2005.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2005.11.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
云ってみるもんだ
昨日、バイトちゃんに話をした事が社員サンに伝わったのか、今日もいつもの様に品出しをしていたら、早々に店長から「レジに入ってくれ」と云われ、それからずっとレジに入りっ放し。
やる事が極端なんだって話だよ。

ワタクシが云いたかった事はそういう事ではないのさ。
今与えられている仕事が嫌だという事ではなくて、仕事が偏り過ぎてはいまいかと。
そういう事だってのによー。
結局、ワタクシ以外の他の人は、いつもの事をいつもの様にやっていた。

昨日のバイトちゃんにそんな話をしたら、今日の仕事中に社員サンとの話の中で、戀子が怒っていたという話をしたそうな。そういう事かと納得。

その後で社員サンと話をする機会があり、詳しい話はしていないという事だったので、きちんと話を致しました。
大きいお店ではないので、この店ではチェッカーと品出しが兼務なのだけれど、これが完全に偏っているのです。
品出しを任せられる人は品出ししかやらないし、レジをやる人はレジばかりになる。
以前にさらりと話をした時に、別の社員サン曰く、「レジをやらせるのはレジしか出来ないからだ」という事だったのですが、そりゃ違うってなモンですよ。
レジしか出来ないのはレジしかやらせないからだし、他の仕事を教えようとしていないからでしょうと。
大して難しい仕事じゃない事にしたって、やる子はいつも決まっているし、やらない子はいつだってやらない。
それは仕事を振らないからでしょうと。

シフトを決める段階で、同時にその日の役割を決めれば良いだけの事ではないの???
沢山の人を抱えている様な職場なら未だしも、管理しきれない程の人の数では無いですよ、ここは。

と。
そんな事を懇々と話をしたのです。
もっともっと長い話ですがね。

話を聴いて貰ったら、戀子はそれである程度は気が済んでしまって、その後もいつも通りに仕事をしていた訳ですが。

それを即、その社員サンが上の人達に話を振ってくれた様で。
早上がりで帰っていったその社員サンが閉店間際に戻って来て、今後のやり方等を含めて話をしに来てくれました。
やや、そんなにスムーズに行くなら、さっさと話せば良かったか???

今の会社は未だ展開中の小さい規模で、スーパーという形に業務を展開させて行ったのはここ最近の事。
色んな事が未だ手探りで・・という話でありました。
こういう『過渡期』の中にある会社というのは、えてしてこんな感じかも。
以前のある職場も当にこんな感じで、その辺の意見の対立でよくぶつかっておりました。
こういうフットワークの軽さも、小さい店ならでは。ありがたい話だわ。

明日以降、どう変わっていくのか。
お互いがやり易いようになっていけば、それで良いのですよ。
スポンサーサイト
2005.10.31 (Mon) 01:50
スイッチ全開
舌の根の乾かぬ内に・・とはこの事ですよ。
昨日、かなりイイ感じでリフレッシュ出来たと思っていたのに、今日は終始、スイッチが入りまくりの1日でありました。

やー、いかんな、こんなんじゃ。
とはいえ、1度思い始めると、中々止められぬのがワタクシの悪い癖。
大概、ターゲットは絞られるのだけれど、現状はターゲットが全てに向かっているからまいっちんぐ。
仕事中、ずっとこんなんじゃもたねぇよ、こりゃ。

それまでは誰にも云わずに留めていたのだけれど、どうにもこうにも留めている事が難しくなり、同じ状況下にあるバイトちゃんに思いっきりぶちまけてみました。
自分の歳の半分近くの子に対して、愚痴を云うのもどうかと思ったのだけれどもね。彼女の事を話している風に見せかけて、実は自分の愚痴を云っているんだからしょうがない。気付かれたかどうかは判らぬが。気付いているだろうな、勘の良い子だから。

いつか思っている事を、社員に話そうと思っているのだけれど、どのタイミングで云おうかと思いあぐねていたらこの始末。
近々、ちゃんと話そう。でないと自分の仕事に支障が来す。

こんな事でスイッチを全開にしている場合じゃないのだけれど。
全開にする場面、間違っているわ。
2005.10.30 (Sun) 02:42
1人遊びでリフレッシュ
今の勤務時間になってからというもの、すっかり宵っ張りのワタクシ。
昼過ぎに起きて明け方に眠るというパターンが定着したのですが、昨日の夜、いつもより少し早めに眠った所為か、今朝は6時になぞ目が覚めて。
早寝したからって、今の俺には早過ぎだ、こりゃ。
折角早起きしたので、風邪のひき始めでもありましたので、そろそろ薬も無くなりそうでしたので(くどい)、内科へ受診して参りました。

2時間待ちに根が生えそうになりながらも、思っていたよりは早くに受診は終わったかも。
心身共に疲れが溜まっているんだろう、恐らくは。
疲れているのが日常で、疲れていない状況が判り辛くなって来た今日この頃ではありますが。
そんなこんなでまた来月。切っても切れない病院との仲。

天気が良いのに気分を良くし、久し振りに1人で街なかをフラフラとお散歩。
仕事へ行く時にはいつも、制服代わりの黒パンツに白のブラウスという出で立ちばかりで、ここ暫くスカートを履いていなかったのですが、久し振りにスカートを履いたら、何というか、女子っぽい意識になったというか。
黒のタートルネックに白いスカートを併せて、淡い薄紫のストールを風になびかせながら、黒のロングブーツでカツカツ歩く。
秋から冬にかけては、色んな格好が出来るから良いですなー。

来年の手帳を求めて再度、ITS' DEMOへ行くも、前回同様、やっぱり好みの和柄には逢えなくて。
他の手帳を見るけれど、中身と外見の好みが一致せず、今回はITS' DEMOの手帳は諦める事に致しました。うーん、去年、一昨年の和柄は良かったんだけどなー。また前の様に、てぬぐい屋サンの『かまわぬ』とのコラボをやってくれないだろうかなぁ。

ITS' DEMOから今度は大きな文房具屋サンへと移り、端から端までチェック、チェック。
が、やっぱり中身と外見の好みが一致する手帳は見付からず・・残念。
結局、4、5年前に買い『暫くはこれを使おう!』と決めたシステム手帳があるので、来年はそれを使う事に。黒のヘビ柄のニクい奴。
そうと決まれば、中身を探せば良いだけなのだけれど、やっぱりこの中身でヒットするものがそうそうない。
見開き1週間で、右の頁には出来れば罫線が入っていて、左の頁には日付程度で他には何も入っていなくて。
求めている事はそうないと思うのだけれど、これがこれで中々見付からないのですよ。
結局、30分近くを売り場で行ったり来たりしながら費やしたものの、店員サンには万引きしやしねぇかと見張られたものの、しっくり来るものを見付けられずに今日は終了。
ああ、残念・・でもでも、手帳は1年という長きに渡るお付き合い。じっくり選ばないと。

その後もウィンドウショッピングしまくり。
こうして1人でフラフラ彷徨うのは楽しい。何の雑音も入らず、自分の為だけに使う時間というのは、時には必要だ。
今日買った本の中にも、そんな事が書いてあったなぁ。ワタクシ、やっぱり心身共に疲れているんだわ。

気持ちを切り替えて、また明日から頑張りますかー!
お香を焚いて、気持ちの良い音楽を聴いて、お茶を飲み飲みリフレッシュ。
2005.10.28 (Fri) 23:03
風邪かちら
何だか熱っぽい様な、そうじゃない様な。
喉が痛くなってきて、ちょっとマズイ。

なのでもぉ寝ますよ。
おやすみなさいましー。
2005.10.28 (Fri) 02:20
年齢不詳
最近、やたらに若く見えるようで。
最近・・というか、ここ数年は顔と年齢が逆転した様なのです。

以前のワタクシは、自他共に認める老け顔でございました。小学校に上がる頃には今の顔。
最高記録は小4の頃に見られた女子大生。
ランドセル背負った女子大生はどうなの、オッサンと。そうツッコミを入れたかった4年生の夕方。
どういう経緯でその見ず知らずのおじさんと話をする事になったのかは、今となってはさっぱり覚えていないのだけれど、戀子の事を「女子大生かと思ったよー」と、本気で云われたのですよ。
今時の子供達の様な、やけに大人びた格好をしていた訳でも何でもないのだから、それはやっぱりそれだけ老けていたって事なんだろうと思うのです。
自分で写真を見ても、女子大生は云い過ぎなまでも、それなりに老けていたなぁとは思うのでね。

それが逆転し始めたのは20代に入ってから。
やたらに若く見られる様になったのは、ここ数年。
云われて驚く事、多々。

今日はよくいらっしゃるお客様に、「オネエサンは21、22歳位なんでしょー???」。

昔は多少若く見られたいと思っていたものだけれど、ここまで若くみられるのは、何というか、寧ろまずいのではないかと思ったり、思わなかったり。
その約10歳程の外見と実年齢との間には、『責任感』というものが無い様な気がしてならんのですよ。
勿論、全ての若く見られる方々を見てそう思うのではなくてね。
んー、何だろう。何というのか。
『若く見られた、やったー♪』みたいなモノは、ここまで開くと一寸なかったりするのです。

仕事中であったので、制服も手伝っているとは思うのだけれどもね。
制服は年齢不詳にさせるしね。
肌の状態ってのもあるんだろうけれど。今はすこぶる快調なので。

それにしても、若く見られてこんなに複雑になったのは初めてだ。
まぁ、老け込むよりは良いだろうという事で、これからも頑張らせて頂きまぁ~す。
2005.10.27 (Thu) 02:19
今日はこんな1日
何の勘ので明け方近くまで居て、送り届けて頂いた後、一路からの『着いたよ!』メルを読んでから眠る。
未だ帰っていないのを気付かれぬまま、二重鍵をかけられてしまって、締め出しを食らいかかった朝4時前。思わず家に電話しちゃったよ。
三十路の女は参った、参った。

今日は午後からミナちゃんとおデート。
ここずっと、疲れている事もあって、おデートの約束をかわしまくっていたワタクシですが、久々にゆっくり話もしたいし、ランチをしつつダラダラお喋り。
夜のおデートも良いけれど、昼間の方が時間やら夜道やら何やらを気にしないで済むから良いですわ。
先月は毎週の様に逢っていたけれど、今月は気がつけば殆ど逢ってなかったので、本当に久々にゆっくりと話をする事が出来ました。
楽しかったわ、ありがとう。

夜になって一路から、千葉の幕張メッセで開催されている『東京モーターショー』のチケットが懸賞で当たったというメルが来る。
車の免許を持っていないワタクシですが、コレは観に行ってみたかったので、来週のおデート予定は決定となりました。
モーターショーを観に行くついでに、アフター6でディズニーランドへも行く事になりそうです。

だってほら、今はディズニー・ハロウィーン開催中だし♪
そしてそして、ランドのホーンテッドマンションが期間限定で、ワタクシのどぁい好きな『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』バージョンになってるし♪♪♪
この時期のディズニーランドへは行った事がございませんので、かなり楽しみです。
ハロウィンイベントは来週の月曜で終わるそうなので、混雑するかなー?とも思うのだけれど、ワタクシ、ホーンテッドマンションだけ見られればそれで良かったりもするのです。

実はさり気に、ランドやシーへ行くと険悪になる率100%な我々ですが(これまで行った数回、全て険悪になるというこの有様)、鬼門・ランドを克服するべく、来週は仲良く楽しみたいと思います。
あそこ、夢の国だってのよぅ。
2005.10.25 (Tue) 23:17
青空の空の下
天気予報通り、今日はめっさ良い天気!
昼前に一路に迎えに来て貰い、いざ公園へGo~っ!
久々のおデートにお互い、妙にテレテレ。けれどそれは、いつもの事だから気にしない、気にしない。

公園へ向かう前、先ずはご飯を食べましょうと、久々に焼き肉ランチ。
軽く食べようと思っていたら、気が付けばガッツリ完食。お腹パンパンですよ。「食べられたらデザートを半分こしよう」なんて云っていたのだけれど、んまぁそんな余白はどこにもなくってよ。
「こんなに食べた後で運動なんざ出来ない」と、重たいお腹を抱えながら公園へ。

ここへは今年の夏頃に初めて来たのだけれど、ゆったりとした敷地内に動物園も、庭園も、広場もと、色んなモノを1つの場で楽しめるのです。
先ずは腹ごなしで、ナントカ賞を取ったとかいう日本庭園を散策。
尺八の練習をしている若い男子や、『鯉に餌を与えないで下さい』という看板のド真ん前で、ガンガン餌を与えまくっている若いママとお子達を横目に見ながら、てんこ盛りに群れている鯉が泳ぐ池をぼんやり眺めてみたり。
ここにはモミジもいっぱい植わっているのだけれど、この辺は未だ紅葉には早い様で、葉は青々としておりました。紅葉が始まったら綺麗だろうなぁ。
紅葉といえば、京都辺りのモミジと関東のモミジって、何であんなに鮮やかさが違うんだろう。気候なんだろうか、モミジの種類なんだろうか。
あの赤々とした京都のモミジを観に行きたいものです。生で見たい。

お子よりも大きい声ではしゃぐ若いママ達に庭園の雰囲気を邪魔されて、声に追われる様にして広場へと戻り、本来の目的、2人きりの大バドミントン大会開催!
女の子だから手加減するね♪なんて、そんな甘い言葉は一路にはございませんよ。我々、いつだって真剣勝負ですからねー。
緩い風にシャトルを流されつつ、レベルの低いラリーを繰り返す、繰り返す。やりたかったんだもん、バドミントン。
バドに飽きたらフリスビーにチェンジ。フリスビー、今回が初だったのだけれど、意外に出来るものですな。
〆はゴムボールでのキャッチボール。
肩も足腰もよく動かしたおかげで、妙に重かった肩がすっきりしました。無事に肩凝り解消出来ました。
恐らくは明日、ガッチガチの筋肉痛に違いない。ああ、万年運動不足。

流石に2人とも、かなり久々のまともな運動でしたので、終わってからは爽快感と共に疲れがドーッと。
「今度はマッタリしよう」という事で、ラブホへ。
TVを見ながらお酒を呑んで、2人してヘナヘナと笑う。
ああ、こういうのが良いの。何でもないのが楽しいの。
久し振りに2人の時間を満喫致しました。愛情フルチャージ!

今週もこれで頑張れるぞー。
身も心もスッキリだ♪
2005.10.25 (Tue) 04:02
遠足前の子供の様に
今日は店長がお休みで、初代店長を始め、当初居た社員サン数人がいらっしゃって、まるでオープン当初さながらの様でした。
今の店長よりも色んな意味でスムーズに仕事が流れたというのは内緒。
そりゃそうだ、みんなちゃんと動いてくれるし、指示も的確だしね。
今日は1日、ものっそいやり易かった~♪そんな中で1日が終了。

ああ、明日は一路とおデートやん♪♪♪

何というか、超―――っこっ恥ずかしいんですけれど、ワタクシ、やっぱりウッキウキなのですよ。
先週、先々週と2週も逢えなくて、久し振りの逢瀬となるのです。
遠距離恋愛、遠距離チック恋愛をされている方々からすれば、たかだか2週間開いただけでナンボのモンだってな話なのは重々承知。
ワタクシも以前、遠距離も、遠距離チックもしておりましたので、それはね。うん、それはねー。

付き合い始めて4年近くが経とうとしているのにアレですが、未だに戀子の中では落ち着く気配が見えやしないのです。一路に対する色々が。
そんなこんなで、明日は我々にとっては久々に逢えるという状態ですので、それはそれは、遠足前の子供の様な気持ちなのです。
明日は天気も良さ気なので、健康的に公園で遊んで来ようと思っております。
本当は少々疲れ気味なので、映画を観たりラブホでマッタリしたいトコロなのですが、敢えて動くよ。たまにはガッツリ体を動かしたいのです。

それにしても、明日はいつもよりかなり早起きになるというのに(それでも普通の生活パターンを送っている方々にとっては、相当遅めだ)、この時間になってもまだまだ目が冴えて眠れない。

こりゃ本当に遠足前の子供のよう。
俺は興奮気味ですか???
2005.10.24 (Mon) 03:39
ああ、そうですか
職場にトラブルメーカーと化したパートさんがおりました。
戀子同様、オープニングスタッフとして入った彼女。
戀子は当初から苦手な人ではありましたが、戀子以外のパートさん達とは仲良くやっておりました。年上のサバサバした姐サン系の人だったので、それが心地良かったんだろうと思うのです、他のパートさん達は。

が、しかし。
それから程無くして、彼女の大暴走振りにみんなが辟易し、やがては孤立してしまいました。勿論、シカトしたりなんていう、子供じみた事はしておりませんがね。仕事場だけの割り切ったお付き合い。

そんな彼女が今日、辞めて行きました。

今日は朝から仕事に来ていて、仕事が終わってから「もう私、ここには来ないわ」と他のパートさんに言い残し、店長に「今日で辞めます」と捨て台詞を吐いて帰っていったという彼女。

やー、最後までやってくれるよなー。
彼女に関しては、未だ4ヶ月チョイしか経っていない店にも関わらず、既に色々な伝説があるのだけれど、まぁそれは置いておいて。
それにしても、彼女はどこまで『自由』だったんだろうと、最後まで思った次第。
仕事するにしても、休むにしても、辞めるにしても。
どこまでも自由。

彼女vs他のパートさんという図式でしたので、こう書くとまるで弱いものイジメ的ですが、全ては彼女自身が蒔いた種。
致し方あるまいよ。
彼女の発言と行動とが、パートさんのみならず、社員サン達をも敵にまわしてしまったのだから、ある意味、立派というべきか。

本当は云いたい事が山ほどあったけれど、もぉ今となってはどうしようもない。
というより、寧ろどうでもいいのです。
けれど、辞めてせいせいしたという感じもなく。
何というか、「ああ、そうですか」という。特に感慨も無い。
戀子は彼女と直接関わる事が、殆ど無かったからかも知れないけれど。

表面的に見える『サバサバした姐サン』キャラだけだったら、この人は誰からも好かれるだろうに。
どうしてもっとうまく立ち回れないのだろう。どうして全てに自分を押し出すのだろう。
どうして。

まぁでもアレだ。
この職場が彼女には合わなかっただけの事。
他の職場でうまくやっていければと思う。
ただそれだけの事。

明日からもまた、いつもと変わらない日常が続きます。
2005.10.23 (Sun) 02:10
こりゃいかん
ストレスを食で発散させる事が多々あるワタクシ。
そして今現在、その気が濃厚なのです。濃厚。
や、濃厚ってよりも既に実行。

こりゃマズイ。マズ過ぎる。
DM患者にゃあるまじき行為である事は百も承知なのだけれども。
だけれども。

今は何でも食えそう(食べられそうってな、そんな可愛らしいモンじゃない)な勢いなのです。
アレもコレも食いますよ。
『食欲の秋だから』なんていう、そんな季節を感じさせるそれではなくて、単純にストレスだな、これは。

全ての努力が無駄になるんだから、やめろよ、俺。
そうでもしないとやってられない、そんな俺。

昨日、村上春樹サンの『ノルウェイの森』の再読を終了。
おかげで食欲と性欲が激しく渦巻いている。
何だろう、この読了感。
勿論、話の感想もあるのだけれど、それはそれとして、村上作品ほぼ全てに通じるこの読了感は、最早ミラクル。
これは戀子だけに限らず、村上作品を読んだ方は結構な割合で、どうも感じる様なのです。

暫く間を置いたら、今度は『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』に移ろう。
話の内容は忘れてしまったけれど、確かこれも、お腹空く系・ムラムラする系だった気がする。

読書の秋、食欲の秋、万年発情期。

ああ、何か食べたい。
暴走機関車、絶好調♪♪♪
2005.10.22 (Sat) 01:59
思えば遠くに来たもんだ
ふと気付けば。
一路と知り合って今月で4年が経とうとしています。5年目突入です。
実際にお付き合いを始めたのはそれよりもぉ少し先の事となりますので、『知り合って』4年なのです。

100の質問でもこちらでもチラリと書いている様に、ワタクシと一路はとある出逢い系サイトで知り合いました。
出逢い系での出逢いを毛嫌いされる方も多々いらっしゃいますし、やっぱり危ないんじゃないか・・という声もよく聴きます。その辺は、そうとも云えるでしょうし、そうではないとも云えるでしょうし。

当時の戀子は超~女職場で働いており、友達の紹介でも中々『コレは!』といった出逢いもなく、かといって男友達の中に候補が居るでもなく、本当に出逢いの場がございませんでした。
一方、一路も同様で。彼の場合は自営業で、尚且つ身内だけでやっている事もあり、戀子よりも遥かに出逢いの場もなくて。

お互いがそうだったのだけれど、それぞれの友達がその出逢い系サイトで彼氏や彼女を作ったという話(余談だけれど、サイトを教えてくれた一路のお友達カップル、戀子のお友達カップルは、今では結婚して夫婦になられました)。
そして、余りに出逢いの場がなかった戀子や一路に「試しにやってみなよ」と教えてくれたという話。

あの当時。
まさか一路とこうして繋がる事になろうとは思いもよらなかった。
当時の戀子が好きになる男性には、一路の様なキャラの人はおりませんでした。
打ち上げ花火の様な、判り易い恋愛パターンばかり繰り返していたワタクシ。そこに2人しか存在しないかの様な、そんな静かな恋愛は、一路とが初めてでありました。

この人は本当にわたしの事が好きなのだろうか。
そしてわたしは、本当にこの人の事が好きなのだろうか。

そんな事を付き合い出した当初はよく考えていたものでした。

この知り合ってから4年もの間で、大きな波が幾つかあって。
それを越えて、今、ここに在る。
ワタクシ、こんなに長く男性とお付き合いをしたのは初めてなのです。
こんなに、良くも悪くも感情をストレートに出せる人は初めてなのです。
こんなに愛しいと思った人は初めてなのです。

思えば遠くへ来たもんだ。
あの当時と変わった事があるとすれば、彼への愛情はより深く。
彼を求める気持ちは強く。

これから先、どうなっていくかは判らないけれど、ここから先も同じ歩みで進んで行きたいと強く願っているワタクシです。

当たり前の日常と、戀子の『当たり前』の存在になったアナタに感謝。
当たり前なんかじゃないの。
当たり前なんかじゃないんだよ。

今日も明日も明後日も。
アナタの為に笑いたく、アナタと共に笑いたい。

あれからもぉ、4年が経とうとしているんだなぁ。
2005.10.21 (Fri) 02:38
『カバンの中身バトン』
お友達のまちかチャンから、こんなバトンが回って参りました。
それにしても、色んなバトンがあるもんだ。
ワタクシ好みのこのバトン、早速サクサクいきましょーっ!!キョーミがない方はスルーでどうぞ☆


1:財布はどんなのを使ってますか?

メインで使っているのは、今年の誕生日に一路に買って頂いた、Pinky&Dianのお財布です。パールホワイトに金ラメ、クロコの型押しに戀子サン、一目惚れ♪♪♪長財布か二つ折りかで悩んだものの、『バッグを小さくするぞ』計画に基づき、二つ折りに。
カードポケットが8枚分、札入れ部分と小銭入れ部分がそれぞれ2箇所に分かれております。ポイントカードやら保険証やらがモロモロ入っていて、かなりパンパン。

下の和柄の小銭入れは、最寄の駅ビル内にあった和雑貨屋サン『粋屋』で買ったもの。仕事に行く時の財布はコレ。徒歩5分の職場では、小銭入れだけ持っていれば充分なのです。
おばあちゃんチックだけれど、財布には根付を付けないと気が済まないのです。ピンダイに付いているのは、山梨の信玄餅のミニフィギュア根付、小銭入れに付いているのは、これまた最寄の駅ビル内にあった『えんぎ屋』で買った、生まれ年・ウサギの根付と、隠れて見えないけれど、おーいお茶のおまけのお茶犬キーホルダーが。

saihu.jpg


2:使ってる携帯、ストラップは?

使っているケータイは、auの『W21SA』。12月で1年になります。
何が気に入ったって、FMが聴ける事!今はこのケータイでは殆ど聴かないけれど、バスや電車を使って通勤していた当時は、フル活用しておりました。
因みに色は黒。

そしてそして、ストラップ。
ワタクシ、これでも三十路の女子ですが、一向に落ち着く気配が見えないこのストラップ達。光って見辛くてすまぬ。
黄色と水色のブタちゃん、天然石、金と通常カラーのリラックマは一緒にボールチェーンでくっついているけれど、元はそれぞれ別のモノなので、全部で12個付いている事になりますか。

愛して止まない『水曜どうでしょう』の<一生どうでしょうします>ストラップ&大泉校長の携帯キャラマスコットを筆頭に、癒し系の『うなずきん』の3連ストラップ、中華街で買った唐辛子の魔除け(なんだってな。知らないで買った)、一路から頂いた梅の花の鈴の根付、これまた一路から頂いた吉野家限定・非売品の吉ブーのストラップ、開運マスコットTONTA(買った当初、金運&仕事運アップをこのブタちゃんに託した俺。必死さが伝わりますか???)、おーいお茶のおまけの2つのリラックマ、そして水晶とナントカいう天然石。
ケータイよりもストラップの総重量の方が重いという。

あ、因みにコレでもストラップの数、少なくなりました。そして飽きると他の手持ちのストラップからシャッフルします。数は然程変わりません。

k-tai.jpg


3:手帳って持ってますか?

持ってますよぉ~。
15の歳からここまで、手帳を持たなかった時はございません。必須アイテムですな。
今使っているのは、『ITS' DEMO』で買った和柄の手帳。使い易くてどぁい好き。見開き1週間で、右側は罫線付きの頁になっているのです。1日4行分。ここに日記を書いていると。この手帳を無くした日にゃ、ワタクシ、本当にどうにもこうにもになっちまいます。ありとあらゆる覚書がこの中に。
ボールペンはSAKURAのNOCKS。名前がTEAM NACKSみたいだな。大好きなオレンジ色と、透明感がお気に入り。書き易いし。
四つ葉のクローバーのしおりを挟みつつ、福助のバンドで留めつつ。

techou.jpg


4:バッグはどんなのを使ってますか?

夏場はかごバッグばかり使っていたけれど、今はこの辺りをローテーションで。
真ん中左のバッグ以外は、みんな通販で購入しました。
多少、手荒に扱っても大丈夫なバッグがお好みで、そういう意味では真ん中左のバッグは超~使い勝手がよろしくて。
これには花や蔦の型押しがなされていて、ポケットもいっぱい、マチもたっぷり。閉店セールで、1万円だったのを3千円でゲット。お買い得、お買い得♪
基本的に、奥のオレンジ色のバッグ(コレ、一応ママバッグらしいですぞ)や真ん中左のバッグの様な、大きくてガッツリ入るタイプがお好み。
最近は一寸色気づいてきて、小さめを求める傾向に。

そうそう、ここには写ってないけれど、周りから「趣味が悪い」と評判の、ピンダイのヘビ柄のバケツ型バッグもよく登場。
ワタクシ、一目惚れで色違い(ベージュと黒)で大小1つずつ買ったのですが。お気に入りなのですが。そんな言葉に関係無く使いますが。

bag.jpg



5:バッグの中身は?

小さいバッグになれない理由がココに・・
手帳、財布、ハンカチ、ティッシュ、手鏡、キーケース(Jean-Paul Gaultier。鍵は1個しか付いてないけどね!)、ピルケース(仕事時にアクセサリーを収納)の他に、

・化粧ポーチ:アテニアのお試しセットが入っていたポーチがフル活用。金色ってのがワタクシには難。でも、コレ1個あれば即お泊り可!ってな程の収納力でイイ!
・命綱セット:無印の黒のメッシュのケースに、糖尿病手帳&糖尿病眼手帳、お薬手帳、ブドウ糖、診察券が入っている。これは何があっても必携。
・女子の必需品セット:INTER PLUNETのポーチに裁縫セット、ケータイ専用イヤホン(FMを聴く時に!)、お守り、コンドーム、生理用品を入れている。必要か、そうじゃないかと云われれば、そうそう登場されない方々。
・非常時に出動セット:紺地に蔦柄のがま口に、鎮痛剤や風邪薬、ばんそうこう、ブドウ糖、爪切りを入れている。

夏場はコレに加えて、扇子&日傘、ペットボトルが追加。
腕が落ちそうになる訳よ、これじゃ。

nakami.jpg


6:次にバトンを回す人

さて、どなたにしようかなー???
やはりワタクシは女子のバッグの中身が見たいので、そしてキョーミあるので、お嫌じゃなければよろしくお願い致します!
・・気になるのは、ここを見て下さっているか、どうか・・
敢えてご連絡は致しませんので、その辺はお任せで!

先ずはこおりチャン
続いて蒔子
そしてユエ
きよチャン
美波チャン

ワタクシが気になる女子ばかりです。アハン。

最後に、回してくれたまちかチャン、どうもありがとー!
こういうの、どぁい好きデス♪♪♪
2005.10.20 (Thu) 00:50
どうなのでしょう?
今に始まった事ではないけれど、ワタクシにぶっちゃけ話を持って来る人がとても多いのです。

聞き役人生20余年、気付けば小学生の頃から、例えば自分が仲良くしているグループではない他のグループの女子から、よく悩みを打ち明けられたり、ぶっちゃけ話をされる事が多かった。
思えば色んな場所で『真ん中』に居るワタクシでした。云い方を変えれば『中途半端』と云えなくもない。
それは思春期を経て大人になってからも変わらず、方々から色んな話を聞いております。
内緒、内緒のあんな話やこんな話。

何なんだろう、これはワタクシの風体がなせる業なのか。
この丸っこくて小さい風体は、人に警戒心を抱かせないのか。
それともおかんチックなこの感じが良いのでしょうか。
それでいて、ある程度仲良くなるまでは『もっととっつき難い人だと思っていた』などと云われるのだけれど、どうなのでしょう。

今日もまた、職場でとある方からのぶっちゃけ話を聞かされる。
や、良いんだけれども。
でも、内容によりけりだろうという話。
それを聞いて、俺はどういう身の振り方をしていけばいいの、店長―――っ!!

一時期、「これだけ人様から色んな相談事を持ちかけられるキャラだったら、いっそ職業にしてみようか」と思った事があり、そんな勉強もしてみたのだけれど、どうも職業向きではなかった様で。
いやはや、勇み足。

そんな訳で、今日も相変わらずヘナチョコカウンセラー、なんちゃって癒し系は「ほう、ほう」と話を聞いているのです。

誰もがみんな、話を聞いて欲しいのよね。
話を聞く人ってのは、そんなに居ないのかしら?
2005.10.19 (Wed) 02:35
正直なんですの
いやいやいや、体は正直ですなー。
精神的に参ってくると、途端に生理が狂いだす。
今月2度目の生理がやって来ちまいました。こりゃ完全にメロウな所為。

いつもなら休みの月曜日。
人がいないと云う事で、今日は出勤。
戀子に打診して来た時に店長は、「何なら(夜の)9時からでも良いよ」と云っていたのですが、折角出勤するのであればと、いつも通りの出勤時間でシフトを入れて貰っていました。
が、が、しかし。
もぉ、どうにもこうにもメロウなのです。心もダルー。体もダルー。
そんな訳で、店に電話を入れて9時出勤に変えて貰いました。良いって云っていたしね、なんて。
布団の上でゴロゴロしながら、天気の悪さも手伝って、よりダルー。
まぁ、こんな時もあらぁね。

こういう状態になると、現実から若干逃げちまいたくなるワタクシ。
それは昔からそうで、お手軽現実逃避として、本を読み漁ります。
最近は特に読みたいと思う作家サンも居らず、以前買った本を再読してばかり。
昨日から久し振りに、中学生の頃から大好きな村上春樹サンの『ノルウェイの森』を読みにかかりました。

戀子が初めて読んだ村上作品がコレ。当時のベストセラーでありました。
この作品は上下巻に分かれているのですが、上巻の赤と下巻のグリーンの表紙の美しさにすっかり参ってしまい、お友達のお姉さんからお借りしたのでした。
だがしかし、当時の戀子には難しくて、内容が全然頭の中に入って来ませんでした。

すっかりトラウマとなり、それからこの作品を読み返すものの、途中で挫折する事、数回。他の作品はスイスイ読み進めるのに、どうにも苦手意識が出来てしまった様で。

そんな訳で、随分と久し振りに手にする『ノルウェイの森』。
戀子は小説は全て文庫で集めているので、あの印象的な赤とグリーンの表紙のそれではないのだけれど。
いざ読み進めていくと、あんなに読み辛かったのがどこへやら。今ではくっきりとその情景が浮かぶというのに。不思議なものですなー。
因みにこの文庫を買ったのは高校生の頃。91年、高2の年でした。
15年程前の本だもの、そりゃあ頁も黄ばむわよね。

秋の夜長の読書タイム。
静かにジャズを流しながら、お茶を飲みつつ村上春樹。
こりゃ癒されるわー。
2005.10.18 (Tue) 02:14
忘れない
何も悪い事はしていないじゃないの。
それなのに、それなのにどうしてなんだろう。

すっかり陽が落ちた暗いあの場所で見た彼の後姿。

あんなにも小さかったろうかと思う。
あんなに堂々としていた人が、それでも必死に張ろうとしていた胸。

あの姿を忘れてはならない。
悔しくて涙が出そうになったけれど、本当に悔しいのは誰あろう、彼自身である筈だ。

明日からまた、頑張ればいい。
リセット出来るのは自分自身。これまでの力を信じて、ボタンを押せばいい。
大丈夫、ついているから。
2005.10.16 (Sun) 23:22
ここ最近・・
ここ数ヶ月もの間、ずっと頭を悩ませている事がある。

それを具体的な形ではここには書かないけれど、間違いなく、久し振りに陥った窮地。
私自身の事ではなく、けれど私自身に大きく関わる事でもあり。

「最近、何だか疲れているみたいだけれど、大丈夫?」

そうやってよく云われる様になってしまいました。
余裕のなさが全てに出ているんだろうなぁ。
疲れているのはきっと、体だけではないんだよなぁ。

眠りに落ちる間際まで、その事で頭がいっぱいで。
そして、そんな胸中をまともに反映した夢しか見ない。

ここから先、どうなっていくのかな。
今年の終わりには、どうなっているのかな。

心が躍る、楽しい事ならいいのだけれど。
そうじゃないだけに、中々先に希望を見出せないでいる。
でもここで先を信じなければ、そこで終わるだけの事。

そんな事にはしたくないから、頑張るだけなのだ。

この頑張りを、誰かが見てくれているだろうか。
見てくれている事を信じて、前を向くしかない。

ただ、それだけの事。
2005.10.16 (Sun) 03:29
なぁんでぇぇぇぇ――――っ!?
あああ、俺は文句云わずに仕事しているよな???
我が儘、何も云ってないよな???

ああ、それなのに。
それなのにぃぃ―――っ!!

・・戀子、唯一の公休希望である月曜すらも、休ませてはくれんのかー?
人が居ないって、ホントに居ないのかよ―――っ!!

・・ってな事を、店長にぶちまけた今日でした。アハハン。
そんな訳で、今度の月曜は出勤決定。

一路に逢えるのは再来週ですか。そうですか。

・・今は誰より逢いたい人なのに。

2005.10.15 (Sat) 02:31
毒抜き
昨日の夜は友達から電話がかかってきて、久し振りの長電話。気付けば明け方近かったり。
そんなこんなで眠い連休2日目の今日。

昨日は遅く起き過ぎて出来なかった掃除を実行。
時間があるんだか、無いんだかな感じで中々出来ないでいたのだけれど、始めてしまえば大して苦ではないのだから、さっさかやれば良かったのにと思う。
掃除が面倒臭いと思い始めたのも、マズイ傾向。戀子的には。
こうして何もかもがどうでもよくなっていくのが、毎度のパターンなのです。自暴自棄万歳な俺なのでね、元々は。
そんな気持ちに喝を入れるべく、黙々掃除。
スッキリしたら気持ちもスッキリするじゃないの。

綺麗になった部屋で、撮り溜めていたビデオをのんびり観ていたら、お友達から連絡が。夜からおデートする事になりました。

ひたすらファミレスで喋り倒す、喋り倒す。
ここ最近で急激に増えたストレスに、いち早く気付いてくれた彼女。誘ってくれてありがとう、ごめんな、忙しい中を。
おかげでかなり楽になりました。随分毒抜きが出来たってもんだ。
明日からもまた頑張るわーっ!!

そういえば、そろそろ宿探しをしなければなりませぬ。
再来月、聖飢魔IIのツアー絡みで大阪へ行きます。ミサりますよ。
まだまだ先だと思っていたら、もぉ1ヶ月後にはツアーが始まっているしね。
白塗り決行するつもりでいたし、その前に練習するぞー!なんて云っていたものの、どうも微妙な雲行きだ。
どうする?どうなる???

しかし、宿どうしよう。
どこにホテルを取ろうかなー。
・・大阪の厚生年金会館って、どこ?
今から10年近く前に行った時には、完全に仲魔に連れられて行った形なので、しかも大阪の厚年へはその1度きりだったので、今となってはどこをどう行ったとか、そんな事は全然覚えていない。

ネットで見るか。
それにしても、便利な世の中になりましたな。
2005.10.14 (Fri) 03:47
眠り姫
お疲れ休みをつけてくれた連休初日。
思えば久々の連休であります。

連休ともなると、何をしようかなー???と、遠足前日の子供の様にワクワクしちまうのですが、今日は起きたら既に夕方ですよ、夕方。陽が既に落ちかかっているってのよ。
うん、何も出来やしないじゃないの、こんなんじゃさぁ。

ここ暫く、自分の為に費やす時間というモノが全く持てていなかったので、どこかへ出掛けたり誰かと逢ったりするつもりはなかった今日。
だからまぁ、遅く起きたところで何がどうという事もないのだけれどもね。
とはいえ、何もしないのもアレなので、タンスの中の入れ替えだけはしました。ずっとやらなくちゃと思いながら、気付けばもぉ10月の半ばですよ。早いわねー。

それにしても、余程疲れているのかも知れません。
ワタクシ、元々そんなによく眠る方ではなかったのだけれど、ここ最近は本当によく眠るったらないですよ。まるで眠り姫。ぶっ飛ばされそうなのは無視。
以前の様に病的に・・という事はないものの、これは時季的なものなのか、何なのか。気候が随分、良いものね。

いつもと変わらない時間に眠って、いつもよりたっぷり眠った今日ですが、今宵は既に眠かったり。
さて、寝ようか、寝まいか。
でも折角だから、夜更かししたい。
2005.10.12 (Wed) 23:53
悪いとは思うのだけれど
いかんせん、どうにもこうにも簡単にスイッチが入ってしまう今日この頃。
自分の中に『余裕』がないんだろうなぁと。

誰が悪い訳でもなく、完全に自分自身の許容量の問題。
これしきでコップがいっぱいになってしまう様な、そんな浅いコップしか持ち合わせていない戀子です。
色んな人の悩みや愚痴を訊くのは苦にならない方ですが、最近はそれに対してまともに返せているのかが微妙。

またみんな、重なる時には重なるのねー。
今はみんなが迷ったり悩んだり困ったりしている。
そうして戀子の元に電話やメルをくれたりしているってのに、現状は殆どメル出来ないし、電話にも出られない。

その昔。

「全然、彼氏からメルも来ないし電話も来ない。何をしているってのよねー!トイレ行ったりご飯食べたりする時間はあるくせにー!!」

そんな事を云っていた女子に対して、激しく同意していたワタクシ。そしてワタクシ自身、そういった言葉を吐いたりしていた女子の1人でありました。
なのにね。
今はその彼氏サイドの気持ちが判る様な気がします。

色んな時間をやりくりしてしかるべきなのかも知れない。
本当はそうするべきなんだよなーって思うのだけれど、でも出来ない。
こんな説明じゃ、彼女はキレるよな。俺だったらキレるわな。

今は全てに対して簡単にスイッチが入ってしまう、いつだって臨戦態勢の戀子であります。
許容量を増やすには、少しずつ色んな事を解決しなければならないのね。
ワタクシだけの力ではどうにもならないし、でも頑張ればどうにかなる事かも知れない。

だから今は、目の前の事を頑張ろうと思う。

ごめんなさいな、余裕があるんだか、ないんだか。
でもちゃんと、あなたからの声は聴こえているし、ものっそい気にはしているんだよー!!

それすらも中々伝えられなくて、ただただ心苦しいばかり。
どうしたらいいの。
2005.10.12 (Wed) 03:14
キツい、キツい
ダメだー。
普通の顔をして、シラッと色んな事をこなすのが、一寸キツくなって参りました。

ここが正念場なのか、これからが正念場なのか。
よく判らないけれど、まだまだ踏ん張らなければならないのだけは確かな事。

大丈夫かな、俺ったら。
2005.10.11 (Tue) 02:17
モテ期
男子にモテたなぁという事は一切ない、そんな非モテなワタクシですが、女子には殊更、モテるワタクシです。
そして今、当に何度目かのモテ期到来な様なのです。
勿論、女子からってな事なのですが。

方々からメルやら電話やらを頂くものの、全く返せないし、電話も出られません。
遅くなりつつも返せている人は未だ良い方で、随分長い間、返せていない人も中には居る訳で。
そしてその間にまた、先方からメルやら電話やらが掛かって来たりして。

やー、本当に申し訳ないとしか云い様がない。
何をしているのかといえば、何をしているでもないと思う。
強いていえば、これまで自分の為だけに割けていた時間が、中々そういう訳にもいかないというか、強引に割って入られる事が多々あるというか。

そろそろ本気でキレてしまうのではないかと。
そんな風に真剣に思っているワタクシDEATH。

どうしよう、どうしたらいいのー?

本当に、中々連絡のつかないオンナでごめんなさいな。
ワタクシ、生きていますよー。
一寸疲れているだけですがー。
2005.10.09 (Sun) 23:38
昨日に引き続き
今日も前の店長が、遅い夏休み中の店長に代わって、昨日に引き続いて出ておりました。

前店長と仕事をすると、本当に全てがスムーズに流れる。
同じ指示を出されるにしても、今の店長とは全く違うんだよなぁ、どういう訳か。
それはみんなが感じているところで。
今の店長は悪い人ではないのだけれど、『仕事』という点に於いては、やはり信用だったり信頼だったりを置けるのは、圧倒的に前店長なのです。

この人が店長だったら良かったのになぁと。
そんな事をしみじみ思った2日間でありました。

仕事の合い間に、今の店の色々を訊かれる。
仕事云々というよりは、人間関係といった方が正しいかしら。

前の店長が今の店に居た頃からの懸念材料がありました。
どこにでも1人はいるけれど、『この人が居るから和が乱れる』といった存在の人。
今の戀子達パートの中では男女1人ずつ、そんな存在の人が居る。
幸い、時間帯がズレている戀子は、この2人とは殆ど仕事をした事がございません。
その本当に極僅かな一緒に仕事をした時間の中で、一々戀子のスイッチが入ってしまう事があった2人なので、これでもし長い時間を共にする事があったなら、間違いなくぶつかっていただろうと思う。

他にも色々あって(人柄がどうとか、そういった事ではなくて、純粋に仕事に関して)、前店長はこの2人をクビにするという事を決めていて、ある頃合を見て実行しようとしていたものの、時期に間に合わずして異動していってしまったのですが、申し送り事項として、今の店長にもしっかり伝えたんだそうな。

が、しかし。
今の今でもこの2人は未だこの店に籍を置いていて、そして普通に仕事をしながら、相変わらず和を乱し続けている。

「こうなる事が判っていたから、切れって云ったんだけどさ。忠告を聞かないからこうなんだ」

そう云っていたけれど、うん、ホントにそう。

仕事だから、人の好き嫌いで仕事をするもんじゃないとは思う。
それは勿論、他の人も同じ気持ちなのだけれど、彼らの態度はそんな気持ちすらも無にする様な、ある意味、傍若無人な態度。
怒るなって方が無理だ。

今の店長で居る限りは、きっと彼らがどうこうなる事はないとは思うけれど、こうして話を訊いてくれる人が居るだけで、我々の気持ちも随分違うというモノですよ。

それにしても、世の中には色んな人がいるもんだ。
初めて見るタイプに、アタイはクラクラよ。
2005.10.09 (Sun) 02:45
そろそろいわすで
腰が悲鳴を上げている今日この頃です。
仕事の内容、急に変わり過ぎ。
文句なんぞ云っていられないと思いつつ、そうはいってもさ、と自分でツッコミを入れつつ。

今日は6時からの仕事で、人も居たおかげでかなり楽な仕事をさせて貰った。店長が居なかったからかも知れませぬ。
今の店長は、俺に何でも振りすぎだってのさ。その内、ホントに腰をいわすぞ、俺。

最近はないけれど、ここ数年、年に1、2回は起き抜けで立てなくなるという事がありまして。
幸い、大して酷い事にはならず、暫く大人しくして落ち着かせていれば普通に動けるという状況ではあるのですが、この品出しメインの仕事がいつまでも続くのであれば、いやいや、復活しちゃうよ、きっと。

何で他の人とこんなに仕事の内容で差が出来るのー?
コレでああなのー?
どうなのー???

云いたい事は山ほどあれど、仕事だからと黙々とこなすよ。こなしてみせるよ。
だって仕事だものね。

今日は楽だったから、明日は幾らか腰痛もマシかも。
とりあえず、立てないって事だけは避けたい。
俺の代理を立てようと思ったら、2人は立てねばならぬしな。
2005.10.08 (Sat) 01:13
こんな日があると
今日は久し振りに9時上がり。
たまにこんな時があると、ものっそい得した気分になりますな。

折角早く上がれるんだし、アレとかコレとかしよう!と思いつつ。
いざ早く帰ったら帰ったで、待ち構えたかの様に色んな事が待っていて。

・・結局、何ひとつ出来なかった今日。
折角早く帰ったのにぃぃ。

すっかり起きる時間が遅くなった所為で、1日が終わるのもとにかく早いのですが、例えば誰かにメルを送る事1つとっても、ろくに出来なかったりします。

ケータイは手軽だといった一方で、いともた易く相手の時間を切り裂く道具でもある。
便利でフル活用させて貰っているけれど、手放せない道具になっているけれど、無防備で身勝手なモノだと思ってもいるワタクシであります。

戀子の時間が自由になるのは夜更け。仕事が終わってご飯を食べて、何や勘やで1時半以降が自由時間でしょうかね。
普通のお仕事や主婦業をされている方であれば、夜更けも夜更け。真夜中です。
そんな時間にメルを送るのもどうかと思ってしまいます。
いっそ、先方がケータイの電源を切ってくれている方が気楽なのだけれど、もし寝ていたら、ましてや寝入り端だったりしたら、その着信で目覚めさせてしまったら・・などと思うと、やっぱりメルは送り難い。
ワタクシ自身はどうしているかといえば、ある程度の時間になったら電源は切ります。
こうしてメル出来ないのは、ワタクシ自身が自分の時間を切って入られるのが嫌だから。寝ている場合もあるし、起きている場合もあるし。

PCを持っている人へはPCでレスが出来る。
そうはいっても、PC持ちの方々へもレス出来ないのが現状。
本当にワタクシ、何をしているのやら。

一人旅熱が猛烈に持ち上がっている今日この頃のワタクシ。
これは危険な兆候。

純粋に楽しみたいのではなくて、単に今の状況から逃げたいだけなんだわ。
2005.10.06 (Thu) 23:20
申し訳ない
実は1日休んだ位で疲れは取れないのだけれど、ウダウダと休んでもいられないので頑張りますよ、ガツガツと。

今の戀子の勤務時間は8~6時間。基本、フルタイムとなっております。
昨日のポカ休みは他の人にも大きく迷惑を掛けてしまいました。
戀子の穴埋めをしてくれたのは2人の人。

戀子と同じ勤務時間(午後~夜の12時過ぎまで)で入れる人は、今の職場では他にいなく、この勤務時間を前半・後半といった感じで分けて、2人の人を充てる事となったんだそうです。

あー・・ごめん。ホントにごめん。
今の店長に替わってからは、出勤日数が増えた上に勤務時間も長くなり、戀子と同じ時間帯でやっている人がまるで居ない現状では、代わりが居ない分だけにポカは絶対に出来ない状態になっている。

なんだけどね。
判ってはいたんだけどね。

この職場での戀子は『休まない人』となっているので、休み明けで行ったらみんなにやたらと心配されてしまいました。
これもまた、何とも申し訳ない。
すみませぬ。もぉ、極力しないからぁ。

そんなこんなで、今日は早めに眠りますよ。
3時前に眠るなんて、今の戀子にゃ相当の早寝なんだったら。
2005.10.06 (Thu) 01:53
やっちゃった
ダメだー、疲れが相当溜まっている模様。

休み明けで休むのはどうかと思ったのだけれど、どうにも体が重くて、だるくて。
結局、ギリギリまで粘ったものの、どうしようもなかったのでお休みしちゃいました。
こうして『ワタクシ、体調不良でお休みします』ってな事をこの会社ではこれまでやった事がなく、実は初であります。
体調不良で休んだ事は前に1回あったけれど、その時には『ワタクシが』ではなくて、『母が』という風にしたのですよ。自分自身の病欠で心象悪くなるのも嫌でね。基本、虚弱ッキーなものですから、尚更でね。
そんな訳で、電話に出た店長にはえらく心配されつつ、1日ダラダラ過ごしました。布団の上でゴロゴロしながら、撮り溜めていたビデヲを見たり、時々眠ったり。

ついこの間、店長にDMであるという事をカミングアウトした事がきっかけとなっているのでしょうか。
うん、なっているのかも。
何だろう、これまでは持病があるという事がバレない様にと一生懸命踏ん張っていたのだけれど、カミングアウトした事で、呆気なく緊張の糸がぷつんと切れてしまったかの様な。

云った事は良かったのか、はたまた悪かったのか。
長い目で見れば、いつどういう様な形で体調が悪くなるか判らないし、そういう意味ではやっぱり云うべきだったろうとは思うものの、そこに甘えてしまいそうな、弱っちぃ自分が居たりします。
自分に甘く、他人に厳しいのが信条のワタクシDEATH。えへん。
そこに付け入らない様に、しっかりと心を引き締めてかからなければね。

1日休んで、随分気持ち的に楽になった気がします。
最近、余りに仕事、仕事だったと思うのですよ。大した仕事してないんだけどさ。社員でも何でもない、たかだか1パートに過ぎないんだけどさ。
仕切りなおしで明日からまた、ガツガツ頑張りますよー。
うん、行くよ、明日は!
2005.10.04 (Tue) 22:47
内容が濃ければ
今週も夕方から一路とおデート。
夕方ってか、寧ろ夜。最近は陽が落ちるのも速くなったから余計に、随分遅くなってからのおデートに感じました。

時間的にどこへ行く、何をするっていう感じでもなかったので、ファミレスに雪崩れ込んでお茶をしつつお喋りしまくり。
1週間の間に、アレやらコレやらありまくり。一路が気になっていた戀子のアレも、この1週間の間で大きく変化したし、戀子が気になっていた一路のアレも、色々変わっていたりして。
1週間って、短い様で実は沢山の時間の連なりなのね。

夜メインの時間帯に仕事が切り替わってから、一般的なお仕事をされている方々とは少し時間にズレがあったりします。
起きる時間はお昼の12時頃で、そこから朝ご飯。夕方5時、6時にお昼ご飯、夜12時過ぎが夜ご飯。
お茶しながら段々お腹が空いていくワタクシ。
戀子の「お腹空いたー」の連発に負けてファミレスを出て、一路にとっては少し早い時間の夜ご飯、戀子にはいつもと変わらない時間のお昼ご飯と相成りました。

駐車場に車を置いて、テクテクとお店探し。
最近、専らファミレス三昧だったので、今日は違うトコロへ行きましょうと、ずっと気になりながらも中々入る機会がなかったお店へ行きました。
駅から程近い場所にあるお好み焼き屋サン『ぼちぼち』は、昭和30年代の街並みを再現した、さながら屋台村の様な。小さなフードテーマパークの様な。
全てがレトロな感じでとてもきゃわゆいのです。
カウンターに通されて、目の前で焼かれるお好み焼きと、焼けるソースの匂いにお腹を散々刺激されまくって。

初めて頂く極太麺はどうだろうと思いつつも、これがこれが。
いやいや、とても美味しく頂きましたー♪
2人が食べたいお好み焼きを選んで、2人で半分こして頂くのもまた楽しい。
焼き肉やお好み焼きは匂いが服や髪に付くからいやぁ~ん!という女子も多いけれど、いーじゃないの、こういうのもさ。
ああ、うまかったー。大阪のお好み焼き、12月には食べられるかちら。あはん♪♪♪

決まりきったお店も安心感があって良いけれど、たまにはこうして新規開拓もいいじゃない。方々から刺激が欲しいじゃない。
揃って御満悦の、それはそれは楽しい夜となりましたよ。
ささ、明日からまた頑張るかねー!

内容が濃ければ、短い時間のおデートであっても、身も心も充実しまくりなのです。
2005.10.04 (Tue) 04:22
振られている内が華
与えられる仕事の内容がここに来て結構様変わり。
戀子が担当している部門は、チェッカー兼品出しなのだけれど、最近では品出しがメインになって来ていて、レジを触る時間がほんの数時間。
これまでは8時間勤務なら8時間ほぼずっとレジを打ちっ放しだったのですが、最近では打っても3時間程度。バイトちゃん達が帰ってから閉店までの、ラスト3時間ばかりなのです。

おかげで腰が痛い、痛い。
これまで他の職場でやって来た仕事は、重たいモノを日常的に持ち運ぶ事が多かったのです。
肉屋しかり、和食器屋しかり、ゲーセンしかり。
肉は重い、食器も重い。ゲーセンのマシンに落とされる小銭の量を甘く見てはいけない。
その過去のつけが年を追う毎に回って来ていて、ここ数年、突然腰が抜けた様な状態になる事もしばしば。
チェッカーはレジ内では大した動きはしないし、重いものを常に持つ事もない。ほぼレジばかりのここ数ヶ月は、今に比べれば格段に腰は楽だったのだけれど。

勿論、仕事ですもの。指示を出されれば『はい、喜んでぃ~!』ってな感じでサクサク仕事は致します。
が、しかし。
最近、一寸納得いかないのは、他の人と比べて余りに仕事量が違いはしないか。

云いたかないが、これで同じ時給ですかー?
同じ条件なのですかー?

このお店、動けない人には決まりきった仕事しか振らないので、色んな仕事を振られている内が華だとは思うのだけれども。
オールマイティマンに育てたいのは判るのだけれど。
でもね。でもねー。

まぁアレだ。来年、今の職場で1年経った頃に、時給が10円でも上がればラッキーだという事で、その為に頑張っておくかー。
なんて、いざ仕事をやっている時には、そんな事もどこかに飛んで行ってしまって、目の前の仕事をこなす事しか考えられないんだけどさ。

それにしても、最近は殆どレジを打つ事がないもんだから、戀子に付いて下さっている常連のお客様とお話出来ないのが淋しい。
これが楽しみで接客業をしているってのになー。

明日は一路とおデートやん。
気持ちを切り替えて癒されよう☆
2005.10.03 (Mon) 01:38
はやい訳だ
今朝、みんなとの深夜のおデートから帰って来て、日記を書き終えてから爆睡。
爆睡とは、ああいう事を云うのかも知れません。落ちる様に、あっという間に眠りにつきました。

そして起きたら昼間の3時。今日も半分が終わったってのさー。
着替える気にもなれず、布団の上でゴロゴロしながら終わった1日。
そりゃはやい訳ですよ、1日が。

そういえば、何だか長い夢を見ていました。

夢の中で戀子は、修学旅行に行っておりました。
あれはどこなんだろう。
坂と階段の多さは長崎をイメージさせるのですが、街並みは京都の様でも、全く違う場所の様にも思える。日本である事は間違いない。
夢の中の戀子もサイトを持っていて、ケータイで写真を撮っては写日記をアップしておりました。この風景はネタになるなー、とか。そんな事を夢の中でまでやっていて。

修学旅行なので、当然の事ながら他にも生徒がいっぱい居るのですが、今の職場の人達であったり、学生時代のクラスメイトだったり、友達だったりと様々。
沢山の人が居たにも関わらず、1人きりで戀子は行動をしておりました。
まるで自分の周りに膜が張っているかの様な、周りの音どころか戀子の存在そのものを消しているかの様な。
『修学旅行』という言葉から浮かぶ楽しげな様はそこにはなく、何というか、楽しいんだか、そうじゃないんだか。

セーラー服の様な制服を着て、淡い色彩の風景の中にそっと溶け込んで。
決して心は浮かれてはなく。

戀子自身は、小学生の時の修学旅行しか参加した事はありません。
1回きりの修学旅行だったのだけれど、今になって修学旅行に行きたいと、そんな事を時々思ったりします。
修学旅行で行く様な場所を辿る事は出来るけれど、あの時の様に、仲の良い人も、そうじゃない人も、みんなが一緒くたになっての旅というものは、恐らくもう出来ないと思う。社員旅行がある様な会社に勤めれば別だろうけれど、きっとこれから先、そういう会社に入る事もないだろう。

特別な夢ではなかったけれど、何とも心に残る夢でした。
起きてからの、あの得も云えぬ切なさは、一体何が成せる技なのか。

単純に旅に出たいのかしらね。
それともあの膜が張った様な感覚は、1人になりたいという表れなのか。
決して今は、そうは思ってはいないのだけれど。
2005.10.01 (Sat) 23:47
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。