2006.04.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2006.06.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
いつ振りになるものやら
乙女としてそれはどうなの???という程、それはかなりの御無沙汰チャン。
休みが週1ペースになり、その貴重な1回の休みは一路とのおデートで終わり。
もぉねー、まるで掃除が出来ていなかったのですよ。
部屋の乱れは心の乱れと云うけれど、コレってホントにそう思う。
ただ寝に帰ってきているだけの様な部屋で、どうしてこんなに散らかるのやら。
洗濯物は当然すぐにタンスに仕舞うし、残る様な買い物を最近ではろくにしないので、そういう意味では荷物は増える事もない。
見渡すと、紙ごみが多いんだな。雑誌とか、通販のカタログとか、ダイレクトメールとか。
そんなのが常に出っ放しになっている状態。そして掃除機もコロコロも出来ていないので、埃が積もっているという。

見ない振りをしていたけれど、もぉ限界。
そして今日はタイミングよろしく、急遽お休みになったので、そりゃ掃除するしかないでしょう。
天気も良かったしね。
ついでにカーテンやらラグやら洗濯もして、ついでに冬服と夏服の入れ替えをして。
少しずつ時間をかけてやりたいところだけれど、一気に片付けない事には、次にいつ出来るか判らない。
1度やり始めたら、後は簡単なのです。何せ途中で止められないたちなので。

時間はめっさかかった。
かかったけれど、その分だけ爽快感が全然違うというもの。
春バージョンだったディスプレイも夏のそれに変え、少し涼をプラス。見目涼やかになれば、少しはね。これから先、修行部屋の様に暑い部屋だって・・
そんな、ささやかなる抵抗。

部屋を掃除する度に痛感するのは、この狭い部屋の中に押し込めている物量。
半端ない。相当減らしたのにまだまだある。
判っているのですよ。集めに集めたこの食器達が、どれだけの幅を取っているのかという事も。売ったら結構な収入になるという事も。
でも、ここだけは譲れないんだ。どうしてもだ。
いつぞやか、使える機会が巡ってくる事を祈るのみ。
そして食器以外の捨てられるモノは全て捨ててしまっているので、最早処分するものもなし・・

久々に綺麗な部屋で眠れる幸せ。
今日はもぉ既に眠いのです。早寝しちゃいましょうかね。
明日からまた続きますしね、お仕事。
スポンサーサイト
2006.05.31 (Wed) 20:13
拍子抜け
ここ最近、めっさ忙しい我が店。
オープンして未だ1年にならないこの店ですが、もぉすぐ1年になるという頃を迎えて、漸く地域に根付いてきた気が致します。
その証拠がこの忙しさなんだろう。
良い事ですよ、ホントに。暇を持て余すよりも全然。

そんな感じで、今日も今日とてガツガツとレジを打ちまくっていたのですが、7時前になってレジを閉められる。
今日はやたらにバイトちゃんが多いので、たまには早上がりでも、という事らしい。

いやいや、テンションも高く戦闘モードでやっていただけに、いきなり閉められると拍子抜けも良いとこだ。
後1時間で上がりだったんだけれども。
まぁでも、たまにはいいか。体は休まる。

それにしても早いもので、5月も明日で終わりですよ。
今年も半分がもぉすぐ終わろうとしている訳で。
早いわねぇ。ホントに早いわねぇ。
20歳から30歳まで、それはそれは早かったものだけれど、30歳を過ぎてから、その速さが更にアップしたと思うのです。
この分じゃ、あっという間に40歳だわ。

何かを残して今年も終わりたいものです。
大丈夫、後半年チョイあるものね。
2006.05.30 (Tue) 23:43
人体って不思議。
一路に影響を受けて、懸賞を始める様になって数年。
彼はめっさ懸賞運がよろしくて、小さなモノから大きなモノまで色々当てております。
戀子といえば、中々当たりに結び付きません。何が違うのかと、一路に色々聞いてみるも、何か特別な事をしている訳でもないので、参考にもならない。
懸賞で映画の鑑賞券だったり、テーマパークのペアチケットだったり、おデートのお役に立つものを当ててくれるので、ラッキーのおすそ分けをちゃっかり頂いているワタクシであります。

そんな戀子が先月、中華街のとあるお店のお食事券を当てましてね。
その有効期限が今月いっぱいで、一路も時間に余裕が出来てきた事もあって、久々に横浜へ行って参りました。
ついでに、ずっと行きたいと思っていた『人体の不思議展』も見に行く事に。

お食事券を使って、相当格安になったランチを堪能し、そこから山下公園の前にある横浜産貿ホールへ移動。
少々ドキドキしながら会場入り。

何がドキドキって、そこに展示されている全てが本物の人間であるという事。
献体ってやつですな。
模型の造形美というのもありますけれど、やはり本物が持つ迫力には敵わないのですよ。
だって、本物なんだもん。

けれど、『本物』の凄みに圧倒されたのは最初だけ。
そこに並ぶ体を様々な方向から切断していったものや、骨格標本、血管標本、臓器等々、その精密さや神秘にグッと来てしまいましてね。
毛細血管の標本などは、芸術品の域ですよ。あんなのが自分の体の中にもあるという不思議さ。
結局、1時間半程観ていたでしょうか。
会場の外へ出る時には、見すぎて頭が痛くなった程。
良い物を見せて頂いたと思いますよ。また見てみたい。

そこから、山下公園のベンチで一休み。
去年の秋、山下公演に行った時に見た光景が忘れられないのです。
ってのがね、バンバン魚が飛び跳ねていたのですよ。そこここで、という表現がピッタリな程、それはかなりの数が、バンバン。
それまで特に気にして海面を見た事がなかったので、いつもこうして普通にバンバン飛んでいるのかどうかも判らなかったのですが、今日は飛んでいる魚を1匹も見る事がなかったので、アレは時期的なモノだったのかも知れませぬ。
時期?それとも何かの前触れだったのか?

恐らくは休みの日ほどではないのだろうけれど、ベンチの全てにカップルやお友達が座っていて。
それを観察するのが楽しいのね。
我々の2つ隣りに座っていた高校生カップルは、今からそこで致すのか!という程の勢い。
思わず「若いっていいわねぇ・・」と、しみじみ。
いつでもしていたいんだよな、やはり。ベッタベタと。

のんびりと歩きながらお散歩。
大桟橋のデッキに上がり、暮れゆく空と灯るみなとみらいの夜景を満喫。
ベタなデートだと云われましょうが、このベタさもまたヨシ。好きなんだよぅ、横浜の夜景も、みなとみらいも。

少々お疲れな事もあって、今日は早く帰るつもりでいたのだけれど、一路の方がもぉ少しゆっくりしたかった様で、某所に車を停めてまったりと。
最近、一路が甘えたサンになっている気がする。
でもそれはきっと、これまで見せなかっただけで元々あったものなのかも知れないし、精神的に気が張る事がここずっと続いている所為もあるんだろう。
ヨシヨシしつつ、ヨシヨシされつつ、いっぱい甘えて貰う。
つか、それでワタクシも癒されているので、寧ろバンバンなのですがね。

ああ、休みの1日はあっという間だわ。
また来週の休みに向けて、今週も闘いの日々。
2006.05.30 (Tue) 02:58
老いを感じる
昨日のライヴは人満載で身動き取り辛かった事と疲れていた事もあり(気合が足りないなんて云うな)、殆ど動きもせずに見ていたワタクシ。
小屋の遥か後方よりステージを臨む形でありましたが、ワタクシ、チビッコですねん。身長、150センチ程しかありません。
幸い、ものっそい大きな人が立ちはだかるという事が今回はなかったので、みんなの腕の間からメンバーがチラホラ(という言葉で想像するよりは遥かに多く)見えていた訳ですが、それにしたってやはり背が足りぬのでね。首を相当伸ばしながら見ていたのですよ。

で、明けて今日。
起きたらめっさ首が痛い。どうも伸ばしすぎたっていう話よ。
・・もぉねー、ガックリ。ガックリだよ、俺に。
去年の悪魔祭、方々で散々暴れてきたじゃないか。その時はヘドバン痛で心地良い痛みってな感じだったけれど、今回はただ首を伸ばしていただけだ。亀みたいにさ。
こんな痛み、不完全燃焼もいいところで、どうせなら派手にヘドバンかまして、アイタタ云いたいのですよ。
それがバンギャ(バンギャって云える程、若くはないがよー)の心意気だろう。

老いを感じました。こんな所で。
どれだけ動かなくなっているんだっての。

微妙にアイタタ云いながら、お仕事をした今日1日。
まぁいいわ。明日はお休み、一路と横浜。
天気だけが気になるところでありますよ。

夜、仕事中に宅配ピザを頼んで(勿論、店に配達)、入れ替わり立ち代わりでバックヤードに出入りして、みんなで食べつつ仕事をしていたのは内緒。
ここの会社が自由なのか、店が自由なのか。
調度良かった、10時回った辺りからお腹空いてたのん。
2006.05.29 (Mon) 01:59
雨の中、土曜の渋谷、ラブホ街
今日は久々のライヴ。
久々っていっても、去年末の悪魔祭以来なので、久々っつーか、そうでもないっつーか。
今宵は聖飢魔IIの構成員で、戀子が人生の半分以上片想いしているルーク篁サン、雷電湯澤サン、そしてMASAKIサンのトリオバンド、『CANTA』のライヴでありました。
場所は渋谷のラブホ街の中にあるO-WEST。ワタクシ達がライヴ通い全盛期の頃、そこはON AIR WESTという名前でありました。気がつけば名前が変わっていたのね。
前回のライヴが悪魔祭の千秋楽で、場所が東京国際フォーラムだった事もあり、まぁその狭さにやられる。
ライヴハウスの、ステージと客席の近さは魅力的ではありますが、あの閉塞感と熱気がとても苦手なワタクシ。息苦しくなっちゃうのね。
でも行っちゃうんだけどね。好きなので。

ライヴの開演時刻より随分早い時間に待ち合わせ、O-WESTから程近いアメリカンなレストランでご飯を食べつつ、のんびりお喋り。
逢わなかった間に色々ありすぎた我々は、そんな時間じゃとても話し尽くせなかったものの、逢わない時間が少々長く、何となく自分の中で昇華出来つつあった様で。
落ち着きつつあるのは良い事。
うん、ここからがスタートなんだわ。

今日のライヴはツアーの最終日で、とにかく激しい盛り上がりでありました。
ワタクシといえば、CANTAのライブを観るのって実は相当振りで。
去年の2月に公録を一路と一緒に観に行くも、フルのライヴといったらもぉ、数年前の話になってしまうのです。
ライヴハウスっていうのがネックだったし、その前のライヴが乗り切れないまま終わってしまった事もあって、少々遠ざけていた所があったのが事実。
あれから数年が経ったCANTAは、良い感じになっておりましたよ。温かいんだな、ファンもステージも。
そんな中、楽しげに笑っているメンバーを見て、思わず子を思う親の心境。
「良かったなぁ~!」って。ホントに思った。
秋の追加はいけるかどうかは判らないけれど、また観たいと思いました。
でも出来ればもぉ少し、広めの場所でお願い。苦しくて酸欠だったよ、俺!

今日は当り日じゃないけれど。
昼間、アメリカンなレストランでお喋りをしている時。途中、トイレに立った時に何かが頭に当たりましてね。
その時には何だか判らぬまま、トイレへと向かったのですが、席に戻る途中、ゴロンと転がっていたのは大き目な海老のしっぽ。
コレが頭に当たったのかー!っていうか、どこから飛んできたのよ???っていう話よ。
で、ライヴの時。
後ろの方で身動きもほぼ出来ず(いかんせん小屋の中が暑くて苦しかったんだ)、ハンカチではたはたと仰ぎながらステージを見ていたのですが(こりゃ傍目から見たら、相当ノリの悪い、感じ悪い客だったに違いない)、アンコールの最後の曲の途中、胸元に重い当たりがありましてね。
仰いでいたハンカチが当たったもんだと思ったら、実はMASAKIサンが投げたピック。
それがそのまま足元に落ちていたので、誰もそこに飛んできた事に気付いておられなかったので、そっと拾って何事もなかったかの様にバッグに仕舞いました。
マッキー、お土産ありがとう。コレはまた来いよって事よね???
canta.jpg
雨の中で、土曜の渋谷って事もあり、少々グッタリでありました。
明日は夕方から仕事なので、ゆっくり寝ようと思います。

あー、ライヴはやっぱり楽しいんだわ。
2006.05.28 (Sun) 01:26
姑が如く
昨日は怒涛の如く、レジをひたすら打ちまくって終わった1日でありました。
今日も今日とて、忙しく。出勤してから夕方まで、とにかくレジを打ちまくり。
オープンしてもぉすぐ1年になるこのお店。漸く地域に浸透してきたのかも知れません。
良き事、良き事。

夕方、昼から来ているパートさんと入れ違いで、バイトちゃんが数人出勤して参りまして。
その内の2人が先月、今月と入ったばかりの新人チャン。2人共が初バイトであり、余りバイトに入らない事もあって、イマイチままならない様子。
で、2人を背中あわせのレジに入れて、後ろで戀子が2人の仕事を観察しながら、指導していくという事に。
軽く姑チックで、ホントは好きではないのだけれど、仕事だからしゃーないわな。

どちらにも共通しているのが、ひたすら焦ってしまうという事。
操作や流れが把握しきれていない上に、や、だからこそってのもあるんだろうな、目の前にいるお客様にも焦ってしまう。
やりながら、『コレをやるんだった!』って思い出して、それを同時に行おうとする。
そうするとグダグダになってしまうのですよ。
同時にやらないで、1つの動作を終えてから次へ行けばいいのだけれど、何だろう、思いついたらやっつけるという様な、そんな感じで。

それを一々云って、その度に良い返事が返ってくるものの、いざ・・となるとまた同じ。
うーん、ホントにアレだ。人にものを教えるのって難しい。
ワタクシは物事を言葉で人に伝えるのが苦手で、つくづく向いていないと思うんだけれども、傍で見てくれている方々の『大丈夫だから』という言葉を頼りに頑張っているのですが。

そうは云っても、仕事は数こなしてナンボ、失敗してナンボ。
そうやって彼女達も覚えていくんだろうけれどもね。
お客様を怖がらない状態に、少しでも近付けたら良いね。

さてさて、明日は久々のライヴだ。
早く寝ようと思いつつ、今宵も中々眠れない。
2006.05.27 (Sat) 03:27
自己紹介バトン
昨日の雷雨が一転、今日は気持ちの良い晴れ日でありました。
暑くもなく、かといって寒くもなく。
今宵も夕方から深夜までの女王勤務で、出勤したらモーレツに忙しい最中。
いつもの倍ドンに感じられたのは、その1台に最近漸く1人立ちしたばかりの新人チャンが入っていたから。
こりゃ大変だなぁ~・・と思っていたら、やはり大変な状態がずーっと続いて。
いつもはレジを打ちながら品出ししながらと、あっちもこっちもな戀子でありますが、今日はそんな事、まるで出来なかった。
新人チャンがいたから、というよりは、ただ単に客数がいつもより多かっただけの様。
忙しいとあっという間に時間が過ぎるのでヨシ。
今宵も閉店まで、怒涛の如くの忙しさでありました。
レジしか触っていないわ、今日は。


さてさて。
きよチャン、そしてもも★から回って来た、その名も『自己紹介バトン』。
そして今宵も戀子は走り切る事が出来るのか???


0.回された人の他者紹介
とにかく繊細なんだ、この子は。もも★って子は。
その内側には色んな引き出しがあって、そのどれもが中々興味深くて。
戀子の周りを見渡す限り、他にいないタイプ。
だからこそ面白いんだな。
そんなもも★に戀子はキュンキュンなんだ。

きよチャンは何事にも一生懸命な人なんだ。
色んな意味で、実は戀子と共通項がいっぱいで、とても他人とは思えないんだ。
遠く離れた我々なので、未だ1度もお逢いした事はないのだけれど、いつか絶対に逢いたいと思わせる人。
きよチャンを見ていると、頑張ろうって思えるんだな。


1.回す人5人を最初に書いておく
■マンゴー
■イヴさん
■楓
■たーけん
■こおりチャン

今、モーレツにアナタ方にキョーミ津々な俺。
時間がある時にでも、さらりと自己紹介してくれたら嬉しいのですよ(頬を朱に染めながら、軽く上目遣いで)。


2.お名前は?
■ハンドル
高柳戀子(たかやなぎ・れんこ)。
戀子の戀の字が好きなのです。
■本名
これはSecret Object!
HNとかぶっているのは『子』だけです、とだけ。


3.おいくつですか?
去年チーム30の仲間入りを果たし、現在31。三十路の万年思春期気取りな乙女。
サーティーワンな今年は、アイスクリームの様に甘く生きてやる事が目標。
そしてそれは、32歳の誕生日を待たずして、『やはり人生、甘かねぇな』という言葉で〆てみる。


4.ご職業は?
スーパーでチェッカーやってます。レジ打ち職人。
レジ捌きは速いです。でも札を数えるのは遅いです。指の脂、札に取られ放題。
海綿ナシには、袋も札も取れません。


5.趣味
和食器&和雑貨集め。
一路と共にラブホ巡り。
再燃した食玩集めは、再び終息の勢い。でも油断するとヤバい。


6.好きなタイプは?
男女に関わらず、優しい人が好きだ。
単純に甘えさせてくれる人ではなく、きちんとした形の『優しさ』を持ち合わせている人。厳しい事を敢えて云えるだけの人というか。
男子に限定すると、明るく爽やかで、それでいてセクシーな人。
誠実であると云う事は、云うまでもなく。


7.特技は?
色んな人の相談役になれる事。なれるっていうか、気付けばそうなっているというか。
相談役っていうと大袈裟な何かの肩書きみたいだけれど、単純に相談される人。
これ、小学生の頃から変わらず。
友達に限らず、然程仲良くもない人まで、ホントに様々。
特技だと云っていいのではないかと思う域。


8.持っている資格は?
上記に繋がるかも知れぬ、『精神対話師』。


9.悩みが何かありますか?
色々あります、人間だもの。


10.好きな食べ物嫌いな食べ物
好き:寿司、刺身、あん肝、モツ煮、パスタ。
嫌い:カリフラワー、ふき、みょうが。


11.愛する人へ一言
誠心誠意、愛します。
わたしの事を誠心誠意、愛してくれるアナタだから。


12.指名した5人の他者紹介を簡単に

■マンゴー
美人チャン、そしてヲタ。興味の方向が中々素敵。ギャップ万歳。
■イヴさん
15年近く振りの再会なので、学生時代の印象だけですみませぬ。
とにかくネエサンな人。頑張って、頑張って、頑張りすぎちゃうトコもあわせて魅力。
■楓
趣味・廃墟の人。若しくはライフワーク。1つの事を徹底して掘り下げていく印象強し。
■たーけん
イヴさん同様、15年近く振りの再会なので、学生時代の印象だけですみませぬ。
大らかで温かな人。青春の甘酸っぱい時期を共に過ごせたのは僅かな時間だったのに、強い印象を与えるのは何故?
■こおりチャン
全てが艶っぽい人。見た目も、人柄も、綴る文章も。彼女の色恋話を聴きながら、夜を明かしてみたい。


自己紹介って、意外と難しい・・
ワタクシ、人様からはどう見られているのやら。ねぇ?
2006.05.26 (Fri) 02:34
雷雨全開
それにしても、今日のあの激しい雷雨は何だったんだ。

出勤した昼過ぎまでは晴れ間も見えて、暑くてね。更衣室の中はサウナ状態だったのだけれど。
それから2時間かからずにあの雷雨。
途中、小降りになったと思ったのも束の間、また半端なく降りだして。
結局、帰る時間になっても雨は止まず、びしょ濡れになりながら帰りました。
まぁ、店から家まで徒歩5分ほどですから。長距離通勤していた頃を思えば、あっという間に着ける分、全然マシな訳ですが。

子供の頃からそうだったけれど、こういう激しい雨風って、実は嫌いではないのです。
や、こんな中、外でお仕事をされている方々は大変だと思うけれど、被害に遭われる方々はそれ以上に大変だと思うけれど。
まぁそれは一先ず置いておいて。

無駄に上がるあのテンションね。
日常に非らずと書いて非日常。この非日常な空間がたまらないのだろうかな。
激しい雨は汚いものを洗い流してくれる様な気にもなるし。ねぇ?
次の日の青空がそれを象徴しているかの様にね。

明日は晴れるんだろうかな。
もぉ梅雨は近いんだろうかな。

そして今宵も中々眠れない。
2006.05.25 (Thu) 01:58
自分メンテ
仕事で嫌なお客様に遭ったりしちゃうと、がっくり来ちゃうのですよ。
そんな事に一々気にとられていちゃ、こういう仕事は出来ないのは判っているし、普段なら気に留める事もなくあっさり流せる事だとしても、でも時々、それがめっさ引っ掛かる事があるのです。

そういう時って続くもので、ろくでもないお客様にばかり遭遇したり、些細な事でイラっとしたり。
明らかに仕事の内容で自分に非がある場合は別として、大概は気の持っていき方でクリア出来るので、そんな時には自分メンテで心を癒してあげる方向で。

バスラヂヲを持ち込んで、日本酒を入れたお風呂にゆっくり浸かりながら、のんびりと楽しい事を思い出す。
何しろワタクシ、妄想族。妄想は得意なんですよ。
1人、お風呂の中でニヤニヤしながら、ダーっと汗をかいてすっきり。
これだけで体の中にある毒が出切った気がするのです。
日本酒がない時には塩を入れたりしてね。自分なりのお清めっぽい行為。

部屋では好きな曲を低く流しながら、お気に入りのお香をたいてリラックス。
自分の部屋は好きな空間ですし、その中で肩の力を抜いて過ごす時間というのは、本当に至福の時。
のーんびりしますよ。のーんびり。

ああ、次の休みが待ち遠しい。
・・なんて事を思ったのは内緒。
明日も笑顔で接客しまっせ。
自分メンテはまだまだ続く。
2006.05.24 (Wed) 02:52
健全おデート
ここ最近、夕方から逢うおデートが続いておりましたが、今日は久々に未だ陽が高い内からのおデートでありました。

今日も今日とて、完全ノープラン。
とりあえずご飯からってな訳で、久々に『亜細亜食堂サイゴン』へ行って参りました。
一路を連れて行くのは初めてで、彼も未踏のお店に興味津々。
いかんせん、好き嫌いがかなりある彼なので、場所選びにはいつも悩まされるのですが、このサイゴンはベトナム料理のお店といっても、日本人の味覚にあったベトナム料理っぽいし(ぽいって、何故なら戀子が本格的なベトナム料理ってモンを食した事がないので判らない)、戀子が食べたここでのご飯を見る限りでは、きっと一路も問題なく美味しく頂けるだろうと。

戀子のお気に入りは『サイゴンカレー』。
一路とお付き合いする様になってからというもの、辛い物、スパイシーな物が好きになったワタクシ。
カレーもその1つでね。
一路はカレーが好きなので、今回はこれをお勧めしてみる。
戀子は初のチャーハン。ランチのセットで頂きましたよ。
やっぱりカレーはヒットだったらしい。戀子が頼んだチャーハンも、ナンプラーがイイ感じで美味しく頂けました。
それにしても、ここのランチはとにかく安くてボリューム満点。苦しいお腹を抱えつつも、御満悦でありました。

折角天気も良い事ですし、公園でも行きましょうと、そこから車で30分足らずの大きな公園へ。
一路の車のトランクには、健全おデートセットとして、バドミントンセット、キャッチボールが出来る程の小さいボール、フリスビーを積んでおります。
今日の戀子は7センチのヒールのサンダルを履いておりましたが、この中には戀子のドライビングシューズも入っているので、問題ナシ。
何だって出来るのですよ。

この公園へは初めて行ったのですが、かなり大きな公園で。
一寸した山歩きコース、サイクリングコースあり、小川あり、芝生あり、バスケットコート、サッカー場、スケボー場あり。
色んな年代の人達が楽しく遊べる様になっておりました。

にゃあにゃあとじゃれあいながら散策しつつ広い芝生を見つけて、風が強い中を果敢にもバドミントンに挑む我々。
「目標、10回ね!」と、意気揚々と励んだのも束の間、「や、5回続けば!」、「何なら3回にしとくか???」と、弱気も弱気。
結局、「もぉやめ!」と、さっさとフリスビーに持ち替えて、ビシビシと投げあいました。
おデートで、カップルがきゃいきゃい云いながら、男子が一寸手加減しながらする、そんなモノは我々にはなくて、寧ろ体育会系。
そんなノリもワタクシ、大好きですよ。

バドミントン、フリスビー、キャッチボールと一通り済ませたら2人共満足して、風に吹かれながらベンチでお喋り。
高台にあるここから、向こうは○○の方だね、あっちは××の方だねと云い合っていたのだけれど、幾らランドマークが他にないとはいえ、その○○や××が全てラブホだってのはどうなんだ。
ああ、それにしても。
芝の匂いが気持ち良く、足元を忙しく行き来するアリは大きく。
こういうの、久しくしてなかったなぁ。
何やら健全な感じがね、よろしかったのですよ。
何せほら、ここ最近はラブホでマッタリが多かったので。

とはいえ、ですよ。
やはりラブホは外せないのですよ。運動しまくって汗かいたしね。お風呂、入りたいじゃない。
それに、周りを気にせずマッタリしたいじゃない。

TVを見つつ、面白いAVに笑いつつ、久々に2人でお酒を呑んでゴロゴロしつつ。
特にコレってな事はないけれど、そういうのが何より気持ち良いし、癒されるんだわ。
1週間の疲れを1日で解消。戀子の癒しは一路であります。
さて、これで明日からまた1週間いけますよ。
ファイト一発。
2006.05.23 (Tue) 03:21
だだ下がり、後。
今の仕事を始めて、来月半ばで1年になります。
周りの人も自分自身も、余りにここでの時間が濃いのでね。未だ1年にも満たないという気がしないのです。もぉ既に3、4年は経っていそうな雰囲気で。

日々、同じ様なテンションで臨む様に務めてはいるけれど、そうは云っても中々コレって難しい。
若い頃程ではなくなったものの、時には顔に気分が出る事もあるし、接客にムラが出てしまう事もある。
で、今日は当にそんな『まるでテンションの上がらない1日』でありました。

調度1年位ともなると、仕事も慣れて人にも慣れて、色んな粗が見えまくる時期。
ワタクシ、この時期ってのはヤバい時期でして。
これまでのどこの職場でも大概そうだったのだけれど、それまでぴんと張っていた糸が緩みまくって、全てが『あー、もぉっ!』ってな気になってしまうのです。

今の職場、人間関係もすこぶる良好ですし、嫌な業務は何もない。
強いて云えば、待遇面。もぉコレに尽きます。

云い出せばきりがないし、思い詰めたら今すぐにでも辞めたくなるので(重症)、内に留めている今日この頃。
でもさー、そうは云ってもアレよ。やっぱり愚痴りたい時だってありますよ。
1度思い始めると、面白い位にテンションだだ下がりで。お客様ともろくにコミュニケーションがとれなくて。
というより、寧ろ今日は『放っておいてくれ』というテンションで。
もぉこりゃ酷い。
そんな時だってあるので、とにかく早く時間が過ぎてくれるのをひたすら祈るばかりでありました。

夜になって、親友からメルがありまして。
ずっと留めていた事をツラツラと話している内に、何となくテンションも上がってきまして。
えぇえぇ、復活するきっかけなんて単純なんですよ。
留めていた事を聞いて貰うついでに、どうしようか悩んでいた事を話したら、そっと背を押してくれて。
うん、やってみようと思うのよ。やはり何事も経験だ。
ありあとー!アンタも今、大変だってぇのに!マヂで感謝だっ!!

かなりメルが溜まっていて、しかもそのどれもが気になる人三昧で、もぉどうにもこうにもな状態だったりするのですが、ワタクシ自身がどうにもこうにもになりつつあったので、レスもせずに放置プレイ。
ごめんなさいな、本当に。ちゃんと読んでます。かなり気になっているのです。
が、だからこそ。気合入れてレスしたいので、もぉチョイ待っていてね。
そんなこんなしている内に、みんなが復活しているかも知れないけれど。
それは全然オッケイな事なのだけれど。

今週も今日でおしまい。
明日はのんびりとおデートして参りますよ。
心身共に疲れているので、思いっきりにゃあにゃあして来ますよ。
2006.05.22 (Mon) 02:52
懐かしい場所と、音の記憶
今年の2月、古くからの付き合いであるREMAからmixiを紹介して頂いて以来、すっかりジャンキーの様にハマっているワタクシ。
これまでも地味にサイトを運営したり(コレは現在進行形)、同盟に参加する事でそこから新たな交流が生まれたりと、その時その時で楽しみを見出していた訳ですが。

mixiを始めてからというもの、それまで疎遠だった人と繋がったり、サイトを持っていなかったネット外の友達たちの日常をWEBで新聞の様に見知ったり、中々イカしたツールとなってくれております。
特にネット外の友達たちの日常がこうして知れるというのは、距離的な問題だったり、公休の絡みで中々逢えない友達が多いワタクシにとっては、ホントにありがたい限り。
まるで逢えないのに、しょっちゅう逢っている様な錯覚に陥ります。
そんなのもまた素敵ねっていう。

サイトをご覧になって下さると判るのですが、ワタクシ、同盟にバンバン入っておりまして。
このmixi上にも同盟と同じ様に、趣味や好きなモノ、関心事、その他モロモロを他のメンバーと共有するコミュニティというモノがあるのです。
そしてワタクシはここでもまた、バンバン入っておりまして。
まぁ、入っただけになっているコミュが殆どなのですがね。
入りに入って350over。ザッと見渡すと、それはそれは圧巻なのですが、そのどれもがワタクシの好きなモノだったり、好きな事だったり、興味がある事だったりするのだから、良く云えば多趣味、悪く云えば気が多いという事になるのでしょうかね。

そんな中。
今迄、特に気にも留めなかった母校のコミュはあるのかと。
何気なく検索してみたらあったんですよ、我が母校。
見つけたのでここにも入りまして。何しろ狭いコミュですので、知っている人がもしかしたらいるやも知れぬと、立っているトピックをじっくり読んでいってみたのです。

で、ビンゴ。
同じクラスだった子は見付からなかったのだけれど、同じ部活だった先輩&同期を数人発見。
もしかしたら・・というより、ほぼ100%そうだろうと。
その内の同期1人には思い切ってメッセージを送ってみました。返事は来るかどうか判らないけれども、まぁそれはそれでヨシだろう。

と、そんな事を思っていたら、先輩からメッセージを頂きました。
探り探りの中だった様ですが、さて先輩、ワタクシの事を覚えてらっしゃるでしょうか。
キーワードを幾つかピックアップしてみたのですが。

それにしてもアレだ。
何というか、懐かしい場所を見つけてしまった感じです。
あの頃、それなりに楽しい学生生活を送っておりましたが、2年の途中からは聖飢魔II信者ライフに拍車がかかり、意識がそっちへ大きく傾いていたのも事実。
けれど、やはり毎日を同じ空間で過ごした人達というのは、無条件で特別な存在なのです。会社などの組織とはまた、全然違うしね。
利害も何もない関係ですしね。

今回、メッセージを送って下さったのが部活の先輩という事もあって、部内のあれこれをつらつらと思い出しました。
ワタクシは3年の春で、受験の絡みでドロップアウトしてしまった口なのだけれど(結局、モロモロの事情で受験しなかったのだから、このドロップアウトもまるで意味がなかったという)、それでもあの時間は濃くて濃くて。
今でもはっきりと思い出せるほどに濃くて。
色々あって手を離した人、離された人、何となく疎遠になった人と色々いるけれど、また話が出来れば嬉しいし、それが叶わなかったとて、別の場所で元気で暮らしているというのが判れば、それはそれでまた嬉しい。

狭い部室の中に並ぶ楽器たちと、そこで毎日の様にかかっていたサザンと。
部室の外にあったベンチで色んな話をした事と、小さく交わした秘密の手紙と。
ああ、本当に懐かしい。

懐かしい場所を思い出せて、一寸幸せな気分になりましたよ。

行ってみるかな、学校。
今となってはあのどこまでも続くだろう坂も、息切れナシには上れないだろうけれど。
2006.05.21 (Sun) 02:06
下降気味
精神的なモノの所為か、実はここずっと、体調がよろしくありません。
口にすると負けてしまいそうなので、見ない振りでやり過ごしてきた訳ですが、こりゃ一寸よろしくない。

今日も終わって後2日。
明日は女王、明後日は通常。
もって欲しい。

どうにかなっているのかな、この体???
2006.05.20 (Sat) 00:01
久し振りの女王様
去年の夏から今年の頭頃まで。
午後から深夜までの勤務だったワタクシは、職場の皆から『夜の女王』と呼ばれる様になりました。
今は深夜勤務から外れ、昼過ぎから夜の勤務になったので、夜の女王もご卒業。
『夜の』が取れて、『女王』の名前だけが残ったという。

それが今日は、久し振りに夜の女王が復活。
今週はいつもの勤務と深夜の勤務とが交互に入って来て、体の調子を整えるのが一寸ばかり大変な週となっております。
中々ね、難しいのですよ。早かったり遅かったりするとね。ペースも掴みづらくてね。
それを思うと、病棟勤務の看護師サンなんぞはすごいよなぁ。
バラバラのシフトだものね。頭が下がります。

夕方から出勤し、アレやらコレやらやりながら夜。
閉店までの数時間、1人でレジを回す訳ですが(小さいスーパーだから出来る事だ)、今日は暇で暇で参った。夜が長かったなぁ。
今やっている時間帯はピークが幾つもあるので、あっという間に過ぎていくのだけれど。
夜はね。時間の流れが昼間よりは幾分ゆっくりですから。

明日はいつもの時間の勤務。
今宵は早く寝てしまわないと。
2006.05.19 (Fri) 01:44
ぼんやり
いやいやいや、昨日は寝すぎました。
9時過ぎに寝て、深夜1時過ぎに目が覚めて。
それで完全に目が覚めるかなぁと思いきや、すぐにまた寝ちゃって。
起きたら10時半ですよ。
腰が痛くて起きたものの、それがなかったらきっと、まだまだ眠れたという程の勢い。
どれだけ眠かったんだ???
連休で体が休まった筈なのに、この強烈な眠気の所為で、どうにも休んだ気がしないのです。

2日開いて久々な感じの仕事。
店に行っても、仕事をし出しても、まるで頭が起きてこない。
ぼんやりもぼんやりだ。
いつもの2割減ほどのスピードでしかレジをさばけず、もぉ全然グダグダですよ。
ミスらなかったのが奇跡的でした。

今日は何故だか友達からの誘いだ何だが一気に来て、アラララな感じでありました。
それにしても、何がどうなるか判らない。
やっぱり変化の時なんだ、きっとみんな。

今週は始まったばかり。
そして明日は久々に夜の女王。
2006.05.18 (Thu) 01:55
久々の1人時間
実に11週間振りにもなる久々の連休。この間ずっと、週1でやっていたからね。
兎に角ゆっくり眠るつもりが、朝っぱらからの派手な工事の音で起こされてしまい。
負けずに寝てやろうと頑張ったものの、ひたすら寝返りを打ちまくるだけで、結局は眠る事が出来ずに諦める。
ああ、ゆっくり寝ていたかったのに。
ああ、仕事の時よりも早い時間に起きてしまうとは。

まぁでも、早く起きたらその分だけ1日も長いからね。得したと思う事にしますよ。
折角なので、久し振りに1人でお出掛けする事に致しました。

もぉ来週末に迫った『CANTA』のライヴ。
@ぴあで既にチケはゲットしていたのですが、『前日までにすれば大丈夫だし』と、紙発券は未だしていなかったのですよ。
が、来週末までにぴあに行く時間がありそうでなさそうだったのでね。ここらで行かないと。
実は昨日、一路と逢う前に最寄のぴあへ行ったものの、そこは1月末で閉店してしまっていて。
すぐにそこ以外の最寄のぴあをケータイで検索したら、そこからすぐの場所に発見。
で、時間もなかったので急いで行ってみたら、スタッフさんがお昼休みで30分以上は戻らないとのお知らせ。
そんな感じで、昨日は諦めて帰ってきたのです。

今日は昼前という早い時間に行きましたので、問題なくあっさりゲット。
しかし、昨日はスタッフさんが1人しかいなかった様なのに、今日は2人もいてスタンバっておりましたよ。
まぁいいさ。コレで安心。後はライヴの日を待つだけよ。

本当に済ませたかった用はこれだけだったので、後はのんびりとウィンドウショッピング。
ここからすぐの場所に『ヴィレッジヴァンガード』が出来たというので、早速行く事に。
ここは、戀子がよく行くどのヴィレヴァンよりも規模が小さく、その分だけアイテム数も少ないのだけれど、場所といい、色んな意味で穴場なのかも知れません。
平日の昼間、しかも雨降りという事もあって、誰にも邪魔されず、周りを気にせず、ゆっくり見る事が出来ました。
某大手スーパーの中にあるので、何だか判らないまま入ってきてしまったらしきオジサマ、オバサマ方が何人もいらっしゃって、そのきょとん顔が面白かったです。
そうだよな、知らずに行ったら、あそこは毒がいっぱいかも知れませぬ。
その毒っぽさが好きなんだけど。

そこから程近いショッピングモールへ足を伸ばし、グルグルと巡る。
雑貨屋サンや文具屋サンを巡ったり、Pinky&Dianのバッグをチェックしてみたり、疲れてお茶をしつつ、手紙を書いてみたり。
人がたくさんいる中で、お茶をしながら手紙を書くのが好きなワタクシ。
ザワザワしているのが妙に落ち着くとでも云いましょうか。バスや電車を使って通勤している時などは、よくこういう中で手紙を書いておりました。
今は徒歩5分チョイですからね。好きな時間が1つ減ってしまいました。

結構長い時間を1人でフラフラしていた訳ですが。
やー、たまにはこういう時間が必要ですよ。一路に云わせると『それって淋しくないか???』となるのですが、いやいや、そうではない。
独りなのと1人なのとでは大きく違って、戀子が好きなのは後者の『1人』。
誰に気を使うでもなく、適度に毒抜き出来るのでね。

でも、体は休めたかといえばそうではなくて。
未だ9時前だというのに、今はモーレツに眠かったりします。
そんなんで、ボチボチ寝ますよ。
中途半端に起きたとしても、それから寝て昼前までに起きられれば問題ナシ。
よし、寝よう。
2006.05.16 (Tue) 20:51
のんびり、ダラダラと
昨日、一目惚れした靴。今朝になっても忘れられず。
ああ、アレは運命の出会いだったのか。そうだったのかも。うむむ。

ここ最近の一路とのおデートは、専らラブホでダラダラしてばかりおります。
一路はここずっと、かなりハードな時間を公私共に送っておりますので、週に1度しかない休みで遠くへ行ったりなど、疲れさせるのもアレかなと。
そんなこんなで、ラブホでTVを見たり、おしゃべりしたりと、まるで家状態で過ごしているのです。
今日もそんな感じでね。

少し前に初めて行ったこのラブホ、サービスも部屋も中々良いのですよ。
色々持ち込んで、今日は聖飢魔IIのDVD鑑賞会。
家では出来ない、大音量での鑑賞ですな。
一路も去年末に初めて聖飢魔IIを見て以来、ハマったとは云わないけれど、興味は持った様で。
この間やったNHKの特番も、云われる前に録画していた位で。
好きなら好きって云えばいーじゃん、このやろぅ。
そんなこんなで、家のTVの倍くらいはある大きな画面で見る聖飢魔II。
ホームシアターがついていたので音質も良いし、すっかり癒されまして。
まぁ、癒されたのはワタクシだけかも知れないけれど。

それにしても、どうにも疲れすぎていたのか、今日は本当にダラダラでした。
お互い、明日も休みだという事もあって、気が緩んで余計にグッタリだったのかも知れません。
ラブホを出た後、遅い夕食を済ませ、未だ名残惜しかったか「お茶でもしに行くかー」と一路が云ってくれたものの、疲れが顔に出ていたからね。
「疲れているでしょー?」というと、「んー、一寸なぁ」と苦笑い。
なので今日は珍しく、日付を跨がずに帰って参りました。

明日は多少ゆっくり出来るみたいですし、ここで1度リセットして、来週また元気に逢いましょう。
戀子も今宵は早々に眠るよ。
そして明日は遅くまで寝ているよ。

久々の連休、気持ちがかなり楽ですな。
2006.05.16 (Tue) 01:49
ジワジワと動き出す
古くからの友達たちから、立て続けにハガキが送られてまいりました。
1通は、先頃生まれた2番目の息子チャンのご報告ハガキ。
もぉ1通は、転居のお知らせ。

この転居のお知らせをくれた友達は、結婚してすぐに始めた同居をきっかけとして鬱病になり、それから程無くして旦那サンも鬱病となり、その間に娘チャンも生まれ。
けれどとても同居を続けられる状態ではなくなり、それぞれがそれぞれの実家で数年に渡って生活をしておりまして。
この春、病状が回復したのと、娘チャンが幼稚園に上がるのをきっかけに、新たに親子3人で生活する事になりました。そのお引越しのお知らせ。

一時期はどうなるだろうと、本当に気掛かりだったけれど。
でもこうして、明るい話題を聞ける程になって、しみじみよかったなぁと思うのです。
勿論、これから先だって不安は多いだろうけれど、そうは云ってもね。

ここ最近、良くも悪くも、周りの友達たちの多くに色んな形での変化が起きている。
そういう時期なんでしょうかね、何なんでしょうかね。
まぁでも、ずっとそこで足踏みしていたのが動き出すのは、良い事なんだろうと思う。
前へ進むにしても、後ろへ下がるにしても、その場から動き出さない事には何ら変化がないという事で。
良い方向へ動けば文句なしでヨシですし、そうではない方向へ向かうにしても、動かなければ気付けなかったという意味ではヨシでしょうし。

ワタクシもいずれ、その動く時を迎えるんだろうかな。
一昨年の大きな変化以来、新しく立ったその場でのんびりと周りを見ながら佇んでいる気配のワタクシですが。
そう思いながらも、何となく誰かに背を押されている感じがしなくもないのですが。

少なくとも来年の今頃は、今とは違う場所で笑っていたいと思うのです。
今の様な心配事は解消されて、穏やかに暮らしていたいと思うのです。
その時々で抱える悩みはあったとしても、それはそれで。
今より一歩でも先に自分の姿があれば、それでヨシ。

人は変わろうと思えばいつだって変われるから。
変わる気になれば、性格だって変えられるから
自分の今に云い訳をしないで、変わっていきたい。
変態ですよ。うん。

仕事の後、母をつれて買い物。
母の日ですのでね。大した事は出来ないけれど、今出来る事を精一杯。
靴が欲しいと云っていたので探しに行ったのですが、それを探す中で自分が一目惚れしちゃった靴があり。
買おうか、どうしようか、散々悩んだ末にやめて来ました。
が、今になっても諦めきれず。
いつもなら即買いの超~~~お買い得お値段だったのになぁ。

そんな物欲渦巻く中で悶々としながら、今週は終わり。
明日、明後日は久々に連休です。
そろそろ体を休ませないと、一寸クラクラして来ております。
2006.05.14 (Sun) 23:48
90年生まれ
今日から新しいバイトちゃんの研修。
大人びた彼女は、高校2年か3年かってところかなぁと思ってみていたら、何とまぁ1990年生まれ。
いよいよ来たか、90年代!

それにしても、この間迄義務教育を受けていた彼女。とうとう自分の年の半分以下の女子が同じ職場に現れて、思わずクラクラ。
当然の事ながら、若さで勝負する気は毛頭ないんだけれども(どう比較したって勝ち目はないし)。
三十路の女子のかわい子ぶりっ子で、今日もバイトちゃん達を笑わせる俺だ。
えぇえぇ、笑われてナンボなんですって。
もぉねー、三十路の壁を越えたら最強っていう伝説は本物。
怖いものがどんどん少なくなって行く。アタタタ。
や、寧ろコレは快適なのか???

彼女が生まれた90年の戀子は、当に思春期真っ只中。
調度、彼女の今の年と同じく、高校1年生でありました。
もぉ今となっては、そんな時代もあったんだよねぇ~・・といった風。
15年前の今時期といえば、高校入学と同時に吹奏楽を始めて、調度1ヶ月余り。
ホルンを吹く事、みんなで演奏する事の楽しさが少しずつ判り始めて、そして部内で見つけた淡い色恋にときめいたりしちゃって、何かと充実した時期でありました。
今はもぉ手元にはないけれど、当時、戀子が譜面入れとして使っていたバインダーには、聖飢魔IIの雑誌の切抜きと、当時好きだった先輩のイラストとが入っていて、俺的キュンキュンバインダーでありました。

あぁ、懐かしいねぇ。
淡い淡いあの頃に、キュンキュンですよ。
それにしても、15年前が然程遠くに思えないのは、やはりそれだけ年を取ったって事なのか。
だってさ、昨日の食事も思い出せないってぇのに、この頃の記憶っていったら、それはそれは鮮やかよ。
昔の記憶ほど鮮やかだってのよ。

今日の目からウロコは、90年生まれの彼女が尾崎豊の『OH MY LITTLE GIRL』を知らなかったという事。
「尾崎豊って、名前だけは知ってますけど」と。
そうだよな。尾崎が亡くなってもぉ10余年。調度その頃、生まれてきた彼女だものね・・(遠い目)
それに動揺する三十路女子と、三十路に手がかかろうとしている男子。
ああ、ホントに年ってとるんだな。

今日も終わって、後1日。
来週は久々の2連休が待っているわん♪♪♪
マッタリしたり、マッタリしたり、マッタリしたりするぞーっ♪♪♪
2006.05.13 (Sat) 23:55
最初から、最後まで
モーレツに溜め息を吐きたくなる様な話を朝っぱらから家族に聴かされ、何となく重たい気持ちで出勤した今日。
まぁ、色々あるけれど。
考えたところでどうにもならないし、今がダメなら次へ行くまでの事。
どうにでもなるだろう。どうにかなるだろう。
放り出さずに、吹っ切っていけ。

当然の事ながら。
人の数だけ抱えているものがあって。
どんなに近しい人であったとて、その全てを受け留める事なんて出来はしない。
口も手も足も出したいところだけれど、結局は最初から最後までを請け負うだけの事は出来ないので、求められる事以外は何もしないで傍観していようと思うのです。
ケースバイケースですがね。
最終的には自分で決めなくてはならないし、自分で動かなくてはどこへも行けないし、そうしないと終える事だって出来ない。

抱えているものを受け入れる事で初めて、前へ進めるんだろうか。
逃れられないものであるならば尚の事、全力で走ろうともずっと影の様についてくる事ならば、自分の実として受け入れ、昇華するしかないのかも知れない。

それで随分、色んな事が楽になった様な気がするのです。
激しく拒絶したところで、消し去る事が出来ぬのであれば、それはそれとして受け入れる方が、日々を過ごし易いと思うのですよ。

まぁ、色々あるけれど。
それでも、色々あっても。
2006.05.13 (Sat) 00:54
お疲れサマンサ
ぼちぼちね、体が悲鳴をあげつつある様です。
今日もいつもの様に出勤したのだけれど、どうにもこうにもしんどくてねぇ。
帰りたいなー、なんて思いながら仕事をしておりましたよ。
1度、スーさんに「体調が思わしくないので帰りたい」という話をして、オッケイ貰ったんですがね。上がれるだろう時間が来たら、残りもやっつけようかなという気になって。
で、結局は最後までやってきました。
中途半端なんだもの、6時間ってぇのはさ。

この『しんどい、ダルイ』っていう症状は、ともすればただの怠け癖の様に取られてしまうのですが、DM患者にとってはコレって結構なサインだったりする訳で。
どこそこが痛いとか、苦しいとか、そういう症状が一切ないからね。だから判りづらい病気でもあるのですがね。
DM歴が中途半端に長いワタクシも、未だに『精神的にダレているだけなのかなー』と思う事もしばしばで。
そういう時と、そうではない時の差は歴然たるもの。で、今のダルさはそうではない方のものだと思うのです。

最近では、ここずっと落ち着いていた眩暈が頻発しているので、自分の体の様子を覗いつつ、適度に動いたり、休んだりをしようと思います。
仕事を休む訳にはいかぬからな。

モーレツに眠いので、今宵は早々に寝ます。
やっと今週、折り返し地点。
2006.05.11 (Thu) 23:07
アイタタな腰と懐古的アレ
昨日の品出し祭りが腰に響きまくり。
加えて生理なので、余計にね。
今日は派手な荷もなくて、暇だった事もあって、レジに篭もってみたりしました。
たまにはこんな日があったって良いだろう。普段、動き回っているんだしねぇ、という事で。
そんな今も、腰が痛くてまいっちんぐ。
どうか日曜までもってくれます様に。
仕事の間、持ち堪えてくれればそれでヨシ。

ここ最近、ずーっとTHE YELLOW MONKEYの『真珠色の革命時代』を聴いていたワタクシ。因みに『MOTHER OF ALL THE BEST』に入っているライヴバージョンね。
もぉ、もぉ、カラオケに超~っ行きたい。
ひたすらイエモン、歌いたい。
や、イエモンに限らず懐古万歳で、80年代~90年代を歌い倒したいのです。
ロックから、歌謡曲から、何から。
最近の音楽なんて、とんと知らぬのでな。

とりあえず、一寸疲れているらしいという事だけは判りました。
見て見ぬ振りをしているだけです。アハン♪
2006.05.11 (Thu) 01:40
未だ始まったばかりだというのに
休み明けの今日。
GWが明けて、とにかく今日は荷がいっぱい。
「コレは品出し祭りけ~???」なーんてみんなで云いながら、サクサクと荷を捌いていく。
捌いても捌いても、次々と荷が入ってくるものだから、中々終わりが見えて来なくてねー。
何だか1日中、ずーっと品出しをしていた気がします。
レジ、大して触ってないなー。

品出し祭りも終わり、漸く上がる時間になって。
「もぉ帰るよー」とバイトちゃん達に云いながら去ろうとしたら、「何帰ろうとしているんですかー!」と止められる。
オバチャン、アンタ達みたいに若かねぇんだよー。
頼むから帰らせてくれ。
そして眠らせてくれ・・

もぉ、よりが戻る事もないのかもなぁ~・・と思っていたカップルが、見事に復活愛。
ああ、それにしてもだ。やはりカップルの事は当人同士でないと判らないモンですな。
思わず「あー、心配させやがってーっ!!」と彼女の方には云っちまいました。
でもまぁ、良かったね。オバチャンもこれで暫くは安心よ。
泣いた分だけ笑えれば、それで良いわよね。

しかし、今週も未だ始まったばかりだというのに、この眠気は何なんだ。
ゆるゆると今日は寝ようと思います。
PCを前にしても、グラングラン揺れる程に眠いのです。
2006.05.09 (Tue) 22:26
大事にしましょう
今日は内科の受診とおデートの梯子。

内科では、数ヶ月振りに眼底検査を受けました。
2年通院していた眼科医院の先生とどうしても合わなくて、行かなくなってしまって半年以上。
ここは今かかっている内科医院の紹介で行った眼科ですし、重度の網膜症を抱えておりますし、やはりそこは気掛かりなので行かなければ・・と思いつつも、ドクハラだと思うアレコレを受けてから、どうしてもダメでね。
で、意を決して内科の先生に新たな眼科を紹介して頂きつつも、その眼科の場所が一寸厄介で、中々いけなくて。
したら前回の診察で、「眼底をやって、その結果次第でどうするか決めましょう」という事に。

いつもの様に採血をして、尿検査をして、その後で眼底検査。
同じ待合には会社の健康診断で来たという、若いスーツ姿の男子達が何人かいて、何やら楽しそうにしておりました。
眼底が気掛かりだった事もあって、戀子は少々憂鬱で。
その楽しげな様を見るも、何となく『あー、もぉっ!』な感じでありました。
検査そのものは然程時間もかからずに終わりますので、後は診察を待つのみ。
ここで結果を伝えられるのです。

待合室では昼ドラの『偽りの花園』がかかっておりました。
ワタクシ、昼ドラってまるで見ないんですよ。今回のこのドラマには、仮面ライダーのどなたか(ごめんな)が出演されているらしく、それで方々のブログなどで話題になっていたのは知っていたものの。
でね、見るとはなしに見ていたら、遠山景織子チャンが義兄に「ねぇ、抱いて!抱いて!」と、しきりに抱いてコールをしておりまして。
余りの『抱いて』の頻発っぷりに、つい笑ってしまった次第。
あの激しさがやはり昼ドラの醍醐味なのかしらね。

そんなんで笑っていた矢先、呼ばれて診察室へ。
場合に寄っては、そのまま眼科へ行けと云われるんだろうと覚悟をしていたのですが、結果は良好。出血も、新生血管もなくて綺麗そのもの。
やー、やー、良かったぁぁぁーっ!!
この分ならば、眼科へは通院しなくても大丈夫との事。
眼底検査は内科でも定期的にやっておりますし、経過をみていきながら今後はやっていこうという事になりました。
あー、ホントに大事にしよう、これからも。

内科から眼科へ行くだろうと踏んで、一路との待ち合わせ時間も随分遅くしてもらっていたのですが、予定より2時間近く早く終わったので、一路に連絡をいれつつ、お茶して待つ事に。
それにしても、最寄の駅ビルに入っていた和カフェが、戀子が落ち着ける空間だったのですが、それが撤退した今となっては、ゆったりと静かにお茶が出来る場所がこの街にはない。
切ない・・
で、結局。ロッテリアでお茶を飲みつつ、ぼんやりしつつ。
うるさすぎず、静か過ぎずの程良い感じで気持ち良くいたら、隣りに座ったじいちゃんが傍にいたスタッフちゃんにクレームを云い出して。
コーヒー1杯飲むだけだったのに、カウンターのあの子が無理矢理進めるから、要らないデザートまで買うはめになった。
コーヒーも飲まずに帰ろうと思った、云々。
さり気なくテーブルを見たら、コーヒーもデザートも完食されておりましたが。
一寸うんざりしちゃったので、やむなく撤収。
仕事以外で、その手の話は聞きたくないのです。うん。

一路と合流してからは、完全にノープランなおデート。
今日は(というより、今日も)逢う時間が遅かったので、どこそこへ行って○○しよう、という感じではなくて。
それにお互い、やはり疲れているので(元気がなくてすまんのー)、フラフラしてマッタリというパターンで。

ここ最近、メルは控えめにしている戀子。
今の一路の日常はホントに半端なく忙しいので、精神的な疲労もいっぱい。
そんな中、余計な事で気を使わせたくないというか、何というか。
毎日だったところを半分以下に減らして、その分を睡眠に当ててもらって。
寝て体力を温存させないとね。やはり色々ありますから。
そうして半分以下になったメルを補うべく、逢ったらもぉマシンガントークですよ、お互いに。
マシンガンになる程、今は話題があるのかなぁと思うのだけれども。
戀子は家と職場の行き来だけで友達とも逢えないし、一路は一路で仕事と病院の毎日だし。
そんな生活の中でも、まぁ色々あるんだなぁと。
こういう時に思う次第であります。

それにしても、今日は1日喋り倒していた気がします。
その分だけ、恋しかったのか。
逢いたかったのか。

真面目な話からあらゆるアレなプレイの話まで、まぁ色々なのですが。
そんなのもまた、楽しいのです。

これでまた、今週も頑張れるというもの。
色んな事を、色んな時間を、大事にしましょう。
今日という日は、残りの人生の最初の1日なんだもの。
2006.05.09 (Tue) 03:45
のんびりと
連休中はめっさ忙しかったのだけれど、連休最終日の今日は程よく暇でねぇ。
のんびり、のんびりですよ。6連チャン最終日のワタクシには、調度良い。
適度にやりたい事も出来て、適度にレジも打てて、良い1日でありました。

最近また、腱鞘炎が復活気味なのですが、かかりつけの接骨院へはバスを乗り継いでいかないといけない場所だったりして、中々定期的に通院出来ないという現実。
戀子の手の場合、PCやレジのキーを打つのがダメなのではなく、品出しをしたりする時の、ワキワキした手の動きが(や、そんなにワキワキしちゃいないが)どうにもいかんみたいで。
前の職場である肉屋での作業が、長い腱鞘炎生活の駄目押しっちゃあ駄目押しだったのかしら。
両手の薬指、下手したらガッと曲がったまま伸ばせなくなってしまうのですよ。
怖い、怖い。
そうなった時には、ゴーインに伸ばしているけれど大丈夫なんでしょうかね。

そんな感じで、明日は漸くお休みデス。1日の休み、大事にせな。
ミナサマ、GWは満喫されたでしょうかね???
された方も、そうではない方も、一先ずGWは来年までお預けですよ。

・・さて、寝るかな。
2006.05.08 (Mon) 01:36
今、この時に
今、この時。
眠れぬ夜を過ごしているのだろうか、彼女達は。
先が見えぬ暗い闇の中を、彼女達は歩いているのだろうか。

その声に耳を傾けるも、出来るのはそこまで。
後はただ、彼女達の足跡を辿りながら、行き着く先を見守るばかり。

アナタ方が抱えるその喪失感を埋めるだけの術を、わたしは持たない。
そしてそれを埋められるのは、誰あろうアナタ自身の手でしかなくて。
アナタ自身と立場を変わる事も出来ぬし、かといって、知った風な安易な言葉などかけられはしない。

底なしの沼だと思われる場所であったとて、そこは決して底のない沼ではないのです。
目の前に立ちはだかる壁は、決して越えられない高さではないのです。

つらくなったら、声を上げて下さい。
何が出来る訳でもないが、その声を聴く事は出来るかも知れない。
けれど、そこから先の一歩は、やはりアナタ自身の足でないと、進める事は出来ぬのです。

どうか、今の闇を抜け出でて下さい。
アナタなら、出来る筈だから。
2006.05.07 (Sun) 02:10
眠たいのに
疲れているのだけれど、疲れすぎて寝られないワタクシ。
只今、後少しで深夜2時になろうかというトコロ。
体を休めたいんだけどなー。
眠れなくて、思わずPCの前に座ってみる。

この間、更衣室で泣いていた彼女と彼は、どうも終わった様です。
今日は長年のお付き合いの仲魔が挙式。彼女のウェディングドレス姿は、きっと可愛いに違いない。

ああ、人生色々。

休みまで後2日。
2日仕事したら、お休みだ。
今週は何やら早い様な、そうじゃない様な。

明日は久々の女王勤務。
久々のお客様達にお会いできるだろうか。
2006.05.06 (Sat) 01:57
頂きました♪
昨日程の勢いはないまでも、今日も今日とて忙しい1日。
お客様も多けりゃ、買われる点数もいつもの2倍増しな感じで。
ガツガツ打ちまくりますよ。
そして今日は、やたらにお客様に声をかけられる1日でありました。

そんな忙しくてヘトヘトな中。
よく挨拶を交わすお客様がいらっしゃって。
このお客様とは、戀子が主にラストまでの女王勤務だった頃によくお逢いしていた方で、女王勤務がめっきり減った最近では、殆どお逢いする機会がありませんでした。
で、今日は久々のご対面。
「お久しぶりですねー」なんて話しつつ。
そうしたら、「戀子サン、いてくれて良かったわー。戀子サンにあげるものがあるのよ」との事。
我が店ではポイントカードを扱っていて、忘れた方にはレシートにその旨を記入してお渡しして、後日ポイントをつけるという事をやっているのです。
なので、それの事かなーなんて、ぼんやり思っていたら。

お買い物を済まされて1度店を出、すぐに戻って来られて戀子に「はい、コレ」と手渡して下さったのは、2個の手作りのおはぎでした。
「えぇーっ、良いんですかーっ♪♪♪」
思わず顔がニヤけちまいましたよ。そういうトコ、めっさ素直なんです、ワタクシ。
ありがたく頂く事にしました。

実は最初、このお客様は感じ悪くて好きではありませんでした。
かなり苦手なタイプの方でね。
いつもご夫婦揃って来店されるのですが、旦那サンをかいがいしく動かす様な、そんなかなりの女王様気質もどうかと思っていたし、きちんとレジを打っているにも関わらず、最後の買い上げ金額を告げた段になってから、『ホントにこの値段で合っているの?』という様な態度や口調でかかってこられた事もあったり。
でも、人をその場の雰囲気だけで判断するのもどうかと思い、レジを通る時やお見かけした時には挨拶してみたり、声をかけていく内に、どうも気に入って下さった様で。

そして、ここまでに到ったと。

ただレジを通してのやり取りでしかないのに、こうして気にかけて頂けると嬉しいものですね。
ああ、これで明日からもまた頑張れるってモノですよ。

どうもありがとうございましたー!
お茶と共に、美味しく頂きました♪
2006.05.05 (Fri) 01:24
そうだったんだ!
いよいよ今日辺りから、本格的にGWに入ったのでしょうか。
ニュースを見れば、やれ東名高速道路どこそこを頭に渋滞数十キロとかさ、新幹線の乗車率140%とかさ。
そうなんだなーという。サービス業、まるで関係ありませんよ。

そんなんだから、今日はきっと暇なのでしょうと。
家の前を通る国道も、いつもは渋滞しているというのに、今日は本当に空いていてね。完全に大型連休モードなのです。
前にこの空きっぷりを見たのは、年末年始でありましたよ。

去年のGWは駅からすぐのショッピングモール内の肉屋で働いておりました。
この時にはものっそい暇で、早上がりにまでなったのですよ。
まぁ今日もそんな感じだろうと。早上がりまではないにしても、暇で普段出来ない事が出来るだろうと。
そんな事を思いながらの出勤だったのにー。

すっかり忘れていたというか、何というか。
ここは田舎なんだな。
駅前のモールの近辺の方々は、帰る田舎がある方々で。
年末年始やお盆、GWなんかは暇で暇でしょうがなかったのだけれど。
今のお店は、そういう方々が帰ってくる場所なんだな。
だからものっそい忙しかったんだな。

田舎だってのは自覚していたけれど、そうかー、そうだよなー、なんて。

で、こういう時に限って荷物が多くて、品出しをしなければならないわ、どの人もかご満載の大量買いで、あっという間に並んでしまうのでレジに入らなければならないわ。
普段出来ないやりたい事が出来るどころか、普段の業務すら怪しいところでありました。
さて、明日はどうなんだ。
どうなんだ???

折角クックさんを買ったのに、中々いぢれない。
時間がある様で、ない様で。
手紙もメルも、何もかも滞りまくりで申し訳ない限り。
日記を更新して、せめて『生きてますよ』をアピールしてみます。
ここを知っている方々は良いんだけどね。
そうじゃない人が圧倒的だってのにね。

まぁ、先ずは寝ますけれども。
睡眠大事。
体、休めますよ。
2006.05.04 (Thu) 01:14
涙、涙。
いつもの様に出勤して、更衣室のドアを開けたらバイトちゃんが1人。
今日もまた例の男子の研修だったので、「きっと、いっぱい迷惑かけると思うけど」と、普通に話をしていたのですが。
よくよく彼女の目を見てみたら。
ありゃりゃ、泣いていたのかっ!!

「うわわ、ごめんっ!」と、思わず謝る三十路女子。
びっくりしちゃったよ。女子の涙には俺、弱いんだ。
話を聞いてみれば、彼氏と喧嘩してしまった、という事でした。

で、この彼氏というのは、ワタクシも知っている社員サン。
うん、社内恋愛なんですな。
彼からは何度かさらりと話を聞いた事はあったのですが、彼女とは普段の仕事の中で中々接点がありそうでなく、それまで深い話をした事がなかったのです。
以前、彼女と彼が一時的に別れた時に、初めて彼女から話を聞いたワタクシ。
それ以来、彼女にとって戀子は少しは話し易い人となったんだろうか、「どうした?」と声をかけた途端、ポロポロと涙をこぼし出してしまって。

彼女はこの春、進学したばかりで、慣れない環境と人に気疲れの日々。
彼は仕事や他のモロモロで精神的にかなり疲れ気味。

全てはきっと、タイミングなんだろうと思う。

強そうで弱い彼の事を理解しているつもりでも、今は自分も精一杯で、云ってしまえば優しくして欲しい。
そんなところなんだろうな。
彼女の言い分も彼の言い分も「なるほどなぁ」と思うところなのですよ。
お互いが疲れ故に我が儘になっているところもあるのですよ。

『逢いたい』『好きだ』っていう気持ちは、2人共一緒なのに。

近くにいる人に甘えたい気持ちは誰しもにあって、でもそれを押し付けてしまったらどうにもこうにもで。
余裕がある時なら、それもまた可愛いで済むのだけれどもね。
余裕がまるでない時には、それは鬱陶しい以外の何ものでもないですよ。
それは、性別や年齢に関係無く。
精神的な波の問題だから。

我が儘をぶつけ合って疲れるだけなら、距離を置いて冷静さを取り戻せばいい。
無理を続ければ、それはやがて破綻してしまうのだし、好きな相手に自分を『理解』してもらうのと、自分の『我が儘』を通すのとでは、大きな開きがあるというもの。
まぁ、経験談とでも云いましょうか。
別れる直前の一路と戀子は、今思えばそんな感じだったんだろう。
圧倒的に、戀子の方が我が儘三昧だった訳ですが。
一路に寄りかかり過ぎていた訳ですが。

仕事が終わってから、彼の方からもチラリと話を聞いてみた。
彼からの話では、小さな喧嘩が最近は続いていた様だけれど、今回のコレは長引きそうな予感。
さて、どんな風に流れるか。
人様の色恋、思いを巡らせていたら知らぬ間に解決していた、なーんて事も多々だったりするので、今回もその方向で流れるのか。
流れたら良いのだけれど。
2006.05.03 (Wed) 00:45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。