2005.11.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2006.01.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
その気持ちが嬉しいの
滅多にない事なのだけれど、今宵は一路とお仕事後におデート致しました。

戀子は今日もラストまで。終わるのは深夜です。日付が変わりますよ。
お互いに無理も無茶もしたくはないし、出来ないお年頃ですのでね。週1の定例おデート以外は、日々のメルのやり取りで終わるのだけれども。
毎年恒例になっている、一路のお店の年越し蕎麦を持って来てくれるという話に今日なりましてね。
戀子の仕事が終わるのは深夜ですし、それから・・となると遅いし、仕事前というのもまた微妙な時間だったりして。
今年は無理かな~・・と、半ば諦めていたのですが、今年も頂ける事になりました。

仕事終わりに戀子がおデートへと行く事は殆どありませんので、一緒に店を出ようとした社員サンの1人が「送っていくよー」と声をかけて下さったのだけれど、「や、この後、ダーリンとおデートなんですよー」と云ったら、他の社員サン達も一緒になって「や、戀子サンの彼氏ならば、挨拶にいかなければ!」とニヤニヤ。
ニヤニヤすんなや、ニヤニヤ!

時間が時間ですので、ファミレスで軽くご飯を食べながらお話する位の短いおデートではありましたが、この気持ちが嬉しいじゃないの♪♪♪
明日の夜ともなれば、年越し蕎麦にはならずに完全に跨いでしまうので、出勤前の朝ご飯にお蕎麦を頂こうと思います。

05年も残すところ、後1日。
きちっと終わらせましょうや、きちっと!
スポンサーサイト
2005.12.31 (Sat) 03:27
盆暮れの付け届け
いよいよラストスパート!な、05年最後の3日間初日。
土日休みの普通のお仕事をされている方々は今日辺りからお休みな様でし、そこそこ忙しいかと思ったらそうでもなく。
ただ客層は若干変わってきていて、奥様に連れられていらっしゃる男性の方が増えました。
うん、荷物要員ね。
年末年始はお買い物の量も増えますし。『正月から開いているじゃーん!』とは云っても、もぉ儀式状態とでも云いますか、やっぱり買出しには行かねばならぬという、擦り込み状態とでも云いましょうか。
そんな感じなのでしょうね。
ワタクシもこの、年末特有の浮き足立った感じは嫌いじゃない。寧ろ好きな方ですよ。

と。
とかく、こういう時にはトラブルも多いもので。
今日はそんな気忙しい中で、スーさんが完全にキレてしまいました。

自分の事ではないので省くけれど、今日起こったアレコレに対してどうこうっていうのではなく、これまでの蓄積なんだけれどもね。
売り場では出さなかったけれど、それはそれは相当な荒れっぷりで、裏での物音がこちらまで漏れ聞こえ、お客様どころか、「戀子サン、怖いよぅ・・」とバイトちゃん達までもが云ってくる始末。
まぁ、普段は温厚なスーさんだからね。びっくりはするわな。

「お客様には何も関係ないんだから、普通にお仕事しなさいな」とバイトちゃんを諭し、変わらず業務を淡々と続ける。

どれ位してからだろう、他の社員サン方と戻って来たスーさんは、すっかりしゅんとしてしまっていて、先ほどの荒れっぷりはどこへやら。
他の社員サンに怒られて・・ではなくて、自分の荒れっぷりに、周りに対してやってしまった事に、大人として落ち込んでしまった模様。
あらあらあら。

カウンターで別の作業をしていた戀子に対し、「どうもすいませんでした」と頭を下げるけれど。
まぁねー、それはそれとして。

普段から小出しにしていれば、こんなに大きな事にはならないのだけれど、それが出来ない人だから、大変な事になってしまうのね。
半期に1度、こういう風になってしまうんだというのは本人の弁。
「まぁ、お中元お歳暮みたいなもんでしょ?いーんじゃないですか?」と笑って返す。
今回キレた事そのものはどうよと思いつつも、何に対してキレたのかを問えば、キレたくなるのも非常に判る。周囲も納得ですよ。
アレじゃしょうがない。
でもほら、もっとうまく自分の中と折り合いをつけていかないと、行く行くは自分の首を締めるというもの。
「色々気を付けてー!」とだけ云っておきました。それだけ云えば、スーさんは判る人だから。

スーさんもきっと、自分の中の大掃除をしたんでしょう。
今年の汚れは今年の内に。
綺麗に新年を迎えられるかな???
モノをぶち壊したり、自分も一寸ばかり怪我をしてしまったりと、その代償は大きかったけれどもね。

半期に1度となると、次は梅雨時期ですか???
それだけ判っていれば、どうにでもなるってなモンだ。
2005.12.30 (Fri) 01:56
6連チャン、スタート
恐怖の6連チャンが今日からスタート!
今日辺りまでは未だお仕事の方も多いから、いつもの平日と変わる事無く1日は終わる。
未だだよね。これからだろう。

だがしかし、このお店は一体どんな感じの年末になるのかなー???
今迄、戀子が働いてきた様な立地条件のお店とはまるで違うので、全く読めない。
やっぱり年末のそれらしく、混んだりしちゃうのかしら。
相当ひっそりと、年末年始とはまるで無縁な感じで終わってしまうのかしら。

とにかく、うまい事ペース配分をしてやっつけていかないと。体調を維持していかないとね。
無理せず、無茶せず、穏やかに。
崩れない様にやっていきましょう。
2005.12.29 (Thu) 01:46
祭りの後
昨日、ミサが終わったのが11時過ぎ。
フォーラムから地元の駅まで帰れるか、かなり勝負どころでありました。
電車に乗りながら、ケータイで乗り換え案内やら終電案内やらを検索してみたものの、どうやっても辿り着けない事が判明。
その時間で辿り着ける、地元に程近い大きな駅で一路と降りて、夜明かしする事に致しました。

同じ駅で降りた仲魔と別れた後、「寒いし、お腹が空いた」という事で、ラーメン屋サンに入って、随分遅い夜ご飯。
閉店間際だったので、何となく忙しなげになりながらも、さっきまで見ていたミサの話をする。
一路は聖飢魔IIの様な、いわゆる『邪道』な人達を好まない。彼の場合は完全に食わず嫌いで、今回は食わせる事から始めてみた訳ですが、ミサ中、余りに反応が薄かったので、合わなかったのかな~・・と思っていたら、寧ろ逆。
実はかなり楽しんでいたらしく、楽曲の幅もさる事ながら、各構成員の芸達者ぶりやら何やらに感心しておりました。サプライズゲストだった水前寺清子サンもよかった様で。
戀子サン、御満悦♪
楽しんでくれて何よりですよ。

閉店ギリギリで店を出た後、今宵の寝床探し。
オールが出来るお年頃ならよろしいが、もぉお互い、無理は出来ないお年頃。
一路は次の日から大晦日までバッチリ仕事ですし、戀子も2時間しか寝ていない上に4時間を越えるミサで、すっかりグダグダ。
何が何でも寝たいよねと。

最初は、お風呂もデカいベッドもあるからと、ラブホに行こうかと云っていたものの、駅からラブホ街までは少し離れていて、さりとてタクシーを使うまでの距離でもなく、歩くのは疲れたと。
結局、流れ着いたのがネットカフェでありました。

何となく入ったネカフェではありましたが、ここがヒット!
我々がよく利用するネカフェも結構居心地が良くて好きなのだけれど、ここは何というか、とてもシックな造りでね。大人な雰囲気ムンムンなのですよ。落ち着くのねー。
カップルシートに通して貰い、お茶を飲んでさっさとゴロン。
眠りにつくまで、然程時間はかかりませんでした。

始発の時間に合わせて帰ろうと云っていたものの、結局は出勤ラッシュ直前の静かな時間に。
思えばこうして、一路と完全に朝まで居たのは初めてであります。

戀子も今日が年内最後の休みなので、本当は寝倒したいところでありましたが、そんな訳にもいかず。
未だやっていなかった大掃除やら何やらをこなして、あっという間に1日が終わってしまいました。
まぁ、遣り残しは少ない方が良いからね。今年の汚れは今年の内に。

さて、明日からは連チャンジョブとなりますよ。
楽しんだ後ですもの、頑張っていくかー。
2005.12.27 (Tue) 23:55
THE LIMITED BLACK MASS TOUR D.C.7~恐怖の復活祭~FINAL
昨日の夜は気が昂っていたのか、朝まで眠る事が出来ず・・
深夜バスで東京に出て来ている途中の仲魔に、早朝5時にメルする始末。てへへ。
その後、2時間ばかり眠って、起きて。一寸だけでも眠れればそれでいいの。オールはいかん。
ライヴは、ミサは、体力勝負。睡眠時間は必要です。

一路と地元の駅で待ち合わせ、ナルミと別の駅で合流。向かうは有楽町。
千秋楽の『東京国際フォーラム』は、6年前の最後のミサツアー、お礼参りツアーの千秋楽の場所。
ここへはこの1度きりで、それ以来、行っておりません。実に6年振りのフォーラムです。
有楽町に着いてから、場所の確認がてら会場へ向かう。
ミサの前に物販があるんだったら買っちまおうと思って行ってみれば、もぉ既に長蛇の列。この時で未だ3時過ぎ。平日の3時に、みんなどーした???
ツアーの千秋楽にして今日発売のツアーパンフがあって、それを求めて一先ず列に加わったけれど、まぁ終わりが中々見えてこないったら。
アレやらコレやらと話をしながら最終的に辿り着けたのは、4時を回った頃。いやいや、並んだねー!

無事に欲しかったモノを買い求め、ミサが始まるまでご歓談タイム。
仕事を終えて次々とやって来る仲魔達を待ち受けながら、繰り広げるは妄想トーク。
どんどん合流していく仲魔達との、そのやり取りを傍らで見ていた一路が、少々戸惑い気味であったのは内緒。
そりゃ引くだろう。得意技の1つである妄想トーク(ルーク限定)を一路の前で披露した事は初めてですから。あはん。よどみなく喋りまっせ。

今回の席は1階の後ろの方、ルーク寄り。
国際フォーラムはとてつもなく広いというか、とにかくデカい会場なので、この座席に辿り着くまでも一苦労。
エスカレーターを幾つか昇って、階段を幾つか昇っては降りて。
うーん、ここからのルークの姿、恐らくは親指大かも知れませぬ。前回のライヴハウスの時とは違って、ちゃんと斜面になっているから、余程デカい人が前に来ない限りは見えないって事もないし、先ずはヨシ。
いいのです、この場にいられるってだけでね、今回は。

今日のミサが千秋楽ですので、これまでのツアーと内容が変わるのかと思えば、大きな変更もなく。
もぉ終わるので書くけれど、今回のツアーの初日では、信者にはお馴染みの2名、セムシーとゾンビーが悪魔サマ復活の儀式をやったりしていたのですよ。
だからこの千秋楽でも、また封印(?)だか何だかをする為に、彼らが出て来るのかな?なんて。
まぁ、初日のセムシーとゾンビーのコーナーは余りに長く、本家登場までに30分近くかかって信者がイラつくという結果に終わったので、いなきゃいないでいいのですがね。

楽しい時間だったなぁと、本当に思う。
もっと見ていたかったし、もっと感じていたかった。もっと共有したかった。
ミサの中でデーさん(=デーモン小暮閣下)が、「もっと各構成員の活動に足を運んでいたら、今回もそれを見込んで大きな会場を取ったのに!」なんてな事を云っておりましたが。
もぉ解散して6年経ちます。
今でもファンクラブに入っている方もおられますが、戀子の様に解散後に抜けた信者も結構いるのですよ。
会場を押さえる為には、やっぱりこのライヴやら何やらの動員数が目安となるのでしょうけれど、今でも変わりなくガンガン活動されている方もおられますが、やっぱり違うのですよ。ソロ活動と聖飢魔IIの活動とでは。

曲や詞を作っている人が変わらなくても、歌う人が違えば曲も全然違うものとなってしまうし、バンド活動は1名が作るのではなくて、そこに集まった5名で作り上げるもの。
戀子はやっぱり、『聖飢魔II』が好きだった。あの構成員が作り上げるあの形が何より好きだったんだよなぁ。

そして今回、初めて一路を連れての参拝でありました。
現役当時は『1度で良いから、彼氏を連れてミサりたい!』と思っていたのだけれど、最後の最後でそれも叶いました。
今回、実は最初から連れて行こうという風には思っていなくて、たまたまだったのだけれども。

戀子にとっての聖飢魔IIは、人生の半分を一緒に歩いてきた存在。
あの当時はワタクシ、非常に黒い時代で、聖飢魔IIが唯一の楽しみというか、光というか、自分で思っている以上に大きな支えとなっていたのです。
それに気付かされたのは、実は解散してからなのだけれど。
当時も随分助けられたなぁと思っていたものの、失くしてから気付く何とやらで、それは本当に本当に、とても大きい存在でありました。

そして今。
戀子にとっての大きな支えは、誰あろう一路であります。
1番大好きな人に、1番大好きだったものを見て欲しかった。
大袈裟に聞こえるかも知れないけれど、ある意味、嫁入り前の挨拶風とでも云いましょうかね。嫁にはまだまだ行く予定もございませんが。
とてもお世話になった方々だから知っておいてね、という様な。
今回同時に、仲魔達と顔をあわせる事が出来たのも良かった。
今周りにいてくれる人達は、戀子の本当に大事な人達だから。会話から出て来る名前だけではなくて、存在を感じて貰えてよかった。
この人達に、今はいっぱい助けて貰っているのです。

実に4時間を越えるミサでありました。
終わってびっくりしたな。そりゃ腰も痛くなる筈ですよ。
ミサ後の余韻に浸る事無く、さっさと帰らなくてはならなかったのは淋しいけれど、また逢えるものね、ミサ以外の場所であっても。

ああ、本当に。
このタイミングで大切な人達と共にミサが見られて良かった。
姿がちゃんと見える程に視力がある時で良かった。

明日からもまた、頑張っていける。
ここから先もきっと、ここは大事な場所なんだな。
2005.12.27 (Tue) 09:28
楽しい時間は
昨日は中々休みモードから仕事モードへと体が切り替わらなくて、地味にミスを連発していたワタクシではありましたが、今日は無事にクリア♪
昨日は体の方がびっくりしちゃったんだよねーと、云い訳してみる。
随分と子供じみた云い訳ですがね。あはん。

日付が変わったので、明けて今日。
いよいよミサも千秋楽を迎えますよ。

あんなに楽しみにしていたミサも、明日で終了。
期間限定の再結成である事は、当初から判っていた話ではありましたが、何というか、いい夢を見させて貰った分だけ淋しさも一入。
とはいえ、6年前のあの日の様に、それまで継続していたものが終わってしまうんだという、何ともいえない切なさはどこにもなく。
例えて云えば、準備に明け暮れていた文化祭も始まり、後一寸で後夜祭になるなぁ・・という、そんな夕方。
祭りの終盤は、どこか淋しいものですよ。
それでも、6年前に1度『終わっているもの』だから、感じ方はまるで違うよね。
ただやっぱり、淋しいねー。

このツアーが始まった、11月17日の戸田市文化会館におけるミサ初日は、曲が始まったと同時に涙が溢れてしょうがなかったけれど、今度はどういう終わりになるんだろうなぁ。
やっぱり泣くんだろうか。
それはないだろうか。

最後の最後で、今回は一路を引き連れての参拝となりますので、一路がどういう反応を示すのかも興味があります。彼は信者でも何でもないし、洋ロックは好きでも邦ロックは殆ど聴かない人。
いわゆる『正統派』の、がちがちなHM/HRファンは、「邪道」と云って憚らない聖飢魔II。
一路も正統派が好きな人だけに、どういう風に思うのか。
食わず嫌いなのは嫌いだよ。食って嫌いならばしょうがない。

明日の今頃にはもぉ、ミサも終わっているんだよなぁ。
そういえば、結局メイクはしないで終わったなぁ。
・・勢いに乗って、ドーランを買いにハンズに走らなくて良かった。
でも、三善のあの香り、久々にかいでみたい気もする。

6年前の大千秋楽でなくしてしまった、ルークスペシャルペンダント(判る人が判ればそれでいい)の薔薇。
使う事はないだろうけれど、どこかで買って付けようか。
十字架の横の薔薇があった場所、開いたままなのは淋しいよね。
2005.12.26 (Mon) 02:02
うが―――っ!!!
あああ、何て事よぅ!!
つい一昨日、シフトの確認をした時にはしっかり休みだったのにぃぃ―――っ!!

やっぱりというべきか、今日はご出勤でありました。そりゃそうだ。忙しいクリスマスイブに休みだなんて事、ある訳がない。
ましてや、若いバイトちゃん達は公休希望の山だった。それを差し置いて、休みを希望していないワタクシが休みな訳がない。
シフトを見間違えたつもりはないのだけれど、突発ではなくて、元々入っていた予定でありました。
あああ、ダメダメじゃん。

具合も悪いし、休みだからと、着替えもしないで1日寝たり起きたりしていて。
「今日はケータイも鳴らずに、静かな1日だなぁ~・・」と、ケータイを見やれば電源が入っていない。
その時点で夕方4時を回っておりました。
家では特に、戀子のケータイは不携帯電話ですし、しょっちゅうメルや電話をする人ではないので、電源が入っていなかったとて、別段困る事もないのだけれど、そうは云っても何があるか判りませんからね。電源を入れたんですよ。
入れたら、数件の着信とメルの跡。
そこで知った、今日の出勤。アタタタ・・

びっくりするやら、腹が立つやら。
けれど、出勤予定だった3時はとうに過ぎておりましたし、もぉ今更焦る事はない。だって、休みだったんだもん。
一息ついてから店に電話、店長の方がひたすら謝っておりました。
「もう今日は無理だよね?」という店長の声に、「遅れますけど、行きますよ」とお返事。ラストまでだし、これから人を手配するのも大変だしね。

そんなこんなで、ゆるりゆるりといつも以上の重役出勤。
行ったら、みんながサンタ帽を被ったり、サンタスーツを着て仕事をしていてドン引き。
や、嫌いじゃないんだけどさ。その昔はメイク信者でしたし。でも一寸・・
ワーッと騒いでいる場でアレコレするのは好きだけれど、そんな格好をしておきながら、いつもと変わらないテンションでいつも通りに仕事をしているのは、一寸・・
調度来ていた社長の息子に「業務命令だから」と云われたのを、断固拒否した三十路女子。
嫌なモンは嫌なんじゃ。「メイクしろ」と云われたら普通にするけどさ。
その辺の感覚がズレズレな、メイク信者だった三十路女子。

中々体が休みモードから仕事モードに切り替わらなくて、地味にミスを連発してしまったけれど、どうにか無事に1日が終わりました。
今日の帰りは、きっちりシフトを確認して参りましたよ。
つか、一昨日確認したシフトを今日また改めて確認しなくちゃならない状況って何なんだ。

腹が立ったら具合が悪いのも何となく飛びました。
この程度の具合の悪さだったって事ですかね???
2005.12.25 (Sun) 02:08
ヨレヨレ
今日も今日とて、大して変わらず。
けれどもまぁ、明日が休みだと思えばね。どうにかこうにか、騙し騙しでやってみて。

クリスマスはやっぱりワインなんだなぁと、レジを打ちながら思う。
シャンパンとワインとチーズとお菓子が猛烈に売れた1日。
明日はターキーとケーキ???

まぁでもアレだ。
具合が悪いと云ってはいても、この時期にしては奇跡的かも。
毎年、酷い風邪やら疲れやらで、クリスマスから年末にかけては惨憺たるものだったりするのです。ここ数年は特に激しくて、ろくな事があったもんじゃない。
今年はそれでも、こうして働けているんだもの。いーじゃないの。

休みだと思うと気が抜けちゃって、一気にドドッと来るわね。
折角の(?)クリスマス休みですもの、のんびりと過ごして体を休めよう。
2005.12.24 (Sat) 01:42
やっぱりか???
今朝になってから、何だか具合がよろしくない。
全く食欲もなくて困ったなぁ~・・と思っていたら、夜にはフラフラ。
早帰りの日で助かりました、やれやれ。
家に帰って冬至の柚子湯にのんびりと浸かっていたら、幾らかお腹がすいて食べられた。

明日1日乗り切れば、明後日は休みだし。
頑張って1日、やっていきましょう。今月はいっぱい休んでいるし、後少しで今年も終わるし。
もぉ休んでなんかいられないからねー。
2005.12.22 (Thu) 23:34
困ったチャン
ここ最近、愛用のPCチャンの調子がめっきりよろしくない。
日記を書き込んだりメールを打ったりしていると、いきなりフリーズしてスタート画面に戻っちゃったりして。
調子よくガンガン書いていても、こうして水をさされるとやる気もそがれるというもの。
ましてやワタクシ、無駄に長い文章が得意ですから。ツラツラと書いた文章をあっという間に消されてしまうとね。それが何度も続くとね。
どれだけPC、投げてやろうと思ったか。

ネットを徘徊する分には全く問題無いので、何となく放置している現状。
もぉ買って5年はなるし、そろそろ寿命なの???そういうもの???

困ったチャンに振り回されている今日この頃。
おかげで更新、滞りまくりなのです。あはん。
2005.12.22 (Thu) 02:28
密やかに
実は密かに、未だ咳が止まらないワタクシ。
咳が出始めてから、もぉどれ位経つかしら???
数年前から、1度風邪をひくと最後に残るのがこの咳で、それが1ヶ月前後続いてしまうのです。
方々で話を見聞きする限り、『咳喘息』というモノらしいのだけれど、どうなのかしらね。

この風邪はもぉ一波くるのかなー。
とりあえず、睡眠たっぷりで持ち直すしかないので、さっさと寝ますよ。
しっかりケアしていかないとね。
2005.12.21 (Wed) 01:10
ふわりふわりと
ニコニコと笑って過ごせる1日は、なんとも幸せで良いな。

今日は一路と2人で、一足早いクリスマスってな訳で。
近所のショッピングモールでワインやケーキを買い込んで、お気に入りのラブホでマッタリと。
ワインの酔いも手伝って、昼下がりのまどろみは普段以上に心地が良くて。
みんなが仕事をしている時間に、こんな事をしているのもまたアレだよね、なんて。触れ合いながら笑い合う。

夜は夜で、最早我々の定番となった『宮ヶ瀬クリスマス みんなのつどい』というイベントに。
今年で20回目となるこのイベントは、最近ではTVや雑誌などでよく取り上げられる様になったので、遠方の方でも御存知の方はおられるでしょうか。
これは日本一の大きさを誇るクリスマスツリーが見もの。樹齢100年というのだから、その大きさたるや。
そして今年は、このツリーのジュニアも登場。今迄どこかで育てられてきたんだろうなぁ、話だとこのジュニアも樹齢30年だかいう話。
30年なんて、ジュニアは戀子とタメですよ。

周囲を山に囲まれたこの場所は、街なかのイルミネーションとは違って、無駄な灯りがない状態で見られるので、ツリーの煌きも段違いで素晴らしく。
土地柄、ファミリー層が多いので、ムーディーな感じというよりは、とてもアットホームな感じのイベントなのです。ムーディーを期待して行っちゃダメですよ。や、綺麗なのは本当に綺麗で、マッタリも出来るけれどもさ。
去年までは遠巻きでしか見られなかったのですが、今年はツリーの足元を走るトロッコ列車があって、下から見上げる事も出来ました。やっぱり傍で見ると迫力が違う。1番てっぺんにある星飾りだけで2メートルあるんだそうで。やー、やー。

多く出ている露天を巡り、寒いよねぇと云いながら、ベンチに座って温かい食べ物を分け合って頂く。
しっかりと握られた右手はどこまでも暖かく、酔いは覚めている筈なのに、どこかふわふわとした足取り。

ニコニコと笑って過ごせる1日は、なんとも幸せで良いなぁ。
来年もまた同じ様に、2人で笑っていたいなぁ。

ふわりふわりと浮ついた心も、たまには良いだろう。
この人と一緒なら、それも良いだろう。

頂いたプレゼント、大事に使うよ。
どうもありがとうね。
2005.12.20 (Tue) 02:54
想いを包んで
昨日の予告通り、今日は1日ダラダラと。
まるで病人が如く、寝たり起きたりを繰り返している内に、あっという間に1日が終わりました。早かったー。

そういえばと、夜になってから弟(下)に買い物に連れて行って貰いました。
クリスマスの日にはお互いに仕事で逢えないだろうし、1番クリスマスに近い休みは26日。その日はミサに行くのでそれどころではない。
そうなると、ゆっくり出来るのは明日だけなのです。

プレゼントはもぉ用意していて。
前から気になっていたモノなのだけれど、これはどうなんだろう。
や、どうなんだろうというモノを贈るんじゃないんだけれど。良さそうだから贈るんだけど。
でもコレを贈られた男性側としては、別の意図を感じずにはいられないだろうかな。当にビンゴな人だったとしたら、それは相当ヤバいとは思うものの。
でもまぁ、普通に使って貰えるものだと思うので、シラッとプレゼントする事にする。他意はないもの。
自分では買わないけれど、貰ったら興味引くもの。そんな品物であります。

ラッピング資材を求めて買い物へ出かけたものの、中々コレというモノに出会えない。
方々を回り、程よい箱と包装紙を見つけてゲット。一緒に入れる手紙も用意したし、コレでバッチリですよ。

以前、某和食器屋で働いていて良かったと思うのは、こうして自分でラッピング出来る事。
お店へ行っていざラッピングとなっても、自分の好みの包装紙でなかったりすると、少しがっかりさせられてしまうもの。
戀子は一般的なラッピングしか出来ないけれど、まぁでもそれが出来れば充分だ。大概のモノは包めるしね。
プレゼントと一緒に包装紙やリボンを選ぶのも楽しいのです。

さて。
明日は、ここずっと中々逢えなくて淋しい想いをさせてしまった分、めいっぱいベタベタ甘えてこよう。
自分からはベタベタ出来ない、そして素直に気持ちを表現出来ない彼の為に。
2005.12.19 (Mon) 01:53
終了、終了
6連チャン最後の日が早出ともなると、こりゃきつい。
とは云っても、それでも午後からの出勤なので、一般的に見れば充分、遅出なのですがね。いつもは今日より数時間遅いという事で。
漸く長かった1週間も終わり、明日、明後日は連休。
待ち遠しかったわー。それにしても、大阪から帰ってきてもぉ1週間は経ったのよね。日常に帰ってきた今となっては、大阪が随分遠く思える。1週間どころか、1ヶ月位の勢い。
また行きたいのです、大阪。

仕事が終わってから店の人達とお喋り。つか、語り。
たまにはこうして話をするのもよし。今日話をしたみんなとは、ズレた時間帯で動いているワタクシは、店の中の離れた場所で起こっている色々が中々判りづらかったりするのだけれど、今日は色々聞かせて貰いました。
そうかー、知らないところで色々とあるんだなぁ。

昨日、『一気に色んな事が解決したら良いのに』なんて書いた傍から、一気にとはいかないまでも、気になっていた事の1つがクリアになって、幾らか気分はスッキリ。
徐々に先の道が見えてくれば、それで良いと思うんだ。

あー、明日はダラダラするぞー!何もしないぞー!
恐らくは年内最後のダラダラになるのかな???
2005.12.18 (Sun) 03:35
チェンジ!
仕事前に朝から病院へ。
6連チャン最中、5日目のグダグダな体に、早起きが地味に効いておりますよ。
いつもは仕事の日であっても、勤務時間が遅いので昼過ぎまで寝ているワタクシ、朝6時は早く起き過ぎってなもんだ。まだまだ寝ていたかったけれど、薬を切らせたら自分の首を締めてしまうもの。
バスで爆睡、院内で爆睡。細切れに睡眠補給。

今迄使っていたインシュリンではどうにも血糖値のコントロールがつきにくくなっているという事で、今日からインシュリンをチェンジ。
これまでのものとは違って超速攻型というもので、コレがうまく功を奏してくれるとありがたい。
やっぱり体は楽な方がいい。薬の力を借りてでも楽になるのであれば、そっちの方がいい。
精神論は嫌いです。

かねてから先生に相談したい事があったのだけれど、今日も何となく云い出せないで終わってしまう。
こっちも相当気掛かりなんだけどなぁ。早い方が良いのも判っているんだけどなぁ。
どうにかならんものかなぁ。

朝目覚めたら、一気に色んな事が解決していたら良いのになんて。
そんな事を思った日。
人生色々。
明日がその、クリアになる日かも知れないし。
だから、歩みを止める訳にはいかんのさ。
2005.12.17 (Sat) 02:08
長い、長い・・
やー、流石に6連チャンはきついっ!!
何の用事もない時の6連チャンなら未だしも、幾ら休みであっても、旅だの何だので体が全く休まらない休みの後の6連チャンじゃ・・
今日で4日目、後2日。
峠を越えて、下り道の途中で膝がガクガクしている。
今はそんな感じでしょうかね。
長い。長いよ。

それにしても、こんなシフトの組まれ方ばかりしているんじゃ、戀子の体的には相当まいっちんぐ。
以前、シフトの話をした時に、流れで店長にDMだという事をカミングアウトしたのだけれど、カミングアウトしたところで何の意味もなさないわな。
『病気をあらゆる「出来ない」の理由にしない』とは、今年の目標の1つではあれど、こうやってウダウダ云っている時点で、これって理由にしてしまっているのと同じなんだろうかな。
病気柄、人の倍疲れやすく、疲れると途端にダダ崩れになると伝えたんだけど、親身になって話を聞いてくれていた感じがしたのは、ただのポーズだったのか、何なのか。
旅もミサも、自分が決めて行って来たんだけどさ。でもさ。

・・まぁ、後2日で休みだもの。
理由にしないで頑張ろうと決めたんだもの。
人の好意をあてにしていちゃ、しょうがないもの。
頑張りましょう。

ああ、それにしても・・今週は長い、長い・・
2005.12.16 (Fri) 01:24
くるくるくるくる
身の回りで起きている色々を考え出したら、途端に苦しくなる。
考えたらそれはクリア出来るのか?と云われれば、その答えはノーなのだけれど。

今のこの状況を、どうすれば打破出来るかな。
見えない振りをしてやり過ごすにはどうにも佇まいは大きく、さりとて立ち向かうだけの術を今は持たない。
けれど、そこから立ち去る事は許されない。

目の前にして立ち止まらない事だけを考えて、今はひたすら足踏みをしている状況だろうか。
判っているのはただ1つ。
今は、立ち止まっちゃダメだ。
わたしが止まれば全てが崩れる。
だから、止まる訳にはいかないの。

くるくるくるくる。

「もっとゆっくり歩いた方が良いよ」
そう云う周りの声を無視して動き続けるその訳は、深くて暗い中にある。

くるくるくるくる。
2005.12.15 (Thu) 03:14
祝・開通
片側の流れだけを見ていたんじゃ、全体の流れは当然の事ながら見えては来ない。
そんな当たり前の事を、話している内に気付かされる。

聞き役人生20余年のこのワタクシ。
人からの話はなるべく公平に聞いているつもりになっていたけれど、実は全てを素直に聞き過ぎていたかも知れない。
彼女の切々と訴える声を聞きながら、それでもどこかしっくりとは来ず、胸につかえていたこの違和感は、実はここにあったんだろう。
そう考えると、全てが腑に落ちる。

そこに到るには理由があるし、いきなりでかい波はやっては来ない。
一方だけがどうこうってのは、やっぱりないわよね。

そんな訳で、祝・開通。
初めて相互通行が出来た様な想い。
次からはきちんと話が聞けますよ。ちゃんと受け留める事が出来ますよ。

いつでもかかって来い。
2005.12.14 (Wed) 02:57
一晩明けて
昨日の夜、すっかりごねてしまった一路と散々話をして、仲直りをして、朝まで一緒に居て。
名残惜しくも家に戻って眠り、それからいつも通りにお仕事へ。
そんな、あっという間の1日でありました。

色んな事をしながらも、ずっと頭の中にあるのは、昨日の自分自身の行動。
あの頃のあの時とまるで同じ状況ではないの。

当時。
ある関係の中で散々振り回された経緯がある。
その周囲に居た我々は、色んな意味で大変な思いをしたものでした。
自分の事ではないので省くけれど、ふとした拍子で当時の事を思い出す度に、うまくあの感覚を伝える事は出来ないけれど、1つ云うなら『疲労感』までもがリアルに思い出され、未だに深い溜め息が出てしまう。
『仲魔』という繋がりであったので、そこには必然的に聖飢魔IIが、ミサが絡んで来るのだけれど、当事者から離れた部分での楽しい想い出すらも、当時の記憶は、少し重たいものとなってしまっている。
この時の事は、また今は違った目で思い出す事もあるのだけれど、それは今は置いておいて。

あの時の経緯とは幾らか今回は違うけれど、それにしたって結果的には同じ様な事をしてしまった。
昨日のミサを思い出す度に、昨日の戀子の行動を思い出してしまう事になるんだろう。
楽しかっただろうミサは、影を落とす。

何というか、どうにもこうにも重い気持ちであります。なんだろうかなぁ。
2005.12.13 (Tue) 03:12
わたしの1番大事なものは
横浜ミサ2日目。
昨日の夜はミサ終了後、女子3人でラブホに雪崩れ込み、相変わらずの萌えトークや会場で買ったDVDを鑑賞したりで、ダラリと一夜を過ごしてみる。

明けて今日、曇天の中を横浜へ向けて、車を走らせます。
日曜の今日は昨日同様、みなとみらいはやっぱり人でごった返しております。人混みは苦手な方だけれど、今日はミサという目的があるし、まるで気にならないのですよ。何なら突っ込んで行かんばかりの勢いなのですよ。

開場までには未だ時間がありましたので、寒さから逃げる様にワールドポーターズを徘徊。
フラフラ見ていると、どうしても疼いてしまう物欲。アレとかコレとか、とにかく刺激されまくりなのです。
『今日はミサだし』『しかもライヴハウスだし』と、自分に対して散々云い訳を並べ立てちゃったりして、鞄の中から財布が出て来ない様にと、迫り来る衝動を抑えるのに必死ですよ。
あそこはやばいんだ。とにかくやばいんだ!

散々見た後、歩き疲れた事もあって、休憩しようとお店を探している時。
散策の途中で送ったメルに対する、一路からのレスに凍りついてしまいました。
ミサ休みが多い今回、明日の月曜は本来ならばお休みなのだけれど、人が居ない事もあって出勤になっているのです。おデートするのには一寸中途半端な時間の、午後から深夜まで。

「他の用事は入れられても、俺と逢う時間は取れませんか。もういいよ」

ただの痴話喧嘩のレベルかも知れないけれど。
けれどそれは、一路の口から出た言葉となると、そうとは到底思えないのです。
思い出してしまうのは、一昨年のあの時の事。
彼が1度『やる』と云ったらやり遂げるし、彼が放つ言葉の重さを、戀子は身をもって知っている。

正直、仕事を入れた事で怒られるとは思いも寄らなかった。
よく聞きますよね。「仕事と私、どっちが大事なの?」という女子的台詞。
比較対照ではないから、答えられないってな話ですよ。
今回の場合は仕事と一路、聖飢魔IIと一路という状態で。
仕事は当然だろうと思うし、ミサは何しろ6年振りですよ。残すところ後2回の参拝という、そんな貴重な1回です。そして今ツアーが終わってしまったら、次にミサをやるとするなら、また数年後になってしまうでしょう。
それに何より、場の空気を乱しますよ。
一緒に居るナルミとアーちゃんはミサ前特有のテンションの上がり様だというのに、ここでさらりと帰ってしまっては、彼女達の気持ちに完全に水をさしてしまう事になるし、少なからず気になってしまうだろう。心置きなくミサを楽しめるかといえば、決してそうではないだろう。

けれど、でもね。
自分でも呆気ない程の短い時間で結論は出て。

残り2回しかないミサの貴重な1回を蹴って、戀子は一路を取りました。
「帰る頃にメルするから」という一路のメルに「ミサは蹴った。今から帰る。メルじゃなくて、電話を下さい」とレス。一路は未だ仕事中だからね。
人でごった返す桜木町の駅をすり抜けて、家に帰りました。
帰ったところで、どうなるかは判らないけれど。

一路の仕事が終わってから、急遽、逢う事になりました。
最初は本当に腹が立って仕方がなかった。
そこを通り過ぎたら、今度は哀しくて仕方がなかった。
何でこんな事でと。

結論から云えば、本当に痴話喧嘩レベルですよ。
先月辺りからチョコチョコと色んな事が続いて、一路と中々逢えなかったり、逢うどころかメルする事すらままならない状態だったりして。
ほぼ全て、戀子絡みの事でしたので、一路は放ったらかしにされていると思ってしまった様なのです。
淋しかったのね。
素直に逢いたいと云える人ならいいのだけれど、この人はとりわけあまのじゃく。そんな事、到底云えやしないのです。
そして出て来た言葉が『もういいよ』だっていうんだから。

こんな形で突きつけられた、自分にとって1番大事なものは何かという事。
これを知る事が、今の戀子にとっての転期なのかも知れません。
大袈裟?そうでもないさ。

全方位に向けて、反省した夜。
残り1回のミサは大切な仲魔達と、全力で楽しみたいと思うのです。
2005.12.12 (Mon) 05:02
ライヴハウスのミサですよ
今日、明日は横浜BLITZでミサ。車で行ける辺り、地元も地元でありますよ。この間は新幹線でミサに行ったっていうのにね。
これまではホールでのミサでありましたが、今回はライヴハウスでのミサ。
ツアータイトルも『THE LIMITED BLACKMASS TOUR D.C.7~恐怖の復活祭~』から、『THE SPECIAL BLACKMASS ~オールスタンディング処刑~』と変わって、内容も大きく変わりそうな気配ですな。

身長150センチ程度のチビッコの戀子、ライヴハウスでのミサやライヴには良い想い出がまるで無く、周りがデカ過ぎて構成員の体の一部やルークのギターの竿だけしか見えなかったとか、もっと酷い時には壁に映る影しか見えなかったとか。泣くに泣けない状態だったりしてね。
厚底の靴やブーツを履いて平均身長風を装いながら臨んだ事もありましたが、厚底が流行ったらもぉアウト。みんながみんな、揃ってデカくなりやがったものですから、厚底を履こうが履くまいが変わらなくなってしまいました。
アタイは流行りで履いていたんじゃない。武器だったんだよぅ、武器!!

でもね、そんな事はすっかり忘れていたのですよ。
何しろ、ライヴハウスでのライヴなんてとんと御無沙汰。
1番最後に行ったライヴハウスでのライヴは去年のCANTAの公録でしたが、短い時間だった事とよく見える場所が確保出来た事もあって、ライヴハウスの嫌な部分をまるで感じなかったのです。

うん、そんな色々を思い出したのは中に入ってからさ。
やたらにデカい奴らに囲まれてからさ。

今回のミサツアーは、男子率がものっそい高い。
彼女に連れられて来た彼氏って感じの男子も多ければ、初めてナマ聖飢魔IIを見るといった感じの若い男子も結構多かったりして。
今日の戀子の周りには、そんな男子が多かった。
で、加えて背の高い女子も多かった。
どうにかルークがよく見えそうな辺りを確保しながらも、やばいなぁ・・と思いながら始まったミサでありました。

内容は割愛。
がらりと変わったミサであった事だけを書いておきましょう。

始まった頃はどうにかステージが見えていたものの、ミサが進むにつれ、見える範囲が段々縮小されて行き、終わる頃にはまるで見えなくなってしまいました。
終わった時には少々御立腹ですよ、あたしゃ。
まぁ、整理番号が大して良くなかった割りには、意外に近くでルークが見られたし、その辺りでオッケイにしておきますよ。
明日もあるしね!

ミサが終わってから、ずっと音沙汰がなくて気になっていた仲魔と遭遇。短い時間しか話せなかったけれど、元気そうな姿を見てホッとしました。

地元のミサなので、マンマ家に帰れば良いのだけれど、残り僅かとなったミサの余韻にも浸っていたいし、何となく面倒臭いという事もあって、大阪に一緒に行ったナミ&アーちゃんとお泊りする事に。
大阪では普通のホテルにお泊りしましたが、今回はラブホでお泊り。
初めてだよ、女子と、しかも3人でラブホに行くの!
いつ行っても必ず空き室がある、ここは穴場だというラブホがあったのですが、流石に土曜の夜という事もあって満室、途方に暮れそうになりそうなところに、別のグループOK・女子同士OKのラブホに空き室があって、さっさと滑り込みました。
やっぱりラブホは良いね!お風呂もベッドも広いしさー。
コンビニで買い込んだご飯を食べつつ、会場で買ったDVDを見つつの楽しい夜でありました。

今日が終わってミサも後2回。
楽しい時間はあっという間ね。
2005.12.11 (Sun) 03:00
中日の今日は
昨日大阪から戻ったばかりなので、全然旅気分が抜けないままにご出勤。また明日、明後日とミサがあったりするものだから、余計にね。
本当の事を云えば、大阪旅行とミサ2DAYSの谷間の今日も休んでしまいたかったのだけれど、ミサ欠がものっそい多い今月のシフト、それに加えて予期せぬ不幸で更に休みが増えた事もあり、ここは休んではいられないと。
せめてもと、今日は夕方6時からの遅めシフトにしてもらう。6時から出ても、ラストまでなので6時間は働けます。いーんじゃないかと。

ずっと続いていた咳が幾らか落ち着き、接客も割りとスムーズにいっておりました。
やれやれ・・と思っていた矢先、スイッチが入ったが如く、咳が止まらなくなってしまいました。

と。
そこに調度居合わせたのが社長の息子。通称、若。
「風邪?大丈夫?」と云われつつ、後に続く言葉は「誰かと代わって貰えなかったの???」。
言葉だけを聞けば気遣って貰っている風だけれど、云えばお客様に対して心象がよろしくないという事ですよ。

まぁ、そうですな。
食品を扱う場ですもの。幾らきちんと包装されているものであったとて、やっぱり咳をしながらレジを打つのは好ましくはないですよ。
そんな訳で、やんわりと、けれど強力に『帰れ』命令が下ったので、あっさり帰る事になりました。
結局、3時間しか働けなかったわー。

以前のあらゆる職場では、マスクをしていると見た目がよろしくないので、お客様の前に出る時には着けるなというのが当たり前でしたので、今回もそのつもりで、のど飴&フリスクをこっそり舐めつつ、どうにか落ち着かせていたのですが、若に確認をしたらマスク着用でも問題無いとの事でしたので、酷い時には着けようと思います。
もっと酷い時には誰も何も云ってくれなかったけどな。
折角行ったのに3時間はどうよってな話だけれど、体を休めるには調度良かったのかも。

ささ、明日から2日間はミサ2DAYSだわん。
残り僅かのミサですもの、楽しみましょう。
2005.12.09 (Fri) 22:59
大阪3日目
大阪でのミサも無事に終わり、今日は観光の日。
大阪へ行ったらば、当然食い倒れるでしょう!と、糖尿病患者にはあるまじき暴挙に出てみましたよ。血糖値が高くて倒れた日にゃ、文字通りの食い倒れですよ。シャレにならん。
と思いつつ。
アレやらコレやら食べたい色々はあったものの、ここに来て日々のストレスやら何やらで胃が食い倒れる事を許さず、結局は小さく食を楽しみました。

6年前、今回同様にミサ旅行をした時に、初めて頂いたのが『551蓬莱』の豚まん。
肉まんに旨い、まずいの差はそんなにあるもんでもなかろうと思っていたけれど、アレを食べたら目からうろこ。全然違うんだもんなー。
旅がまた旨さを増幅させているのかも知れないけれど、そういうのを差っ引いたとしても、とても美味しかったのです。
ナルミ&アーちゃんは、6年前の旅の同士。
「今回も蓬莱へ行きたい」という、アーちゃんと戀子の熱い熱い要望により、手に手をとって蓬莱へ。

前回行ったのは、戎橋筋にある本店。
今回もそこへ行こうと向かっていたら、本店から程近い場所に『蓬莱飲茶551』という系列のお店を発見!多分、6年前には無かったと思うのだけれど、どうなんだろう。
雪崩る様にして入って行きました。

通された2階の席の目の前には、吹き抜けに吊るされたほおずきの様な形をした大きなライトが。
赤と金を基調とした店内のインテリアと打ちっ放しの内装が、良い意味で安っぽく、アジアな屋台を思い出させます。広すぎず、かといって狭すぎずなこの感じ。もぉもぉ、超~好み♪♪♪
今回頂いたのは、蓬莱の人気のメニューを小さなセットにした、『人気飲茶セット』というもの。ちまきやシュウマイといった蒸し物7種・揚げ物2種+デザートで1200円ってのはお得かも。勿論、豚まんも含まれていましたよー。
お味はやはりウマかった♪♪♪
ここ、値段もリーズナブルだから、近くにあったら通うのになぁ。いつか関東に出店してくれやしないかと、激しく所望。
通うには遠すぎるよ、大阪・・

すっかり満足し、次に向かったのが『海遊館』
ここは『sakusaku』の前フワフワ系MC、増田ジゴロウ(というか、黒幕)がジンベエザメを見に行ったという水族館なのです。
内容は忘れてしまったけれど、当時、結構な勢いで海遊館とジンベエザメについて語っていたのだけは覚えておりまして。
ナルミと戀子はサクサカー。大阪ミサへ行くと決めたその日から、ここは外せないよという事でね。幾つかの電車を乗り継いで行きました。

海遊館は天保山ハーバービレッジという、複合商業施設(って云うのかな???)の中にある、それはそれは大きな水族館。すぐ隣りにある天保山マーケットプレースとあわせて、友達同士やカップル、家族連れと、幅広い層に受け入れられそうなスポットですよ。この辺りで云えば、お台場チックなのかな。お台場よりもターゲットは広そうだなぁ。
何でも海遊館、世界最大級の水族館なんだそうで。
8階建ての広い建物の内、3階から8階まで全てが、幾つものゾーンに区切られた水族館。
とりわけ、6階から4階に渡ってぶち抜かれている巨大水槽。これは一見の価値アリでっせ!

この水槽の中を沢山の魚達に混じって悠々と泳ぐのは、ジゴロウの心を打ち抜いた張本人・ジンベエザメの女子、遊チャン。
やー、これはね。これは打ち抜かれるよ。びっくりしたなー、余りにデカくて!
ジンベエザメは大人になると、全長12~13メートルにもなるそうなので、この遊チャンは未だ成長期な模様。もっと大きくなるんだなぁ。
デジカメ、撮りまくりですよ。途中で何故かフリーズしちゃって、肝心な時に使えなかったりしちゃったけれど、撮れる限りは撮りまくり。
動く遊チャンを絶妙なタイミングで撮るのは難しかったなぁ~・・
帰りの新幹線の時間があったので、ゆっくりと回る事はままならなかったけれど、ここはまた行きたい!1日居ても飽きなかろうなー。

帰宅ラッシュの御堂筋線に揺られながら新大阪へ。
楽しい時間はあっという間。明日からはまた日常が戻ってくるのよね。まぁ、すぐにミサもあるんだけれどもさ。
関東が近付くにつれて疲れがドッと増してゆき、最寄り駅で電車を降りる頃には完全に電池切れですよ。どこででも眠れそうな勢いですよ。
そんな訳で、今宵はなにわの夢心地で眠りますよ。

明日は仕事ですか、そうですか。
2005.12.08 (Thu) 23:54
大阪2日目
そんなこんなで、大阪2日目です。

ホテル内のレストランで朝食ブッフェを頂いた後は、ひたすら部屋でのんびりと。
ホテルからミサ会場である大阪厚生年金会館まではすぐ傍なのですよ。
因みにホテルから道頓堀もすぐ傍ですし、もぉ少し足を延ばせば通天閣で有名な大阪のディープスポット・新世界だって行けちゃいます。遊ぶには格好のロケーションだと思われるのですが。

我々、全く出歩く事もせず。部屋から一歩も出ずに何をしているのかと云えば、お菓子を食べながら時間ギリギリまで萌えトーク。
最近仕入れた話では、何でも萌えの最上級は『はきゅーん』なんだそうで。
それぞれ別々の、お目当ての構成員のあらゆる萌えネタでうっとりしつつ、それぞれが1人勝手にはきゅーんしまくり。
安いモンですよ、妄想で飛べちゃうんですもの♪♪♪
あちらこちらではきゅーん、はきゅーんですよ。

日が落ちて来た頃、漸くホテルを出て会場へGo!
ミサ前のテンションの高さで『寒さなんて何のその!』な状態だったのは遥か昔の事。
すっかり寒さに弱い年齢になってしまったので、開場ギリギリに行って、さっさと中へ入ってしまいます。そして何もなしに長い事立っているのはしんどいので、さっさと席に着いて開演を待ってね。

さて、ミサといえば。
今日も今日とて、とても楽しい一時でありました。
くどいけれど、内容は割愛ね。
とにかく盛り上がりまくりで、ミサが終わったのが10時過ぎ。3時間チョイのミサと相成りました。
これで大阪ミサも終了、残すところ、横浜2DAYSと千秋楽のフォーラムの3本となりました。
楽しい時間はあっという間ね。ツアーが発表された夏頃には一日千秋で、あんなに待ち焦がれていたミサだったのに。

久し振りだった旅行も明日で終わり。
ああ、こっちもまだまだ続いて欲しいのに。
2005.12.08 (Thu) 03:53
大阪初日
大阪初日。
久々の超~っ早起き。普段昼過ぎ起床のワタクシが、5時起きなんてのは奇跡も奇跡。
一路からのモーニングコールを受けつつ、かなりの勢いで目覚めがスッキリなのは、仕事の為の早起きではなくて、旅だからでしょうかね。
昨日まで相当体調がよろしくなかったものの、今朝は熱も完全に下がったし、ダルさも取れたし、残るはおじいちゃん張りの咳のみ。あらゆる人に迷惑かけぬ様、のど飴とマスク持参でお出掛けですよ。

通勤ラッシュの時間帯にお出掛けってのは、とても気分がいいものですな。
しかもそれが旅だっていうんだから、尚更で。
一緒に旅するナルミ&アーちゃんと共に、自分なりにかなり頑張って小さくまとめた(つもりの)バッグを引き摺りながら、小田原へ。小田原から新幹線に乗り、新大阪へ向かいます。

新幹線に乗るのは、6年前に大阪ミサへ行って以来。
あの時は仕事が終わってからの夜に移動、京都に住む仲魔の家で1泊しつつ、ホテルで1泊しつつの、色んな意味で想い出深い旅でありました。
あれから6年。
久々の新幹線に揺られながら、車窓の向こうを流れ行く景色もまた、旅気分を盛り上げてくれますな。
こだまで行ったので、新大阪までは3時間半程かかったのだけれど、旅&ミサ前の浮かれた状態でしたので、本当にあっという間でありました。

新大阪に降り立つと、その寒さに身も縮む。関東と関西の寒さって、全然比較にならないわよね。
新大阪から地下鉄に乗り換え、心斎橋へ。今日からお世話になる宿、『ホテル日航大阪』の最寄り駅であります。
こちらも久々の、大きなホテル。
最近行くホテルって云ったらラブホしかないので、これまた新鮮ですよ。
チェックインして通されたのは、高層階の眺望が素晴らしいお部屋。窓の向こうを見やれば、観覧車がくっついている道頓堀のドン・キホーテや、遠くには通天閣が。
もぉ、異国ですよ。関東を離れたら異国なんだって。

これが観光目的に来ているのであれば、荷物を置いて早速、探索へ行くところでしょうけれども。今回は一応、メインはミサ。
ホテルから会場までは歩いて15分程との事。我々はといえば、特に外へ出る事もなく、ギリギリの時間までホテルに居て、程よい時間に会場へ。
部屋まで案内して下さったスタッフの方の話では、このホテルのスタッフ内に信者サンがいらっしゃるとの事。思わぬ話に思わずニヤけてしまいます。

大阪のミサは全国一の盛り上がりだという事を、事あるごとに云っていた構成員。
行くまではそんなに違うのかと思っていたものの、10年近く前に初めて大阪のミサに参拝した時にそれを痛感。いや、ホントにどえらい盛り上がりっぷりでしたよ。
今回もそうなんだろうと思っていたら、これがまた。
今回はやっぱり特別なミサなのよ。どこの地域にとってもね。
いかんせん6年振り、久々に動くナマ悪魔達を見て、テンションが上がらない信者はおりません。
どこもかしこも激しいので、大阪だから特別かといわれれば、今回に限ってはそれはナシ。
内容は緘口令が引かれているので略しますが、今日も今日とて、楽しいミサでありました。
我々の隣りにいた、初めてミサに参拝したという男子2人組が、なんとも初々しくてきゃわゆかったなぁ。

ミサが終わってからは道頓堀へ。
ドン・キホーテで買い物をした後、大阪に住むナルミの友達と合流し、ご飯を食べながら楽しくお喋り。別れてホテルに戻ってからは、萌えトークに花が咲く。
うん、とても楽しい夜でありました。
そんなこんなの大阪初日。
後2日の現実逃避♪
2005.12.07 (Wed) 05:51
前日だってのにぃ
昨日より幾らかマシになった気がするのは、熱が引いたからなのかな。
一通り仕事をこなしてから、さっさと帰って旅の支度を。
とにかく、何を差し置いても迷惑をかけない様に。いざとなったら、1人で帰って来るだけの気持ちでいよう。
自衛出来る事は全てやって、少しでも楽な様に。
薬入れた、のど飴入れた、体温計入れた、血糖測定器入れた、保険証入れた。
先ずはオッケイ。
オッケイ???

それにしても、こんなに不調な中で旅に行くのは初ですよ。
久々のガッツリ旅だってぇのにー。体調万全で臨みたかったなー!!

まぁでもアレだ、先ずは楽しく!
楽しさで不調が飛んでくれる事を祈りつつ。

さぁ、寝よう。
明日の今頃は大阪DEATHヨ!
2005.12.06 (Tue) 00:47
やっばい
大阪行きを控えているというのに、風邪は悪化の一途を辿っておりますよ。
とにかく悪寒走りまくりだし、咳は出まくりだし、肌はヒリヒリするし。軽く熱まで出ちゃっているし。
こりゃ下手したら、大阪で診察券を作らなくてはならないかも知れないなー。
財布の中にはいつだって保険証を入れているけれど、ガッツリ確認しておこう。

行きたいし、迷惑かけたくないし・・後2日あるので、気合で治そう。
旅を心から楽しみたいじゃないのさー!

それにしても、旅の支度も未だ済んでないよー。
大丈夫なのかしらね、こんなんで。ここまで時間があった様な、無かった様な。
咳が酷いので、のど飴とフリスクは必携だわね。

や、先ずは何をおいても睡眠ですよ。
寝ますよ、ホント。
2005.12.05 (Mon) 01:26
グレーは黒か
今日は久々に昼からのご出勤。
明るい陽射しの中をテクテク歩き、いつもより数時間でも早い時間に上がれるというのは、一寸ばかり得をした感じで嬉しくなります。

そんな1日になる筈だったのですが。

以前にもあった、ロッカーでの盗難騒ぎ。
今日もまたありました。
被害に遭ったのは、戀子と同じ時間から入ったバイトちゃん。被害額は1万円。

そもそも、みんなが使う場所で鍵つきの個人のロッカーが無いという事、それ自体が問題なのではないかと思うのだけれども。
会社からは貴重品はフロアに持っていって、自分で管理する様にと云われていたけれども。
決して多くはない従業員数、その更衣室を使う人の顔はみんな判っている。
そんな中でのこの強行。
管理し切れなかったバイトちゃんにも問題があると云われれば、それまでだけれども。

前に事件があった時、その前にあった時。
いつも必ず絡んでいる子がいる。
軽く事情を訊いてみたら、「私も盗られたんですよー」と云っていた。

が、が。

コレはアレか。
グレーなのか、黒なのかと云われれば。
限りなく黒っぽいのですが。

彼女に関しては以前、別の子から学校での嫌な噂を聞いた事がありました。
それは相当アイタタな話でしたが、思春期の子達によくある、一寸ばかり嫌われている子が、ある事・無い事云われまくるという。
そんな程度の話だと思ったし、余りに突飛な話だった事もあって、さらりと流していたのだけれども。

すっかり忘れていたそんな話を、今日の事件で思い出してしまいました。
疑いたくはないが、ほぼ間違いないのかなと、状況から判断出来ます。
でもでも、現行犯で無い限り、問い質す事は出来ないわよね。

うむむ、胸の内がどよんとして来たぞ。
明日は彼女、入っているのかしら。
こんな事をされた被害者バイトちゃんは、次に出て来るの、嫌じゃないかしら。

小銭入れしか持っていかない俺、正解かもな。
2005.12.03 (Sat) 23:44
旅の支度は
うちの会社は毎月15日が〆日なのですが、今回は来週からの大阪行きがあったり、先週の突然の不幸で欠勤があったりで、いつもの出勤数の半分近くになってしまいます。
一昨々日まで1週間程休んだばかりで、2日行って今日また休みとなると、次の給料日が切ない事、この上ないという話ではありますが、何の勘ので出ずっぱりでグダグダですので、うん、今日の休みはありがたかったかも。

それだけ体が疲れているのだから、とにかくガッツリと眠れれば良いのに、どういう訳か7時前なんていう早い時間に起きてしまい。
普段、12時前後起床が基本のオンナがですよ。7時前なんてのは奇跡的な時間。
で、折角早起きしたのだから、その時間を有効に使えれば良いのだけれど、やっぱり根がグダグダですのでね。勿論無理で。しかも案の定、中途半端な時間に眠くなり。
結局、何もしないままに1日が終わってしまいました。あははん。
まぁ、そんなモンですよ。

明日から3連チャンで、マンマ大阪へ突入してしまうので、早上がりの明日も含めて今日明日でサクッと旅支度を済ませてしまいたかったのになぁ。
旅慣れしていないものですから、いざ旅行の準備をしようと思うと、何を持って行こうと悩むのですよ。鞄の前で途方に暮れてしまうのですよ。

普段から荷物が非常に多いワタクシ。
友達に鞄を持って貰う機会があろうものなら、みんながみんな、「お、重い・・」と口走る程。
そんなワタクシですので、荷物を少しでも減らす事に先ず悩み、そうなるとどれが必要で、どれが要らないかで悩み、結局は途方に暮れてしまうと。
や、いざとなれば現地で買えば良いんだろうけれども。
ましてや今回の行き先はバッチリ国内ですし、何より都会ですもの。
何の問題も無いんだけれどもだ。
これは性分ですな。おばあちゃんのバッグが如く、云われれば何でも出て来る位の勢いですよ。

今回の旅の目標は『荷物は出来る限り軽く』。
アメニティだってあるんだし、それをちゃんと利用すれば良いだけなのに。
なのにねぇ~。
結局、重い荷物でいつも自分の首を締める事になりますので、そろそろ、学習能力があるんだという事を、自分自身に教えてやろうと思っております。

・・思うだけにならない事を。
2005.12.02 (Fri) 23:30
師も走る
今日から店のサービスの一部が変わり、それに伴ってお客様にアレやらコレやらをお勧めしつつの接客。
レジを打ちながら、説明をしながら、申し込み用紙に記入して頂きながら、発行しながら。
こちらも何分初めての事ですし、色々やりながらグダグダ。ホント、もぉ。
いつも以上に気を使いまくりの仕事でしたので、今日は本当に疲れちまいました。
グッタリだー。

今年もいよいよ、後1ヶ月となりました。
今年は戀子にとって、三十路デビューの節目の年でありましたが、その節目の年の前半は、それはそれはアイタタな連続で。
後半、今の仕事に就いてからというもの、一気に時間の流れが加速した気が致します。
ここでの時間は本当に濃密で、ここに入って未だ半年足らずだというのに、気分的には1年以上居る様な。
何というか、すっかり古株チックな。
でもその分、ここでの色々は順調なんだろうと思う。

この1年で何かをやり遂げたり、果たせたりしたかといえば、決してそんな事はなく。
寧ろ、後退した感がなきにしもあらずですが。
それでも今、こうして何となく元気に過ごせているので、それはそれでヨシとしておく。
終わり良ければ全て良しだと、強引に持っていきますよ。
とはいえ、未だ1ヶ月残っている訳ですからね。油断は禁物。
足元掬われるの、得意なんですよ。
2005.12.02 (Fri) 02:01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。