2006.03.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2006.05.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
根拠なき自信
バイト君の研修2日目。
別の部門担当の彼は、レジを兼任する事となった為、昨日から急遽の研修となりまして。

昨日は直接、お客様と対峙する事はせずに、4時間みっちりレジの操作やモロモロを教えておりました。
諸事情により、彼には早々に1人立ちをして貰わないとならんのです。
諸事情っつーか、単にこのGW中、人手が足りないって話ですよ。

でもねぇ、最初の態度からしてワタクシ、カチンと来ちゃったのよね。
これまでどこか、他のお店でレジ打ちをした経験があるかと問えば、ないという。
じゃあという事で、細かく色々教え始めるものの、一向にメモを取ろうとしないんですよ。

「メモ、持ってないの?」
「持ってます」
「ペンは持ってないの?」
「持ってます」
「じゃあ、何でメモらないの?」
「や、大丈夫です」

そうですか、大丈夫ですか。
普通、そうじゃないだろう。
どこか他の店でチェッカーとしてやっていたとしてもだ、店が変われば扱うレジの機種から何から違ってきますよ。
操作の仕方、処理の仕方、モロモロ教えているっていうのに、何でメモの1つも取らんのか。
ワタクシはメモしまくったよ。後で『聞いてません』って事がない様に。
ましてや彼は、未経験ですよ。触った事、ないってのよ。

「1度教えたら、私は教えないよ。っていうか、メモを取らない人間を、私は信用しないよ」

こう云って、漸くメモを取り出す始末。
終始、こんな調子なんですよ。
何を聞いても「大丈夫です」なのね。
本当に大丈夫であるならば、それはそれでオッケイ。
が、そうじゃない癖にちゃんとメモろうとしないから腹が立つ。

云いたかないが、教えるの、手間ですよ。
こうして1人の人に付きっ切りで教えている時間で、他のモロモロの仕事が随分と出来ます。
貴重な時間を割いて教えているのに、そういう人に対して失礼ではないかと。この態度は。

で、そんなこんなで今日は2日目の研修。
我が店での研修期間は、通常3日。
3日でさらりと卒業出来る人もいれば、そうではない人も中にはおります。
今日初めて、彼はお客様と対峙した訳ですが、当然の事ながら、昨日までの戀子を相手にしたお店屋サンごっこと、実際にお金や商品、会話のやり取りをしなければならない本当の接客とでは、緊張感がまるで違う。

緊張が故に失敗する事もあるのですよ。
そんなのは元より承知の上で、それをフォローするのがワタクシの役目。
失敗した方が覚えるし、どんどん失敗すればいいと思う。
けどね。
彼の場合は、失敗をしても次に活かせない。
それに、『○○は直した方が良いよ』と云うと、『いやぁ、癖みたいです』って。
癖も何もアンタ。レジ、初めてやるんだろうがよ。
サラな状態で入って、昨日、今日繰り返す事は、癖とは云わんのだ。

ガッツリとレジに入って4時間。
しっかり覚えようとしているとは、とても思えなかったその時間。
イライラしちゃって頭痛いったらなかったわ。
覚えが悪いから云々ではなくて、これは完全に態度の問題で。
最後の最後に腹が立ち、物申してやろうと思ったら、彼の本来の仕事を振られ、云えずじまいでした。

彼が帰った後で、社員のトトさんと話。
トトさんが彼に「レジ、どう?」と聞いたところ、さらりと「大丈夫です」との答え。
あぁ、そうですか。大丈夫なんだな。
ワタクシにはその根拠のない自信がどこから来るのか、さっぱり判りませんよ。アンタ、どれだけ俺に突っ込まれたよ。
終いにゃ、「いつか泣かすぞ」と俺に云わせたな。
冗談まじりとはいえ、あれ、半分は本気ですよ。
以前は親と然程年の変わらないどうしようもない人を、本気で泣かせたワタクシDEATH。

さて、明日もまた研修ですよ。
一応、明日が卒業試験なのですが、到底Goサインは出せません。
最終目標日までに、彼を1人立ちさせる事が出来るか。
それが今のワタクシの仕事。
もっと時間をかけたいなー。

今宵はこれからNHKで、去年の悪魔祭の千秋楽のミサをOAするのです。
早く見たい。そして癒されたい。
心は既に、悪魔にありますよ。アハン♪
スポンサーサイト
2006.04.30 (Sun) 00:44
結婚の理想と現実
今日は久々にバイト君のレジ研修。
彼は中々、手強い相手になりそうだ。未だ初日なので頑張りましょう、俺。

仕事後に、何の気なしに話し始めた会話から、突きつけられた理想と現実。
その昔、『結婚の理想と現実』というタイトルのドラマがありましたなぁ。
見てないので知らないんですが。

今は結婚生活に憧れはあれど、今すぐにどうこうしたいっていう程の気持ちは、正直ありません。
お互いに身の回りが整っていないしね、というトコロが最大のポイント。

『人夫々にペースがあるんだから、焦る必要はどこにもない』

そういう風に思っております。
思っておりますが。
話をしていく内に、『そうも云っていられないんじゃないかな』と、ふと思った次第。

気持ちの面では何の問題もありません。
けれど、もっと現実的な事に目を向けた時、一体どうなるものやらなぁと。
思わず途方に暮れた俺。

お互いに『いずれは』という気持ちは強く、それは今の時点では揺ぎ無い事実ではあるものの。
うーん。うーん。

結婚という形に捉われすぎて、こんな風に唸る事になってしまったのか、どうなのか。
いざって時には、きちんと流れは出来るのか。

まぁ、考えたところでどうしようもないんだけど。

人に云われて揺れる様ではまだまだやんな。
俺は俺の気持ちを信じていけばいい。
そして、一路の覚悟も。
2006.04.28 (Fri) 23:08
去年の今頃は
ここ最近、週6でガンガン働いているワタクシ。
体調が良いのかといえば、うーん、それはそれで微妙なトコロ。
コレが、歩いて5分の職場だからどうにかなっているんだなぁと。
だってほら、根性ナシですもの。遠かったらすぐにアレだわ。

今の職場に移って、後2ヶ月足らずで1年になります。
1年なんて大した年数ではないけれど、ここでは相当濃い時間を過ごしている所為か、実際には2年も3年もいる様な、寧ろお局チックな気さえするのです。
不思議な感覚よ、ここでの時間の流れは。

そんな状態ですので、当然の事ながら去年の今頃は全然違う場所に属しておりました。
他にそういった会社がないので、関係者の方がコレを読まれたらすぐに判るだろうけれど、本当に一瞬のお付き合いになってしまった前の職場は、簡単に云えばチェッカー(いわゆるレジ係)を育てる仕事でありました。それにモロモロ絡んでくるのだけれど、うん、そういう仕事でね。

学校を卒業してからここまで、職場は転々と変われど、ほぼ全てに共通していたのが『接客業』という仕事。
といっても、普通のお店で普通にこなす接客業でしたので、例えばホテルや百貨店の様な、ワンランク上のきちんとした(というと御幣があるか)接客を求められる職種でもなかったので、経歴として残るものかどうかといえば、正直、自信がもてませんでした。
自分の職務経歴を恥じる事はないけれど、経験としてアピールするには薄いっていうのかなぁ。
しかも、2年前後という短いスパンで変わっているし。色んな場所でやれたという意味では、決して無駄な転職活動ではなかったと、今も変わらず思っているんだけどね。他を見ないと判らない事、いっぱいありましたもの。

そんな『微妙』な職務経歴を買ってくれたのが、前の職場。
こういうのも縁ですし、1つの会社で年数を重ねてきた人の方が信用出来ると仰る方も多い一方で、色んな場所で色んな経験をして来た人は、その分だけ様々なシーンでの対応力があると仰る方もいる。
前の職場は後者だったんですな。

通い始めて1週間、大変ながらも遣り甲斐があっていいなぁと思い始めた矢先、出勤途中でぶっ倒れてしまい、それから1ヶ月間はほぼ動けなくてね。
上司はいつまでも待つと云って下さったのだけれど、いつ頃なら大丈夫、という事を云える状態ではなかった当時は、倒れて1ヶ月過ぎた辺りで、泣く泣く辞める事に致しました。

辞めるのを決めた時。上司と深い話を致しました。
この時の上司の言葉が当時の支えであり、今の支えにもなっている。
本当に短い時間ではあったけれど、出逢えた事に感謝したい。
出来れば、またいつか逢いたいと思う人であります。

そんな場所を経て、今の場所を得た訳ですが。
あの頃の仕事とは、同じ様で全然違う訳ですが。

時々思う。
あの場所であのまま仕事が出来ていたら、どうなっていただろう。
けれど、それは当然の事ながら、そうなっていたら今の職場の人達とも出逢えなかったという事で。

ああ、何かうまく纏まらないけれど、元気に仕事が出来ている今の方が、自分も周りも安心なんだろうなぁと思う。
救急車でそうそう運ばれている場合じゃないってのよね。

布団の中で、天井をずっと見ていた去年の今頃。
元気になって良かったじゃないのよ。
2006.04.28 (Fri) 01:09
深夜1人におままごと
今日もやはり、仕事から帰ってきて、ご飯を食べた後に寝てしまった訳ですが。
今日は深夜に1人でおままごとっぽい事なんぞをしておりました。

PCに向かう気分でもなくてね。
でも眠れなくてね。目が疲れているからDVDとかも見たくなくてね。

戀子が一時、ものっそいハマっていた趣味の1つに、食玩集めってのがあるんです。
食玩とは何ぞや?という方もおられるでしょうか。
食玩って、要はお菓子のおまけなんですよ。昔流行った、海洋童製作の食玩で大ヒットとなったチョコエッグ辺りが有名ではないかと。
戀子がハマるきっかけとなったのは、リーメントの『ぷちサンプル』シリーズ。
この写真はその一部。写真をクリックしたら、チョロッと拡大しますよ。
shokugan.jpg

40種類近く出ている中で、ワタクシがコンプリートしているのは10種類ほど。
集めては悦に入るのですが、今の部屋の雰囲気にはまるで合わないし、それより何より、飾るスペースがないのでね。箱の中にしまいっ放しなのですよ。

でもでも。
時々、こうして出して遊んだりするんです。
並べて、ホワ~ってなって、で、また仕舞うと。

この写真をクリックしてよぉ~く見て下さいよ。
どう???この餃子っぷり。水までちゃんとさしてあるのよ。喫茶店のスパゲッティのフォークみたいに浮いているのよ。
フライパンから餃子を取ったら、ちゃんと餃子の裏には焼き色がついているっていう程の芸細っぷりよ。
gyouza.jpg


こういう『おぉっ!!』的なモノがどぁい好きな一方で、こんなにキュートなモノもたまらなくツボ。
cake.jpg


集め始めた当初は、このぷちサンプルシリーズの第1弾が出てすぐから集めた事もあって、出たもの全てをコンプリートしてやるわという程の心意気でありましたが、段々精密なつくりになっていくそれにキュンキュンは来るものの、流石にそれは色んな意味で無理。似た様なシリーズが続いた事もありますしね。

思えば子供の頃から、こういう小さいものが大好きでした。
リカちゃん人形で遊んではいたけれど、人形が好きではなくて、それに付随するお店屋サンのナントカとか、キッチンのナントカとか、そういう小さいおもちゃ達が好きだったんですよ。
リカちゃんじゃなければ、シルバニアファミリーのシリーズとかね。
自分に腕があるなら、ドールハウスなんてのも作りたい位なのです。
笑って、しまいにゃ泣ける程の不器用なワタクシは、かなりの勢いでドールハウスは自主規制なのですが。

子供の頃の感覚が抜けないってのがいくつかあるけれど、この食玩・・というか、ツボはやっぱり食品や日用品だったりの、身の回りのものが小さくなったってモノなのだけれど、こういう小さいモノに心癒されるのは、ホントに変わらない。
今でも本気で欲しいですもん、シルバニアファミリーの赤い屋根のお家(名前、違ったかな???)。
トイザラスがオアシスなんですよ。ウヒヒ☆

それにしても、もぉ少ししたら朝だってのさ。
いい加減、寝ますよ。明日も仕事やっちゅーねん。
2006.04.27 (Thu) 03:36
今日も今日とて
またご飯を食べた後に寝てしまって、気付いたらこんな時間ですよ。
起きたの、さっき。
昨日のおデート中、仲魔や友達たちから電話やメルを貰っていたのだけれど、こんな時間じゃレスするにも遅すぎるってなモンで。
ごめんやっしゃ。寝なければ、明日にでも。
うん、レスします。

この、ご飯を食べた後の数時間睡眠の所為で、結局は明け方近くまで眠れず、眠ったと思ったらいつもの起床時間までがあっという間で。
悪循環なのだけれど、そんなのがここずっと続いていて。
でも、だからこそ乗り切れているのかなー???とも思ったり。

目が疲れているのも相俟って、PCに向かっている時間も少なめ。
今日もこの辺で終わろうと思います。
今週も未だ始まったばかり。
後5日、頑張れ、俺っ!!
2006.04.26 (Wed) 01:24
意外に、コレが。
今日は一路とおデートの日。
ここ数週間、週6バリバリ勤務のワタクシ。
この2、3日はいよいよ朝が起きられなくなってしまい、もぉどうにもグダグダだったりします。
朝までがとにかく早い。
や、寝てますよ。かなりしっかりと。うん、8時間。
でもねー、全然足りないの。まだまだ眠れてしまうのね。
兎に角疲れているんだなぁと思うのだけれど、出来る限りの無視っぷり。気付いてしまった日にゃ、根性ナシのワタクシはドーっと来ちゃうもの。
動けなくなってしまう。

で、昨日の昼間。
昨日は深夜までの女王勤務だったので、昼間の内に今日の打ち合わせ。
一路のお父さんが入院されて、『暫くは逢えない』ってな話になっていたのだけれど、どうにか時間をやり繰りして逢う時間を作ってくれている。
今日は一路は病院へ行かないでも良い日なんだそうで、「じゃあ、ゆっくり逢えるんだね」と。
それなら、早い時間から逢いましょうと、午前中に迎えに来て貰う事に致しました。
「そんな時間でお前、起きれるのかよ?」と云われつつも、いーんですよ。
起きれるか?ではなくて、起きるんですって。
おデートと仕事じゃ、気合が違うってモンですよ。ねぇ?

そんな訳で、休みの今日はあっさり起きられて、かなり早い時間から一路を待ち構える状態でありました。

今日は・・というより、今日も、完全にノープラン。
行き当たりばったりおデートは、それはそれでまた楽しい。
お昼ご飯を食べた後はそこからすぐ傍にある、ワタクシの地元に数年前に出来た、某有名食器メーカーの工場直営ショップへ行きました。
ここでも何度も書いておりますが、ワタクシ、和食器が大好きなのです。
けれど、ここのメーカーが扱っているモノは、殆どが洋食器。
そんなこんなで、近くにあるにも関わらず、行ってみようともまるで思っていなかった訳ですが。

やーやー、何でも食わず嫌いはいけませんよ。
意外によかったなぁ・・なんて。
ここは、同じメーカーの食器で扱っているモノが異なるショップが幾つか組み合わさっているのだけれど、アウトレット品を扱っているショップがねー。
当にツボ!
殆どが洋食器だと思われていたここ、確かに洋食器が圧倒的に多いのだけれど、和食器も余り戀子の好みのテイストではないと思っていたのだけれど、このアウトレットゾーンに入った途端に、モーレツむんむん。
ここに置いてある和食器、どれもこれも迷ってしまう程でしたよー。
和食器・洋食器のみならず、漆器やガラス器なども置いてあってね。
しかもアウトレット価格ですよ。
普段使いなら、アウトレットなんてまるで問題ナシ。
うへーうへーと、垂涎三昧でありました。
あああ、今日が給料日前日でなかったら。
なかったらぁぁぁぁぁ。
アウトレットの隣りにある、このメーカーの中の最高級シリーズを扱っているお店も冷やかしで入ってみたけれど、こちらはこちらで素敵。
絵付けの繊細さはたまらなかったし、色被せ切子の酒盃なんかは、これからの季節にピッタリですよ。

久し振りに刺激されまくっちゃった。俺の大好きなあの部分。

別に何かを買った訳ではないのに、かなりウハウハ気分でショップを後にしてからは、気になっていたラブホへGo~♪
今更ながら、映画の『頭文字D』を見ましたよ。カッコ良かったなぁ、拓実の父チャン♪♪♪

早い時間から逢っていたのに、夜になるのがあっという間で。
それにしても、最初に今回の色々を告げられた時には、一体どういう風になっていくもんだろうかと思い悩んでいたものでしたが、意外に逢えているのがね。
嬉しかったりするのです。
まぁそうは云っても、無理はしちゃいけないと思うから。無理は続かないのでね。適度に逢えたら嬉しいってな話で。

色んな事を吹っ切れたら、少し気持ちが楽になって、それと同時に色んな事が少しずつではありますが、好転して行っている様な気さえします。
良かったなぁ。自分と周りに対する心持ち次第で、どうにでもなっていくのかな。

さて、明日からまたお仕事だ。
1週間頑張れば、また一路に逢える。
2006.04.25 (Tue) 03:22
吹っ切れる事
非常に長く感じた今週も今日でおしまい!
どうにかモチベーションを保とうと、家では聖飢魔IIのミサ大教典(=アルバム)『ALL STANDING 処刑~THE LIVE BLACK MASS D.C.7』を聴きまくり。単にコンポに入れっ放しで、CDを換えるのが面倒臭かっただけだったというのは内緒。
何つーか、ミサな感じだったのよ。普通にスタジオでレコーディングしたアレコレよりも、ノリ一発な感じが欲しくてね。
それに、昔から知っている友達と寄り添う感じが欲しくてね。
決してこの処刑ミサはハードな曲揃いではないのだけれど、もぉンな事ぁどうでも良くて。ミサ会場に居る感じが欲しくて。
まぁ、全然違うんだけどさ。やはり家ですし。
そうは云っても、ミサはワタクシの元気の源の1つでありますから。ウヒヒ☆

今月も終わりが見えて来ましたよ。
早かった様な、長かった様な。
先々週でしょうか、色んな事が重なってすっかり落ちてしまってね。
どうにもこうにもな感じで、完全に自分の気持ちを持て余してしまったばかりか、全てを放棄したくなってしまって。
我ながら、久々に見事な落ちっぷりでありました。
幸い、仕事に集中する事で救われていたっていうか。
こういう時って、仕事は普通にこなしているけれど、完全に心ここにあらずで、目の前のお客様の事なぞ、どこかへすっ飛んで行ってしまっているので、仕事の内容的には決してよろしい状態ではないのですがね。
お客様相手であるのに、心がまるでないんじゃね。

1番下まで落ちた心が底辺をタッチして戻るきっかけとなったのは、そこここにある言葉達。
それは大切な人からの言葉であったり、たまたま見た本やポスターなどに載っていた言葉であったり。
気持ちが下がっているからといって、下ばかり向いていたんじゃ何も見えやしないですよ。
気合一発、しゃんと背筋を伸ばして、周囲をよくよく見渡せば、色んなところにその時々に合った答えがあるんですよね。
見えない力で導かれているのを感じますよ。悪い事ばっかりじゃない。

良い意味で吹っ切れる事が大事なんだなぁと、今はつくづく思うのです。
いやね、何も解決しちゃいないですよ。
けれど、もぉなる様にしかならんっていうか。
考えて解決する様ならとっくに解決しているんだろうから、そうじゃないのであれば、流れに身を任せるしかねぇだろうよと。
ただそれだけ。

でもでも。
吹っ切るのと放り出すのとでは、似て非なり。
放り出したらそこで全てが終わってしまうもの。
吹っ切れたら、また新たな何かが見えて来るってなモンですよ。
それに改めて気付かされた分だけ、今回の落ちっぷりも無駄ではなかったという事で。

ウダウダ悩んでもいーじゃない。
その内、這い上がってくればいーじゃない。

どうにかなる。
心配ないよ。
2006.04.24 (Mon) 02:07
お疲れなのです
体もさる事ながら、目がね。
元々、使いすぎの感があったけれど、先々月、mixiを始めてからというもの、より拍車がかかっている気がする。
ハマり過ぎやで、俺。気をつけろ。

ってな訳で、今宵はこれで終了です。
大事にしましょう、色々と。
ねぇ?
2006.04.23 (Sun) 01:19
いよいよ
6連チャン中4日目。
いよいよ朝が起きられなくなって参りましたYO!
今日も午後からなので、10時過ぎに起きれば問題ナシなのだけれど、んまぁコレが、中々ね。
冬眠から目覚めたばかりの熊が如く、布団の中でもぞもぞとするだけで、いつまで経っても動けやしない。
もぉダメよーってな時間ギリギリまで、結局はダラダラしちまいました。
おかげで、いつもは出勤前、ゆったりと気持ちを整えるのだけれど、まるで出来やしませんでした。
うがーっ!

54歳不思議系女子との4連チャンも今日で最後。
いやはや、長かったよ。闘いでありました。
とにかく昨日までは、限りなく遠くへ意識も何も押しやって、目の前にある仕事オンリーで終わらせていたのですが、やはりそれもどうよと。
同じ職場の仲間ですからね。
大人気ない態度はやめて、少し歩み寄る事に致しました。

うまくいったかどうかはアレですが、でもまぁ、一先ず無事に(?)終わってホッとしたよ。ホントにさ。

すぁぁ、後2日。
長げぇなぁ~、今週っ!先々週とは違った意味で!
この長さは彼女との闘い故に。
明日以降、少しは穏やかに過ぎる筈ですよ。
うん、過ぎる筈です。
2006.04.22 (Sat) 01:48
漸く折り返し地点。
6連チャン勤務も今日で折り返し。
後3日行けば、お休みだわぁぁぁ~・・

しかし、短時間でも3週連続で6連チャン続きは流石にきついのね。
ワタクシ、体力やっぱりないのね。何となくこなせているから、虚弱ッキーだという事を忘れてしまう時があるけれど。
帰って来てご飯食べて、着替えようと思って部屋に行き、布団に倒れ込んだらマンマ寝ちまってました。
2時間ばかりね。寒くて起きましてん。

中途半端に寝たが最後、これ、中々眠れないのです。
疲れているのになぁ。早く寝たいのになぁ。
諦めて、ネットしたりしているワタクシ。
目が疲れて痛いってな話よ。

そういえば。
今日、『TVチャンピオン』を着けたら、ゆるキャラ達が出てましたね。
コレはヤバいっ!!かなりツボに入って、最後まで楽しく見れました。
い~ね君、サイコーだったよぅ!ナイス、ファイッ!!
そしてやっぱり好きだ、みうらじゅん♪

そんなこんなで、また明日。
まとまりがないままに終わります。ウヒヒ☆
2006.04.21 (Fri) 01:39
名指しでよろしく。蒔子♪まちかチャン♪きよチャン♪ルカ。♪源♪
mixi繋がりのももから、バトンが回って参りましたよ。
簡単そうで微妙に難しいぞ、このバトン。頭を悩ませ、悩ませ・・
そんなこんなで、レッツらGo~~~ッ♪♪♪


1)回してくれた方の印象をどうぞ

ももの印象。
外見も内面も兎に角、繊細な人だなぁという。
女の子らしい外見だけでは判断出来ぬ、色んな引き出しを持っている彼女は、とても魅力的ですよ。 


2)周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?5つ述べてください。

思われているっていうか、よく云われる事をつらつらと。
<1>姐御:最近はもぉ、この一言に尽きますよ。どこへ行こうと、どの年齢の相手であろうとコレ。
<2>落ち着いている:落ち着いている風を装うの、得意なのです。
<3>真面目:これは見た目の印象と共に、職場での姿しか知らない人の印象。
<4>何を考えているのか判らない:上記に繋がるところでもあるのだけれど、どうにも探りきれないところがある様で。
<5>面白い:別に面白かねぇんだけど。『何を考えているのか判らない』人から、一歩踏み入った時のギャップが、こんな感じらしいのですよ。


3)自分の好きな人間性について5つ述べてください。

<1>大らか:やはり、きちきちと四角四面の様な人は、正直、疲れちまいますよ。大雑把ではなく、大らかね。心の大きい人は憧れです。
<2>真面目:やはり何事にも誠実でありたいと思うのですよ。全てがそうはいかずとも、振り返って反省出来るだけの心があれば、それ即ち『真面目』ってな訳で。
<3>朗らか:暖かな春風の様な明るさは、とても素敵。そこに在るだけで和める人になりたいという願望。
<4>優しい:誰にでも優しいとか、耳ざわりの良い事ばかりを云う優しさではなく、その人の事を思うからこそ厳しい事を云える、そんな『優しい』が好きなのです。
<5>前向き:これがなければ、やっぱり歩いていけないでしょう。時々後ろ向きになってもいいの、躓いて倒れても、その後で上を見る事が出来るのなら。


4)では反対に嫌いなタイプは?

人の振り見て我が振り直せ的意味合いを篭めて。
<1>人の心に土足で踏み込んでくる人:『アナタの事が心配なのよぉぉ~』的な事を云いつつ、相手の抱えているモノをすっ飛ばして、ずかずかと踏み荒らされるのは勘弁ならねぇ。人夫々に、色んな事情や背景があるってなモンだ。
<2>思いやりのもてぬ人:ほんの少しの優しさで、世界はがらりと変わるのに。
<3>自分勝手な人:アナタを中心に世界は回ってはいないのさ。
<4>空気が読めぬ人:がらりと世界を変えないでくれよぉぉぉ。
<5>自分の足で立てぬ人:自分の抱えた大なり小なりな色々を、他人に丸投げしようとしちゃならねぇぜ。面倒な事は人にお任せですか???何を云っても拒否ですか???


5)自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?

清く、正しく、美しく、潔く。
いつだって前を向いて歩いて行きたい。人に優しくありたい。
ワタクシに優しくしてくれた、みんなの様に。


6)自分の事を慕ってくれる人に叫んでください。

いつもご愛顧、ありがとうございますー♪
これからも1割多めに、よろしくどーぞっ!!


7)そんな好きな人にバトンタッチ5名!(一言つき)

<1>蒔子:風邪はいかがですか?
<2>まちかチャン:家事に育児に、楽しんでますか?
<3>きよチャン:ダーリンとはいかがですか?
<4>ルカ。:新しい環境で過ごす時間はいかがですか?
<5>源:転職活動のアレコレはいかがですか?

8)タイトルに回す人の名前を入れてびっくりさせてください

びっくりしましたか???
やってみて、結構難しいなぁ~・・と思ったので、スルーでもオッケイですよ。
や、やって下さるなら嬉しいですよ、ウヒヒ☆
2006.04.20 (Thu) 01:42
どうしたものかな
やー、やー、イライラを爆発させちまったよ。
職場でネックのあの方に。
客前であるのを良い事に、俺の仕事を妨げてまで、別の事をやらそうとするかね。
アナタと俺は、同じ立場の人間ですよ。
客前でなかったら、俺は向かっていってたよ。

で。
その後の用件は全て無視。
人を騙す、あの軟らかい声音で名前を呼ばれても、俺は全てをシャットアウトだぜ。
俺、仕事してますんで。
自分の仕事は最後まできちんと責任を果たせ。『お客サンが大事』っていうなら、ちゃんとするべきだろうさ。
時間が来たから帰るだなんて、周りの状況を見てから云って下さいよ。全然、考えていないじゃん、お客サンの事なんて。

どうにもイライラが止まらなくて、思わず酒に逃げちゃったよ。
不本意ながら。
甘いお酒を呑みながら、マグロ+キムチ&ごま油っていう、黄金の組み合わせでやさぐれてみた。
そしたらすっかり寝ちゃってねー。起きたの、今さっき。
眠れないっての。まぁいっか。明日はまた夕方からだしね。

だがしかし、シフト表を見て愕然だわ。
今日から4日間、バッチリなんだわね、アナタと。
わたし、いつかやっちまいそうよ。
そうは云っても、波風を立てるのはアレなので、出来るだけアナタとの距離を遠ざけようと思っております。

さ、明日から気合を入れてかかるかね。
腹式呼吸で迎え撃とう。
2006.04.19 (Wed) 02:45
2人の事だけを考えられたら
さっきまで、一路と逢っておりました。
今日(ってか、昨日か)の朝、『夕方、時間が出来るかも』という一路からのメルに、『じゃあ、夜ご飯を一緒に食べましょう』という事に。
一路の側の色々が、先ずは1つ落ち着きそうでね。
随分一路と逢っていない気になっておりましたが、実は先週逢えていないだけという事にびっくりだ。
それだけ先々週末から先週にかけて、一路を激しく求めていたのかも知れません。
久し振りに、激しく泣きつきたかったからね。
泣きついたところでどうにもならないし、一路は一路で大きな事柄に向かっている最中でありましたので(それは今も変わらないのだけれど)、しませんでしたけれど。
嵐が過ぎるのを、じっと座って待つのみで。

色々あって疲れているだろうから、ファミレスで軽くお喋りしつつ、ご飯を食べて帰ろうと思っていたのだけれど、一路の買い物に付き合ってスーパーに行き、そこで色々買い込んでラブホへ流れるというコースとなりました。
いつもの通り、あたかも我が部屋が如く、ゴロゴロと過ごす時間。
ベッドの上に寝転びながらTVを見たりして、一路にピッタリとくっついて、彼の匂いを感じたりして。
すぐ傍にいる彼に、すっかり癒されました。

ラブホを出て、お腹が空いたねと深夜のファミレス。
平日の夜中1時を回った頃、閑散とした中で遅い夜ご飯。

ご飯を食べながら、お茶を飲みながら、逢わなかった間に起きた出来事を話す。
一路が大変だったあの日、一路は誕生日だったんだ。
その日から彼は、これまでもそうだったけれど、より強く、自分を取り巻く環境のこれからを考え出したんだ。

『いっそ一生独り身だと思った方が、家族の事だけを考えられて楽なのかも知れないって思った』

それは、前にも聞いた言葉でした。

ご両親と姉という一家を背負う大黒柱である彼は、家族を支える為に自分の人生を置いていこうと考えているところがある。
ご両親のこれからがあり、お母さんと切り盛りしている店があり、けれど確実に老いていくお母さんの現状があり。

家族のこれから先を考えると、自分は先ずは殺すしかないでしょうと。
けれど、けれど。

『2人の事だけを考えるのが許される状況だったらな』

本当に、本当にそう思う。
『普通』の状況であったらと、今のわたし達は果てしなく羨む。
隣りの芝がどこまでも輝いて見えるだけだと思われても構わない。
普通のカップル達が普通の道程を経て結婚していく様に、わたし達も普通に歩いて行きたい。
どんなカップル達であっても、障害の多少があるのは承知の事。全てがとんとん拍子でいかない事位、判っている。
けれど、それがどれだけの事だというの。
そんな風にやさぐれる気持ちも、実はありますよ。
そりゃね。

今在る一路の親御さんの状況は、遅かれ早かれ、どの夫婦達の間にも起こる事。
それがただ、わたし達には早く来過ぎただけだと思えばいいのだろう。
そんな事情を知って、判って、納得して、付き合い始めました。
そうであっても、悔しかったり歯痒かったりしてしまうのは、罪でしょうか。

一路側だけではない。こちらにも色々と抱えている事がある。
それら全てをクリア出来る時が来るのか。
『10年先のビジョンを持て』というけれど、10年どころか明日の道筋すら見えては来ない現状です。

でもね、それでも一緒に居たいんですよ、2人とも。
望む方向は同じなんですよ。
生涯ずっと、寄り添って居たいんですよ。
一緒に居たいだけでは、ダメですか???

石橋を叩いて叩いて、渡る前に叩き壊されたあの時。
状況はあの時とまるで同じ。
けれど違うのは、手放さない様にとギュッと繋いでくれるこの手。

先々の事を考えすぎて不安になっていても、しょうがない事なのかも知れないと。
そう云った一路は、やはりあの時とは違うのかも知れない。

ずっと一緒に居たいというこの想いは、強く願えば叶うだろうか。
一路と離れていたあの時、毎日の様に祈り続けた時と変わらぬ強い想いで。
想いを貫くのは、わたし、得意なんですよ。
強く願い続けて、いつか、いつの日か。

白んで来た空を見て、慌てて家へ帰る事に。

『目の前には色々あるけれど、形に捉われず、周りの雑音にも惑わされず、一緒に頑張っていきましょう』

頑張っていこうと手を差し出してくれるアナタに、わたしは同じ位の力で握り返すのみ。
夜明けの空に、また誓う。

わたし達は、一緒に歩いていきたいんです。
2006.04.18 (Tue) 05:44
相変わらずで
風邪は相変わらずなのです。
大した風邪ではないのだけれど、治るまでに時間がかかりそうな気配が見え隠れ。
喉がいがらっぽかったり、頭が重かったりするものですから、接客に集中出来ないっつーか、何つーか。
今日はお客様の質問に答えながらレジを打っていたら、最後の最後でおつりを渡さず、頂戴したお金をマンマ返してしまいそうになったり。
参った、参った。

単純に疲れているのかも知れないけれどもね。
先週、今週と、週休1日でどうにか頑張っているワタクシです。そして来週も、週休1日ペースな様ですよ。
これまでの戀子だったら、到底考えられない状態で働いております。時間が短いとはいえね。通勤時間の短さに、かなり助けられております。
もぉ今となっては、バスと電車を乗り継いでの通勤は無理だなぁ。

そんなこんなで、明日はゆっくり休みます。
そんなこんなで、今宵は寝ますよ。おやすみなさい。
風邪、早く治ってくれー。
2006.04.17 (Mon) 02:29
揺れ動く気持ち
自分で『こうだ!』って決めた強い想いであっても、一晩寝たらころりと変わってしまうなんて事はよくある話。

大切なモノを取捨する時に、本当に今の自分にとって必要なものなのか、その逆で不要なものであるのかを考える。
必要であるならば、何で必要なんだろうかと。
自分が気持ち良くある為なのか、それとも自分を高める為なのか。
不要であるならば、何で不要なんだろうかと。
今の自分にとって単に邪魔なだけなのか、先へ進む為にはここで捨てておかなければならないものなのか。

逃げなのか、そうではないのか。

大切なものを前にして、決断なんてそう簡単に出来るものではありません。
その大切なものが『人』であるならば、尚の事。

生涯で1番好きだった人なのか、生涯で1番愛してくれている人なのか。

誰の為でもない、自分自身の為の決断を。
それは、自分以外には出せない決断。
戀子はただ、見守る事しか出来ません。
話を聞く事しか出来ません。

どんな決断を下したとて、それはアナタが決めた意志であり、それは変えようが無いもの。
もし。
それで多くのものを失う事となったとしても、それは覚悟の上での事。
それ位の覚悟で臨むべきシーンに在ると、戀子は思う。
でも。
最後の決断をするまでは、何度も揺れ動いて良いでしょう。
大事なものは、そんなにた易く手に入るものではない。

一旦、ゼロになるのもいい。
抱えつつ向き合うのもいい。
どちらも簡単な事ではないけれど、そこを越えない限りは見えるものも見えては来ない。
日々、闘いですよ。
闘うほか、今はないのですよ。

大丈夫、アナタなら越えられるから。
越えられない壁は、目の前には来ないから。
2006.04.16 (Sun) 01:48
色んな日があるもので
週7勤務は免れて、週6で終わる事になってやれやれだ。
熱っぽいのは取れたのですが、鼻が詰まりまくりで酷いったらないのです。
味が判らないですよー、まるで。そして何より苦ちぃですよー。
誰が、だずげでぐだざいぃぃぃ(こんな感じな程に苦しい)。

お友達のきよチャンのトコにも書いてあったのですが、今日14日はオレンジデー。
バレンタインデーで女性から愛を告白し、ホワイトデーでは男性がその返事をしてお互いの愛を確かめ合ってカップル成立、このオレンジデーの時にオレンジ色の贈り物を持って行ったり、オレンジ色のものを身に着けて相手の家を訪問、これからも仲良くね♪という日らしい。
欧米では、結婚にまつわる色々にオレンジ色を多用するとか、しないとか。ゆえに(これじゃよく判らないか)オレンジデーというんだそうです。

一方で、今日はブラックデーなる日でもあるんだそう。
調べてみたら韓国で広まっている行事らしく、バレンタインにチョコをもらえず、ホワイトデーでは自分でアタック、見事に玉砕してしまった男性が黒い服を着て、黒いチョジャンミョンを食すのだそうで。
チョジャンミョンって何の事かと思いきや、、見た目真っ黒な韓国風ジャージャー麺なんですって。

オレンジデーってのも、何ともごり押しな感じがしてアレですが、ワタクシ的にはこのブラックデーってのがものっそいツボで。
可愛らしいじゃないですか。ヤケな感じが。
全て真っ黒で攻めてしまう辺り。男子が団体でそんな事をしていた日にゃ、中に混じりたくなりますよ。ねぇ?

このオレンジデーの存在を知ったのが、昨日の夜更け(というか、今朝って云っても良い時間帯)のラヂヲでして。
よし、一路にメルしてみるかーってな訳で、出勤する辺りまでは覚えていたんですよ。覚えていたんですがね。
今宵は女王勤務で、閉店する頃には別の話題ですっかり飛んでしまっていて。
まぁ、そんなモンです。
覚えていたら、また来年。

オレンジ色ってのが良いよね。明るくて、爽やかな感じで。カリフォルニアの青い空っていうの???行った事、ないけれど。
オレンジは、ここ数年のワタクシのマイブームカラーであります。
オレンジと紫に強く惹かれる三十路女子。どぁい好き。

オレンジデーの今日、アナタは大切な誰かと過ごしまして???
ブラックデーの今日、アナタはヤケになりまして???

いずれの方も、楽しく過ぎた1日ならヨシですよね。
2006.04.15 (Sat) 02:48
花粉で誤魔化そうと思っていたのに
やっぱり、どうも風邪みたいですねん。
喉の痛みが軽くなって、鼻がズルズルするだけになったので『やはり花粉症ゆえではないの』と安心していたら、いやはや、仕事が終わって更衣室で着替えていたら、関節が痛み出しちゃって。熱出るかー???
だったら、こんな時間まで起きていないで、サラリと寝てしまえば良いのだけれども。
眠れないのねー。何となく。ただ何となく。

仕事の時間数が減らされて、参ったなぁ~・・と思っておりましたが、さり気なく時間延長を頼まれる日々が続いていて、困った度合が少しだけ軽くなりました。
それでも時間数は以前から比べて短いのは確かなのですが、地味に稼げているので未だ幾らかマシかと。
先週、今週と、短いながらに日数だけは入っていて、週6勤務だったりするのですが、今週は更に増えて週7勤務となる事が今日決定。
連チャン勤務千秋楽である月曜は、どうにも人が確保出来なかった閉店前2時間だけなので、どうって事もないのですがね。
時間給労働者ですもの、数入ってナンボ。
一路家も今は色々とバタバタしておりますので、来週の月曜も逢えるのか微妙なトコロ、サクッと入れてみましたよ。
もし逢えるのであれば、昼間にご飯食べるとか、そんな感じでも良いだろうし。

なんて思っていたら、一路からメルが。
やはり未だ未だ落ち着かないらしく、その先行きが判らない限りは、自分の予定は立てられないという事でした。
そりゃそうだろうなぁ。それは判っている事なので、特に気にする程でもないですよ。

『時間が合ったら、短い時間でも良いから逢おう!』

うにゃ~~~♪♪♪

こんな風に彼の方から云ってくる事は、先ず珍しく。
もぉそれだけでワタクシ、キュンキュンですよ。
いや、ホントに。

求めてくれるんだなぁと。
手放さない様にしてくれるんだなぁと。
しみじみ。しみじみ。

自分でも笑ってしまう程に、怖かったんですよ、やはり。
コレってイコール、一路の気持ちを信じていなかったのではないの???って事になりましょうか。
そうではないんだけど。ないんだけどね。
『自分にどうしても自信がもてなくて』ってのは、云い訳でしかないですよね。

あの頃とは違って、ちゃんと同じ方向を向いているというのが兎に角嬉しくて。
おかげで中々寝付けません。興奮しすぎやで、俺ったら。

この勢いで、風邪も治ってくれたら良いなぁ。
何よりも強力な特効薬なのです。

今宵も夢で逢えます様に。
万年思春期の三十路女子、今宵も乙女気取りで眠りますよ。
2006.04.14 (Fri) 02:14
この日だけは外せないっ!!
それはなぜなら、戀子がルーク宗だから。
ってな訳で、Un Happy Birthday! Mr.Luke Takamura~~~っ♪♪♪
戀子もいい歳なら、彼もいい歳。
だがしかし!戀子の熱い青春を捧げた彼は、いつまで経っても戀子のアイドル的存在。
もぉもぉ、激しくどぁい好きデスよ(でも白い方でよろしくチャン)。

思い起こせば、今から15年以上前の事。
白いアナタ(正確にはアナタ方、なのだけれど、今宵はスペシャルな夜なので、敢えて『アナタ』の方向で)と出逢った奇跡ですよ。

寝ても覚めても、アナタに夢中な日々がありました。
部屋中にアナタの色々を散りばめて、遊びに来た仲魔達からは『落ち着く』と、そうではない方々からは『一寸、怖い・・』と云われる事もありました。
白いフワフワの戦闘服を着て、ギターを弾くきゃわゆいアナタにクラクラときめいていたのも本当。
クリンクリンのボンバーな頭で、熱くサクレツするギタープレイと、上半身は裸、首にはネクタイ、下は黒のTバックにレース編みのパンタロンという、そんな変態チックな半裸姿(寧ろ、全裸)のアナタにクラクラときめいていたのも本当。
解散してから年数も経て、三十路を迎え、何となく一般女子風になった気がしたここ最近。
だがしかし、去年の悪魔復活祭での白いアナタに、針が振り切れる程にサクレツして、違法なアレを買い求めたのも本当。

もぉもぉ、白けりゃ何でもいいのかよと、己につっこむ事、多々。
結局、白いアナタが好きなんだという事ですよ。えぇ、本当に。
それを痛感した去年の復活祭。

暴言吐くのも、愛ゆえに。
みんながみんな、アナタにツッコミを入れるのも、きっと愛ゆえに。
何だ、みんなアナタの事が好きらしいわ。

恐らくはきっと、アナタは永遠の片想いの相手なんだわ。
1番長い、片想いなんだわ。
ああ、生まれて来てくれてありがとう。
彼を世に送ってくれた、ご両親にまで感謝よ。
いい仕事したっ!!

そんな今宵は、掃除をした部屋で『笑顔+ビール』と行きたかったんだけれど(コレが判るアナタは、相当左の彼が好きでしょう!)、それは出来ずに今年のアナタ祭は終わるわ。
アナタは戀子の悦楽の都。
ギター、ガンガン弾いちゃって!
歌、程ほどに歌っちゃって!
ステージでクルックル回っちゃって!

どれをとってもどぁい好きです、あたしったら。
2006.04.12 (Wed) 23:42
夢で逢えたら
という番組がその昔あったけれど(アレは関東のみの放送だったのか???)、昨日は結局、一路サンとは夢では逢えず。残念でちた。
代わりに何か妙な夢は見たなー。
ここ最近、毎晩の様に夢を見ています。余り覚えていないんだけどね。

どうも体調が芳しくない。
今朝、起きたら喉が痛くてまいっちんぐ。
ここ数年の戀子の風邪を思うと、喉が痛いと感じている内は未だ軽い方なので、のど飴で様子を見つつ、やり過ごしていこうと思います。
激しい気持ちの揺れ動きは、生理前ってのもどうも手伝っている模様。
けどまぁ、昨日一路と話した事で、気持ち的には大分落ち着きました。
そうは云ってもどうにもだるいので、女王勤務なのを良い事に、ギリギリの時間迄寝ておりました。
午後2時過ぎ起床。世の中の働いている人に対して、すまぬという時間でしょうか。

それにしても、酷い雨でした。
入ってくるお客様方、もれなくびしょ濡れでしたよ。当にSoaking Wetですよ。Liveじゃねぇけれども。←判る人に判って貰えれば御満悦。
夜が更けていくにつれ、雨脚はどんどん酷い事になっていくので、帰りはどうなる事かと思っていたら、調度仕事帰りの弟が店まで迎えに来てくれて、殆ど濡れる事無く帰れました。ありがたや。

類は友を呼ぶというけれど、戀子の周りに居るみんながみんな、今はどうにも苦しい時期だったり、決断を迫られていたりしている様です。
戀子の周りの友達は、大抵が三十路前後の良きお年頃の女子達。
『若い頃は』と云いたかないが、若い頃には先送りに出来ていた悩みも、今となってはどれもが最重要課題だったりして、先送りにする事も出来ず。
なぁなぁで折り合いをつける事も許されず。
ガッツリと向き合う他、ないのです。
『あぁ、辛れぇなぁ~~~!』と、夜空を仰いだところで、返って来るのは冷たい空気だけ。
ならばやはり、向かうだけなのですよ。

こう云うのも変かも知れないけれど、戀子だけではないと思ったら、状況はどれも違えど、頑張れる気が致しました。
勿論、現状は何も変わってはおりません。けれど、どうにかなるだろうと。
心配ないよと。
そう云い聞かせ、落ち着かせる。

人の数だけ想いはあって、その想いの全てが報われるのかと云えば、決してそうではなく。
激情のままに向かった想いも、打算で始まった想いも、常に突きつけられるのは己のこれからの進む道。
全て自分が選んだ事で、誰の所為でもないんだものね。

今日の激しい雨に、鬱積した思いが幾らか流されました。

青空を、いつかこの目で見たいのです。
2006.04.12 (Wed) 01:44
一緒にね
久し振りに、一路と逢わないお休みの日。

それぞれの場所でそれぞれの過ごし方をし、1日が終わる間際にメル。
「そういえば、一路はコレをいつも見ているって云ってたなぁ」と、普段は見ない番組を見ながら、最近お気に入りである氷結の柚子を呑みながら、だらりと過ごしてみる。

暫くして、一路からレス。
先週1週間は殆どメルを交わさなかったのだけれど、お互いにその間に深い時間を過ごしていた様でした。
やっぱり疲れていたんだね、お疲れ様でした。

久し振りに相当荒れた日々を過ごしていて、仕事に行く事でうまくバランスが取れていたワタクシ。
ある決意と共に、一路と一緒に辞めようと決めた禁煙を解禁してしまおうと本気で思った程に、うん、荒れていたんですよ。
結局、一路を裏切る事は出来ず、煙草はやめてチョコレートで落ち着かせる事に。これもまた、誉められる事でもないのだけれど、煙草よりはマシ。

色んな事を思いあぐねていたのだけれど、今抱えている色々の一部を一路に話す事で、一路が余計な事を考えないで済む様にする事に致しました。
彼には隠しても隠しきれないし、話さない事で心配させるのも無駄な事。

「そうかー、お互いに今はつらいところだなぁ」

そう云われて、心が少し落ち着いた気がしました。
1番判ってくれる人と、想いを共有したかったんだなぁ。

煙草を解禁しようとしていた事を小さく告白、「それは許さん」とやはり云われる。
「かといって、チョコも程ほどになー」
あいあい、気を付けますよー。

しんどい現実から逃げる様にして、最近ではよく寝る事を心掛けているワタクシ。
これは一路も同じで、「今日は一緒に寝よう」という事でメルも終了。

ああ、ホントに。
今宵は夢の中で逢いましょう。
アナタと一緒だと思えるから、あの頃も今も、投げ出さずに頑張れるのです。
2006.04.11 (Tue) 01:32
想い、巡る
心の奥底に残ったままの想いは、どれだけ時間がかかったとしても、いずれまた巡って来るのかも知れぬと、そんな事を思う。
幾つもの時間を経て巡って来たこの想いは、遠い向こうに過ぎていった時間を一気に引き寄せる。

ああいう事があったとか。
こういう事をされたとか。

その当時、自分自身の心に深く突き刺さった事も、『時間が解決してくれる』という陳腐な言葉しか出ては来ないけれど、本当にそう思う。
や、解決はしてはくれていないんだけど。
こちらに向かれた想いも、あちらに向けた行為も、全ては消えはしないのだから。

ただ思うのは、重ねた年の分だけ、受け入れる器が少しだけ深くなったかも知れない、という事。
あの頃は無理だった事が、今ではスッと受け入れられたり。
手放さなければ進めなかった事が、手放さずとも共存出来たり。

年を重ねて良かったと思う瞬間であります。
無駄に年を取ってはいないみたいです。

今日、2つの決断をしました。
1つは相手に伝えました。
後1つは未だ伝えられずにおります。
どういう反応をするだろう。
それよりも、ちゃんと相手に伝えられるのだろうか。そっちの方が心配で。

でもでも。
今をクリアする為には、ここでじっと踏ん張らなくてはならないから。
でもでも。
手放す事はしないから、絶対に。

想いは巡るもの。
ここで誓ったわたしの想いは、ちゃんとわたしの前にまた戻って来る。
先のわたしに恥じぬ様な生き様を、今やらないでいつするの。
2006.04.10 (Mon) 02:12
沈みかけた船?
職場で怖い話を聞いちまいました。

・・そうかー、この会社は沈みかけた船なのか。
社員でそうなら、今のこの状況も納得出来るというもの。
それに拍車をかけているのはあの人なのか。
そうかー・・
ショックというか、俺の見る目も大した事ねぇんだなーというか。

まぁ、それはそれとして。
名も知られていない新店が地域に根付くまでには、少なくとも1年はかかるけれど、そういう問題でもないのかも知れん。
気付かなければならない人達が気付いていないという話。
マヂか。
さてさて、どうなっていくんだろうかな。

仕事もさる事ながら、色々考えていたら頭が痛くなりました。
イライラするといかんよな。考えてもしゃーないんだよなぁ。

イライラした中に、ヒーローからのお笑いメルに救われた。
そうか、とうとう奴の名前が明らかになったのか。
しかし財布から飛び出たその免許、なめネコ免許ではなかったか?
よくやった、ヒーロー!

女王勤務の今宵。
帰り道、風がとても強くて歩くのも大変でした。
が、風が強かったおかげか空気が澄んでいて、月がとても綺麗に見えました。

人生、悪い事ばかりじゃないよと、こんな事にも思ってみたり。
少しでも前を向いていれば、いつかその内に良い方向へ行くだろうさ。
2006.04.09 (Sun) 02:22
デジャヴ
今度のお休みの日は、もしかしたら一路とは逢えないみたい。
まぁ、日々の流れはお互いにお互いだけではないので、それはそれで全然構わないのです。
ワタクシ自身も、自分の都合やら何やらで『逢えません』ってのを何度もやっているし。去年の悪魔ツアーの時には悪魔ツアーの為に何度かやらかして、最終的には機嫌を損ねさせてしまったワタクシですが。
今回は、一路のお父さんが入院するかも・・という話。

未だ『もしかしたら』段階なのですが、9割方は入院の方向で進んでいる様なのです。
色々あって、お父さんご自身も一路達家族も、そうした方がお互いに楽だろうという事で、モロモロ含んでそういう話になった様なのです。
入院といっても、然程長くはならないだろうと。極簡単な入院で終わるだろうと。

ただそれだけなのです。
それだけなのですが、思わずビクッとしてしまうのは、つい重ねてしまう過去があるから。

戀子が一路から別れを告げられた3年前。
その時も直前に同様の事があり、他にも色々な事が重なって、『別れよう』という事を一方的に告げられたのでした。

また同じ事を繰り返してしまうのではないか・・
どこかで怖がっている自分がおります。

でも、と思う。
あの頃と今とで明らかに違うのは、一路は戀子を求めてくれるし、戀子も一路を求めている。
それはただの色恋のべったりとしたそれとは違う、もっと深いもの。
絶望的だと、本当に深く深く落ちたあの頃があったからこそ、得る事が出来た絆。
あの頃の事はお互いに口にはしないけれど、一路は孤独であったし、戀子は激しく恋焦がれていた。

トラウマは、そう簡単に消えてくれるものではないんだと、思わず苦笑してしまう。
けれどもう1つ、あの頃と違うのは、戀子自身が当時よりは幾らか強くなったという事。
一路が当時不安がっていた、弱い戀子ではない。
今、多少弱っているとはいえ、あの頃程ヘナチョコな弱りっぷりではないもの。

それにしても・・と思う。
彼は心が休まる時が殆ど無いのではないかなぁ。
それは今に限らず、彼のこれまでの人生を見聞きして思う事。
何をもって『普通』というかは、人それぞれだから何とも云えないけれど、その年頃の人達が過ごす様な時間を、彼は持つ事もままならずにここまで来た。
戀子は戀子で、同じ様な状態で来たけれど、彼と決定的に違うのは、彼は彼自身の事ではなくて、戀子は家庭の事情もありつつも、自分自身の事で、という事。
そんな2人はお互いと知り合う事で、これまで見ない振りをしてやり過ごして来た色んな事を取り戻している。
そんな気がする。

一路から報告を受けて『わたしの事は気にしないで良いから。今は家族の事と自分の事を大事にして頂戴』と伝える。
お互いに、家の事は業なんだな。
内容は違えど、何の勘ので似たもの同士な2人なんだな。

気苦労が絶えない2人だけれど、それは趣味なんだと思う事にしましょうよ。
最終的に笑えればそれでいいじゃないのよ。ねぇ?
2006.04.07 (Fri) 23:55
地味に2周年記念
暖かな春の日の今日。
本家サイト『tear drops』がオープンして2周年を迎えました。
日記サイトと謳っておりますが、それにしたって日記以外のコンテンツの放置プレイ気味に、管理人自身がどうかと思っている次第。
いずれまた、思い立った時にゆるりと更新しようと思っておりますので、こちら『想ヒ出綴リ』をブックマークされている方も、そうではない方も、たまにご覧になって下さったらと思います。
ありがとうございます。(ナイナイANN的)

昨日の夜中・・調度、日付が変わる頃。
一路に電話をしようと思っておりました。
うん、実は今日、一路サンのお誕生日なのですよ。
でね。
今年の戀子の誕生日は、付き合い出してからずっとそんな事なかったのに、「日付を跨ぐ時に一緒に居よう」と。
一路ははっきりとそう云ってくれる人ではないけれど、そんな様な感じで云ってくれて。仕事後にわざわざ職場まで迎えに来てくれて、誕生日の前日から誕生日当日となる0時を越えて、一緒に過ごしたのでした。

ワタクシ、これまでそんな事をされた事はなかったのですよ。
誕生日の時に調度彼氏がいなかったり、運良く居たとて、「えっ、誕生日だったの?云ってくれれば良かったのにー!」と云われる始末。
俺、云ったってのよ。だから逢いたいと。忘れたのは己の方だろうがと。

そんなこんなのアイタタ誕生日三昧なワタクシでしたが、この今年の『一緒に♪』ってのがすごく嬉しくてね。
ホントはワタクシも『一緒に♪』をしたかったのだけれど、一路と逢っても結局また一路に家まで送って貰わなくてはならない。
それもどうかなーと思い、せめて電話でも・・と思っていた矢先、ガツンと落ちてしまった訳です。
日付変わってすぐに電話なんて、とても出来る状態ではありませんでした。
この声を聞かせてしまったら、おめでとうな感じが飛んじまうと。話し出したらとめどなくぶちまけてしまいそうだと。
結局、日付変わってすぐに届く様、グリーディングカードを送る事に。
グリカを貰った事はなかった様で、これはこれで新鮮だった様。
うん、良かった。喜んでもらえて。

一路にはこの間の桜追っかけツアーの時に、少し早めのプレゼントを贈りました。
プレゼントと一緒に手紙を添えて。

思えばワタクシ、一路の30代を全て知っているのですよ。
ああ、30代の一路を独り占めだなぁなんて、そんな事を思ったり。
これから先、山も谷も色々あるだろうけれど、一緒に乗り越えて行けたらと思います。
同じ様に一路が思ってくれているなら、これ以上の幸せはありません。

一緒に居たいから、戀子も頑張ります。
白鳥の様に、水面下でバタバタ足をいわせちゃいますよ。
決して己の姿が白鳥だとは云いません。
や、云えません。

これからも一緒に、色んな時間を共有していきましょう。
2006.04.06 (Thu) 23:07
闇の中
いつ頃だったろう、「夜明け前が1番暗いんだ」という言葉を聞いた時、それ以来、この言葉を糧にずっと頑張って参りました。
時に励ましてくれ、時に投げ出したくなるこの言葉を、今は当に投げ出したくなる状態で見詰めている。

何がいけないんだろうと考えるけれど、結局はこれまでの蓄積でしかないのでしょう。
自分の歩いてきた道程は、決して正しかったとは云い難い。
逃げるのが得意で、避けてばかりで、見ない振りをして来た。
そのつけがこうして回ってきているんだという事を、今になって痛感している。

動ける内に動こうと、とにかく必死に軌道修正をしてきたけれど、そんなにた易くは解決はしてくれはしない。
自分だけではない。
やはり生まれ出でた場所というのは、運命共同体なのかなぁと思う。
これは業なんだろうかな。ずっと背負うだろう業なんだろうな。

こんなにも重たく感じた事はない。
思う様に光のある方へ向かわず、それどころか今は後退している感すらある。
それを目の前にして、また逃げ出したくなっている自分がいる。

こんなんじゃいけないのは判っている。
だからこそ、動こうと思う。
逃げていても仕方がない。向かうしかない。
そうじゃなければ、消えるしかない。

当時と変わった事は、自分の中に『消える』という選択肢がなくなった事。
良くも悪くも、色んな欲が出て参りました。
これらの欲が生きる糧となるのだろう。
苦しくもさせ、希望にもなり。

全てをオフにして、今日はゆっくりと考える。
考えて、考えて、やはり動くべきなんだろうと思う。
後はその時期を見誤らない様にしよう。

何をしてでも、という気持ちを持たなければ。
云い訳をしている場合ではない。

ここで踏ん張らなければ、どこで踏ん張るというの。

今は未だ闇の中。
目指す光は未だ点でしかない。
遠いなぁ。
でも、と思い出すのは、夜明け前が1番暗いんだというあの言葉。
そして、明けない夜はないという言葉。

大丈夫。
みんなの下に等しく朝はやって来る。
2006.04.05 (Wed) 23:46
案の定・・
えぇ、案の定ですよ。
昨日の桜追っかけツアーの余韻がそこここに。
どこに1番来たって、ふくらはぎですよ。もぉもぉ、とにかくパンパンったらないのです。
とにかく酷くて、動くたびに「アイタタ、アイタタ」と思わず声が出てしまう程。
やー、でもでも。次の日に筋肉痛が来たって事は、まだまだ若いんじゃねぇのー???と、違った方面で喜んでみたり。
いいのです。三十路の乙女は、そんな事すら嬉しいのです。

今日は久し振りに、先月異動していったアーリーが応援でご出勤。
店長と、アーリーと入れ替わりで異動して来たトトさんが今日はお休み。変わらない人達とのお仕事は実にスムーズ。
全てを云わなくても判ってくれるので、とても動き易い1日でありました。

コカコーラのおまけで付いている、くまプーのグッズがとてもきゃわゆいのです。
元々キャラものはどぁい好きなのだけれど、年齢的自主規制と今の和風とアジアンの混合チックな部屋にはとても似合わないので、数年前から買わない様にして参りました。
が、が。全部で8種類ある内の1つ、クリアポーチが何ともいえず可愛いのねー。色味といい、水泳バッグ的クリアさといい。
仕事が終わった後、買い物がてらフラフラと彷徨っていて、冷ケースの前でジーッと眺めつつ悩んでいたら、スーさんと遭遇。
「これ、可愛いよねぇ」と話をしたら、「一寸待ってて!」と云い残して倉庫へダッシュ、戻って来たスーさんの手には、グッズ8種類全てがありました。
「あー、もぉスーさんったらん!愛してる―――!」
そう云われたスーさん、思わず苦笑い。
三十路のオバチャンの愛している発言に度肝を抜かれたご様子。
ああ、色々御容赦。

ああ、今日は良い1日でした。
2006.04.04 (Tue) 23:24
桜追っかけツアー
今日は夕方から一路とおデート。
いつもは家まで一路が車で迎えに来てくれるのだけれど、久し振りに彼の地元まで電車で行きました。
程よく田舎なここは、一路とお付き合いをする様になってから、お気に入りの場所となりました。
戀子が暮らす街からは、駅にして5つと離れていないのに、随分穏やかに時間が流れているというか。のんびりが似合う場所なのです。

駅前の桜の木を眺めながら一路を待ち、今年は一路と迎える何度目の春だろうと考える。
何というか、いいよねぇ。桜が咲いているこの時期は、周りを見ると淡い桃色に包まれていて。

一路と合流してから、先ずはそこから然程離れていない公園へ。
公園といっても、小高い山が2つ並んだ中にあるので、とても広いのです。
敷地内には羊が放牧されていて、これがまたのどかに草を食んでいるったら。
「うぃぃぃぃぃ~~~ん」と、試しにナンチャッテホーミーで寄せてみたら、ぼんやりとした足取りでその中の1頭が寄ってきました。何でもやってみるもんだ!
これはシャッターチャンス!とばかりに、急いでデジカメをバッグの中から取り出すも、哀しいかな、電池切れ!!
肝心な時にいつもこうなんだ、俺ったら・・
何もくれないんだと判ると、羊もきびすを返して行ってしまいました。
やはりそうだよな、何もナシでは寄っては来ないよな。

『公園』から想像する穏やかな場所だと思っていたら、これが軽く山登り。
思えば去年の初冬、一路と共に鎌倉へ紅葉を観に行った時もそうだった。お散歩気分で歩くつもりが、建長寺での参拝モロモロが登山チックで、大変な目にあったのですよ。
今回もそれに近いものがあったかも。
沢山歩くつもりでいたので、足元はドライビングシューズと歩き易い状態ではありましたが、そうは云っても山登りだとは思わず。
結構な坂道を、一路に後ろから背を押されたり、前へ回って手を引かれたりしながら登りました。

やー、登って良かった、この贅沢な眺望ったら!!
360度全てが見渡せる展望台は、かなり遠くの景色まで見せてくれました。
この公園の周りに咲く桜たちの花霞で淡く彩られ、美しい景色がより美しく。
風はモーレツに強かったけれど、空の青さに桃色が映えてねぇ。
「うわ~・・綺麗だなぁ~・・」と、嘆息。

と、ここで時間を取られている場合ではないのですよ。
今日は桜を追っかけるツアーなのです。去年は悪魔のツアーを追っかけていた俺ですが。

公園を離れ、今度は地元内外でも有名な展望台のある別の公園へと移動です。
移動している間に陽も暮れて、着いた頃にはすっかり夜。
ここは夜景スポットとしても有名で、カップル達が多く訪れる場所。戀子達も付き合い出した頃に数回来た事がありましたが、実に久し振りに参りました。
桜の時期のここは初めて。
普段の夜はカップル三昧なのですが、桜の時期だからでしょうかね、今日は友達同士や家族連れの方々が多く見られました。
ここは桜も夜景も一緒に見られて、1粒で2度美味しい的なお得感。

さて、急がなくてはなりません。
今回最後の目的地は、小田原城。
小田原城の桜の時期の想い出は、実は学生時代の色恋に通じるのですが、それはそれ。
一路と共に今年、小田原城の桜の想い出を作るのです

今年も小田原城の周りの桜は綺麗に咲き誇っていて、夜の闇と溶け合う様にうっとり。
ベンチに腰をかけて、傍らに小田原城を眺めつつ、頭上に咲く桜を眺めつつ、恐らくは今年はこれで最後になるだろう桜の春を堪能致しました。
お堀端の池に写る桜、幻想的で綺麗だったなー。
肝心な時にデジカメ、電池切れなんだもんなー。残念。

小田原城の桜を満喫してから、別の場所へ移動。
ここへ来たのは、付き合い出してすぐの春以来になります。

思えばその頃、一路の気持ちが判らなくて不安だらけだったんだ。
彼の一挙一動に一々、泣いたり笑ったりしていたんだよなぁ。
それから月日が流れ、現在。
お互いがお互いの存在に慣れ、心の機微を感じられる様になり、安らぎと心地良さを求め合う様になった不思議。
幾つもの時間を経て初めて、判り合える事が山ほどあるんだよね。
それは一足飛びでは得られないんだよね。

「そういえば、鎌倉の桜を見逃したっ!!」
「それは来年に回そう」

来年もまた、一路と2人で桜を追っかけていこうと思います。

春の楽しい想い出がまた1つ増えました。
2006.04.04 (Tue) 03:46
春眠・・
春眠暁を覚えずと云いますが。
今日の戀子は当にそんな感じで。

バッチリ10時間は眠ったというのに、まぁ眠いったらないのです。
寝すぎかなぁとも思うものの、どうにも体も目蓋も重たいので、出勤時間ギリギリまで更に眠る事に。
起きたら頭が重いったらない。
こりゃ、どう考えても寝すぎです。

最近、どうにも目が疲れているのか、頭が痛い。
じゃあブログなんぞ更新するなよってな話もあるけれど、コレが微妙に生存確認の場にもなっていたりして。
中々、メルにレスも出来ずにごめんよぅ。
わたしは元気にしております。目が疲れているので、PCもケータイも読むだけ読んでレス出来ないでおります。
他意はございません。気長に待っていておくれやす。

それにしても、今日の帰りの霧は半端なかった。
霧が深すぎて、いつもは綺麗に見える小さな夜景もまるっきり見えないどころか、光を感じる事も出来なかったよ。

明日は一路とおデート。
今日の雨、花散らしの雨になってしまったかしら。
恐らくは今年はこれで最後になるだろう桜を追っかけて方々、梯子の予定です。
桜、残っていると良いなぁ。
2006.04.03 (Mon) 02:35
早いもので
今日からもぉ4月ですよー。
今年の4分の1が既に終わったっていう話ですよ。
今の戀子にはまるで関係無いけれど、年度も変わって気持ちも新たにといったところでしょうか。
街なかへ行けば、七五三状態でスーツに着られた風の新卒な方々も多く見られるのでしょうかね。
新社会人のミナサマ、どうぞようこそ、よくいらっしゃいませ。
社会人、何かと大変ではあるけれど、学生の頃よりもある意味、楽しいからっ!!

さて、4月。
ここまで何をして来たかと云えば、特に何もせずに来たかなと。
所詮パートのワタクシではありますが、仕事漬けの日々であります。
頑張って今年もガツガツ仕事をするぞと意気込んだのも束の間、人件費削減で地味に時間数を減らされてしまって、何か別の仕事と掛け持とうか、転職活動を始めようかと思い始めている有様。
中々、うまくいかないモンですよ。
まぁそうは云っても、今の職場で重宝されているのも確かで、インフルエンザやら胃腸炎やらと続いたけれど、そこを除けば元気に仕事が出来ているので、一先ずはヨシなのでしょうかね。なのでしょうな。

思えば去年の今頃は、未だ転職活動真っ只中でありました。
これまでの経験をフルで活かせるだろう仕事を見つけ、面接へ行ったのも今頃でした。
相性が合い、採用という形になったものの、結局はそれから暫くして倒れてしまって、退職せざるを得ない状況になってしまったのですがね。
そうかー、あれからもぉ1年が経とうとしているんだなぁ。
面接会場である本社のすぐ傍の公園で、桜を見ながらお昼ご飯を食べたんだった。

1年は長い様で短い。
三十路を過ぎてからというもの、特に感じるところであります。
時間には限りがあって、その中でどれだけのものを残せるかと日々思っているのですが、結局は日々に流されるだけで終わってしまっております。
色々と続いてから思うのは、自分に残された時間は後どれ位なんだろうという事。
や、別に何がどうって訳じゃないんですよ。メンタルな面は今は元気ですしね。
ただ漠然と、そんな事を思う次第。
桜の春霞に紛れて、自分の内側を隠してみたり。

今日から4月ですよ。
今年も残すところ、後9ヶ月を切りましたよ。
2006.04.02 (Sun) 02:20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。