2006.05.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2006.07.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
相殺
仕事に集中する事で、プライベートの嫌な事が相殺されている気がする。

いつか、それは早急に・・なんだろうけれど、じっくり向かい合っていかなければならないのだけれど、今はゆっくり考えてみたい。

明日は休み。
ゆっくり心身共に休めよう。
スポンサーサイト
2006.06.30 (Fri) 02:56
埋没
昨日はショックの余り、仕事ではこれまでに見ない程のミスの連発だったけれど、今日はいつも通りに出来ました。

自分を保つ為に、今は日常の中に埋没されていた方が良いのかも知れない。

この間は帰り際に心配させた事もあって、一路に少し話をする。
遅くなってからのメルだったので、寝てしまっていたのか、レスはなかった。
けれど、声を上げた事で少しだけ楽になった。

明日も頑張ります。
2006.06.29 (Thu) 01:51
ガックリ
思っていたよりも酷い状況でありました。
これまで頑張ってきたのは、一体何のためだったのか。

それが引っ張り、仕事中はこれまでにない程のミス三昧。
気持ちの切り替え、どうやってしていこう。

ここではないどこか遠くに、1人で行ってしまいたい。

それでもまた、明日は来る。
日常が続く。

それは死ぬまで。
2006.06.28 (Wed) 01:44
箱根へ行ってきました
今年も紫陽花を愛でる箱根周遊おデートを敢行致しました。

去年の今頃、初めて箱根登山電車がこの時期に運行させている『夜のあじさい電車』に乗りましてね。
それがまぁ、ホントに綺麗で。ゆったりと走る電車の中から、ライトアップされている紫陽花を眺めて。途中、線路に降りて写真撮影なんてのも出来て。
運良く、蛍も見れちゃって。
少々疲れ気味の日常ではありますが、だからこそのストレス発散、癒し万歳。
そんな訳で、今年も乗ろうと予約をしたのが数週間前。
その時点で土日は満席、平日も残席が僅かという状態でしたので、その人気たるや、充分に覗えるでしょう???

そして、一路が懸賞で当てた『箱根マイセン庭園美術館』のペア招待券の期限も今月いっぱいで切れてしまうという事もあって、箱根をガツンと周遊しましょうという事に。

去年も使った、電車・バスのフリーパスである『天下の券』という、箱根登山鉄道が発行している乗り放題の券を利用する事に致しました。
これはかなりお得な券で、箱根登山鉄道は勿論の事、箱根登山ケーブルカー、箱根登山バス、小田急箱根高速バス、沼津登山東海バス、箱根施設めぐりバスの6つが乗り降り自由なのですよ。
場所で云うなら、小田原から箱根方面、御殿場方面、沼津方面まで行けてしまうのね。これで2千円。
ガッツリです。ガッツリ。

で、小田原へ向かう車内でのお話。
一路曰く、今朝の血液型占いでは、『A型は予定や決断がことごとく裏目に。B型の人に着いていけば良い』というモノだったんだそう。
一路はA型、戀子はB型。
昨夜は遠足前の子供同様、気が昂っていたのか、中々寝付けない上にあっという間に起きてしまいまして。2時に寝て、なんと4時起き。
ここ最近の睡眠時間が8時間前後だというのに、2時間なんてのは少ないったらない。
そして気が昂っていたのは一路も同じだったらしく、彼は途切れ途切れの睡眠となってしまって、寝たんだか、寝ていないんだか・・な状態。
今回は一路の運転ではなく、バスに電車にと乗りまくり。その上、箱根なんてのは山道の連続ですよ。
お互い、車酔い必至。
「じゃあさ、ここからUターンしてさ、鎌倉に行こうよ。鎌倉の紫陽花も見頃だって云うしさ」
そう云う戀子の言葉を軽く無視し、どんどん車を進める一路。
まぁいいさ。折角、電車の予約もしたしな。

小田原城の駐車場に車を停め、軽くご飯を食べてからいざ出発。
遠足気分で、お菓子を買い込んで。一寸楽しいなぁ、なんて。
小田原から箱根湯本までは小田急線で、そこから先は箱根登山鉄道で。
強羅まで乗り、そこからバスに乗り換えて、マイセン庭園美術館へと向かう事に。
が、しかし。
一路が先ず、箱根登山鉄道にやられてしまいました。
狭い車内、短い線で山道を走る為に、普通の電車よりも揺られ率は高く、それで見事に酔わされてしまって。
あらあら・・なーんて思っていたのも束の間、バスが走り出して一路の『気持ち悪りぃ~・・』という言葉にマンマと刺激され、戀子も相当振りの車酔い。
もぉもぉ、初っ端ですよ。未だ目的の半分だって果たせちゃいない。
しかもこの乗り込んだバス、箱根の美術館やモロモロの施設を巡る周遊バスで、強羅からストレートにマイセン庭園美術館まで行けるのかと思いきや、近くまで行ったと思ったら、また戻る様なルートを取って、完全に回されてしまった状態に。
そしてマイセンへ行くには、途中で乗り換えなければならないという。
そして我々、まんまと乗り換え損じてしまい・・

乗り換えの停留所から1つ先で降りて、酔った事もあるし、歩いて乗り換えの停留所まで戻ろうと、テクテク歩き出し。
霧雨が降る中、近くに居た警備員サンに教えて頂いた道を歩きつつ、広がる景色にうっとりと。
空気が澄んでいるから、外歩きも気持ちが良いのね。車酔いも忘れる勢いよ。

と、その途中。
道端にあった地図を見て愕然。まるで別方向に歩いていた事が発覚。
警備員サンが間違ったのではなく、きっと酔った頭で聞いていたものだから、きちんと把握出来ていなかった模様・・
今迄歩いてきた道を辿り、その場所がどこなのかもよく判らずにいたら、地元の中学生チャンにタイミングよく遭遇。
教えていただき、無事に目的の停留所までいけました。
ありあとー、中学生チャン!

その停留所からマイセン庭園美術館までは、車で10分足らず。
車内には人はなく、我々貸切でありました。

美術館は想像していたものとは違い、小さく、ひっそりとしておりました。
因みにマイセンとは、世界屈指の洋食器メーカーであります。
一歩中に入ると、1戸建の家を改築した程の小さな中に、アンティークがゴロゴロと。
1つ1つの技の細かさに圧倒され、そしてそこにあったどれもが100年以上は軽く経っているものだという事に圧倒され。
ティーカップやらあらゆる皿など1式で100数十点にも及ぶセットなどは圧巻。
白磁にピンクの絵柄がとても鮮やかで、うっとりでした。
中にはショップもあって、古マイセンなんてのも中にはあったのだけれど、戀子の稼ぎではとても手は出ず。
あー、でもでも。あの碗皿は見事だったなー。
でもでも、あの1客で1万円の食器がゴロゴロ買えるよなー。
そんな庶民派な戀子です。

庭園美術館という名前の通り、裏に回ると美しい庭園が。
天気が良ければ、マイセンのカップで頂くお茶・・なんて事も出来たのでしょうが、あいにくの雨。ぐるっと回るだけになってしまいました。
館内には人が我々を含めても10人足らずという少なさも手伝って、ここだけ時間が止まってしまっているかの様な感覚でね。
ある意味、贅沢な時間だったのかも知れません。

マイセンを出て、また強羅へとバスで戻る事に。

に、なっていたのだけれど。

湯本から強羅へ向かう電車内から見る限り、紫陽花はまだまだ見頃とはいえなかったのですよ。
去年は当に見頃で、ライトアップされた紫陽花がとても綺麗だったのだけれど、今年は・・

「・・どうするか」
「来年に期待するか」

という事で、湯本へ直行、小田原へ戻って参りました。

折角なのでと、小田原城も散策する事に。
そしたら、こっちの方が断然見頃!
こちらもライトアップされていて、綺麗な紫陽花を堪能する事が出来ました。
いやいや良かった、一応の目的は達せられたわ。

占いが当たった気がする今日1日。
ある意味、忘れられない1日となりました。

地元に戻って来て、ラブホでまったりして。
その途中、届いたメールにそれまでの楽しかった気分をぶち壊されてしまう。
一難さって、また一難。
いや、どの難も去ってはいないんだから、難の上に難が積み重なっただけなのか。
明日、ゆっくり話を聞くことにする。

朝が来なければ良いのに。
2006.06.27 (Tue) 03:45
遠足前夜の子供の様に
明日は久々に一路とお出掛けおデート。
ガッツリと回ってくる予定なので、今日は早々に寝ますよ。
とか云いつつ、中々眠れそうにないので、少々困っておりますよ。

でも寝ますよ。

明日の天気だけが心配なんだ。
梅雨時だから、雨はしょうがないのだけれど。
でもねー。でもねー。
大雨じゃなければ、ヨシという事で。
2006.06.26 (Mon) 00:50
蒔子☆ルカ。☆マンゴー☆もも☆きよチャン☆
巡り巡って、またバトン。
好きなんです、やってしまうのです。


●ルール●
1.回ってきた質問の最後に、"自分の考えた質問を足して"下さい(自分も回答すること)
2.終わったら必ず誰かにバトンタッチしてください
3.まとまりのないエンドレスバトンなので"どんな質問を加えてもOK"デス
4.バトンのタイトルを変えないこと!
5.ルールは必ず掲載しておいて下さい

・・しかしこのバトンのタイトルって何だ???


●回してくれた方の印象をどうぞ。
源サンは、明るくて社交的!そして非常によく喋るのだ!
セレブちっくなのに、日々オヤジギャグもサクレツさせるのだ!
そんなアナタが好きだからぁぁぁ~!!(チャミフルのチャンドンゴン風)
 
●周りから見た自分はどんな子だと思われていますか? 
さて、どうだろう。
よく云われたのは、とにかく真面目で。それでいて、誰かが冗談を云おうものなら、鼻先で笑われた挙句に軽くあしらわれそうだという事。
こりゃ酷い!印象最悪!
付き合ってみたら全然違うよねと、これもよく云われた。
ギャップが相当でかいみたいよー。
 
●自分の好きな人間性について5つ述べてください。
・優しい。
・明るい。
・誠実。
・遊び心がある。
・色気がある。

●では反対に嫌いなタイプは?
・自分勝手。
・不誠実。
・不義理。
・嘘つき。
・空気が読めない。
 
●自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?  
清く、正しく、美しく、潔く。
凛とした強さを持つ女性になりたい。
そして現実は、果てしなく遠く。 

●自分の事を慕ってくれる人に叫んでください。
こんな俺だけれど、これからもよろしくにゃー!
にゃー!!

●そんな大好きな人にバトンタッチ5名!(印象つき)   
蒔子:男前気質、けれど非常に女性らしい。器用なネエサン。
ルカ。:繊細女子。センス抜群。ヨシヨシしたくなる。
マンゴー:極めて美人チャン。なのにヲタ気質。触手の向かう方向が、かなり似ている。
もも:ガラスのハートを持つ女子。引き出し多し。みんなの妹的。
きよチャン:頑張り屋サン。同じ世界観の女子。同志。 

●タイトルに回す人の名前を入れてびっくりさせてください。
びっくりして頂けたら、これ幸い。

●宝くじで3億円当たったらどうする?
みなとみらい辺りにマンション買ってー♪
部屋のインテリアもろもろを和ジアンにしてー♪
えーと、それから、それから・・♪(妄想が止まらない)

●どんな告白をされたらグッときますか?
『アナタが必要なんです』 

●こんな人が理想!!
男子でよね??? 
明るく爽やかに!オープンHで色気が漂う人。
そして何より、優しい人。『お前のいう事なら何でも聞いちゃうよ♪』的Yesマンではなくて、ダメなものはダメ、良いモノは良いと、ちゃんと相手の事を思って云える人が大好きデス。
本当の優しさってやつだ。

●異性のどんな仕草にグッとくる?
ベタだけれども、運転している手つきとか、ギター弾いている手つきとか。
手フェチなので、手に関する仕草は相当ヤバいんだな。
舐めたくなるんだな。

●自分を褒め称えてください。
うんうん、よく頑張っているよ!体に気遣いながら、一生懸命やりな!

●逆に誰かを罵ってください。    
毎度毎度、てめぇのその態度が気に入らないんじゃ―――っ!!
客だからって、何しても許されると思うな!
金投げるな!レシート放り投げるな!
要らねぇならてめぇで捨てな!それが嫌なら、一言云いな!
・・と、とある若造な客に云いたい。
若造たって、30前後だと思うんだけれども。てへ☆

●人には理解出来ないんじゃないかっていうマニアックで地味な萌ポイントとは?
うーん、どこだろう。ベタな人なので、マニアックで地味なのってのはないかもなぁ。
  
●このバトンを回してくれた人を食べ物にたとえると何?
食べ物っつーか、飲み物。
ワインなイメージなんだよなぁ。深みがある感じがね。

●着てみたい、着たことあるコスプレ服は?
着てみたいのはゴスロリ、チャイナ服、アオザイ。
全て体型が拒絶。あああ。
着た事があるのは、自分で作ったルークのオスカル風戦闘服風戦闘服(判りづらい!オスカルっぽい戦闘服があって、それに似た様な戦闘服を作ったのさ)。

●最近ハマってる場所は?
某所のラブホ。
居心地がめっさ良いのよ。癒される。
 
●今、何聴いてる?    
ラヂヲを聴いてますよ。
渋く、NHKの『ラジオ深夜便』。静かなトーンが深夜には良いのよ。
 
●最近感動した出来事は?
最近・・でもないんだけれど。
母の日の前日に(ホントに最近じゃないな)、幼稚園で作ったらしい『お母さんありがとう』メダル(?)を首に下げて、お子ちゃまと手を繋いで買い物にいらっしゃったお客様がいて。
何かねー、ものっそい温かい気持ちになりましたよ。
しみじみ、良いなぁって思った。

●最近怖かった出来事は?
怖かった事・・怖い思いは最近、とんとしていない。
怖いものがどんどん少なくなって行く三十路女子。
あー、それがある意味、怖いかも!!

●今行きたい場所は?
水族館か、海。
水に癒されたいのです。

●明日の予定は?
仕事ですよぅ。
明日は夕方からなので、昼間はのんびりしてます。
寝てるか、PCいぢっているか。
・・きっと寝ているに違いないわ。

●マイミクの皆さんにひとこと
マイミクさんに限らず、これからもよろしくにゃー!
にゃー!!

●最近…恋してますか?w
アマアマですよ。ウヘへ☆
 
●ストレス解消法(>m<*
1人で街をふらついたり、好きなDVDを見て泣くか笑うかしたり、友達とマシンガントークかましたり、一路とマッタリしたり。

●車に乗ってるとき、窓の外に走る忍者が見えますか?
見えちゃったその忍者、全然忍んでねぇし!

●今どんなきぶん?
2、3日、ゆっくり休みたいぬぁぁぁぁ。

●夏休みにしたいこと●
旅に出たいよ。
海遊館にもまた行きたいし、沖縄の美ら海水族館にも行ってみたいし。
水辺に癒されたい模様。
だがしかし現実は、夏休みなんてモノはない。
日々、働くばかりでおま。

●昔の自分は何系?(服装とか引きこもりとかヤンキーとか)
地味系。
ひたすら地味だったんだ、服装も何も。
でも根底には、派手要素が満載だったんだ。

●ケータィの機種は??
auのW21SA。
かれこれ2年近く使っております。
電池の消耗が激しくなって来たので、そろそろ替え時かな。

●あなたにとって大事な人に一言(彼氏彼女居る人はその人にはその人に対して)
自分メンテをしっかりと!
人の事ばかりではなく、自分の体も大事にして下さい、本当に。
 
●カラオケの18番はなんですか?
アン・ルイスの『夜に傷ついて』
小林明子の『恋に落ちて』
コブクロの『風』
しっとり系が得意です。歌い上げまっせ。

●あなたが今求めているものは?
明日の心配をしなくてもいい、平和で穏やかな生活。
そして健康な体。

●人生最大のショックは?
『このまま放置していたら、2年かからず失明しますよ』と云われたあの言葉。
あれから2年以上経ち、今は放置しなかったおかげで見えてます。
でも云われた当初は、余命宣告にも似た感じがしたなぁ。
大袈裟かも知れないけれどもねー。
  
●あなたは何の為に生きてるの?
自分の為に生きるのみ。
誰の為とか、何の為とかではなく。 
そして天寿をまっとうするのさ。

●明日であなたは死んでしまいます。誰とどのように最後の一日を過ごしますか?
大事な人に逢いに行くと思う。一路とか、友達とか。
そして後は、自分1人になると思う。人生振り返ってみたりして。 
総じて良い人生だったと、最後に笑えたら良いよね。

●男女の友情は信じますか??
あると思うのだが、一路はないと云う。
戀子のこれまでの付き合い方が悪かったのか、どうか。
 
●いま、会いたいひとは??
あの人にも、この人にも。
時間がありそうでないので、中々みんなと逢えない・・

●好きな四文字熟語は??
一期一会。
人生、コレにつきますよ。

●遠距離恋愛あなたならどうする?
実際に遠距離だった時にはまるでダメでした。
お互いの努力次第なんだろうと、つくづく思う。中途半端な気持ちじゃ出来ない気がするよ。

●いつも起きる時間は?
10時半くらい。夕方からの勤務の時には、12時半まで寝ている時も。

●1ヶ月それしか食べれなかったら何食べる?
米かなー。白米を色々にアレンジ。

●得意な物まねは?
外人ホステスの真似。
『イラテマテ~。シャチョサァン、ソコ座レ!何スルカ!?』

●自分が他の人と違うな、と思うポイントは?
何事に於いても、主軸よりも枝葉を好む辺り。
枝葉が好きな訳ではなく、好きになったのがことごとく枝葉なだけ。

●好きなSWEETSは?
舟和の芋ようかん。ロイズのポテトチップチョコレート。モロゾフのレアチーズケーキ。六花亭のマルセイバターサンド。
白玉ぜんざい。羊羹。プリン。タルト。チョコレート。
枚挙に暇がないのですが。どうしましょう。止まらねぇ。

●異性のこれだけは許せないと思ったことは?
理想ばっかり掲げて、結局は何も出来ないで大口叩いていただけだったという。
夢では生きていけないんだよ!現実見据えた大人になれ!って思った。
そんな彼らも、大人になっただろうか。

●タイムマシーンがあったらどこにいく?
戀子3歳のあの時期。
脂肪細胞の肥大化を、どうにかして、意地でも食い止めたい。

●自分の前世は何だと思う?
前世は何だかわからないけれど、絶対に高いところから落ちて死んだんだと思う。
小学校の平均台なんつー、微妙な高さすら怖いって思う、その尋常ではない辺りがさ。絶対にやらかしたんじゃないかと。

●人生最大の汚点は?
汚点・・やはりこの体???
体型がみっともなくていやーん。
そしてそれに甘んじている俺もいやーん。

●バッグの中身を教えて下さい。
財布、ケータイ、手帳、化粧ポーチ、目薬、持病に関するあらゆるブツ(糖尿病手帳、インスリン、飲み薬、ブドウ糖)、ハンカチ、ティッシュ、乙女セット(裁縫道具、ばんそうこう、爪切り、ナプキン、コンドーム)、飴やらフリスクやらの小さなお菓子たち。
これらは絶対に入っている。
プラス、夏場には扇子やペットボトルなんてのも入ってくるので、そりゃあもぉ、重量感たっぷり。


さて、次に繋がるか、否か???
よろしくお願い致しま~~~っす♪
2006.06.25 (Sun) 01:50
すぐなんですってよ。
soniチンのトコでバッチリ見てしまったこのバトン。
そしてモーレツにダッシュかましながら、ガツガツと走るのでした。

【見たらすぐやるバトン】
見た人は、必ずやること。
今すぐやること。
足跡をつけた瞬間、『見た』と判断されます。


■ステータス
HN:高柳戀子(たかやなぎ・れんこ)
年齢:三十路オーバー
職業:可燃性レジ打ち職人
病気:糖尿病
装備:そっと聞き役
口癖:マヂで、マヂで!(人に云われて気付いた)

[靴のサイズ]
23センチ、及びM。
足のサイズのみ人並みなのです。

[両親はまだ結婚してる?]
してますよ。去年だったか、真珠婚式を迎えました。

[兄弟]
3つ下と7つ下の弟が2人おりますねん。

[ペット]
今は何も飼ってません。最近また、モーレツに金魚とか熱帯魚、海老を飼いたい。
戀子にとって、モデルのえびチャンよりも、レッドシュリンプなどのえびチャンの方が、実は遥かに魅力的なんだ。

■好きなもの
[色]
紫、オレンジ、ピンク、赤。
暖色系が好きなのです。

[番号]
とあるお方の影響で、『52』を。
ピンと来た方、是非ご一報。

[動物]
シーズー(犬)に似ているって云われた。
手乗りあざらしがいたら飼いたい。あざらし、モーレツにラヴ☆

[飲みもの]
基本、お茶。甘さに癒されたい時にはココア。
夏はカルピスにまみれたい。

[ソーダ]
明るいグリーンのイメージ。
時々何故か、無性に飲みたくなるのね。きっとそれは、高校生の時によく行っていた、あの店のメニューのセット的イメージ。

[本]
村上春樹一辺倒。かれこれ15年以上大好き。
信者歴と変わらないね。

[花]
ガーベラ、桜、鉄扇、ひまわり。
花束下さい。


■質問
[髪染めてる?]
染めてませんよぅ。一路には染めてみたらと云われたが。
ポリシーってのもあるけれど、過去、数回チャレンジしてみたものの、綺麗に色が出なかったのよね。

[髪の毛巻いてる?]
巻いてない。巻き髪、やってみたいなー。
ゴージャスに、グリングリン。

[タトゥーしてる?]
子供の頃、シールの刺青を少々。
駄菓子屋サンで売っていた様なやつ。

[ピアス開けてる?]
ノーマルに片耳1つずつ。もぉ少し開けてみたかったけれど、開けた後の消毒も面倒臭いし。

[カンニングしたことある?]
見えた事はある。

[お酒飲む?タバコ吸う?]
お酒は少々。甘いのしか呑めない。
煙草は数年前に辞めましてん。一路も一緒に禁煙しましてん。

[ジェットコースター好き?]
どぁい嫌いっ!!
あの速さは問題ないが、高さが・・高所恐怖症ゆえ。
でもアレも、囲いがある車(っつーか、何つーか)だったら、きっと怖くない。
高いところから放り出されそうな感覚が怖いんだよね。

[どこかに引っ越しできたらな~と思う?]
現実的な事を云えば、駅から歩いて行ける距離のトコに引っ越したい。
今住んでいる場所は、何をするにも不便極まりない。

[もっとピアス開けたい?]
消毒したりするのが面倒臭いし、膿みやすいからなぁ。

[掃除好き?]
きっと、本当は好きではないんだと思う。
けれど、やり始めたら徹底的にやらないと気がすまないたちなので、それはもぉガッツリやるよ。
コロコロ命。

[丸字?どんな筆記?]
丸字ではないけれど、激しい癖字。
同じ様な筆記に出会った事はございません。

[ウェブカメラ持ってる?]
必要ないし。

[運転の仕方知ってる?]
7年位前に、教習所に通っていた事はある。
が、仕事との両立が出来なくて&教官と相性が合わず、途中で挫折。路上まで出たのにー。

[コンピューターから離れられる?]
結構離れ難いものの、いざって時には簡単に離れられるもの。

[殴り合いのケンカしたことある?]
子供の頃は、弟としょっちゅう。
お他人様とはやった事はないわ。

[犯罪犯したことある?]
チャリの2人乗りとか。

[お水/ホストに見間違えられたことある?]
お水っぽかったみたい。昔は。頭、ボンバーだったし。
ある日のミサ帰り、真っ赤なスーツだった事もあり、完全にそう見られて。
軽くナンパされたっけよ。勇気あるサラリーマン風なお兄さんに。

[嘘ついたことある?]
いつだって正直である事が、正しいとは限らないのさ。

[誰かを愛したことある?]
そりゃあるさ。愛した事もあるし、今は今で愛しているさ。

[友達とキスしたことある?]
あー、メイク写真撮った時に、仲魔(女子)とチューしたよ!
それが最初で最後。

[誰かの心をもてあそんだことある?]
そう取られたのであれば、仕方あるまいよ。

[人を利用したことある?]
ないとは云えないわ。
ビデヲ、ダビングして!とか、そういう感じで。

[使われたことは?]
友達各人、使ってくださいよ。

[浮気されたことある?]
浮気されたってか、浮気相手にされそうになる事、多々。
浮気されて、それが本気になって結婚した元彼もいた。

[何かを盗んだことある?]
ゲーセンで働いていた時、マシンに景品を入れる前に、みんなで好みの景品を物色、そしてお持ち帰り。

[拳銃を手にしたことある?]
水鉄砲程度。メイク写真撮る時の小道具ね。


■今現在
[今着てる服]
パジャマ。色んな色が入ったチェックの。

[今のムード]
ムンムン。

[今のテイスト]
スィ~~~ツ!アマアマでいきたい。

[今のにおい]
ジャスミンのお香のにほひ。芳しい。

[今の髪型]
クリップで巻き上げている。グリングリンに。

[今やりたいこと]
この間出たばかりの聖飢魔IIのDVD『活動絵巻・恐怖の復活祭FINAL』が見たい。
休みの前日に、腰をすえてゆっくり見たいと思っているのだけれど、細切れでも見たいという衝動に駆られてウズウズなのです。

[今聞いてるCD]
CDではなくて、ラヂヲを聞いてますよ。

[一番最近読んだ本]
これまた聖飢魔IIで『ひとでなし』。
色んな意味で泣けたー。信者必携、必読。

[一番最近見た映画]
最近は・・あ、アレだ。TVでやった『下妻物語』。
面白かったなー。判り易いの、大好き。
そしてロリータ服に萌え萌え。可愛いの、大好き。着てみたいけれど。
着れないけれど。

[一番最後に食べたもの]
夜ご飯の冷やし中華。
夏ですな、夏。
今日は醤油ベースのタレだったけれど、ごまベースのタレの方が好き。

[一番最後に電話でしゃべった人]
電話・・
今日、店にかかってきたお客様と。
そうじゃなかったら、今週の月曜に一路からかかってきた、『後○分位で着くよ』という、我が家到着報告1分電話。
電話、大嫌いなんですよ。だから滅多に電話では話しません。

[ドラッグ使ったんは?]
毎日使ってまっせ!
インシュリンとモロモロの薬がないと、今のあたしゃ生きられぬのよ。

[地球のほかの惑星にも人類がいると思う?]
だって広いぜ???宇宙って!

[初恋覚えてる?]
淡~~~い初恋は随分昔だし、一路はある意味、初恋の人だし。

[まだ好き?]
一路は全然大好きよぅ!未だなんて!

[新聞読む?]
読むようにはしているものの。
ラテ欄と読者からの投稿、地域の記事は好きですよ。
経済&スポーツ記事は殆ど読まないなぁ。
因みに我が家は朝日です。

[ゲイやビアンのともだちはいる?]
いないと思うよ。カミングアウトされた事、ないし。
でもバイはおられる。
同性だろうが異性だろうが、別にどっちでもいーんじゃない???

[奇跡を信じる?]
世の中はある意味、奇跡だらけだ。

[成績いい?]
良かったり、悪かったり。

[帽子かぶる?]
最近は余りかぶらないけれど、以前はしょっちゅうかぶっていたなぁ。
割りとどのタイプでも似合うみたい。

[自己嫌悪する?]
寧ろ、してばかり。
でも一方で、自分大好きな俺様チャン。

[なんかに依存してる?]
依存していない人っているのかしらねー???
何かしらに依存しているからこそ、生きていけるのではないかと。

[親友いる?]
いるよ。こういう存在があるから救われるんだな。
 
[身近に感じれる友達いる?]
いますよー。色んな意味で。

[自分の字すき?]
好きではないけれど、コレが自分の字だと、たくさんの文字の中に紛れていたとしても、きっと見つけられる程に個性があるので。
えぇ、癖字なんですよ。
同じ様な字、見た事ない。

[見た目気にする?]
そこそこには気にするよ。
気にしといて、その体型かよ!というツッコミは御容赦。

[ファーストキス]
いつのチューだって、ファーストキスの勢い。

[一目ぼれって信じる?]
あるんじゃないかなー???
『この人を好きになるかも』とか、『この人と付き合うかも』っていうのを、初対面で理由なく感じる事ってあるもの。
そういう意味ではあると思う。

[ビビビ!を信じる?]
信じて感電しちゃうのさ。
勢い、大事。

[思わせぶりははげしい方?]
思い込みは激しいよ。

[シャイすぎて一歩を踏み出せない?]
TOO SHY SHY BOYだけれど、それよりも勢いが勝る事が多々なので。
ここ1番!って時にはガツンと動くよ。


■自分のこと
[よく物思いにふける?]
物思い・・というよりは、常に妄想。

[自分は性格悪いと思う?]
意地悪♪

[いやみっぽい?]
あー、心がささくれ立っている時なんてのは、激しく嫌味三昧かも知れない。

[天使?]
天使っているのー?

[悪魔?]
寧ろそっちで☆
戀子にとっての悪魔は、やはり聖飢魔IIしかおらぬのよ。あはん♪

[シャイ]
だからTOO SHY SHY BOYなんだよー!

[よくしゃべる?]
聞き役ですよ。
喋れない人だと思っていて、それを友達に告げたら「そんなに喋っているのに!」と云われた。
その事実に愕然!

[疲れた?]
思いの他、長かったからねー。
そしてコレで終わりですか。そうですか。
2006.06.24 (Sat) 01:08
6月という月は
今日も今日とて淡々と。
いつもとさして変わらぬ客数にも関わらず、スタッフの数ばかりが多かったので、何をしようかとウロウロ。
仕事をしている風を装いながら、時間が過ぎていきました。
まぁ、それでも同じ時給ならヨシなのか???

それにしても早いもので、もぉ6月も終わりにさしかかろうとしております。
後10日もすれば、今年も半分が終わってしまうのね。
何したよー?
仕事しかしてないよー!
あの人ともこの人とも逢いたかったし、逢おうと意気込みはすれど、中々時間の調整がつかなくて(しかも俺の方が)、ここまで逢えずに到った人の多いこと。
そんなに忙しいつもりもないんだけれど、ただ時間にまみれて1日が終わっているだけというか、何というか。
時間のやりくり、もぉ少し上手になりたいものですな。

6月は戀子にとって、どういう訳か余り良い月ではないのです。
それはいわゆる『思い癖』なのか、ただの偶然なのか。
よく判りませんが、それにしたって・・という事があれもこれもと続く6月。
その極みは一昨年の6月。
我が家の男共3人それぞれが事故に遭い、父が勤めていた会社が計画倒産をし、戀子の鬱はどこまでも続くかと思われ、そして一路から別れを告げられました。程無く、目の異変にも気付き。

あの当時、そりゃないよなーと、ガックリと肩を落とすだけの余裕もなく。
や、云い換えればこれが起爆剤となり、意識革命がガッツリ出来たので、ある意味、結果オーライだったのかも知れない。
色んな事を後ろ向きに考えて、ウジウジとしている時間がとにかく勿体無く感じていたのは確か。
幾度も反芻しながら考えながらも、前へ歩を進める事だけは止めずにいようとしていて。

最悪な状況の中でも、気持ちだけはある意味、ポジティヴだったのかな。
誰かに甘え、誰かにヨシヨシされ、それで良しとしていたそれまでの自分が恥ずかしくて、いつ一路に逢っても恥ずかしくない自分になっていたかったんだよな。

03年の6月から向こう。1度別れて再会するまでの9ヶ月間。
これまでにない程たくさん泣いたし、一路に云われた訳でも、誰に強請された訳でもないのに、先の見えない『待つ事』がただ辛くて、何度も手放しそうになったけれど。
でも、それよりも万倍強い『いつかまた、逢いたい』という気持ちだけで、ただ歩いて行った9ヶ月。

頑張る事が苦手な戀子が、必死に頑張っていたあの期間で、知らなかった自分の一面をたくさん見る事が出来ました。

あの時を思えば、未だ未だ今は頑張れるかも知れない。
戀子の周りには見てくれている友達も居るし、家族も少しずつ動き出したし、あの時には近くてどこまでも遠かった一路が、今はすぐ傍にいてくれる。

シトシトと雨が降る、暗くて重いあの空を見上げていた梅雨時。
それからすぐに訪れた、スカッとした青空がどこまでも眩しかった暑い夏。

6月はしんどい月。
けれどあの時を境に、振り返る月に。
前を向いて逃げなければ、どうにかなるんだよな。
当時のわたしに教えられた、今のわたし。

早く夏が来ないかな。
今はあの強い陽射しと青空に、力を貰いたい気分なのです。
暑いのは苦手だけれどもね。
2006.06.23 (Fri) 00:39
拍子抜け
朝、起きて新聞の折込広告をチェック。
今回のセールの広告もしっかり入っておりました。
見て、昨日のスーさん&トトさんの云っていた『弱い』という言葉に納得。
これじゃ、いつもの売り出しと変わらねぇんじゃねぇのー???
やりたかった事はそういう事なのー???

そんな調子で出勤したら、やはりいつもと然程変わらない程の客数でした。一寸ばかり毛が生えた位で。
何だかなー。
折角なのだから、ガツンとやれば良いのにねぇ、なんて。
勢い、大事だってのにね、何事に於いても。

いつもより1時間早い時間からの出勤で、いつもより短い勤務時間。
忙しさがいつもと大して変わらない状態で、しかも気合が多少なりとも入っていた分だけ、不完全燃焼で仕事が終わってしまいました。
明日もこんなんだろうか。
・・こんなんだろうな。

さて、セールは来週半ばから第2弾が始まるのですが、うーん、来週から頑張るって事???

ンな訳ない。
2006.06.22 (Thu) 00:26
決戦前夜?
明日からオープン1周年記念のセールが始まるのです。
明日から1週間は、その第1弾。前日である今日は、その準備で追われておりました。
当に決戦前夜。
どういう状態になるのか判らないけれど、余計な事に手を取られたくなかったので、今日の内にレジ周りのモロモロを補充したり、何があっても大丈夫な状態にしておきました。

あー、しかし。
それにしても忙しくて手が回らず、中途半端になってしまったところも多々。
気付けば閉店でした。早かったなー。

セールの広告を見る時間はなかったのだけれど、社員のスーさんに話を訊くと、「オープン記念でこれは弱い」との事。
そうかー、そうなのか。
・・本部、売る気がないのかな???

閉店後、スーさんともぉ1人の社員サン・トトさんと共に、近所のラーメン屋サンで遅い夜ご飯。
店では話せないアレコレを聞かせて頂きました。
こういうオフな話は楽しいなー。

さてさて、明日はいつもより1時間早い出勤。
しっかり眠りましょう。
一応、今宵は決戦前夜となる予定なのでね。
2006.06.21 (Wed) 01:25
この時間があるからこそ
長くて早い1週間が終わって、待ちに待ったお休み。
気分的には誰にも逢わず、何もせず・・といった、そんな日にしたくて。
一路と逢うのもどうしようかと思ったりもしたのだけれど、やはり一路とは逢いたかったので、お出掛けして参りました。

ここ最近の戀子のすぐ傍で起きている色々を、一路に話す事はありませんでした。
や、一路に限った話ではないけれど。
戀子自身がその現実を口にするのが嫌で、それに、人に話す様な事でもないとも思っているのでね。
でも、実は目の縁ギリギリまで涙が上がって来ている状態でもあったりして。

詳しい事は判らずとも、そういう微妙な動きを感じたのか、それとも単に偶然なのか、それに近い話を一路に振られ、その核となる部分の縁をさらりと話して。
それについてどうこう云う事はしないけれど、彼はその年齢の人の中では苦労している部類に入る方なので、多少は判って貰えたみたいでした。
現実として、彼に何をして貰える訳でもないし、それは求められない事。
けれど、判って貰えただけで充分染みたし、本当にありがたかった。

行った事がなかったショッピングモールをナビで検索しながら行ってみたり、いつものスーパーで買い物をして、いつものラブホでマッタリしたり。

彼とのこの時間があるからこそ、今の戀子は頑張れる。
何を差し置いても、やはりアナタだけは手放したくはないんだ。
そんな事を改めて実感した1日でありました。

いつになく話し込んで、気がつけば朝。
ラブホから出たら、夜が明けてました。日が昇るのが早くなったとはいえ、今日はやっぱり遅かった。
「何もやましい事はしていないのに、『やっちゃった!』感があるのは、お互いに家に戻れば家族がいるからだよなぁ」と。
お互いに『家』に縛られざるを得ない状況に、苛立ちとも何ともつかぬ言葉。
とりまく環境を、一言で表している気が致しました。

今週もまた、頑張っていきましょう。
そうしながら来週を楽しみに。
ねぇ?
2006.06.20 (Tue) 05:22
どうしたものやら
悪い時には悪い事が面白い程に続くけれど、本当にどうしたものやら。

わたし自身に関係がある様で、実はない。
ないけれど、そこに関わっている以上は、関係あるのかな。

わたしはわたしの道を進みたいと強く願うも、強力な縛りがそこにはあって、そしてそれから離れる事が出来ないでいる。

わたしの事しか考えていないのかな。
それは、この中にあっては罪なのかな。

どうしたものやら、本当に悩む。
未だ光は見えてこない。

いつになったら、どうしたら。
それでも日々はどこまでも続くんだよな。
当たり前の様に時間が流れていくんだよな。

壊れない様に、足を必死に踏ん張るだけだ。
2006.06.19 (Mon) 01:21
憂鬱
何がある訳でもない・・とは云わないけれど。
少なくとも、その場に於いては何もないのだけれど。
どうにも仕事に行きたくない。
行きたくなくて、行きたくなくて、本当に行きたくなくて。
プライベートで多少嫌な事があったとしても、これまでは仕事でそれが相殺されて、うまくバランスが取れていた訳ですが。

ヤバい程に、全てを放り出してしまいたい衝動に駆られてしまい。

勿論、そういう事も出来ないので、一先ず目の前の現実を遠ざけたくて、というより、多少でも気を使う様な煩わしい事を、本当にしたくなくて。
出勤準備ギリギリまで寝ていようと、カーテンも開けずに部屋で布団の上をゴロゴロ。
途中、本当にうんざりする事があって、益々何もしたくなくなったものの、家にいる事が嫌になってしまい、逃げる様に仕事へ行く事に。

そのおかげでというか、何というか。
結果として、仕事へ行ったのは良かった。気分も紛れたし、突発で休んだ人が何人か居たりもしたので。
行けば給料も発生するのだから、休んでしまうよりは、まぁいいのか。

この間、本を読んで元気を貰ったばかりなのに、あっという間にへたれてしまう、しょうもない俺様チャン。

気合、入れなおすか。

明日も仕事、明後日は休み。
心、持ち堪えて欲しい。
2006.06.18 (Sun) 02:17
のんびり休息
来週、再来週と忙しくなり、シフトもどうやらタイトになる兆し。
そんな訳で、今日はお休みになりました。

気候の所為なのか、頭も痛くてねー。腰も痛いしねー。
とにかく何もしたくないし、何をする気もしなかったので、だらりとお昼寝したり、CDを聴いたり、そんな感じで1日が終わりました。
昼寝しちゃったから、1日があっという間。一寸ばかり勿体無い気がしなくもないけれど、まぁそれはそれでヨシ。

今日の『嬉しい』は、夜になってから行ったレンタルCD屋サンにて。
発売された当初、買おうかどうしようかと思っていたこっこのマキシシングル『音速パンチ』の通常版を100円でゲット出来た事。
・・しかし、100円って。どえらく安いじゃないの。レンタルしていたものの中古とはいえ。
2006.06.17 (Sat) 01:07
そういう事なんだろう
立て続けに、入ったばかりの子が2人も辞めてしまいました。
そしてその内の1人は、店から割りと近所のコンビニでバイトを始めていたという。
スーさんからその話を聞いた時には相当げんなりしたけれど、そんな事もあらぁねという事で。
しゃーないですよ。

「ここの店は大変なのかねぇ?」とは、スーさん。
いやいや、そういう事ではないと思うよ。
仕事が難しいとか、忙しいとか、大変だとか、そういう理由ではなくて、単に環境に馴染めるか否かってだけなんだろう。

辞めていった2人に共通しているのは、その場に入っていけるタイプではないという事。
一方、同時期に入った他の子達は、その逆だったり、そうではないけれど、馴染もうと努力するタイプ。
中から見ても思うけれど、ここの店の空気は本当に独特で。
ある意味、家みたいな感じでね。
戀子はオープニングからいて、それなりに良好な関係を周りと築けているので、何となくお気楽に仕事が出来ているけれど、これが中途で入る事となるならば、やっぱり辞めて行った彼女達同様、無理かも知れないと思う。
そういう環境だからこそ、気にかけていたつもりだったけれど、彼女達に対して配慮が足りなかったんだろうかな・・とも思う。研修から面倒見ている者として。
逆に馴染んでしまえば、ここの職場はみんな長続きするんだろうなぁ。それこそ家みたいで居心地が良いから。
未だ1年しか経っていないので、長続きも何もないのだけれど、きっとそんな感じなんだろうと。

そういう事なんだろう。
2006.06.16 (Fri) 01:09
ひとでなし
hitodenashi.jpg

この間、予約をしていた聖飢魔IIの本『ひとでなし』が漸く手に入りまして。
休みの時にでもゆっくり読もうと思っていたものの、我慢が出来ずに読み始め。
読み始めたら途中で止める事が出来ず、読了して時計を見ると朝でした。
それも早朝などではなく、ミナサマが普通に出社するだろう時間。今日の仕事は夕方からだったので、その時間から寝てもまだまだ眠れるので問題はナシ。
中途半端に寝た感じがしなくもないけれど、妙に頭の中が冴えて、かえってスッキリ。

この本、簡単に云えば暴露本になるんでしょうかね。
構成員や、聖飢魔IIに関わった方々からの証言集というか、記録集というか。
聖飢魔IIの結成、地球デビューから解散、そしてその後の期間限定再結成までの、その時々であった色んな裏話を編集したもので、信者が聞いてみたかった事、モノによっては知りたくはなかったと思うだろう事等々、相当ぶっちゃけた話が満載でありました。

未だ発売されて間もないので、詳しい内容に関しては割愛致しますが。
ワタクシ、泣けましてね。かなり。
これは信者だから、その思い入れゆえなのかも知れぬけれど、それにしても泣けました。

戀子が信者と名乗りだしたのは、中3の頃。もぉ16年前になります。
信者になった時期や、その頃の自分の背景などなどで、思い入れの強い時期はそれぞれ違いましょうが、戀子が1番盛り上がっていたのは、大教典(=アルバム)で云うと『有害』から『恐怖のレストラン』、『PONK!!』の辺り。年代では、90年から93年、94年辺りですね。
それ以降、関わっていた仲魔達との仲たがいだったり、世間的には『認知問題』で大騒ぎになったデーモン閣下の女性問題だったり、そんなこんなが重なって、何となく遠ざかり気味になったんですな。
それでもやっぱり聖飢魔IIが好きで、ミサが好きで、着かず離れずの距離を保っていたのですがね。
そんな時期でも地方ミサに遠征したりしているので、『着かず離れず』という言葉から受ける印象とは、少し違うかも知れないけれど、気持ち的にね。

着かず離れずの時期は、同時に聖飢魔IIの元気もなかった時期。
当時を思い返しながら読むと、何だか居た堪れなくなってしまいました。
けれど、その後の復活(世間から見れば、それは恐らく判らないと思うけれど)から解散に到るまでの文章は、もぉ涙、涙。
『良かったねぇぇぇ~~~っ!!』って、まるで子を見守る親心的。

そして読みながら、人生を思いました。
どんな人であれ、その大小こそあれど、ノリにのっている時期もあれば、低迷しきりな時期もある。
けれど、諦めちゃいかんなぁと。
うまく言葉に出来ないけれど、ひたすらそんな事を思いました。

相当、元気を貰ったよ。
まだまだやれる。諦めるな。

読み終わってから、後期の聖飢魔IIの大教典『NEWS』、『MOVE』、『LIVING LEGEND』をコンポに入れて、早速ヘヴィローテーション。
影響され易いのです。
じっくり歌詞カードを見ながら歌を聴く事って、実は余りないのだけれど、背景を知った上で読んでいくと、ものっそい強烈に心に染みていくんですよ。
あの時、ちゃんと判ってあげられなくてごめんと、今更ながらに思ったり。
当時はしょっちゅう、『良い曲だとは思うけれど、聖飢魔IIっぽくないよねー』なんて云っていたもの。
ある部分ではそれは変わらないけれど、でも気合の入り方だったり、そこに篭めた想いは、ストレートに伝わりました。

買ってよかった、『ひとでなし』。
恐らくは近い内に再読よ。
2006.06.15 (Thu) 01:07
祝・1周年!
日付が変わってしまいましたが、調度今日13日で、今の店がオープンして1年が経ちました。
気分的には3年も4年も働いている様に感じる程、妙に濃い時間を過ごしているので、未だ1年・・という気がしなくもないですが。
インフルエンザやら急性胃腸炎やらで、2月には半月程休んでしまったけれど、それでも、基本的には割りと元気に1年仕事が出来たので、良かったと思いますよ。
今までの俺じゃありえないもの。
めっさ虚弱ッキーだもの。
これも家から徒歩5分という近さゆえ。そして何より、人間関係良好がゆえ。
これからも良い調子で行くといいなぁ。

そんな1年前のワタクシ、一体どんな感じだったんだろうと。

本店まで研修に行ったのが、オープン4日前。
開店準備中の店でレジ操作を教えてもらったのは、それより2日前。
結局、オープンまでの間に研修は2日間だけ。本当はもぉ数日あったものの、調度その1ヶ月前に靭帯を傷めていて、この頃も未だ立っているのが実はやっとで。
本店での2時間ばかりの研修を終えた時に、後は実地でどうにでもなるだろうと判断しちゃって、オープンに臨んだのですよ。足を労わりたかったし。

初日は後ろに女子社員サン方が研修でついてくれる中、ひたすらレジを打っていたのだけれど、ワタクシについてくれた社員サンとねー、まるで合わなかったんですよ。
初日はそれでめっさキレて終わったのを覚えております。余りのアレに怒り丸出しでね。初対面の人なのに。
うん、それだけキレていたんだな。流石に初対面の人にこんだけ怒ったのは初めてよ。

だがしかし2日目は、着いてくれた前日とは違う社員サンの『問題ナシ』との判断で放置プレイ、3日目からは同期で入ったレジパートさんの研修を既にやっておりました。
思えば、ここの店での研修始めは、この時から。
それにしても、まるでやった事がない仕事ではないとはいえ、コレは早いだろうよ。
レジ専門でやったのなんて、去年の春先にチョロッとだけ行った某百貨店の食品フロアを除けば、10年以上振り。しかもその時は、鮮魚だけを扱っていたから、色んなモノを扱う今の店よりも、ある意味、楽だった。

深夜までやる様になったのは、それから程無くしてから。
少しずつお客様とも仲良くなって、楽しく仕事が出来る様になって。
そして今に到ると。もぉ、それ位のすっ飛ばし感、アリ。

そうそう。オープンから1週間、険悪極まりなかった女子社員サンとは後日、関係が修復出来ましたよ。
指導慣れしていない、社員になったばかりのうら若き20歳の女子だという事を知り、怒って悪かったなーなんて事もあり。

そんなこんなで1年が経って、環境にも職場にも慣れて、色んなモノが見えてきて。
思う事があり、一寸ばかり今、仕事に対するモチベーションが下がっているのです。
いつもアゲアゲな状態でいけないのは、それはもぉ仕方がないと思っているのですが、どうにもね、それにしたっていかんなぁと。
初心忘れるべからずで、こうして色んな事を思い出す事で、気持ちが切り替えられるかな・・なんて。
そんな風に思った次第。

去年に限らず、仕事が中々決まらなかったり、体が思う様に動いてくれなくて働けない・・なんて時期が長かったんですよ。
こうして仕事に対して不満だったりを云えるのも、ある意味、幸せな事。
今はその狭間で揺れているのも確かだけれど、もぉチョイ、様子を見てみようと思う。
未だ改善されそうな気配も見えているからね。
そう簡単に、色んな事は築けないし、気付けないから。環境も、わたし自身も。

この1年間、結構頑張ったと思うので、自分へご褒美あげようと思います。
時間給労働者なので、大した物は買えないけれどもね。
でも、自分が気に入った、心が喜ぶモノをね。
2006.06.14 (Wed) 02:18
にわかだけれど、閉じこもって
サッカーのお祭り、ワールドカップが開催されましたなぁ。
ワタクシ、数年前まではまるでキョーミもなかったこのサッカー。
戀子の中のサッカー選手といえば、三浦カズやゴン中山、キーちゃんこと北澤選手で止まっていて、何ならラモスも現役な勢い。
そりゃ相当古いって話よ。
それが一路とお付き合いをする様になってから、ちらりと見る様になりまして。うっすらと選手の名前も覚えただろうか。
そして今回は、家の近所にお住まいの選手が大会に出るという事を知り(ってか、そういう人が近所にいるってのを知ったのが、実は極最近)、ご近所のよしみで一寸テンションが上がり。

そんな訳で、今日のおデートはラブホでサッカー観戦と相成りました。
すみませぬ、にわかですが。

ラブホでサッカー観戦をしようっていうカップルがどれ程いるかは判らないけれど、下手したら部屋も早々に埋まってしまうんじゃないの???っていうんで、割りと早い時間から入ってキックオフを待つ事に致しました。

長い時間篭もる事になるので、先ずは買出しに行きましょうと、スーパーへ。
よく行くラブホ街から割りと近いこのスーパーは、月曜日は冷凍食品が4割引き。こりゃ行きますよ。
一路サンちは飲食店で、毎食温かいご飯を家族揃って食べられるので、電子レンジが必要のない食生活なのです。
そういう訳で、レンジを使った冷凍食品というモノに縁がございません。
いつだったか、この時もやはりラブホに行こうという事になって。
スーパーにお菓子だのジュースだのを買出しに行った時に、この冷凍食品4割引きにでくわしましてね。
折角だからと何かを買って、持ち込んでチンして食べたら、一路が思っていたよりも美味しかったらしくて。
それからすっかりハマってしまったのですよ。
面白いもんだ。こういう所にもその人の家での生活が見えてくるんだものね。
スーパーといえば、やはり試合にあわせてなのか、いつも以上に混んでおりました。
若い男子達やグループで買い物に来ている方が多かったのが印象的。そしてみんな、お酒だのお菓子だの、お惣菜だのを大量買い。
みんなで集まって見るんだろうね。

アレやらコレやらを買い込んで、無事にチェックイン。
10時までには未だ時間があったので、TVを見たり、ご飯を食べたりしてのんびりと。
ホント、こういうのって自宅気分で楽しいなー。

さて、試合はといえば、もぉ今更ここに何を書かずとも。
残念でしたなー。川口、頑張ったなー。
ご近所選手もなー。
残念だったけれど、まぁ結果は結果ですからね。次回、気持ちを切り替えて頑張って!

それにしても、ワーだのキャーだのと大騒ぎで見ておりました。
主にワタクシが。
一路も見ながら、彼にしては珍しく大騒ぎでありました。
こういう一面が見れたのも、戀子的にはまた楽し。
いいなぁ、ワールドカップ。意味がまるで違うが。

因みに、にわかですが、好きなのは宮本選手です。
ウヘへ、カッコイイ♪♪♪
すみませぬ、にわかです。
2006.06.13 (Tue) 04:10
それにしても
よくもまぁ、次から次へと色んな事が舞い込んで来ると思う。
家に厄年が2人も居るから???
戀子自身も前厄って話があったりなかったりするから???

厄年って、生まれ年だったり数え年だったりで、それぞれ違ってしまうから、本当の所はいつなんだか判らないんだけれども(初詣で行った川崎大師で見た厄年表では、戀子は未だ前厄でもなかったんだよな、確か・・)。
ンな事はどうでもいいのです。
こう色々と続くと、腐りそうになりますよ。投げ出したくなりますよ。
んもー、明日がまるで見えてこない。
まぁ見えてしまったら、人生、逆に怖いんだろうがな。赴きも、楽しみも、幸せも、感じられないんだろうがな。

まだまだ頑張りが足らないのかなー。
それとも、もぉすぐそこに光が見えてきているのかなー。
そこまでの一歩が足りないのかなー。

ここ毎晩、眠りに着く前に行う日課がある。
色んなものに感謝をして、お祈りをして、そして眠ると。
余りに眠い時、途中で寝てしまって気付けば朝・・なんて事もあるのだけれども。

現実が困難極まりない状況であったとしても、それを経験する事で初めて見えるモノがあったり、様々な感情を感じられたりするのだから、困難すらも貴重な財産になる。
進んで苦労を買おうとは思わないものの、どんな経験でも、それはいずれ自分の肥やしになって、役にたつ時が来るから。
これまでもそうだった様に。

ああ、でも。
この間から比べれば、きっと前進している筈だ。
光がミリ単位でも近付いてきている筈。

まだやれる。力はある。
大丈夫、みんな揃っているから。

そこここに点在する感謝の対象を思い出し、感謝をし、明日を祈る。
コレが中々良かったりする。
人間、日々反省ですよ。
2006.06.12 (Mon) 03:10
シークレットバトン
昨日の今日で、17歳フリーターと顔をあわせたくない(つーか、見たくないって方が正しい)と思いながら出勤したら、バッチリでした。
が、彼と戀子は入れ違いだったので、時間がかぶる事もなく終了。やれやれ。
ワタクシ、心の狭いオンナなのです。すまぬな。もぉ少し、時間をくれ。

どうにもこうにもウダウダ気分な時には、さらりとバトンに逃げてみたりする。
タイミングよくガツンと回ってきたので、シークレットな方向で♪


■Q1■:たまらなく大好きなのです。毎日でも良いのです。お願い、戀子を乗せてぇぇぇ~♪
■Q2■:ノーマルに1本で。でないと、おぇってなっちゃうもの。
■Q3■:アレはバックよね???戀子はやった事はございません。恥ずかしくってぇ♪
■Q4■:どこかなぁ~・・指先かしら。
■Q5■:10人一寸。両手で数えられるか、数えられないか位かな。
■Q6■:そりゃもぉ、毎日でも!5回は楽勝で♪
■Q7■:9だね、9。
■Q8■:サイコーに気持ちイイ♪♪♪前回はこの間の月曜。一路に♪
■Q9■:1人だけだなぁ~。名前は敢えてシークレットで☆
■Q10■:してみたい気もする・・でもなぁ~・・一寸ばかり怖い。
■Q11■:ベージュにカラフルなストライプ。前は真っ赤なのでした。
■Q12■:そりゃもぉ、濡れ濡れですよっ!!大変!!
■Q13■:ありますよ。公園とかね。
■Q14■:勘弁して下さいっ!!
■Q15■:えー・・60分かな?45分だっけかな???
■Q16■:ありますよ。出来るなら、したい。
■Q17■:ガンガン舐めますよぅ。美味しく頂きます♪
■Q18■:あー、立つんじゃないかな?立って固まるでしょ。
■Q19■:足がガクガクしているよぅ~・・
■Q20■:多分、見せた事はないなぁ。1人だけの秘密の花園。
■Q21■:きよチャン、まちかチャン、 蒔子、マンゴー、イヴさん。

受け取って下さる方には、さらりとメルしますのでよろしくDEATH☆
怪しさ満点、シークレット。
2006.06.11 (Sun) 02:02
お前の考えなどどうでもいい
久々にツボに入る事がありまして。

夕方、ガツガツとレジを打ちながら、合い間が出来たのでかごを片付けていると、お客様に声をかけられる。
「コレ、酷くないですか???」
見ると、かごの中が惨憺たる有様。
刺身の上に玉ねぎやらじゃが芋といった、重たいものがドーンと乗っかっている。それが幾つも。
「申し訳ございません」としか、云い様がないという状態でね。
「その場で云って下されば・・」と云ったものの、そのお客様、云おうかとも思ったのだけれど、云えなかったとの事。
余りの酷さに呆れたのと、哀しくなったのと、両方だった様。
ひたすら謝り、その場は収めたのですがね。

やっちまった張本人は、フリーターの17歳男子。
彼はお客様と戀子のやり取りを見ていて、「何かあったんですか?」と呑気な顔。
なので、お客様が怒っていた事とその内容を伝えたものの、どうもピンと来ない様子。
「研修した時、アナタに伝えたよね?軽いもの、潰れ易いものの上に重たいものを置かない様にって・・」と云い終わるか終わらぬかで言葉を遮り、「や、でも途中でクッションを入れましたから」。

ここでワタクシ、スイッチ入っちまいました。
そういう問題じゃないでしょう?お客様が買われた商品を、台無しにしたのはアンタなんだっていう話。
刺身なんてさ、蓋がついているようなトレーに入っているなら未だしも、ラップがかかっているだけの状態であれば、当然の事ながら、その上に重いものが乗せられてしまったら崩れてしまうし、潰されてしまう。

「折角綺麗な状態で買ったのに、それを崩されたら嫌でしょう?商品にお金を出すのはお客様なんだよ?」

それでもピンとは来ない様子。
単に性格の問題なのか、食えば同じという感覚なのか。
ワタクシには判りません。
レジは、買い物の総仕上げ。それまで気分良く買い物をしていたとしても、ここで嫌な想いをすれば全てが台無しだし、そうなるとそのレジだけではなくて、お店までもが嫌になるというもの。
レジはお店の顔なんだよと。

結局、それからすぐに忙しい時間に入ってしまったので、それ以上の事も云えず、程無く彼も帰ってしまったので、中途半端になってしまったのですがね。

研修中からナメた態度を取っていた彼に対して、ワタクシ、姑が如くいいまくっていたのだけれど、『そこそこ出来る様になった』という社員サン方の評価と、その前後で研修した男子達がレジでは使える程にはならなかったという事から、『自分はやれる』と調子に乗っていた部分があったと思うのです。
戀子から見れば、それはレベルが低い中での話で、この彼が特別にやれる人かといえば、決してそうではない。寧ろ逆で。
出来ればレジに立たせたくはないと、研修終了後にも社員サン達に云った位で。

苦手意識を持ってはいけないのだけれど、彼に対してはどうしてもね。
最初にやられ、後からもやられ。全てがツボで。

そして今日、更にツボに入った次第。

お前の考えなどどうでもいい。
仕事なんだから、教えた事を先ずは忠実にやってくれ。
アレンジするなら、きちんと出来てからだろう。
ナメた真似、するんじゃねぇよ。
2006.06.10 (Sat) 02:28
何となくね。
何があった訳でもないが、一寸ばかり疲れ気味で。
ケータイに届いたメルにもレスする気になれず、確認してはうんうんと頷いておりました。
ケータイ相手に頷いたところで、メルをくれた相手には何のレスにもならぬので、それもどうかと思うのだけれども。
元気です。
や、元気でもないんだけれど、大丈夫です。

今週から、中途で入ってこられた社員サン(バリバリ研修期間中)がいるのだけれど、現時点で名前も知らなければ、挨拶も出来ていない。
出来ていないし、される事もない。
ワタクシ、他の方々と若干入る時間がズレ気味で、1人でこそっと出勤なんてな状態なのですが、それにしたって、他の社員の方々とは普通に顔をあわせるし、当然の事ながら挨拶だってするのにさ、その人とはまるであわないの。
研修中ですし、何が出来るっていう訳でもないので、普段は品出しをメインにやっている様なのだけれども、大して広くもない店内なのに、仕事に入ってから軽く3時間近くは顔をあわせないのって、一体どうなの???

つーか、ホントに何をしてらっしゃるの???

研修中の彼は未だ、普通に朝から夕方までの勤務時間なのだけれども。
帰り際、レジのすぐ脇にあるカウンターにも寄るのだけれども。
なのに、上がる時に一言、挨拶する事もまるでなし。
他の部門の社員サン達や、バイトちゃん達だってきちんと挨拶して帰っていくというのに。

アンタはバイト以下なのですか?
もぉ40も過ぎたオッサンがそれですか???

この中に混じりたくないのかなーと、最近では思う様になりました。
えぇえぇ、それならそれで。
アナタが周りの人達を景色としかみなしていない様に、ワタクシはワタクシでアナタをただの景色とみなします。

大人気ない???
そうかも知れぬが、挨拶なんて基本中の基本でしょー???
場に慣れていないから・・なんて話じゃないでしょー???思春期の子供じゃあるまいし。
入るタイミングが合わないから、単純に挨拶もされないだけなのかと思っていたら、他のパートさん達も等しくそうな様で。

この人、この年まで何をして来たのやら。
我々はパートだから、別にそういう扱いでも良いと思っているのか、どうか。
まぁ、良いけれどもね。

スーさんに話を聞いてみたら、他にもチョロッと『それはどうなの?』的発言をされていた彼。捉え様によっては、研修期間だけで辞めようと思っているかの様な。
そんな感じで、一寸感じ悪いなぁと思ってしまったワタクシ。
きっと、彼は早いのかも。

それにしても、アンタ誰よ???
名前くらい名乗れ。
2006.06.09 (Fri) 01:32
ありそうで、なさそうで
時間が中々うまく使えないのです。
今は前よりも勤務時間が短くなってしまった事もあり、その分だけ余裕がある筈なのですが、どうにも時間が足りない今日この頃。
今日この頃ってか、もぉ随分なりますよ、そういう風に云い出してから。
時間は自分で作るもの・・なんだけれどもね。

頂いたメルにレスする事もままならず、もぉどうにもこうにもだ。
ゆっくりと落ち着いて過ごせる時間が欲しいのです。
うーん、疲れているのかな???

そう云いながら、こんな時間まで何をしているかと云えば、さっきまでうたた寝してしまったもんで、寝付けないという話。
こういう時間を有効に使えばいいのだろうけれど、メルを打つには頭がどうにも働かないので、それはまた追々。

ああ、ありそうでなさそうで。
時間、後5時間程、1日に追加してはくれまいか。
2006.06.08 (Thu) 02:32
666
日付は変わってしまったけれど、今日は06年6月6日。
オーメンだ、オーメン☆
TVでは映画『オーメン』のCMが、今日の世界同時公開にあわせてガンガン流れている気が致しますが、それより何より、聖飢魔II信者のワタクシ的には、ミサ前SEでこのオーメンの曲が流れていた事もあり、無駄にテンションが上がるのですよ。オーメンって聞くとね。
映画の内容よりも曲。つか、寧ろそれだけ。内容、よく知らないんだ。
ホラーのゾクゾク感よりも、圧倒的にミサ前のワクワク感。
たまらぬのです。

ぬぁぁぁぁ~~~っ!
こうして書きながら、無駄にテンションが上がって来た次第。恐るべし、オーメン効果。
違う気もするが。

去年の悪魔祭に参加してから早半年。
解散してから6年間と間が開いて、暫くはないだろうと思われた復活があって。
空白期間が長かった所為か、半年が経つというのに未だに悪魔効果が続いていて、ミサを思い出すとうっとりしてしまうのです。
それは去年の悪魔祭に限らず、解散前のミサも含めてね。
良い想い出もそうではない想い出も多々あれど、まぁそれはそれとして。
思い出すのは圧倒的に、良い想い出ばかり。

ミサといって先ず思い出すのは、中野サンプラザ。
去年の悪魔祭の時にもここでやったけれど、ワタクシが参拝したミサの中で1番多かったんですよ、サンプラでやったのが。
初サンプラは『恐怖のレストラン~地獄のグルメナイト~』ツアーでありました。
そしてこのミサは、5本の指の中に入るってな程、ミサ内容もアレなのですが、それよりもワタクシ個人的に思い入れが超~~~強いミサなのです。

いやね、おいしい事がいっぱいだったのよ。
近っ!ルークが目の前だしっ!!とか。
目が合ったぁぁぁぁぁ~~~っ!!とか(妄想にあらず)。
うわわ、舌をペロッて!ペロッてぇぇぇぇ~~~っ!!とか。
行きかけたのに、わざわざ戻って来てくれたぁぁぁ―――っ!!とか。

うん、そんな感じ。
ルーク宗に拍車がかかった1日でしたの。
ルーク宗ではない仲魔も、メロメロになってしまった1日でしたの。
あああ・・(思い出し中)
うっとり・・♪(垂涎中)

他にも色々な想い出いっぱいの中野サンプラザ。
ミサってぇと思い出すのが、このサンプラ。
サンプラがなくなるとかいう話もあるけれど、新宿にあった日清パワーステーションにしても、このサンプラにしても、厚生年金会館にしても、想い出の場所がなくなってしまうのは淋しい事ですな。

ああ、まるで取り留めのない日記。
そんな日があっても良いだろう。
まぁ、666の日ですしね。って、何だそりゃ。
2006.06.07 (Wed) 01:34
のんびり、お散歩
毎度毎度、おデートの度に朝帰りとは云わぬまでも、それに近い状況になっているワタクシ達。
そうは云っても、もぉお互いに三十路を越えた2人ですので、朝帰りしようが何をしようが、親がどうこうっていうお年頃でもございませんが、一応ね、自宅カップルですから。けじめはつけておきたいよね、という彼の言い分。それは戀子も同意なところでありますが。
2人で決めた門限なんてのもあるのだけれど、それをまともに守れた事が殆どない。恐らくは片手で充分数えられる程。
逢っちゃうとさ、マッタリしたいじゃない?
長ーく一緒にいたいじゃない?
時間とか、気にしたくないじゃない???

そうは云いつつも、最近はお疲れですよ、我々も。
無理はしない様にしましょうと。何てったって、ビバ☆睡眠ですからね。
早くから逢って、早めに帰って、ガッツリ寝ましょうと。
そんな意気込みで臨んだ今日。
どんな決意表明なんだ、おデートで。

相変わらず、一路も戀子もそれなりにハードな生活を送っておりますので、今日は遠くへは行かず、少し前からモーレツに行きたかったカラオケに行っちゃいましょうと。
ってか、戀子のごり押しと云いましょうかね。一路はそんなにカラオケが好きな方ではございませんのでね。
梅雨入り間近で天気も読めない今日この頃。屋内おデートが無難よねぇ、という。

が。
お昼を食べながら外を見やれば、とても気持ちの良い青空。
空を見ていたら屋内に篭もるのが勿体無くなりまして、『今から海に行きましょう』と提案。
戀子が住んでいる場所から1番近い海は、湘南エリア。『ねぇ、ねぇ』と急かしながら、車を湘南方面へと走らせました。

海に近い駐車場へ着けるのも良かったものの、折角だからと海からは少し離れた駐車場に停めて、のんびりお散歩がてら歩く事に。
そこから海までは、車だと10分足らずでいける程の場所だけれど、歩くとなると30分はかかるでしょうかね。
緩やかな坂道をテクテク歩きつつ、次第に近付いてくる潮風にワクワクしつつ。

歩きだからと、車ではいけない場所をどんどん入っていくと、程無く海に出ました。
湘南エリアも色々で、ここはどちらかといえば静かな場所。
テトラに昇ったり、遠くに見える江ノ島を写メってみたり、人がいないのを良い事に、軽くベタついてみたり、何だか良い場所を見つけてしまった感じでありました。

お喋りしながら暫くのんびりした後、今度は違うルートでの帰り道。
川沿いだったり、住宅地だったりで、ランドマークとなるものが本当に乏しく、唯一の手がかりになる線路を目指して、これまたのんびりと歩いていきました。

こういうのもアレか、一昔も二昔も前の思春期並みのおデートといったトコロでしょうか。
軽く中学生チックでな。
でもねぇ、楽しかった。まるで知らない、ひっそりとした裏路地を歩くのって、探検チックでよろしくない???
まぁ、三十路同士ですがね。オホホ。

たっぷり1時間以上歩いて、良い汗かいて。
夜は夜で、気持ち良くマッタリで。
『早くから逢って、早めに帰って、ガッツリ寝よう』はどこへやら。
結局、名残り惜しみまくりで朝ですよ。もぉ少ししたら、夜も白々と明けてくるってなモノですよ。
でもいいの。2人してニコニコならばそれでねー。

明日からまた、1週間が始まりますよ。
頑張りますよ、来週のおデートに向けて。
あああ、さっき帰ってきたばかりだというのに、もぉ逢いたい。
2006.06.06 (Tue) 04:01
恋愛スピリッツ
最近、ラヂヲで頻繁にかかっている、チャットモンチーの『恋愛スピリッツ』。
この曲に自分のかつての恋愛を重ね、切なくなっている三十路女子。

ながら聴きなので、かなり曖昧な状態だったりするのですが、これがもぉ何ともいえず。
じっくり聞きたいと思い出したら、それまでガンガンかかっていたのに中々かからないったら。
手に届きそうで届かぬ想い的。

要は、2番手な彼女の歌なのです(違ったらごめん、チャットモンチー)。

その彼の本命の女子がそこに居ないが為に、体なのか、心なのか、どっちもなのか、その淋しさを癒す相手として、可愛がられている2番手の女子。
それが判っていながらも、2番手は恋しい男子に逢ってしまうんだよな。想ってしまうんだよな。

んもー!
んも―――っ!!

ほろ苦き色恋の想い出がボロボロと零れ落ちるったらないわ。
振り返れば、20歳を過ぎてから一路と出逢うまでのアレもソレもコレも、そのほぼ全てが2番手だったワタクシ。
2番手人生なのです。

例えば不倫。例えば浮気。
そんな状態であったとて、1番に愛されるのであれば良いじゃない、なんて。
そう思っていたんだよ。当時はマヂで。

所詮『良い人』どまりで、『都合の良い女』で、それって突き詰めれば『どうでも良い人』でしかなくて。

幸せな事に、これまでの人生で女子友だけは不自由しなかったので、そういう意味では不安などを感じた事って、殆どなかったかも知れません。
や、色々あったけれども。
けれど、ここの縁が切れたとて、それはそこまでのものと思えるだけの、何だろう、余裕みたいなモノを持てていたと思う。

でも男子に関しては、一切そういう事は思えなかった。
結局、彼女や奥さんとうまくいっていないから、ヨシヨシされたいだけでしょう?
一寸だけキョーミがあるから、齧ってみたいだけなんでしょう?
わたしの事は、別に愛してなんかいないでしょう???

当時はかなり本気で、戀子を1番に愛してくれる人と一生出逢う事はないだろうと、そんな風に思っておりました。
人並みの・・という云い方は御幣がありましょうが、ここは敢えて人並みで通しますよ。
人並みの色恋が出来るとは到底思えず、ずっと1人なんだろうなぁと。
淋しい人を癒す為だけの人形としてなら、重宝される事もあるだろうと。

しんどい色恋が続きましたが、その果てに巡って来たご褒美は、戀子にとって最高のご褒美でありました。

痛くて、苦しくて、泣きながら笑っていたあの頃には、こんな風に穏やかな時が巡ってくるなんて事、まるで想像出来なかった。
膿んでいた傷も、やがてはかさぶたで覆われる。
かさぶたが剥がれ落ちた傷跡をそっと撫でながら、いつか遠くにそれらを思うんだろうかな。
過ぎ去った時間を晴れやかな笑顔で・・とは、やはりいかない。
でも、随分遠くへ行ってしまったものだと思うのです。
今は朧げながらに見えている気がする。

チャットモンチーで思い出した、そんなあれこれ。
どんな状況でも、関係でもいいの。
わたしは1番に愛されたかったんだ。
2006.06.05 (Mon) 03:03
休み明け。
ポカ休みをしてしまった昨日。
ここの職場では2月に倒れて休んだ時以外は、病欠ナシでやってきたワタクシ。
2月の大型欠勤で初めて、戀子の虚弱ッキーを知られたという程だったのですが、それ以来の欠勤でして。
案の定、めっさ心配されてしまいました。ごめんにゃー。
そんな欠勤明けの今日は、久し振りのフルタイムであります。

2月の終わり・・3月のはじめ頃だったでしょうか、本部の方から人件費の削減という事で、戀子の勤務時間も2時間カットされてしまい、最近はずっと6時間勤務。
普通の会社でしたら、6時間の途中で休憩が30分なり15分なり入るところでありましょうが、うちは休憩ナシでぶっ通し。
状況によっては、トイレにすらいけずに6時間なんて事もザラだったりするのです。
これまで働いてきたどこの会社でも、休憩くらいはあったんだけれども。
途中、集中力も切れるって話だけれども。
もぉ慣れたけれどもね。

今日は2時間動いたところで休憩、その後、6時間ぶっ通しという状態だったのですが、同じ6時間ぶっ通しといえども、その前に休憩があるかないかで、全然楽さが違う。
気持ちの問題なのでしょうかねぇ???
閉店間際になっても、全然元気なワタクシでありました。
忙しい1日でした。良い1日ですな。充実感。

明日もラストまで。
明日はぶっ通し6時間の日です。
2006.06.04 (Sun) 01:49
休息、休息
いやはや、どうにもしんどくて。
時間ギリギリまでどうしようか散々悩んだものの、やはり明日以降の事を考えて、今日はお休みしてしまいました。
久々の欠勤だ。ごめんにゃー、ポカ休み!

レジでお札を数えながら、前のめりに倒れこみそうになった昨日。
ここずっと、実は眩暈が頻発していたのだけれど、最近はその頻度がグッと上がってきて。
疲れなのか、ストレスなのか、はたまたその両方なのか。
前の様にいきなりぶっ倒れない為にも、針が振り切れる前に休息してみました。

申し訳ないなぁ~・・と思いつつ、体をしっかり休めるという意味では、本当に良い1日になりました。
後2日行ったらまた休みだし、どうにかなるだろう。

気になっていたのか、夢でまで仕事をしていて。
今日のポカ休みが響いて、シフトが急に減らされるという内容でありました。
切実、切実。明日からまた頑張るよぅ。

それにしても、今回の生理は長い。
もぉ1週間以上になるわ。これは生理ではなくて、不正出血の方なのかも知れぬ。
俺、月の半分近くは血を流しているよ、ここ数ヶ月。
そりゃクラクラもするか。そろそろレバー食べるか。

美味しい生レバー希望。
2006.06.02 (Fri) 23:59
いつか、きっと
わたしはわたしの足で、しっかりと歩いていきたいのです。
誰にも何にも惑わされる事なく、ただ真っ直ぐに進みたいのです。

けれどそれは、どこかに属している限りは難しい話で。
いや。
それはここが特別な場所だからなのか、そうではなく、どこにでもある話なのか。
でも、今のわたしにはそんな事など、どうだって良いのです。
誰がどうとかではなく、自分以外の他の人はこうとかではなく。
現状をただただ、受け入れがたいだけなのです。

そうは云っても、誰の所為でもない。
だから、しょうがない事なんだろう。
諦めるのではなく、受け入れろ。

どこにいても毎日はつつがなく、淡々と時は過ぎていく。
いつも以上に笑顔が出ているのは、笑っていないと壊れそうになっているからだ。
笑顔の向こうにある現実は、みんなに等しくあるだろう。
自分ばかりが特別ではないんだと、ひたすら己に云い聞かせるばかり。

乗り越えられない壁はない筈。
いつかきっと、どうにかなる筈。
時期ではないだけの話。

倒れている場合じゃない。
弱音を吐く前に、先ず前へ進め。
進もうとする心意気だけでも見せろ。
言霊の力を借りて、未だ見えては来ない先を、必死に見詰めるばかり。

いつかきっと、どうにかなる。
心配ないよ。
2006.06.02 (Fri) 01:40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。