.04.21 (Sat) 03:29
限界でした☆
揃ってダウンした両親を病院へ連れて行き、診察を待つ間に戀子は買い出しへ。
タクシーで病院まで行くだなんて、何とも優雅な感じでアレだけれど、バスを待つのもしんどい程の状態でしたので、タクシーじゃないと厳しいよねと。
何せ、揃って病人ですから。

病院から帰ると、もぉもぉフラフラ。
誰がって、俺が☆

母がダウンしてからずっと、気合い入れてクルクルと動いておりましたが、具合悪い真っ只中の戀子にゃ、コレが限界。
ダウンでした。

相変わらず続いている胃痛と生理チャンの所為で、食欲はまるでなく。
そんなんだからろくに食べられないでいるのだけれど、それで外に出てカツカツ動いたものだから、余計にフラフラになってしまったんだろう。

帰って来てから少し寝て、多少楽になったものの。
ものの、だ。

生理でも、風邪でも、腰痛でも、どれかが治まれば全然違うのになぁ~。
むぅ~、早く落ち着け!


●今宵のご飯●
にらたま
マカロニサラダ
納豆汁
ご飯

流石弱っているだけあって、メニューも滅茶苦茶だ。
2007.04.20 (Fri) 01:20
ライフラインと、狭い中での巡るアレ
実はこの間の日曜から、我が家ではお湯が出なくなっておりました。
日曜の夕方に出なくなっている事に気付き、それでも日曜の夜までは、限りなく水に近いぬるま湯が出ていたので(・・様な気がする。今となっては)、翌朝にはちゃんとお湯が出るだろう事を期待して待ったものの、月曜になってもお湯にはならず。
それどころか、ぬるま湯ではなくてバッチリ水しか出なくてなってしまっていて。
『給湯タンクが壊れたのかなぁ』という事で、月曜日にタンクの業者サンに連絡を入れたところ、1番早く来られて水曜(今日だ)の午後だという返事を頂きました。
家でお風呂が入れないので、我が家の野郎共は地元のスーパー銭湯に行って入って来ていたのですが、何せワタクシは女の子ウィーク真っ只中。外でお風呂なんざ入れる訳も無く。
月曜におデート予定でしたので、ラブホでガッツリ入るつもりでいたものの、流れてしまったので入る事も叶わず。
昨日に流したおデートも更に流れてしまったので、今日まで入る事が出来ず。

いやいや、一日千秋の想いで待ち侘びましたよ、今日の午後を。
早くお風呂に入れさせてくれってなモンだ。

お約束通りに午後イチで来て下さり、さらりと外の電気メーター部分を見て5分程でしたでしょうかね。
業者サン曰く、『恐らく、タンクは壊れてはいないですよ』との事。
家の中に入り、念の為にタンクをチェック。やはり壊れていないという。
そうだよなぁ。だってこのタンク、2年前に取り替えたばかりですもの。そうそう壊れる様なモノでもないだろう。屋外ではなく、室内に設置してあるものですし。
すると、タンクではなくて『深夜タイマー』なるモノが壊れているという話でありました。

この深夜タイマーは、電気が安い夜の11時から作動し、8時間かけてお湯を作るというものらしいのですよ。
そしてこれはタンクの業者サンではなくて、東京電力の管轄との事。
『東電に電話を入れてみて下さいね』という言葉を残し、出張料2000円一寸を持ってお帰りになりました。

で、すぐに東電に電話をすると、1時間かからずに来て下さるとの事。

戀子から症状を訊きつつタイマーをチェックすると、やはりタイマーが壊れているという事で、10分かからずに新しい物と交換して下さいました。あっという間ですなー。
緊急事態なのでとタイマーを作動して、夜にはお湯が使える状態にして帰って行かれました。
因みに、こちらは料金は発生せず。
そうなると、先程の出張料2000円ばかりが何とも馬鹿馬鹿しいというか、何というか・・
10分かからない診断で2000円一寸よ。俺、1時間働いて幾ら貰えるよ???ってな話よ。

電気はライフラインなので、連絡を入れたらすぐに来てくれるんだそうな。
ああ、早く気付いていればさ。4日もお風呂に入れないだなんていう事はなかったのにさ。つか、深夜タイマーなんてモノの存在、今日初めて知りましたよ。
それにしても、夏場でなくて良かったですよ。仕事をしている時じゃなかったのも良かった。そんな時にお風呂に入れなかった日にゃ、アンタ。

夜になって、漸く叶った久々のお風呂の気持ちが良かったことったら♪♪♪
あんなにお風呂が気持ち良かったのって、入院中以来かも知れませぬ。

さて、一方我が家。
狭い中でグルグルと風邪菌が蔓延しているのか、父が今日はダウンしてしまい、仕事を早退して帰って参りました。
両親揃ってダウンして布団の中、戀子も相変わらず微妙にダウン気味。弟2人は辛うじて元気っぽい。
しかし、ワタクシは一体、いつから仕事に復帰出来るんだろうなぁ???
今の状態は、休みであってまるで休んではいないもんなぁ。

うむ、しんどいっす。
2007.04.19 (Thu) 03:22
うむむ・・
昨日の今日ですもの、母の具合はまるで変わりなく。
相変わらず食事も何も出来ず、布団の中で唸っているばかりの状態でありました。

戀子と云えば、数日前からキリキリと胃痛がしていて、時々食事が出来ないでいたのだけれど、今日はとうとう、まるで食事が摂れない程になり。
加えて重い生理チャン、加えてぶり返しの腰痛で、トリプルでやられちまっております。
何もなかったらずっと寝ていたいところなのだが・・戀子よりも母の方が遥かに酷いのでそういう訳にもいかず、かといって、仕事をしている我が家の野郎共に丸投げする事も出来ず。
今日も今日とて、朝から晩までフル稼働でありました。

我が家の野郎共の起床時間は微妙で、トラッカーである弟(上)が夜中の3時や明け方4時に起床、父が5時半起床、弟(下)が7時半起床となっております。
それに合わせて、お弁当や朝食の準備をしなければならないのだけれど、時間が余りに微妙過ぎてしまって、どこに照準を合わせて寝たり起きたりすれば良いのか、さっぱり判りません。
寝ちまうと中途半端なのですよ。じゃあ、起きていようかってなるものの、弟(下)を送り出すまで起きていたら、その後のスケジュールがグダグダだ。
これまでは、弟(上)を起こして送り出すまで戀子が起きていて、次いで先に寝ていた母が朝、父と弟(下)のアレコレを準備して・・といった感じで分担していたのだけれど、この全てをやろうと思うと、どうにも出来ない事に気付く。

いやいやいや、主婦は大変だ。
本当、尊敬しますよ。

しかし、この状況がいつまで続くのか。
野郎共に多少協力頂きたいのだけれど、どこまで協力してくれるのか。
せめて自力で起きてくれっつー話だが、揃いも揃って朝が弱い人ばかり。起こされるのに慣れ過ぎてしまっている人ばかり。
『社会人なんだし、勝手に起きろよ』と思うものの、やはりいつまでも起きて来ないと、気になって気になって仕方がない。
それこそ、気になってこっちが眠れないってなもんで。

正直、お休み中で良かった。
俺、いつまでもつものやら・・
2007.04.18 (Wed) 03:22
タイミングが絶妙だ
今日は久し振りに一路とおデートだったのだけれど、今朝になって一路から、『今日ではなくて明日にして欲しい』というメルが来て。
戀子は今はお休み中。いつだってオッケイなので、空いた今日はいつも通りに多少の家事をして過ごしましょうと。

そしたらアレだ。
すっかり遅れていた女の子ウィークが派手にスタートしましてね。
もぉ、もぉ、フラッフラ。遅れた分だけ酷く重いったらないですよ。初日からこんなに派手でどーすんだ???ってなもので。
それでも家の中ですから、自分のペースでゆるゆる過ごせばどうにでもなる。休みつつ、家事をしつつ。

そんな今日。
昨日の夜から仕事をしていた弟(上)の仕事が思っていたよりも早く終わり、同じく仕事に出ていた母を拾うべく迎えに行くと、母、体調悪くてフラッフラ。
そのまま、救急病院へ直行と相成りました。

夜になってから薬を処方されて帰って来たものの、こりゃ暫くは安静にしていないとダメだろうといった状態。目にも言葉にも体にも、まるで力が入っていないったらない。
しかし、よくあんな状態で1日フルで仕事をして来たものだわ。我が母ながら、感心するわ。
今日の内に母の職場に電話を入れ、明日はお休みさせて頂く事に。
ついでに一路にもメルを入れ、明日のおデートをキャンセルする事に。
一路に逢えるのはいつなんだ???

それにしても、タイミングが絶妙というか。
おデートが流れた所為で家に居られたし、弟(上)の仕事が早く終わったおかげで、ヨレヨレの母を拾う事が出来たし。

さて、かなり酷い状態の母だけれど、早く症状が軽くなると良いなぁ~・・
年齢が上がるにつれて、体調を崩す事が本当に多くなったと思う。
『具合が悪い』は、我が家では戀子の専売特許だったのに。

しかし、この重たい女の子ウィークの中でのオール家事請け負い・・
正直、きっつぃなぁ~・・
2007.04.17 (Tue) 03:23
ご心配お掛け致しました
お久し振りでございます。
戀子です。

随分ご無沙汰をしているなぁと思いつつ、前回お知らせをしてから未だ1週間程で。
この感覚こそ、どれだけここを大事にしていたのかを思い知らされているという事実。

まるで書き捨て状態で、かえってご心配おかけしてしまい。
今回の事で初めてお声をあげて下さった方から、日頃よりお付き合いのある方、そんな大切な皆様からのコメントやメールを読みながら、申し訳なく思うばかりでありました。
申し訳ないついでに、こちらでのご挨拶をお返事とさせて頂きたく思います。

ごめんね。
そして、どうもありがとう。
本当に、本当に、嬉しかった。

少々胃痛がある今日この頃でありますが、戀子は元気です。
腰痛は未だもう少しです。
一路とは仲良しです。

少しずつ、ストップしている過去に遡りつつ、現在を追って行こうと思っております。
そんな感じで、暫くは上へ下へと読み進めるのが大変やも知れませぬが、どうぞお付き合い下さいますよう。

ここからまた、よろしくお願い致します。


戀子ヨリ。
2007.04.16 (Mon) 14:32
深夜のファミレスにて。
今日は楽しみにしていたCANTA<Link>のライヴだったのだけれど、車移動&座っていられるホールでのライヴだったらオッケイだったものの、やはり電車移動&2時間以上のスタンディングは、今の戀子には厳しい事この上ない。
色々とギリギリになって迷惑をかけてしまったのだけれど、今回は泣く泣く欠席という事で。

今回は会場で、ルークのデビュー20周年記念イベントを同時開催(っつーか、何つーか)されていたらしく、ルークの悪魔時代の戦闘服の展示やら何やらもやっていた様で。
・・コレ、見たかったなぁ~・・
マイミクであり、古くからの仲魔である源が送ってくれた数枚の写メを見つつ、激しく悶絶。
あの数々の戦闘服を見ただけでしこたま妄想出来ちゃって、何杯でもご飯を食べられるってなモンですよ。うなぎ屋の前で蒲焼の香りを嗅ぐよりも、1ルーク(もぉこの際、単位は何でも。悪魔でも、人でも、枚でも、個でも)の方が、戀子にとっては万倍キョーレツな破壊力。
あーあーあー。本当に残念。来月発売される新譜のダイジェストなんかも流したらしく、これまた残念。
次こそは!次のCANTAこそは!!!
えーと、次は夏か???

深夜の、更に深い時間。
ファミレスでお茶を飲みつつ、ダラダラとお喋りするのが好きなのです。
20代の前半などは、友達と夜な夜なカラオケだの、ファミレスwithドリンクバー、アーンドafterドライヴに興じておりましたが、そんな『深夜友達』と時間がまるで合わなくなってしまったり、近くで遊べる友達が中々居なかったりなどで、次第にそういった事がなくなってしまっておりました。
今の職場に行く様になってからというもの、チョコチョコと機会が増えましてね。
一緒に遊ぶのが戀子よりも5つ以上年下の方々なのだけれど、気分的にはすっかり同世代ですよ。えぇえぇ、あつかましいと云われようとも、同世代気分ですよ。
そんな彼らと、久々に深夜の気だるい空気を味わっております。

深夜というのは不思議な時間ですなぁ。
夜中書いた手紙というのは想いが篭り過ぎたり、赤裸々になり過ぎたりで、昼間改めて見直すと気恥ずかしいものだけれど、云い換えれば、深夜は昼間に己を防御していた鎧を外し、肩の力が抜け切った状態になるので、色んな事を素直に表現し易くなると思うのですよ。

深夜にまで逢ってお話しようと思う方々というのは、やはりそれなりに気心知れていないと無い訳で。
だってさ、夜の夜中にまで、一緒に居て心が疲れる様な相手と居たいだなんて思わないですよ。
戀子はお酒が殆ど呑めないので、ファミレスでドリンクバー三昧で、ダラダラと思いつくがままにお喋りするのが丁度良い。深夜独特の気だるい空気の中でのお喋り、たまらなく好きなのです。
お喋りしながら、気付けば窓の外が白んで来てね。ああ、朝だなぁ、なんて。
これは若い頃の感覚、そのまんまだな。

今宵は久し振りに明け方のドライヴまで付いて来て、ネエサン、すっかり御満悦でありました。
窓の向こうに広がる、紅く明けていく空が目に眩しかったなぁ。
この時間のこの空気感を、何かに閉じ込めてしまいたかったなぁ。
うまく云えないけれど、今日はとても離れ難かったんだよね。

またゆっくり、ファミレスで気だるい時間を過ごしましょう。
朝日を見るまで語るわよ☆
2007.04.15 (Sun) 06:59
緩く復活したと思ったら
漸く精神的に緩~~~く上がって来たと思ったら、今度はどうも風邪をひいてしまったらしく、どうにもこうにもダルダルだ。
早起きして、掃除して、ケーキを作って・・なーんてしたまでは良かったけれど、途中でグッタリ。どうしちゃったかな???
まぁでもアレだ。熱がどーんとある訳でもないのでね。さらりとやり過ごそうと思う。
俺の定番・見てみない振り。

それにしても、自分のペースで出来るとは云っても、具合が悪い時の家事はしんどい。
主婦ってすごいなぁと、改めて思ったり。

そんな訳で、さくさく寝ちまおうと思います。
睡眠、大事ですから。
2007.04.14 (Sat) 01:02
2番目に愛している男
一路以外の男子に手紙を書くなんて、一体どれ位振りの事だろうかな。

今日の夜やるという送別会に併せ、送別会に出席しないワタクシ、ワタクシが『2番目に愛している』と公言している、送別会の主役である男子に手紙を書きました。
当初、色紙に一言書くという話だったのだけれど、色紙という限られたスペースに気持ちをシンプルに纏められるだけの技量はなく、ならばと、一緒に渡すアルバムに同封しようと、手紙を書く事になりました。

彼との出逢いは2年前になる。
当初は関わる事がまるでなかったので、印象がある様で実はない。
でも不思議な事に、初めての店での研修で離れた場所で作業をしている彼の姿は覚えている。
それこそ、話もしていないのに。
まるで恋に落ちる瞬間の様ですよ。
あ、戀子の恋の始まり方が、割りとこんな感じなのです。
好きだとか、ルックスが好みのタイプだとか、そういう事は一切ないのに、意味も無く記憶に刷り込まれるというか。
ああ、今思えばアレだ。
恋に限らず、そこから先、深い付き合いになる人程、最初の印象が強く残るんだよな。友達を振り返ってみてもそうだ。

そんな最初の印象から随分経ってから、彼とは仲良くさせて頂く様になりました。
戀子に色んな話をしてくれる様になり、戀子が色んな話をする様になり。
表面から受ける印象とはまるで違う繊細な中身と引出しの多さに、一気に惹かれていきました。

彼の事を書き連ねたら、それこそ幾らあっても書き足りない。
シフトが重なる事がとても多かったので、お互いの恋人よりも一緒に過ごしている時間が遥かに長い。
彼の恋人からすれば、戀子は『職場の三十路のオバチャン』なので全くノーマークだったろうと思うけれど、それにしても、これだけの長い時間を共有する事に対して、彼女に少々申し訳なく思う事もあったりして。
『仕事だから仕方ないじゃん!』という話もあるけれど、彼には仕事の中で沢山楽しませて貰ったり、励まされたりしていたのでね。
ある意味、戀子の職場での恋人状態ですよ。一方的に。

その彼が店から離れるという事が決まった時は、本当に淋しかった。
サラリーマンですから異動は当たり前だし、みんなといつかは離れるのも判り切った事なのだけれど、この場所で毎日の様に顔を合わせていた彼の姿を見れなくなってしまうという事が、こんなにも淋しいとは。
正直、自分でも驚く程で。

手紙を書きながら様々な想いが蘇り、交錯し、とめどなく溢れて来た。

どれだけ、元気を貰ったろう。
どれだけ、励まして貰ったろう。
どれだけ、優しくされたろう。
それに対して、戀子はどれだけのものを彼に返せたろう。

書きながら、涙が止まらなくなってしまった。
想いが詰まり過ぎて、とてもとても長い手紙になりつつあった。
無駄に長くなってしまうのはいつもの癖だけれど、そうは云っても読む方が疲れてしまうので、きりの良いところでペンを置いた。

以前、一路から『お前を恋人ではなくて、一生付き合っていける親友にしたかった』と云われた事があった。
その時には一路が云う本当の意味が判らなかったけれど、彼に対して戀子が想う気持ちは、ある意味、この言葉に近いのかも知れない。
戀子の中の『2番目に愛している』というのは、恋人にはならないけれど、それ以外の関係の中では1番だという事。
うまく云えないけれど、そういう事だ。

いつ異動になるかは判らないのだけれど、また一緒に仕事が出来れば良いなぁと、つくづく思う。戀子が復帰する頃には未だ居るだろうか???

ここまで、本当にありがとう。
そして、これからもどうぞよろしくお願い致します。
また夜のあの時間に、色んな話が出来たら良いな。
馬鹿みたいにいっぱい笑おう。
2007.04.13 (Fri) 03:01
個人面談
昨日、色々とお話をしている内に、逢おうという話になり。

そんな訳で、職場仲間であるあいあいの御宅にお邪魔して参りました。
『いずれ個人面談をしよう!』と云っていたのでね。戀子のリハビリ第1弾。

最初は近くのファミレスでおデートする予定だったのだけれど、近くのファミレスは余りに近く。
何が困るって、家から近いファミレスっつー事はマンマ、職場からも近い訳で。そうすると、お客様とバッタリ遭遇してしまう事もあったりして。
実際、よく逢ったりするんだわ。近所を歩けば挨拶三昧。

えぇ、下手な事を云えないよねっつー話だ。

どこで誰が見ているかなんて判らないからね。
こちらが覚えていなくても、お客様側はこちらの事を覚えているなんて事もあるしね。

そんな風に思って、『いっそ、我が家に』とメルを送ろうとしていたら、あいあいの方に先を越されてしまいました☆
ウヒヒ、女子の1人暮らしの部屋にお邪魔しちゃったよ!

手土産にとケーキを作って持って行くと、こちらが恐縮してしまう位に喜んで頂けました。
ワタクシはあいあいお手製のご飯にうっとりでありました。
やはり手作りご飯はウマい!

2年近くのお付き合いになりますが、こうしてサシでゆっくりと話をする事って殆どなかったので、いやはや、新鮮でありました。
女同士の秘密の花園的トークは、男子禁制なのですよ。

色々、おもてなしして頂いちゃって、そりゃもぉネエサンは御満悦よ。
どうもありがとうねー。ご馳走様でした!
またアレとかコレとか話そうね。
えぇ、今度は我が家で是非!
2007.04.12 (Thu) 02:00
そっと、出てみる
心配させてしまった友達たちに、お詫び&お礼のメルを送り出す。
気持ちは『今すぐにでも!』と逸るのだけれど、中々そうもいかないのですよ。
普段のメルなどとは違って、さらりと送れる様な感じではないし(戀子的にな)。
なので、メッセやメルをくれた順番に、少しずつ送ってみました。

でもホントに元気が出た。
言葉の熱に癒された。

何しろ虚弱ッキーな戀子です。
皆一様に、先ずは体の事を思って下さった様なのだけれど、今回はそれよりも寧ろ、心の方が不安定になってしまいました。
体の不具合に引っ張られた感じですな。

いやね、基本的に後ろ向きなワタクシですので、ドーンと落ちる事はままある。
けれど、今回は本当に酷かった。久し振りに辛かった。
こういう事を書くとアレですが、本気で死にたいと思う事なんて、もぉ随分なかったのだけれど。
しかもそれがピタッと張り付いたままどこまでも付き纏い、中々その考えから離れる事も出来ないでいて。

つか、死んでどうかなるモンでもないのにね。
未だ未だ見たいものも、やりたい事も、山ほどあるのにね。

と、今になったらそう思えるけれど、只中にある時には、そんな事は一切、どうでも良くなってしまうもので。

きっかけが何だったのか、そんな事も今となっては判らない。
多分、色んな事が幾重にも層になって、積もりに積もってしまって爆発してしまったのだろう。
静かに、けれど、とても激しく。

今までやって来た全ての事が無駄に思え、どれも無意味に思え、結局は独りなんだなぁとしみじみ思った。
不要な人間なんだなぁ、なんて。

『死にたい』と思いながらも、『生きる為』に食事をしたりしている様が何とも滑稽だったり、生命維持装置であるインスリンをお腹に刺しながら、大量に投与すればそのまま死ねるんだよな、なんて思ったり。実際、そういう事件があったものね。

やー、どんだけ後ろ向いていたんだ。
心が上向きになって来ると、そういった色々が馬鹿馬鹿しく思える。
生き抜かない限りは、真っ当に死ねないっつー話よ。ねぇ?

内側にある暗い部分と、そこから脱け出る道筋に気付くまでに、以前からしたら随分早くなった。
それは恐らくは経験値。繰り返す内に、堂々巡りから回避するだけの知恵を得たんだろうな。
甘ったれて底辺に落ちても、暫くやり過ごせばどうにかなる。
うん、またどうにかなった。

その時には本当に辛いのだけれど、こうして落ちるのは悪い事ではない。
こういう機会が無い限りは、自分自身の事をこんなにも見詰める事もないものね。

ああ、外へ出て行かなければ。

友達たちとメルで触れる事で、小さな第一歩を踏み出した気分であります。
ホントにありがとう。

徐々に心を取り戻して行く為に、そっとここから出てみようと思います。
外の風に触れなければ。
2007.04.11 (Wed) 02:00
逢いたい、逢いたい
昨日、夢から覚めた後。
憑き物が落ちたかの様に、随分とすっきりした気持ちになりました。
この間、こちらでご挨拶をしてからというもの(と云っても、未だ2、3日前の事でありますが)、コメントを頂いたり、直接メルを頂いたりしている。
書き捨て状態で、皆様にはかえって心配させてしまったので、早急にお返事しなくては・・と思いつつ、中々キーを叩けないでいる。
うまく云えないけれど、軽く抜け殻状態になってしまっているのです。
これからゆっくり、お返事していこう。

先週、今週と一路と逢えていない。その前は夕方からの僅かな時間しか逢えなかったので、何だかもぉ長い事、逢っていない気が致します。
一路からは『具合はどうだ?』というメルが来ていて。『大分、良くなったよ』とレスをすると、『来週には逢えそうか?』と。

一路サンは、この年代特有なのか、かなりの日本男児な御方。
ワタクシ、『好きだ』とかさ、『愛してる』とかさ、そういった類の言葉を彼の口から聞いた事はございません。
付き合い出した最初の頃なぞは、そんな彼の感情表現(愛情表現ではなくて、全般的にだ)がまるで判らなくて、どうなんだろうかと、妙にビクビクしながらのお付き合いだったのですが。

色んな事を知るには、やはりそれなりの時間を重ねる事が必要なのですな。
一路の一寸した言葉尻だったり、態度だったり、云い回しだったりで、彼がどんな風に思っているのか、何を欲しているのかといった事が、少しずつ判る様になりました。

戀子に『お前は淋しがりやだから』と云う一路は、1人で何かをするという事がとても苦手。
常に『誰かと一緒に』という環境に恵まれているからなんだろうと思う。
ワタクシは割りと、いわゆる『お一人様』と呼ばれる状況には慣れている。友達たちと時間が合わない事もあり、学校を出てからは特に、1人で行動する事が多かったのですよ。
まぁ、群れるのも嫌いな俺なのでな。

THE☆日本男児の一路からの『逢えそうか?』という言葉は、イコール『早く逢いたい、逢いたい!』という感じ。
天邪鬼なんだよな。素直に『逢いたい』って云えば良いのに。

『随分逢っていないから、恋しくなったかい?』と云うと、何や勘やと微妙にはぐらかして逃げられた。
が、今日は追うよ。
『逢いたいなら逢いたいって云いなさいよぅ。その言葉でどれだけ嬉しくなるか、判らないかなー???』。
暫く経ってから一路から来たメルは『天邪鬼でごめん!』。

もぉもぉ、それで良いさ。今日のところは勘弁してやるさ。
可愛い奴め♪♪♪
くそ―――――っ!!ギューってしたいなぁ―――――っ!!
何でここに居ないのさ!?

未だ今週は明けたばかりだけれど、早くも来週が待ち遠しいのであります。
うーん、一日千秋。
せめて、夢で逢えたら。
2007.04.10 (Tue) 01:00
夢に気付かされる大切なこと
ここ暫く、ずっと心の奥底で沈みながらも、実は激しく渦巻いていた事があった。
色々と重なりすぎて、そのどれが大きいのかは、もぉ今となってはよく判らない。
気付いているのか、いないのか。自分自身で判らないながらも、判らないからこそなのか、無駄に苛々としてしまい、それを周りに撒き散らし。

けれど、今朝。
自分の弱さと甘えに気付かされたのは、夢の中での事。

当たり前の様に『当たり前』である事を何の思いもなく見つめて、その熱が持つ温かみに触れようともしていなかった。
人も、事も、ものも。
いつかは必ず離れる時が来る事を、改めて思い知らされる。

夢の中で。
大切なものを永遠に失ってしまっていた。
どんなに渇望しようとも、2度と元に戻る事はない。
失って初めて気付くというそれは、余りに残酷だと。そう思いながら、いつまでも夢の中ですがりつき、号泣していた。
自分の泣き声で目が覚めた朝。

失ってからではどうにもならない事が山ほどある。
泣いたって戻っては来ないのだから、出来るだけ後悔の少ない生き方をしていこうじゃないの。
自分の弱さに酔って甘えて嘆いているのは、余りに愚か。
何度誓ったか判らないけれど、ここでまた、もぉ1度。

例え歩みの止まる事があろうとも、同じ事の繰り返しに見えようとも、立ち止まっているそこはかつての場所ではなく、数ミリでも先へと進んでいる。
『またやっちまった』と思っても、またやったと思える時点で、気付けている。

大丈夫、まだまだいける。
泣きながらでも、先へ行こうとする気持ちがあれば、どうにかなる。
その一歩を進む為の力を、今は養っていけば良い。
くるりと毛布を体に巻いて、不要な音はやんわりとやり過ごそう。

大丈夫、まだまだいける。
2007.04.09 (Mon) 02:59
気付かなかった
実はかなりギリギリの心で頑張っていたというのに、不意に涙が零れるまで、まるでそんな心に気付けないでいた。

ただ単に、甘ったれているだけなのかも知れないけれど。
きっとそうなんだけれども。

完全に、自分の内側で激しく渦巻く感情を持て余してしまっている。
振り幅の大きさに驚き、一度襲った大きな波は中々引く事も知らず。

気持ちを上げていく為に見ていたのは、いつだって確実に笑えるDVD。
なのに、それを見ながら涙が流れて止まらなかったのは、目の際ギリギリまで溜まっていたから。
そんなに張り詰めて、一体どうしたというの。

自分の感情に、自分自身のみならず、周りの人達まで巻き込んではいけない。

急に苦しくなって周りに目を向けられなくなったのは、恐らくは、色んな事を深く考えるだけの時間を与えられたという事。
日々に流されて、ゆっくりと自分自身や色々な事を考えるだけの余裕がなかったもんなぁ。

泣くだけ泣いて、すっきりしよう。
それから先の事は考えよう。

ゆっくりと沈んでいこう。
2007.04.08 (Sun) 02:05
みなさまへ
暫くお休み致します。
元気になったら復活するかも知れません。


皆様、お元気で。
2007.04.07 (Sat) 03:33
仕事辞めることにした
なんてな。
辞めはしません。目下、休職中であります。
早く復帰したい気持ちありつつ、余りに長い事お休みしているので、社会復帰が少々怖くもあり。

昨日の日付が変わった頃、折角家に居るのだからと、今日(日付が変わってしまったので、昨日になった)がお誕生日だった一路へ、おめでとうの電話を入れました。
戀子が電話をしたのなんて、実にどれ位振りだろう???
ワタクシ、電話が大嫌いなので、掛かってくる電話にもビビるなら、掛ける電話にもビビってしまうというチキンっぷり。
こちらが掛けるのだから、相手が誰だか判っているのにね。そんなにビビらなくてもいーのに。
THE☆トラウマ!

そんな感じで、かなり久々に電話をしたというのに、只今ジットリと落ちつつあるワタクシは、しみったれた話しか出来ずに更に鬱。
折角のお誕生日電話だったというのにコレはないだろう。
夜が早い一路と、日付が変わるまでの仕事をしている戀子とでは、日付が変わってすぐの電話だなんて、滅多に出来ないのになぁ。


さて、もものトコでバッチリ踏んだ地雷バトン。
現実逃避をかましつつ、走りこもうと思います。


★地雷バトン★

☆ルール☆

タイトルを『学校(仕事)辞めることにした』に設定する。
地雷バトンです

見たらすぐやる。バトン←これ重要。
※見た人はすること。
 マイミク様は足跡つけた瞬間に見たと判断されますのでご注意を。


●好きなタイプを外見で答えよう。

えー、自分の事は棚に上げまくりんぐ。
■背が高い:身長+15センチ以上がお好み。ワタクシは150センチなので、大概の男子はクリア。
■顔がX(エックス):眉毛上がり気味、目タレ気味。眉毛と目をクロスして繋げれば、顔がエックス♪
■パッチリ二重:いわゆる濃い顔が好きなので、全体的にハッキリした感じで。故に目も大きくて二重だとうっとり。
■口がデカい:大きい人が好きです。尚且つ歯並びが綺麗だったら、もぉもぉ。
■程よく筋肉質:マッチョは苦手だけれど、ソフトマッチョは好きなのだ。
■色気がある:外見に含めてしまえ!雰囲気のある人が好きなのです。エロではなく、色気ね。ココ大事。


●好きな人を性格で答えよう。

本当の意味で優しい人。人の痛みを判ろうとする人。
爽やかでオープンHってのも、外せない条件ですよ。


●年上が好き?

精神的にオトナな人が好きです。
年が随分上であっても、オコチャマはオコチャマだし、年が下でも、オトナはオトナ。
オコチャマは苦手です。


●財布はどんなのつかってますか?

一昨年だったかな。一路がお誕生日の時にプレゼントしてくれた、PINKY&DIANのクロコの型押し・二つ折り財布を。
白に金ラメは、戀子的には珍しい組み合わせ。
一目惚れだったし、使い勝手も良くてお気に入りであります。


●ケータイはどんなのつかってますか?

auのW42Sのピンク!
派手さが超~~~好み♪


●ケータイストラップは?

基本、ジャラジャラ。ケータイだけ見れば、まるでギャルなテイストですよ。
まぁ、三十路女子ですがね。
ストラップは色んなモノを使い回しておりますねん。
今は以下のモノを。

■いつだかのan-anの付録だった、パンダのお守り。
■開運TONTA2種(金運&仕事運)。
■お茶のおまけで付いていた、金のリラックマ。
■中華街で買った、赤唐辛子の魔除けのお守り。
■一路がくれた、吉野家・吉ブーのストラップ。
■一路がくれた、ワーナーマイカルのトゥイーティーストラップ。
■どこでもいっしょのトロのストラップ(アーケード)。
■あいあいがプレゼントしてくれた、キューピーの変身ストラップ(マリオ&ルイージ)。
■キューピーの変身ストラップ(うまい棒・めんたい味)。
■鎌倉は鳩サブレで有名な豊島屋の『鳩三郎』。
■チロルチョコの3連いちごストラップ。
■HTBの人気番組・水曜どうでしょうの『一生どうでしょうします』ストラップ(白デニム)。


●着うたか着メロは?

グループ分けをして、そのグループごとに使い分けておりますよ。
グループ以外の通常着信は『24』のCTUの内線音。通常メルは着うたで、doaの『春風』。


●手帳持ってますか。

持ってます。肉筆日記はこちらにガッツリ書いております。
和雑貨屋サンの『コラゾン』で買った百々ん(ももん)の手帳で、柄は『八重桜』。
紺地に淡いピンクの八重桜と、抜かれたウサギ模様が大人可愛い感じでお気に入りであります。
ペンはエド・エンバリーのフローティングで。サーカス団のフローティングが可愛いのだ♪♪♪


●バッグはどんなの?

基本的に、大きくて、多少手荒に扱っても問題ない位、作りが頑丈なもの。
小さいバッグにモノが収まりきらない程、アレコレ入っているんだ、コレが。
軽くドラえもんの四次元ポケット並。


●バッグの中身は?

■財布
■ケータイ
■ネットワークウォークマン
■化粧ポーチ
■『命綱』セット(糖尿病手帳、糖尿病眼手帳、おくすり手帳、ブドウ糖、診察券数枚、インスリンの打ち方、低血糖の時の対処法が書かれた用紙が入っている)
■『女子の必需品』セット(目薬、ハンドクリーム、生理用ナプキン、コンドーム、手鏡、お守り、ソーイングセット、1DAYコンタクト、インスリン用の針が入っている)
■『非常時に出動』セット(鎮痛剤や風邪薬、ばんそうこう、ブドウ糖、爪切りが入っている)
■お菓子袋(飴チャンたんまりとミンティアが入っている)
■ハンカチ&ティッシュ
■コンドルクリップ
■キーケース
■インスリン
■ピルケース
■お茶

コレに、夏になったら扇子&日傘が、冬場は手袋が加わります。


●今履いてるパンツは?

普通のですよ、普通の。
ネイビーにレースがたんまりっぽい。


●星になにを願う?

『幾つになっても可愛げのある女子でいたぁぁぁぁぁぁぁ―――いっ!!』


●クレヨンに生まれかわるなら何色がいい?

頭ン中がピンク色なので、ピンクか。
余り使われないけれど、渋い存在感がイカしている紫か。
因みに、どちらも好きな色デス。


●好きなスポーツは?

お気軽なところでウォーキング、お遊び程度しか出来ぬがバドミントン。
ドッヂボールを今更ながらやりたい。子供の頃、チームに入ってやっていたのですよ。投げるのは得意。


●好きな曜日。

日曜日の夜と月曜日。
一路に逢える前のドキドキ感がたまらん日曜の夜。
1日一緒に居られるのが嬉しい月曜。
日付が変わって火曜になると、後数時間でお互いの家に帰らなくてはならないので、少しずつ淋しくなる。


●最後に見た映画。

映画、全然見ていないな―――っ!!
そうさなぁ~・・あ、『それでもボクはやっていない』!1月の終わりに映画館で見たのが最後。
最近、映画のDVDなんかも見てないっす。


●怒ってる時、どうする?

何に対して怒っているかにもよるけれど。
最近、振り幅がめっさ大きいので、いきなり沸点に達しちゃう様な怒り程度だったらば、怒り尽くしちゃう。怒り尽くすと、ある時点まで達すると急に冷めてしまうので。
もっと小さな怒りだったり、そこまでは達してはいないけれど、いつまでも続く様な怒りの場合は、自分の中で飲み込めない様だったら、周りの人に話をして聞いて貰ったり、友達と一緒に笑い飛ばして終わりにしたり。


●夏と冬、どっちが好き?

圧倒的に冬!
夏の風物詩なり、夜の熱が残った外の空気なんてのも嫌いではないが、やはり暑いのには勝てない。


●ベッドの下に何がある?

布団の下には絨毯が。


●昨夜何した?

一路に電話をしておりました。
用件以上の話を普段は電話ではしないので、妙に照れた。
とはいえ、しみったれた話しか出来なかったのですが。鬱。


●好きな車は?

一路の車。乗り心地がよろしくて好きです。
ホッとするし。


●好きな花は?

桜、ガーベラ、鉄線、睡蓮、ひまわり。


●かっこいいね、かわいいね、きれいだね と異性から褒められたらなんとかえす?

『ありがとう♪』と、話半分で流しながら笑っとく。


●夜中に相手から、今から来て言われたら?

行ける範囲の人なら行くと思う。実際、行った事もある。
交通手段があれば良いのだけれど。


●くだらないことで大喧嘩。あやまる?あやまらない?

痴話喧嘩程度の事ならば、多分謝るとは思う。
でも、絶対に譲れない様な事は、痴話喧嘩程度であっても謝らない。


●一緒にいる時相手のケータイががんがんなってるのに見ようとしない。
  問い詰める? 

どうだろう。
「ケータイ、鳴っているけれど大丈夫?」とは訊くけれど、それ以上は追及しないと思う。
ワタクシ自身が基本的に、一路に限らず誰かと逢っている時には、大抵電話にも出ないし、急ぎの用件でない限りはメルにレスもしないので。
目の前に居る人に対して、失礼ではないかと思ったりするんだよなぁ。
急ぎの内容だったら、電話ならば留守電にメッセージ残すだろうし。


●同棲に必要なルールは?

同棲した事がないから判らないよぅ。
寧ろ、教えて下さい・・


●恋人と全く好みが違う。どうする?

え、全く好みが一緒なんてあり得ないでしょ!!
好みが合うトコロでは一緒に楽しみ、そうではないトコロでは1人で楽しむ。
我々、好みが合わないトコロも多々ありますよ。
それに違うからこそ、自分の知らない世界が広がって楽しい、なんて事もあるし。


しかし、長い地雷でした。
ここまで、どうもお疲れ様でございました。
2007.04.07 (Sat) 02:52
病と共に在る人生は
ドラマ『1リットルの涙』の総集編を見ました。
本編は見た事がなかったのだけれど、今回の総集編は、不治の病を患っていた主人公が亡くなってから半年が経った頃の設定で、その周囲の方々の現在と、主人公の過去の色々を重ね合わせて辿っていくというもの。

不治の病という点ではワタクシも同じ。
このドラマの主人公が患っていた病気とは、種類も何もまるで違うので、同じ土俵に上げるものでもないのかも知れないけれど、将来を色々考える時に、やっぱり病気の事は考えずにはいられないし、避けては通れない道でもあり。
不治の病というと、ものっそい大仰に聞こえてアレなのですが、まぁ文字通りな話だから、敢えてコレで。

戀子の場合は、良い状態をキープ出来れば、健康な方々と何ら変わらない生活を送れるので、余り深刻になる必要はないんだろうと思う。
ワタクシの現状といえば、決して良い状態でもなく、かといって最悪でもない・・とは、思う。
合併症を併発している時点で、実は最悪なのだろうけれど、それで人生悲観してしまったら、ここから先、どうしていいのやら判らない。

と、云っても。
それはワタクシ1人を考えた時の場合であって。自分以外の誰かとの将来を考えた時には、やはりそう単純には割り切れない思いがある。

以前、『誰でも病気になる可能性はあるのだから、そんなに病気の事を考える必要はないのではないか』という事を云われた事があったのだけれど。
うーん、そうなのかな???どうなのかな???
正直、戀子には判りません。
確かにそうだとは思う。
例え五体満足で健康な人であったとしても、事故であったり、重い病気であったりに見舞われる事はままある。
けれども、最初からリスクがあるのと無いのとでは、やっぱりその差は大きいと思うんだよなぁ。

綺麗事では片付けられない事は山ほどある訳で。
それが将来的に大きな事になりそうであれば、尚の事。

戀子の今の心配といえば、より見え辛くなっている目の事と、望まれたらどうしようかと思っている妊娠・出産の事、コントロールが出来にくくなっている体の事。

大好きな人がいて、けれど大好きだからこそ、相手の将来を思うと『一緒に居たい』と大きな声では云えなくて。
そんな事をグルグルと考えてばかりの時期がありました。

けれどある時、友達から云われた言葉に目が醒めました。
『アナタの人生にわたしを巻き込んだんだから、中途半端な事はしないで最後まで巻き込んでよ』
荒っぽい言葉だけれど、相手からしたらそういった覚悟をもって、戀子の色々を迎え撃とうとしてくれているのだから、同じだけの覚悟でぶつかっていかなくてはいけないなぁ・・と。
そんな風に思ったのです。

将来的に失明するかも知れないと云われていたり、体の諸々の事で、正直、未だに迷う時がある。
けれど、一路はそれでも戀子を選んでくれたのだし、わたしは一路を巻き込む人生を選んだ。
コレ、闘いと云わないで何と云う???

性根は甘っちょろいワタクシですが、甘っちょろい人生は歩ませては貰えない様だ。
そんな事を、ドラマを見ながら思った次第。
まぁいいさ。病と在る人生なのだ。

肉体的に、精神的に、色んな形でみんなも日々闘っているんだもの。
やるしかねぇのさ。
2007.04.06 (Fri) 02:47
ろくでもない
夜中に考える事は、意味もなく深くなってしまって、ろくでもない。

こんなに苦しいのも、きっと夜中だから。

寝逃げしましょう。そうしよう。
2007.04.05 (Thu) 02:28
体メンテが必要ですか
TVの某健康系番組を見ていたら、今日は女性特有の病気の特集をしておりまして。

数年前、生理が3ヶ月程来なかった時がありまして、初めて婦人科を受診致しました。
その時に、1番心配していた『妊娠』という事実はなかったものの(セーフティーセックスは基本!)、逆に今の状況では妊娠も出来ないですよ、という事を伝えられる。
無排卵症ってやつで、生理だと思っていた過去の出血も、ある時期からは実はただの不正出血だったかも知れません、という話。
女性ホルモンが少なくなってますよーっていうね。
女性ホルモンが少ないという事で、先生からアレは?コレは?と問われる例に、一々思い当たってばかりだったのですよ。

ホルモン剤を飲んで、少しずつ治療をしていきましょうという風に云われていたのですが、当時は他に2科も受診していた事もあり、何となくそのままフェードアウトしてしまって。

あれから数年。
最近・・でもないけれど、少々気になる症状が出ていて。それと同時に、三十路を超えた事もあり、やはり女性特有のアレコレが引っ掛かる。
メモ帳片手にずっと集中して見ておりました。

で。

・・やー・・早急に行った方が良さげだよな。
そんな感じの自己診断でありました。
酷い事になる前に行っておこう。
うーん・・先ずは市の乳がんと子宮ガンの検診から。

ガッツリ、メンテな方向で。
2007.04.04 (Wed) 01:29
より、酷く・・
夕方、いつも聴いているラヂヲ『NACKアフター5』に筋肉少女隊の橘高チャンが出ていた。
筋少、新譜が出るんだなぁ。
完全復活羨ましいなぁ。
ライヴ行きたいなー。
・・つか、ミサへ行きたい・・(うなされているが如く、何度でも云ってやる!!!)

さて。
一路サンとのおデートをお休みし、必死の思いで接骨院へ行って参りました。
呼ばれて治療室に入った戀子を見た途端、先生方から「どうしました???」の嵐。
そりゃそうだ。
先週までの様子とはまるで違っていたからね。足を引き摺りながら痛々しい(や、大袈裟ではなくホントに)状態は、ただならぬ様子。
いつも以上に念入りにやって頂き、フルコースで2時間近く。
ナントカ云う筋が腫れてしまっていて、腫れが引くまで時間もかかるだろうとの事。
このナントカ云う筋。疲れは勿論の事、風邪を引くなどの体調不良でも腫れるというし、女子ならば生理前でも腫れやすくなるという事で。
結局、戀子の原因はどれなんだかは微妙なのだが。生理前っちゃ生理前だし、具合も悪いっちゃ悪いし。
先ずは1週間、絶対に安静にして下さいと云われてしまいました。

仕事、来週からの復帰は絶望やないの。
つか、この状態では到底、仕事なんざ出来やしないが。
まともに歩けないんだからさ。

4月の頭からこんなんじゃ、この1ヶ月・・先が思いやられるってな話だ。
2007.04.03 (Tue) 01:30
参った、参った
今日も1日布団の中。
それにしても、寝ても起きても座っても痛いので、どうにもこうにもだ。

当然の事ながら、明日のおデートはお休み。
来週の月曜日までには、落ち着いているといいなぁ。

つか、仕事に間に合う様に治っておくれよ。
次の給料、ゼロは厳しい。

ああ、参った、参った。
2007.04.02 (Mon) 01:21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。