2005.02.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2005.04.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
ぎょ、玉砕・・
今日は不調な1日でありました。
朝から頭が痛くてしょうがない。

以前は激しい頭痛持ちで、鎮痛剤が手放せない状態であったのですが、二十歳を過ぎてからというもの、それまでが何だったの?ってな程、頭が痛むという事がなくなりました。
なので、極たまぁーに痛むと、本当に痛い。痛み慣れしないからって奴ですかね。

とはいえ、『病は気から』とも云いますし、気付かない振りをしていれば何となくやり過ごせるかも知れぬと、暫くしていなかったお掃除を。
窓を全開にして、ササッと済ませる事に。
埃が溜まると目鼻が痒くなるし、かといって全開にして掃除すると、余計な花粉で痒くなるし。
もぉ、どないせーっちゅーのかと。この時期の掃除、花粉症の方々はどうされているのか。

天気が良かったので布団を干して、ラグやランナーなど布物を洗濯して。
掃除機とコロコロでバッチリ掃除した後の部屋で、好きなお香を焚く幸せよ。ああ、本当に。

昨日の面接の結果は、今日の午後に来る予定でしたが、やはりダメでした。
難しいのね。経験が活かせる時もあれば、経験が邪魔をする時もある。
昨日の面接で云えば、後者の方。
まぁでも、しゃーない。次に行きましょう、次に。

結局、頭が痛いのをやり過ごす事が出来ず、今日は早々に寝ます。

本当に今月は、長くて早い1ヶ月だったなぁ。
2、3月は見事に玉砕だ。玉砕も玉砕だ。
明日から4月、春の到来と共に、身も心も軽やかにいきたいものです。
スポンサーサイト
2005.03.31 (Thu) 21:55
復活☆就活!
まるで、つのだ☆ひろチックなタイトルではありますが。
1ヶ月・・いや、1ヶ月半に渡って体調崩しまくりでありましたが、漸く落ち着いて参りましたので、就活を復活致しました。
ぼやぼやしていたら、あっという間に1年が終わってしまうのですよ。
三十路の時間の流れは、10代の時間の流れの倍以上の加速っぷりなのですよ。
まいっちんぐですよー。ウダウダなんかしてらんねぇってのさ。

そんな訳で、今日は面接に行って参りました。

比較的、近い場所にあるそのショッピングモールは、オープンしたての場所。
中に入ると、未だ新しい建物の匂いがして気持ちがいい。
新店の良さですよ。それに惹かれて来ました、ここに。
スタートラインが皆一緒、これもステキ。
魅力いっぱいなのです。

今日は珍しく、面接前も後も一切緊張する事なく、無事に終えました。
こういう時もあるのよねぇ。
1時間程で面接は終了、折角だから色んな店を回ってみようかとも思ったのですが、履いて行った靴にすっかりやられてしまい、足の痛さに負けて帰って来ました。
手応えがあったのか、無かったのか、正直よく判らない面接ではありましたが、採用ならば、明日の昼間に連絡を頂けるとの事。
それくらい早いお返事だと、こちらも凄く助かるってもの。もしダメだったとしても、すぐに次に動けるからね。
攻めてナンボ、ガンバレ、俺っ!!

緊張していた意識は全く無かったのですが、家に戻った途端に電池切れ。
お昼も食べずに眠ってしまい、気付けば6時前でした。1日が早いなぁ。これも三十路だから?(それは違う)

戀子は最近、ものっそぃライヴに行きたくてたまらないのです。
ここ暫く、かなりのヘヴィロテになっているのが筋肉少女隊。
あの世界観がとてもツボで、1度ライヴに行きたいと思っていたら、気付けば解散してしまっていたという・・
聖飢魔IIの構成員が出ているイベントライヴに何度か共演していたオーケンを観た事はあっても、単独のライヴをね。未だ1度も観ていないのです。
特撮をちゃんと聴いた事はないのだけれど、いっそ特撮のライヴに行っちゃおうかなー、仕事始めたら。
人間椅子にも久々に行きたいなぁぁ・・
夢は広がるばかり(夢?)。

何にしても、仕事を始めない事には動きようがないのです。
やはり頑張るしかあるまいよ、俺っ!!
2005.03.30 (Wed) 23:27
ここから先も、これからも
一路とよりを戻して、1年が経ちました。

一路に別れを告げられた一昨年の6月の終わり、あるきっかけをもって一路から連絡が来た去年の3月の始め。
幾度かの話し合いを経て、また一緒に始めようと2人で決めた1年前の今日。

祈りが通じた日でありました。

それまで、一路の後ろ姿を追う様なお付き合いであったのが、その時の話し合いを境に、同じ歩調で進み始めました。

人は好きだけれど、一方で人付き合いは煩わしくて、実はとても苦手です。
どんなに好きな人であったとしてもそれは同じで、いつだって、ただただ『好きだ』と思える筈もなく。それは当然。
けれど、こうして『煩わしい』と思えるのも、そうやって思える対象がいるからこそ。
『煩わしい』と云えるだけの幸せ・・というやつです。

一路と離れている間。
自分の中でしっかりとした『意識』を持つまでは、仕事と病院との往復だけで、誰とも逢わない様にしておりました。
逢ってしまえば、友達の優しさに甘えきってしまう自分が居るし、独りで色んなモノと闘っている一路の事を思えばこそ、自分を甘やかしたくなかったのです。

こうして文にすると凄くストイックな印象になりますが、そうではなくて。
何度も何度も泣きっ放しのヘナチョコパンチではありましたが、ヘナチョコなりの頑張りを、誰より自分自身に見せ付けてやろうという心意気でしかありませんでした。
それにその時期は、糖尿病性網膜症が判った時期。
放置したら数年で失明すると云われ、なので『ちゃんと視力がある内に』という事で始められた光凝固術、いわゆるレーザー治療を、片目を隔週ずつ=両目なので、毎週の様に行っていた時期でもありましたので、正直、金銭的にも精神的にも、余裕が無かったというのが、実際のところでありました。

例えば、面白いシーンに遭遇したとか。
例えば、美味しいご飯を食べたとか。
例えば、心地良い音楽に出会ったとか。

そういう些細な『小さい幸せ』を誰かに話そう!と思った時に、真っ先に浮かぶのは一路の顔でした。
一路の顔を思い出して、話せない現実を更に思い出し、軽く涙が出そうになってばかりいたあの時期を。
・・今でも思い出すと自分の事でありながら、本当に胸がギュッと絞められる様な気持ちになります。

誰かと何かを共有出来るのは、とても幸せな事。
それが誰より、本当に大好きな相手であれば尚の事。

時々、ムカッと来る事があっても、同時にあの時の孤独をふと思い出す。
大好きな人に感情を向ける事が出来る幸せを、強く強く思い出す。
無理をしているのではなく、ただ自然に『幸せだなぁ』と思うのです。
幸せだなぁ、ぼかぁ。

ここから先・・これからも共に、色んな形を一路と共有していきたい。
十月十日にも似た空白の9ヶ月間があったからこそ、今の2人の形がある。
もっともっと伝えたい想いはあるけれど、それを形にする事はとても無理。
なので一言、『ここから先も、これからも』と伝えたい。
それで彼は、戀子の想いを判ってくれると思うから。
2005.03.29 (Tue) 23:48
久し振りのおデートは
ホワイトデーの時、戀子が住むマンションの下で5分足らずの逢瀬以来、今日は一路とおデートなのです。
逢いたくてー、恋しくてーってなもんですよ。
こうして間が開いてしまうと、一路と逢った時にはモジモジしてしまうワタクシ。
今日もやっぱり同じで、いつまで続くか、人見知りを覚えた3歳児?でありました。

雨がシトシト降っていて、昨日迄あんなに暖かかった事、加えて1週間振りに家の外へ出たという事もあって、とにかく寒くてしょうがない。

先ずは「久し振りに食べたいね」と『洋麺屋 五右衛門』でランチ。
当にランチ時間だったもので、お店はとにかく混みまくり。OLサンと学生風カップルがやたらに多かったにゃ。
一路はベーシックにトマトとモッツァレラチーズのバジル風味、戀子はたらこと湯葉の京風だし仕立てを頂きました。ウマウマでした♪

そこから今度はauショップへ。
先月、修理に出してからというもの、更に不具合出まくりだったケータイ。
ショップのオネエサンの話だと、修理に出した後で、別のトラブルが起きる事もある話なんだそうで。
色々お話して、今回も修理をお願いしたのですが、これでまた何かあった時には、カスタマーセンターに電話して対処して頂こうと思います。
ナンダカンダ云ったって、まだ買って4ヶ月にも満たないんだもの、立派なクレーム対象よねぇ???

そして、ここからが今日の目的。
一路のお友達の結婚式が来月末。2次会の幹事を頼まれている一路、ビンゴの景品を探さなくてはならないのだそうで。
一路が考えていたラインナップを訊いたら、どうにも男子らしいというか。正直、「欲しい!」と思えるモノが非常に少ない。戀子が思わないという事は、恐らく他の女子はもっと思わないだろうという事で、戀子チョイスの幾つかを案としてあげる事に。
色んな店を回り、予算を聞きながらあーだの、こーだのと出して、ダメ出しを喰らってはまた案を出しての繰り返し。
ある程度の目安がついたところで今日は終了。お疲れ様でした。

2週間、全く『お触りナシ』で、お互いに悶々としておりましたので、今日はそれを思いっきり発散。
あー、やっぱり直に触れ合う方が良いわよねー☆

そんな中。
2次会の景品を選ぶ事から段々、自分達の結婚話にシフト。
いやさー、感化されますよ、やっぱり。
一路にとっては、義務教育時代からのお友達という、超身近な人の結婚だからリアルだし、戀子にとっては、滅多に結婚を語らない一路が、結婚を微妙に意識して話をするもんだから、より刺激を受ける。
いいなー、いいなー、なんて。
言葉にはしなくても、お互いに彼らの結婚を羨ましく思っているのはよく判る。

何となく、いずれは・・という事を思ってはいても、具体的な事は一切、一路は口にしようとしない。
誠実さ故に、そういう事を簡単に口にしないのは判っているけれど、でも、それでも、不確かでも口にして欲しい時もあるのです。
そんな微妙な三十路女の乙女心。

でもな。
誰でもいい訳じゃないから、今があるんだわ。

全く考えていない訳ではない事も同時に判っているので、とにかく今を大事に大事にしていこう。

久々のおデートでしたので、家に戻ったのもかなり遅く。
こういう時、やっぱり一緒に暮らしたいなぁ・・と思うのです。
2005.03.29 (Tue) 03:49
風を起こさないと
今日も今日とて、引き篭もりな1日でありました。
別に具合が悪いとか、そういうのではなくて、単純に出る用が無いだけのお話。

戀子は日々、WEB上で日記を書き綴っておりますが、一方で普段持ち歩いている手帳にも、こちらよりも遥かに短い文章ではありますが、同じ様に綴っております。
けれどこの2週間ばかりは、放り出したままでありました。

やっぱり、調子が出ない時ってぇのはダメです。
こうして思っている事や悩んでいる事を文章として形にする事で、現実にぶち当たると云うか、何と云うか。
根がダメ子ですから、そう突きつけられてしまうと、途端に弱腰になってしまうワタクシなのです。
気持ちが固まりさえすれば、幾らでも何でもどぁぁぁ―――っ!!と書き殴る事が出来るのだけれど、それまではやっぱり、一寸ばかり遠ざけておきたいのです。
そうね、宿題みたいな感じで。
『後でやるから、もぉちょっと待っててよ』という様な。

アップダウンを繰り返しながら、漸く動けるだけの体力と気力が戻って来た今、久し振りに自分の手帳と向き合う事が出来ました。
3/12から止まった戀子の手帳が、今日からまた動き出しました。

どうせ家に居るし、余り元気も無いからいいやと放っておいた自分の顔とも、数日前より久し振りの対面。
顔を洗ったり歯を磨いたりするので、毎日の様に鏡は見るけれど、化粧をする時と同じ位、自分の顔をじっくりと見る時というのは無いと思います。
いや、気力や体力が萎えると、こういう事をする気にはとてもなれない。本当になれない。婦女子としてあるまじき行為なのかも知れぬが、それとこれとは別だ、別。
でもほら、やっとこ自分の顔に色をのせる事が出来る様になったから。
数日前から久々に化粧をしたら、女子らしい顔と気持ちになりました。

新しい風が戀子の前を流れ始めたのかも知れません。

この風の流れを止めぬ様、求人広告をチェックして面接の予約を入れたり、またマニキュアを別の色に塗り替えたり。
流れに乗っとけ、俺っ!!とにかく乗れ~~~っ!!
風を起こさない事には何事も始まらないからね。

明日は久し振りに一路とおデートであります。
悶々としている2人なので、悶々を解消して来ようと思います、ウフフ♪
2005.03.27 (Sun) 23:14
美味しいレーズンパン
寝る時間に関わらず、きっちり毎日7~8時間は眠っております。
以前はそうでもなかったのだけれど、ここ最近は本当によく夢を見ます。
思春期大暴走の頃は、どぁい好きだった聖飢魔IIの構成員(=メンバー)絡みの夢をよく見ておりまして。これまたけったいな内容ばかりだったのですが、信者でなければこの面白さは判って頂けないだろうという事で略。

今日は起きる直前に、職場の人が作った焼きたての美味しいレーズンパンを食べている夢を見ました。
ここ最近の1番の戀子の願いは、『早く仕事をしたい』というもの。
昨日の夜も寝る前に、そんな事をツラツラと思っていたから、それが夢に反映されたのでしょうかね。

一時期、けったいな夢ばかりを見ておりましたので、随分前に夢診断の本を買ってみまして。今でも印象に残った夢は、起きてすぐに本を見て紐解いてみたりするのです。
それが合っているのかどうかはよく判らないけれど、何か良い事が書いてあったりすれば、一寸嬉しくなりましょう???当たるも八卦、当たらぬも八卦というよりは、お正月のおみくじの様な『お楽しみ』的感覚。

その本によれば、米やパンは『豊饒』のシンボルで、特にパンは『日常生活』を表しているんだそうです。美味しいパンは『幸せの生活』を暗示しており、食べ物を人から与えられるという事は、その食べ物が象徴するものを与えられるという事なんだそう。

仕事が見付かるって事かなー?なんて、勝手に良い様に解釈してみましたが、どうでしょう。
その位のスタンスで付き合っている夢診断であります。
それにしても、久し振りに味が判る夢を見ました。随分前に見た、どこぞのお屋敷で催されていた、仮面舞踏会チックなケーキパーティー(お茶ナシ)の夢以来。
美味しいレーズンパンでした。ウマウマ☆

そういえばこの間、架空請求のハガキが戀子宛てに来ました。
初体験、架空請求!
もぉねー、書いている内容がワケワカラズ。
『総合電子利用料金未納最終和解通達書』って、何の事だか判ります???
文面もさる事ながら、大体、差し押さえになるやも知れない様な、いわば法的な文書を、インクジェットのハガキで軽く送ってくる訳、無いっつーのさ。
それっぽく『法務監査法人認可印』なんてモノまでご丁寧に押されているけれど、法的な文書は全く違いますよぅ。もっとドえらいモンですよぅ。重々しさが違いますよぅ。
しかも住所、マンション名を略している辺り、正式な文書である訳がない。
そんなやっつけ仕事をする様な、管理組合って何なんでしょうかね。
でも今までにそういう書類を見た事がない方だったら、このハガキを見て動揺して連絡する方もいらっしゃるかも知れませんな。

経験がまた1つ役に立ちました。パパママ、どうもありがとう。色んな経験はしておくもんだ。もぉそんな経験、したかねぇけど。
因みに、そのハガキによる『裁判取り下げ最終日』は今日でありました。取り下げなかったけれど、次は何が来るんですかね?
ミナサマ、お気を付けあそばせよー。
2005.03.26 (Sat) 23:18
女子である事
元気になって来たという事でしょうか。
気持ちがポジティブな意味で自分の方へと向いて参りました。
昔はマニキュア栄えする長い爪が大好きだったのだけれど、肉屋で働き出してからというもの、どうしても短くせざるを得なかったので切り出してから、短めの爪が好きになりまして。
久し振りに伸ばそうかと思いつつも、やはり自分の中では少し伸び過ぎた感があり、パチンパチンと爪切りを。
そして程好く短くなった爪に、マニキュアを塗ってみる。
30本位の中から選んだのは、青みが強いマットな色。これは少し前にドラッグストアで買ったもので、500円でお釣りが来る小さな幸せであります。

マニキュア、ペディキュアを塗っている時は、そこはかとなく『女子』としての心が満たされる気が致します。
文字通り、『爪の先まで油断しねぇぜ』っていう様な。

まぁ体は油断しまくりで、そこからどうにかしろよっていう話もありますが、それは無視。
簡単に出来る事から、じっくりやり始めて早十余年でありますよ。
女の道はまだまだ続くよ、どこまでも。

戀子が自分を『女』として意識し出したのは、学校を卒業してからかも知れません。
勿論、生物学上的には立派に女なんですけれど。
小学生の頃は未だそれでも普通に女の子であったものの、中学を転校して驚異的に肥えてしまった事で、女ってものを放棄してしまった所がありました。

今にして思えば、太っているからこそ、きちんとしておくべきだったのに。
そういう姿で女子らしく、可愛らしくしているという事が、何よりこっ恥ずかしかったのです。
だからわざと言葉使いも粗くしていたし、服装や髪型にだって構わなかった。
逆走大暴走もいいところ。

高校を卒業してから体重が10キロ以上落ちて、選べる服の範囲が広がった事と、化粧を覚えた事によって、漸く目覚めました。目覚めたというよりは、目が覚めたという感覚の方が合っているかも知れません。

渋い色味のものしか着なかった反動が、二十歳を過ぎた辺りからドンと出ました。
大嫌いだった暖色系の服や小物を好んで選ぶ様になり、ずっと合わないと思っていた真っ赤な口紅は、どこへ行っても誉められて。
ああ、女だったんだなぁと。
女である事ってこんなに楽しいのかと。
そんな事をしみじみ思った、若干二十歳。

二十歳の頃の新鮮な感覚を久々に思い出した、若干三十路。
忘れちゃならねぇ、この感覚。
もっとずっと年を重ねても、死ぬまで生理がある様な、そんな女でいたいのです。
2005.03.25 (Fri) 23:42
ココロとカラダ
何だか今日は、心がざわついた1日でありました。
特に何があった訳でもないのだけれど、イライラしっ放しなのは落ち着かない日常の所為。
今はもぉ、ただただ早く仕事をしたくてウズウズしております。
や、その前に職を決める事から始めないといけないのだけれど。
トホホ・・

ココロとカラダが結び付かないのは、やっぱり哀しい事なのですかね。
恋愛をすればその延長線上には、気持ちだけではなくてカラダで愛情を感じたいという欲求が出て来る。
触れたい、触れて欲しい、感じたい、感じて欲しい・・エンドレス。
例えばセックスに到らなくとも、繋いだ手の先から、触れた唇から、体温から、愛情を感じる事が出来るでしょう。

求められても応じられないというのは、やっぱり哀しい事なのでしょう。
相手を思いやって求められない男性と、そんな気持ちを判っていながらも、体が応えられない女性と。
ここをどうクリアしていけば良いのか。

戀子の場合は幸か不幸か、万年発情期万歳。求められればほぼ100%で『バッチ来ぉ~い!』と応じられるので、正直、よく判らないのです。
でも方々で見聞きする限りでは、こういう悩みを抱えている方は意外と多いようですね。
例えば、いつもの場所から少し変えてみたり、屋内から外へ出てみたり、下着を替えてみたり、一緒にAV見ちゃったり。
色んな方法はあると思うけれど、セックスまでのプロセスで上記の事でテンションが上がり、それで解決出来るのであれば、まだまだ症状としては軽いのかも知れません。
実際はもっとずっと、根深いものなのでしょう。

身体的に出来ない状態である場合を除いては、『気持ち』と『欲』のせめぎ合いになってしまうのでしょうか。
相手を思いやればこそ、強引に押し倒す事も出来ないし、かといってこの悶々としたモノをそのままにしておく事も出来ないし。
誰でも良いのであれば、とっくに外で果たしているかも知れないけれど、そうではないという事は、やはり相手はその人以外は考えられないのでしょう。
その分だけ誠意を感じられるのは、戀子だけではない筈。

セックスは性欲を解消する場でもあるけれど、人間ですもの、ただの道具ではないし、何よりココロがある。
愛し、愛され、満たし、満たされて、最上の幸せを体いっぱいに感じる事が出来るというもの。

でも、愛情はあるけれど、体がそれを拒んだら。
・・どうすれば良いんだろうなぁ、本当に。
ココロとカラダは密接に繋がっているけれど、それだけでは量れない未知の場所。
体以外の、他での深い繋がりを持てたら、それで幸せなのか。
頑張って応じる事で、より満たされるのか。

そうじゃないけれど、そうではないけれど。
2005.03.24 (Thu) 23:31
方々からの刺激
先日、日記才人サマに参加させて頂いてからというもの、そこから辿って色んな方の日記を読み漁っております。

当たり前の事なのだけれど。
人の数だけ人生があって、その中で色んな悩みを抱えていたり、色んな幸せの形があったりする訳で。
どんなに面白い小説よりも、リアルで体温のある『物語』が繰り広げられている。
自分の周りに居る人達とは違うタイプの日常や、自分が今、頭を抱えている様な事と、当にシンクロする人や、どこに引っ掛かるかはその時々のアンテナ具合にもよるのだけれど、幾つかのサイトさんが心に留まったので、時間があるのを良い事に、日記を最初から最近まで一気に読みました。
目には本当に優しくないなぁと思いつつ、引き込まれてしまうのだからしょうがない、という事で。

今の戀子はプー子ですので、昨日も、今日も、明日も、家の中での狭い日常しかありません。
主婦でもなければ、結婚が決まって花嫁修行中・・といった状況でもありませんので、大腕を振って家に居られるだけの理由が今はありません。
仕事をしている時には、たとえ変わり映えのない日常であったとしても、家族以外の『誰か』から刺激を受ける事が多々ありました。
それは職場の仲間であったり、お店にいらっしゃるお客様であったり、ただ道ですれ違っただけの人であったり。

そういう意味では、今は本当に刺激が欲しくてたまらないのかも知れません。
とは云っても、決して打ち上げ花火がドーンと上がりまくる様な、そういう刺激が欲しいのではなくて。
じんわりと染み入るような刺激というか。
『じんわり』と『刺激』とでは、真逆の言葉に聞こえるけれど、でもそういう感じがピタッとはまるのです。

新たにお気に入りに追加させて頂いた、幾つかのサイトさんから受けた刺激。
ホント、たまらんですよ。
いつかリンクさせて頂けたらなぁ・・と思ったり、自分だけの秘密にしたいと思ったり。
2005.03.23 (Wed) 23:21
欲求不満
最近、ビールと煙草とコーヒーを飲みたくて仕方がありません。
ワタクシ、コーヒーの香りは好きだけれど、砂糖とミルクをたっぷり入れて思いっ切り甘くするか、若しくはブラックでなければ飲めないのだけれど、体質でしょうかね、コーヒーを口にすると胃が重くてアイタタな事になってしまいます。
ビール・・というより、アルコールの類いは本当に弱くて、コップ1杯呑めれば『よく呑んだ!』という程。ヘナチョコパンチなのです。
煙草はその逆で、寧ろ大好きなのだけれど、数年前に禁煙してからは殆ど吸っておりません。・・いや、少々の貰い煙草はあれど。
禁煙は一路と約束をしたという事もありますし、何より戀子に付き合って一路まで煙草を止めてしまったものですから、やはり吸う事に関しては、後ろめたい気持ちが多々あります。

そんな状態にも関わらず欲しいのが、ビールと煙草とコーヒーと。
ビールは一口、煙草は1本、コーヒーもチョコッと。全てが一寸ずつで良いのですが。
安上がりなんだか、そうじゃないんだか。

・・欲求不満なんですな。
恐らくは全てに於いて。

少し前に、仕事を手放す事になってしまってからというもの、どこまで続くのか判らないプー子の恐怖(いや、大袈裟ではなく)を感じつつ。
プー子な手前、外に遊びに行く事もやはりままならず。
体調管理をまともに出来ない自分自身が招いた事とはいえ、焦燥感を感じずにはいられないのです。
肝心なその体調といえば、かなり良くなっては来ているものの、後一歩が遅々として進まず。
どちらも焦ったところで仕方がないので、特に体調に関して云えば、無理をせずにゆっくり治すしかないのだけれど。
・・でもこれ、『病気を云い訳にしている』って事ではないのかしらね。
普通に働いている方々は、どんなにしんどくても頑張って行ってらっしゃるのになぁ・・と。うむむ。

そしてそして。
先週、先々週と一路と逢えておりませんので、戀子の一路不足は深刻であります。
毎日の様にメルのやり取りはしているものの、やっぱり触れたいし、触れて欲しいし、感じたいし、感じて欲しい。
1年前の自分を思えば、今のこの安定した状態が、どれだけ幸せな事なのかは充分過ぎる程に判っているのだけれど、でもね、そこはそれ。

付き合い出して、もぉ3年以上経つというのに、未だに一路の事を考える度にドキドキしてしまうのは、我ながら天晴れというか、何というか。
キュンキュンなんですよ、キュンキュン。

恋愛の賞味期限は2年で、そこを過ぎるとホルモンの関係だか何だかで、自然とテンションが落ち着いて来るという話ではありますが、本当なのかしら。
熱に浮かされた感じというのは確かになくなったけれど、そうだとしたら、このキュンキュン加減はどう説明してくれようか。

煙草を吸いたいと思った時に真っ先に浮かんだのは、一路とのキスだったり。
煙草の味がするキスが、本当に大好きだった。

あああ、兎に角、欲求不満である事は必至。
何はともあれ、先ず一路。
一路に逢ったら、先ずは押し倒しそうな戀子であります。
2005.03.22 (Tue) 23:57
春の訪れ
お友達から結婚式の2次会の幹事を頼まれている一路。
祝日の今日はその打ち合わせやら何やらで、他の幹事サンやスタッフさん達とお出掛けですので、おデートはお休み。

そんな訳で、今日は弟(上)に誘われて、お昼を食べに久々にお出掛け致しました。
それにしても、1週間振りのお出掛けですよ。
その1週間前のお出掛けは病院でしたがね。

お昼を食べて、夜ご飯の買い物をして帰って来るだけだったものの、1週間ずっと篭もりっきりだったので、一寸動いただけでフラフラです。
疲れてグッタリだ。
家に戻って、リビングでTVを見ていたら、いつの間にか眠っておりました。
こんなんじゃ、1日があっという間だ。

久し振りに外へ出たら、何だか急に春が来たかの様な。
1週間前は病院に行っただけで、周りの景色を見る余裕なんてのはまるで無かったし、その前は救急車で運ばれているし、その上、寒かったし、花粉の飛来位で春を感じる事はなかった様な気がするのだけれど、咲いている花の種類は増えたし、陽射しは強いしで、もぉすっかり春ですな。

公園に行って、バドミントンがしたいなぁ。
お弁当持って、ドライブしたいなぁ。
静かなところで、のんびりと過ごしたいなぁ。

花粉さえなければ、本当に大好きな季節です。
青空を眺めて、太陽の光を浴びて、体内時計の狂いを治しましょう。

春ですよー。
世代じゃないが、キャンディーズを歌いたくなります。
昨日は筋少が歌いたくてしょうがありませんでした。
そんな麗らかな1日でありました。

履歴書も買ったし、もぉ少し元気になったら、またまた就活に参戦しますよ。
負けたなんて、云いたかないのさ。
何に?って、自分自身にですよ。
2005.03.21 (Mon) 23:11
言葉の魔法
福岡で大きな地震がありましたね。九州は地震が少ない所なんだそうですが。
聖飢魔II時代からの仲魔が、福岡で比較的被害が大きかった中央区に住んでいるので、速報があってから急いで連絡を・・と思い、ケータイからメルを送ろうとしたものの、ケータイを買い替えてデータが飛んでしまったので、ケータイのメアドが判らず。
住所とPCのメアドしか判らないという、このもどかしさ。何て事なの。
仕方がないのでPC宛てにメルを送ってみたものの、TVで見る限りの被害状況では、恐らくは暫くPCを立ち上げる事も難しいのでしょうか。どうなんだろう。
未だ小さいお子も居る事もあり、心配であります。

ここ最近、調子が余り芳しくなかったので、一路やお友達にかなり心配させてしまっているのです。
体が弱っている時には心も同時に弱ってしまっていて、激しく後ろ向きに突っ走ってしまいがちですが、そんな時、温かい言葉をかけて貰ったりすると、心底、嬉しいなぁと思うのです。
何というか、本当に子供の様だとは思うのですが。

今年の頭に三十路の仲間入りを果たし、その直前には『長かった思春期から、漸く抜け出そうだ』という事を云っていたものの、蓋を開けてみれば寧ろ逆行しているという有様で。
本当に、本当に、大人としてこれはどうなんだろうと。
何一つとして、まともにやり遂げているモノが無いじゃないかと。
そんな事を思う今日この頃でありますが。

とはいえ。
後ろ向きに爆走したとて、何も生まれやしません。
前に進むも、後ろに進むも、全ては自分次第。
自分の決意や気持ちを言葉にしてみると、それは強い力を持って、別のステージへと運んでくれます。
言葉の魔法ですな。

なーんて云っても、そうそう簡単に事が進む訳は無く。
前に向かって行くつもりが、石ころに躓いて、気付けば後ろに向いてしまっている事もありましょう。
戀子はそんな事だらけですが。
でもよー。でもでも。
いーじゃない、そんな事があったってさぁ。

人生はいつだってリセット出来るもの。
自分でそのリセットスイッチを、何時押すかだけでしょう。
昨日までがダメな日常であったとしても、今日からまた頑張れば良いってもんだ。

自分自身に向けて、力のある美しい言葉を放ってみる。
最初はただ着せられただけで、ちぐはぐな印象だったとしても、その内その言葉達が、自分の色としてしっくりと馴染んでいく。
馴染むまで、ゆっくりとゆっくりと刷り込んでいけばいい。

戦え!何を!?人生を!!
今は、そんな気分であります。

怖くて逃げ出したくなる時もあるけれど、支え合えば良いじゃないの。
怖い時には何時だって云ってちょーだい。
今度は戀子が全力で元気をあげるよ。
何も出来ないが、出来ないなりにな!

あの人も、この人も、その人も。
戀子に力を分けてくれて、本当にどうもありがとう!
言葉の魔法、みんなの優しさと共に頂きましたっ!!
2005.03.20 (Sun) 23:27
出るもんだなぁ
昨日の調子の良さが、一過性のモノだったら嫌だなぁ・・と思いながら今朝も起きたのですが、おかげさまで今日もイイカンジ。
やっとこ、本来の自分のペースが戻って来た気が致します。
でもここで無理をしては、また逆戻りにもなり兼ねませんので、ゆっくりゆっくりやって行こうと思います。

家の中でチョコッと動く分にはもぉ大丈夫そうですので、気になっていた事を少しずつ片付ける事に。

最近、自分の部屋が鬱陶しくて仕方がなかったのです。
戀子は自分のこの空間が大好きで、かなりのくつろぎスペースになっていたのですが、少し前からモノの多さが気になって、どうしようもなくなって。
前はこのゴチャつき感が、寧ろ良かったのだけれど。

以前、とても気に入って買った真っ赤なカーテンも、今では少し強過ぎる。
赤は大好きな色ではあるけれど、部屋の2/3以上の高さを占める長さのカーテンを見る度に、最近では心底、ココロが疲れる様になってしまったのです。
今は、赤の持つパワーは要らないって事なんでしょうかね。
少し前から欲しいと思っていた、縦にシンプルなラインが入ったベージュのカーテンを買ったので、今日はそれにチェンジ。
これだけで随分、部屋の印象が変わりました。それまでと比べて、色味が少なくて淋しい気がしなくもないけれど、これもじきに慣れていくでしょう。

表に出ている空間だけではなく、チェストや引き出しの中にも余白が欲しくて、使うだろうと思って取っていたモノ、気に入っていて捨てられなかったモノを選り分けて、本当に要るモノだけをチョイス。
それでもまだまだ、かなりモノで溢れている部屋ではありますが、処分する事で幾らか気が済みました。

それにしても、少し前にも大掃除を敢行して、かなり色んなモノを処分したつもりでおりましたが、いやー、出るもんだなぁ。まだまだ出るのかなぁ。

ああ、地球に優しくなくてごめんなさいな。
自分に優しくありたいのです、今は。
2005.03.19 (Sat) 23:07
おっ!
昨日まで五月蝿い位に続いていた耳鳴りが、今日は殆ど無いといっても良い状態にまでなりました。
耳鳴りが気になる様になってから、どれ位になるでしょう。
ライヴ通いを頻繁にしていた以前は、ある意味、年中耳鳴りしっ放し状態ではあったけれど、それだって当然、時間が経てば自然に収まります。

けれど、昨日まで続いてたこの耳鳴りは、もぉどこまでも五月蝿いったらありゃしないのです。
ホント、蝉が耳の傍で鳴いているかの様な。
はっきりと意識しだしたのは去年からで、それがいつ頃からだったのかは、よく覚えておりません。ずっと続く様になってからは、それがすっかり日常となってしまっていて、耳鳴りの無い状態というのが判らなくなってしまって。

それがねぇ・・こんなに静かになっちゃって。
この間、病院で処方された薬が、漸く効いて来たという事なのでしょうか。
何にせよ、嬉しい限りデス。

耳鳴りが無くなったのと同時に、頭が重いのも眩暈も殆ど無くなりました。
昨日まであんなに酷かったのが、本当に嘘の様。
何だかこう書くと、通販の怪しいサクラ気分ですが。
こう書ける程に体調が良くなったという事ですわ。

憑き物が落ちた・・みたいな。
まるでそんな感じですよ。
1ヶ月前に壊れて、何をやっても直らなかったので、修理に出そうと思っていた部屋のビデオも、さっき復活しました。
一体、何だっていうのよぅ。何があったのよぅ。
・・もぉ何でもいーや。嬉しいにゃ。

家の中で元気になったら、今度は外へ出ない事には。
こうして暫く家の中に居ると、外へ出て少し動いただけで、思いっきり落ちた体力にやられてしまう。
一寸ずつ体を慣らして行きましょう。

あー、やっと戻りつつある。
体の具合が良いっていうのは、本当に良いもんだ。
2005.03.18 (Fri) 22:27
ケータイの困った話
今使っているケータイは、去年の12月の頭に買ったもの。
使い始めて未だ3ヶ月チョイといったトコロであります。
でもこれ、使い始めて早々から不具合、頻発。

今年に入ってからというもの、例えばメルやWEBに繋ごうとしたり、はたまた壁紙や着メロを変えようとして操作すると、一瞬電源が切れた様に画面が真っ黒になり、その後、真っ白になり、やがて何事もなかったかの様に、待ち受け画面に戻ってしまうという状態になってしまいました。
戀子のケータイの基本はほぼ100%メルだと云っても過言ではない程でしたので、このアイタタな症状は本当にアイタタでありました。
何せ送れないんだもの。

まだまだ保障期間中でもありますし、早々にショップへ持って行って修理に出したところ、メルもアドレス帳も何もかも、データの全てが再生不可になってしまうという状態で帰って参りました。
でもそれはしゃーない。修理に出す前にショップの方にも「場合によっては、そうなる事もあります」という話をされていたし。

戻って来てすぐ、今度は充電に不具合が。
1日ずっと充電してもフルにならず、挙句の果てに1日もたないという有様。
修理に出したら基板等々、全取っ替えでしたので、これは充電池に問題があるのだろうかと。使い始めて3ヶ月で交換しなければならない充電池もどうかと思うけれど、通勤のお供にケータイでFMを聴いていたりしていた事もあって、もしかしたら酷使しているかも・・という事で。
それに、不携帯ケータイ状態ですので、着信を知らせるランプが長い事、点きっ放しの時もありますから。
で、すぐに新しい充電池を買って替えてみた。
・・ものの。
これがまぁ、全く意味がない。1日充電が半日に変わっただけの話でありました。

流石に頭に来て、けれど具合が悪くてショップまで行けませんので、一先ずカスタマーセンターに電話を入れてみました。
だってこれ、立派にクレームの対象になりましょう???
使って3ヶ月チョイよ。修理に出した直後からよ。
FMを聴いていたって云ったって、1日に1時間聴くか、聴かないか位だし。
メルだって1日に何十件もやり取りする訳じゃなし。
わざわざ要らない充電池まで買ってしまったし。

そんな話をオペレーターの男性に話したものの、結局は「こちらでは判りかねますので、ショップの方へお持ち下さい」。
・・だよね。しょんぼり。

いっそ、ケータイ会社を替えちゃおうかと思ったりもしたけれど、この会社のモノを使い始めて、この春で6年目。
色んな割引が利いているので、かなりもったいない・・
迷惑メルやイタ電が今までに無いって意味でも、出来れば替えたくない・・

早く元気になって、店に持っていかない事には。
充電ばっかりで、全く働きやしないったらぁ。
・・あれ、これ↑って戀子と同じ???
2005.03.17 (Thu) 21:22
ゆっくりと。
寝てばかりいても余り変わらないので、今日は久し振りに布団を上げて、ちゃんと着替えて1日起きておりました。
と云っても、少し動くとフラフラとしてしまうという有様ですので、ゆっくりゆっくりと動いてみる。
耳鳴りがずっと続いているのだけれど、こうずっと続いていると、耳鳴りがしていない状態ってのを忘れてしまいますな。
ケータイの画面を見ると気持ちが悪いので、今日はお預けでした。

そんな感じで、ゆるゆるの1日。
明日はもぉ少し、元気になっていると良いなぁ。

2005.03.16 (Wed) 23:22
前に進むチカラ
今日も今日とて、相変わらずでございます。
勿論、薬を飲んだところで状況が急転する訳でもないのだけれども。足し算・引き算みたいに云う事を聞いてくれたならば、相当楽に全てのコントロールがつくってもんですよ。
そんな訳で、寝たり起きたりを繰り返しておりました。参ったなー。

今日はお友達たちからメルが何通か。
先月、赤ニャンを産んだばかりのお友達からの写メールや、お誘いのメルや、他にもモロモロ。

そんな中、あるお友達からのメルが、戀子の気持ちに良い刺激を与えてくれました。
やはり、前を向いて目指すべき場所に進んで行こうとしている人のテンションというのは、自分以外の周りの人達にも、心地良いパワーを降り注いでくれるものです。

そのお友達の『想い』というのは、ともすれば無謀と云える事なのかも知れない。
けれど、戀子自身も一時、他人が見れば恐らくは無謀とも云えなくもない状況に身を置いていた事もありますので、何というか、やってやれない事はないと思うのですよ。

『感情に振り回されるな』という風に云われる方もおりましょうが、人生1度きりだもの、やれる事はやれる内にやっておいた方が良いと思うし、何よりやらない後悔だけはしない方がいい。
誰かの所為、物の所為、時間の所為、状況の所為。
そんなのはただの云い訳にしかならないって話ですよ。

大人ですし、抑えなければならない時だってある。抑えなければならない時の方が遥かに多い事でしょう。
けれど、『ここぞ!』という時が誰しもにある筈。
それがどのシーンで訪れるかは判りません。
仕事かも知れないし、恋愛かも知れないし、家族かも知れないし、友達かも知れない。
誰にも譲れない何か、そんな想いが全身を漲る時。
そこが『動くべき時』だと戀子は思う。

心に棘が刺さったまま、ここから先を歩かない為に。
今歩んでいる道の先に、灯りを燈せる様に。

なんて。
すっかりヨワヨワになっている今の戀子は、そうやって頑張っていたある時期の事を忘れかけておりました。
それを強烈に思い出させてくれた、お友達からのメル。
ホント、どうもありがとう。すごく励みになりました。

体が弱っている時、途端に心も弱ってしまうのは、昔からの悪い癖。
こうして体調が悪いと、判らない人には『精神的なものだ』と云われて腹が立つ反面、体に引っ張られる心の弱さは否定出来ません。
確かにそう。緊張やストレスが血糖値と密接に繋がって、急激な高血糖状態が続く事で、体はヘトヘトになってしまう。

でもこれも、きっと云い訳にしかならないでしょう。

過ぎた事は仕方がない。
今はただ、早く体を元の状態に戻すだけ。
もう同じ事を幾度も繰り返すのは嫌だ。
誰より何より、自分自身がそれは充分過ぎる程に判っている筈だ。

やれる事を、やれる内にやりますよ。
元気をくれてありがとう。
この言葉は嫌いだけれど、敢えて云います。
頑張りますよ。
2005.03.15 (Tue) 23:58
悔し涙
相変わらず、体調が良くなりません。
そんな訳で、今日は午後から病院へ行って参りました。

ここ最近の気になる症状の全てを話し、先生に判断を委ねたのですが、曰く、「自律神経が乱れているんだろうねぇ、これは」との事。
先月半ばに風邪をひいて、高血糖状態が暫く続き、それが良くなって血糖値が急激に下がり。
そんな事の繰り返しをしていると、どうしても乱れてしまうとの事。
一応、薬を処方して貰ったものの、それでもし良くならない様であれば、耳鼻科を受診する事になります。
今日は同時に眼底の写真を撮ったのですが、こちらは問題ナシ。
良かったー。これが何より怖かった。
網膜症になってからというもの、この眼底の写真を毎月の通院で撮る度に、嫌が応にも緊張してしまいます。
頭を過ぎるのは、一昨年の後半に闘い抜いたレーザー治療。戀子史上、最強の痛さのアレです。
ここで何らかあったとしたら、間違いなくレーザーで撃たれちまう。
痛いの、いやん・・

ここずっと寝てばかりでおりましたので、久し振りに家を出て動いたら、とにかく疲れてしまいました。家に帰る頃にはヘナヘナ。
すっかり弱ってる。たかだか数日で弱っちまうだなんて。
足取りがかなり微妙でしたので、母に付き添われる様な形で受診したものの、これで1人だったらまた、どこかでへたり込んでいたのでしょうか。

帰って来てから店に電話。
店長と話をし、一旦リセットする事となりました。
「本当に淋しいですぅぅぅぅ~!」と云って下さった店長。アタイも淋しいです!そして何より、悔しいです・・
結局、1日しか入れないで終わってしまったではないの。
環境も何も申し分なかったのに、こんな事になってしまうとは。

自分なりに色んな方法で頑張ってみたものの、いつ頃なら大丈夫です、確実に出勤出来ますと、今の状態では云い切れないので、強制終了と相成りました。
はぁぁぁ・・こりゃ、悔しくて泣けて来る。

思えば、去年が順調過ぎた。あんなにも元気だった年はなかった。
だから・・というのも何だけど、自分の体をかなり過信していたトコロがあったんだなぁ。
もぉ大丈夫だと思っていたし、実際にかなり無理をしても大丈夫だったのだけれど、その皺寄せが見事に今年、来てしまった感じです。
周りの人達に『仕事を始めたよ』と云ったばかりのこの失態は、恥ずかし過ぎてどうにもイタイ。顔向け出来ん・・

夜になって一路からメルが来て、「これからホワイトデーのプレゼントを持って行くから、マンションの下まで降りておいで」と。
1時間程してやって来た彼は、プレゼントを渡すだけで帰って行きました。5分も居なかったなぁ。
折角来てくれたのだから、部屋でお茶でも・・と思って用意していたのに、病人なので気遣ってくれた様でした。
切ねぇなぁぁ。

部屋に戻って開けてみると、そこには体脂肪計付き体重計が。
いやー、よく覚えていた!
色気も何もないし、むしろ戀子に対する一路の嫌がらせか?と思われる方もいらっしゃるかも知れないが。
いやはや、欲しかったのですよ、コレ!
我が家にも体重計はあるし、体脂肪もバッチリ量れるけれど、自分の部屋で自分専用のモノが欲しかったのよ。
そうすれば確実に、毎日同じ時間、同じ状況で量れましょ???
血糖値測って、体重量って、基礎体温測って。
計測三昧。朝は忙しい。

先ずは元気になりましょう。
体を大事にして、仕事を探して、早く生活を落ち着かさなければ。
折角のホワイトデー、切なく終わりました。トホホ。
嘆いてもしょうがないので、明日からまた頑張ろうと思います。

頑張るしかねぇべーっ!
2005.03.14 (Mon) 23:44
眠れない・・
今日・・というか、もぉ昨日になってしまうのだけれど。
出勤しようと準備をしている段で、また具合が悪くなってしまってダウン。
もぉ、もぉ、こりゃダメだ。
何が何やら、さっぱり判らないですよ。どうしてこんなに体調悪いのー???

本当、一路が云う通り、体調を元に戻す事が先決だ。
一度ちゃんとしようと思います。お他人様に迷惑をかけてはならん。話によっては、また就活する事になるでしょう。
でもま。
それならそれで仕方ない。自分の体に合った仕事を、色んな面から探さないといかんわな。
もぉ何度も繰り返したくはないしね。疲れますもの・・
悔しくて、ハンケチ(そう、ハンケチだわよ!)を噛みまくりたいトコロですが、これもこういう体の持ち主なんだと、諦めるしかないですよ。
諦めるっていうか、折り合いをつけるってのかなぁ。
自分の体、ちゃんと受け入れてやらないと・・

それにしても、こんなにヘナヘナになってしまうのは初めてですよ。
一過性のモノってのはこれまでもあったけれど、こんなに酷い事は無かったよ。
無かったのにぃ―――っ!

具合が悪いのがずっと続くかと云えばそうではなくて、こうして何でもない時もある。
だからもぉ大丈夫なのねーってんで、調子に乗って(?)動こうとすると、途端にヘナヘナと崩れてしまうのですよ。
自分でも、本当に訳が判らん。
俺が何をしたと・・
今日は幾つかメルが入って来ていたのだけれど、ケータイを見るのがしんどかったので、レスが出来ませんでした。ごめんよぅ。

その中で、恋する女子の強さを又しても知る事となり、感服しきり。
戀子だったら、同じ様に行動出来るだろうか。
・・いや、出来ないだろうなぁ・・そういうトコではヨワな俺様チャンなのです。
応援したい。ものっそい。
これから先、どういう形になっていくかは判らないけれど、人生どうなるかなんて、誰も判らないんだもの。
結果は未だ出てないんだ、ガンバレ―――っ!!(私信)

彼女からのメルで、戀子も一寸元気を分けて貰った気分だにゃ。
レス出来てないけれど、暫し待たれよ!

明日は病院へ行って来ますよ・・
折角のホワイトデーだというのに、一路とは逢えません。
お仕事、病欠してるってのに、彼氏となんか逢いに出られません。
トホホ・・家に来てくれ・・

そして昼間ずっと寝ていたもんだから、こんな時間になっても眠れない・・
2005.03.14 (Mon) 03:44
あの日、あの時。
一路と再会を果たして、今日で1年が経ちました。
9ヶ月間の空白を経て、1日も忘れた事が無かった、恋焦がれてしょうがなかった人と逢った時の、あの緊張感。
今でも忘れられない。

この時、彼は怒っていた。
その細かい経緯は敢えてここでは書かないが、その怒りをストレートに戀子に叩き付けた。
戀子にとっては既に終わった事だったけれど、一路にとっては知ったばかりの『事実』であって。それを到底、許す事が出来なくて。

初めてだったと思う。彼があんなに感情を剥き出しにしたのは。
それまでも、幾度も喧嘩していたけれど、そんなのとは比べ様が無い程の激しい怒りであった。
その時に初めて、自分が思っていたよりも遥かに強く、彼が自分の事を愛してくれていた事に気付いた。

この時の再会で、すんなりヨリが戻る程、そんなに簡単なものではなくて、それから数回、彼との話し合いが続く事になる。
この3月は本当に長かった。
逢えればそれで良いと思っていたけれど、逢っただけでは何の解決も成されなくて、絡み合った糸はより縮れて乱れて、それを解くだけの術をどこにも見出せずにいた。

エンジンを切った、真っ暗な車内。
何の音も聞こえず、彼が放つ言葉の刃だけが、ただただ心を激しく掻き乱す。
何をどう伝えれば、彼に言葉が届くのか。

久し振りに彼の姿を見る事が出来て、本当に嬉しかったのだけれど。
その気持ちを飛ばさんばかりの勢いで、自分がした事を思い返す。
終わった事でも、傷付けるには充分過ぎた。
本当に充分過ぎた。

何も話せなくなり、シンと静まり返ったあの時。
「もうこれ以上、何を話せばいいのか判らない」という言葉に、全てが終わってしまうのかとうな垂れるしかなかった。

あの時にあった色々が、その後の彼との付き合い方に、多大に影響している。
相手を思いやる事を、もっと深く考えなくてはならなかったのに、当時はそこまで考えられずにいた。
幼かったのかも知れない。

この時のやり取りを、2人で振り返る事はない。
彼はこの事をどう思っているのか、それは判らない。
ただ、2人にとって重要な分岐点であった事だけは確かだ。

ある時、確実に離れた2人の手は、再び繋がって。
そうして、先でもなく後でもなく、すぐ隣りを同じ歩幅で今も歩いている。

きっとこれから先も、強さと弱さが激しく混じり合ったあの日の事を、忘れる事はないでしょう。
傷跡をそっとなぞりながら、これから先も2人のペースで歩いていきます。

2005.03.12 (Sat) 21:54
余韻が、中々・・
昨日の激しい程の眩暈は治まったものの、何つーか、余韻が消えないのです。
フワフワと浮かされた様な感じというか、寝起きのボーっとした感じがいつまでも消えないというか、寧ろ寝ている状態が続いているというか。
それでも未だ、目をずっと開けていられる状態になっただけ、相当マシ。
参った。昨日は参った。

で、今日。
TVを観ていたら、更年期障害の特集をやっておりました。
観れば観る程、『自分、更年期か?』ってな疑いが濃厚も濃厚。若年型なんてのもありますからね。
・・実は去年の『妊娠しちゃったかも?』騒動以来、婦人科への受診もフェイドアウト。えぇ、しちゃったの、フェイドアウト。
その時に云われたのが「無排卵状態で、女性ホルモンが激減している」だかいう事。
それからかれこれ半年余り。薬を飲んでいる訳でもないので、更にホルモンは減っているのでしょうか。

やはり、行くべき所には行かなくてはダメかしら。
これ以上、薬を増やしたくないなぁと、何となく病院を遠ざけてしまっている所は多分にあるのだけれど、薬飲んで今の状態が楽になるのであれば、絶対にその方がいいでしょう。

いや正直、しんどいんですわ。
かなりな。

自分のペースで出来る何かを、身に付けておくべきだったか・・
こういう時に、これまで自分が後先考えないでやって来た色々を、一寸ばかり後悔します。まぁ毎度の事なんだけれどもね。
人に雇われている以上、どうしたって自分のペースでは出来ない。それは当たり前。
それにしても、一寸した病気を持ちながらお仕事をされている方々は、どうやって折り合いをつけているんだろうにゃ。

こうしてウダウダしていると、本当に体調が悪くてグッタリしているというのに、全ては精神的なモノの所為に自分でも思えて来るから情けない。
一路に昨日の報告も兼ねてメルすると、「ストレスは常に付き纏うものだから、うまく対処出来る様にしないとな。でもその前に、体を治す事が先決!」と云われ。
ホントになー。自分で出来る事はやらないと、ちゃんと。
未だ甘いんだろうなぁ。

確実に自分の体力が落ちているのを痛感する今日この頃。
DMの人の体力年齢は実年齢プラス20歳だと、以前何かで云っていたけれど、そうなると今の戀子は50歳。その辺の元気な50歳よりも、恐らくは遥かに体力がない。
人生80年というけれど、三十路の戀子は人生の折り返し地点を曲がったと思っている。そこから先の人生はめっけもんですわ。

この波が早く過ぎてくれる事を。
2005.03.11 (Fri) 22:28
人の優しさに触れた日
今日は久々のご出勤。
先週の4日に初出勤を果たしてから5連休でしたので、今日は2日目でありました。

朝起きて、着替えて、食事をして、家を出て、バスに乗って、駅に着いて、電車に乗って。

そんな事を、ただただ淡々と流れ作業の様に。

だがしかし。
電車の揺れが悪かったのか、何なのか。激しい眩暈で具合が悪くなってしまいました。
最寄の駅から乗り換えの駅まではホンの2駅。乗り換えるべく車外に出るも、気分が悪くて階段を昇る事が出来ない・・なので、ホームのベンチで暫く座って、波が過ぎるのを待ちました。
漸く波が引いたので階段を昇るも、また別の波が。
改札をくぐる前に少し休憩、壁にもたれ掛かっていたのですが、立っているのもしんどくなり、また座り込み。
時間が過ぎれば落ち着くだろうと思っていたら、これが中々引かないのです。
ありゃりゃ?こりゃ、どうなっちまうんだろう???

すると、戀子よりも少し年上だと思われる女性が声をかけて下さって。
「具合、悪いんですか?」
もぉ、そのお声に救われました。ホント、優しい人って居るもんだ。
わざわざ駅員室まで走って下さって、駅員サンを呼んで下さいました。駅員サンと共に戀子を支えながら駅員室まで運んで、そのまま「よろしくお願いします」とだけ云い残して、その女性は行かれてしまいました。
あああ、せめてお名前と電話番号だけでも訊ける余裕があったならぁぁぁ!

暫く駅員室で寝かせて貰ったものの、眩暈は全く治まらず。
結局、「救急車、呼びましょうね」という事で、駅から派手に救急車で運ばれてしまいました。

採血・採尿などの検査と共に、初めてCT検査もしました。
結果、「特に異常はないですね」という事で、暫く寝かされて終了。
まだまだフラついた感じはあるものの、そこに居てもしょうがないので帰る事に。

帰って来てからも、かなり長い事落ち着かず、フワフワとした状態。
夜も遅くなってから、ようやっと落ち着きました。
店にも連絡をし、明日もお休みする事になりました。いやはや、明後日は元々の公休だから、3連休だよ。いや、8連休になっちまうんだ。
入って早々、何てこと・・トホホ。

それにしても、一体何だったんだか。
こうしている今も、未だ余韻があったりするのだけれど。一先ず脳の異常では無さそうなので、一安心。いや、安心でもないが。

今日は本当に色んな人に助けられました。
外で倒れるのは怖い事だ・・
明日はこの余韻も消えていると良いのだけれど。

2005.03.10 (Thu) 23:31
祝、祝っ!!
祝・Ace Day―――っ!!
判る人に判って頂ければ、それで充分なのです。
おめでとう、しみっチャン。ところで幾つになったの、アァタ???
最早、判らない・・

5連休も過ぎてしまえばあっという間。
今日はずっと家に居て、ひたすらダラダラしておりました。
昨日は両親と共に車で出掛けていたのだけれど、車内に居る間、ひたすら眠っておりました。3時間位は寝ていたでしょうか。
で、帰って来てからもまだまだ眠くて、何の勘ので朝まで9時間寝てました。
それでも未だ眠いので、もっともっと寝てしまおうかと思ったものの、それもどうかと思い、必死に起きてみる。
ネットしたり、DVD観たり、とにかく色々。
何かをしていないと、本当に1日ずっと寝ていられそうな勢いなのです。

話によると。
血糖値が高い状態である時、この眠気はやって来るんだそうな。
何でも『昏睡の前触れ』みたいなモノなんだそうで・・
そう聞くと、やっぱり怖いですな。何せ、先月病院へ行った時にも「後少し遅かったら、昏睡になっていたよ」と云われた事もあって。
水分を沢山摂った方が良いというアドバイスをナースなお友達から貰ったので、お茶を飲み飲み、過ごしてみました。

自分の体調が余り良くないというのは、自覚しているトコロなのです。
何なんだろうなー。仕事を辞めて、極端に動く事が少なくなったからなんでしょうかね。ストレスも溜まっちゃったしね。それも激しく。
去年の前半が、すこぶる体調がよろしかっただけに、こりゃギャップがデカい。
体調が悪いとメンタル面もよろしくないので、早くどうにかしたいですなぁ。
ここ最近、頭も重くてまいっちんぐ。頭が働かないのよー。
どうにかなっちゃうのかなー?なんて、実は一寸どころじゃなく怖いデス。
今迄よりも通勤が遠くなってしまった分、その通勤途中で何かあったら・・と思う事も。
んまぁ、日本って国はそんなに悪い人ばかりじゃねぇしな!
道っ端で倒れていたら、誰かしら拾ってくれるに違いない。
それでヨカヨカ。

さてさて、そろそろ寝ようかなー。
もぉネムネムよー。
2005.03.09 (Wed) 22:33
初めて、強く
一路と付き合い始めて、かれこれ3年チョイ。
戀子は30歳、一路は今年の誕生日で34歳になります。

今、実は猛烈に結婚したくてしょうがないワタクシがおります。

いや、何があった訳でもないのです。
今までも漠然と、「結婚したいなぁ」と思った事はありました。結婚願望が殆ど無かった戀子でしたが、一路だったら結婚しても良いなぁというのは、かなり前から思っておりました。
それがここ最近、強く強く思うのです。
結婚したいなぁ・・と。

戀子の周りの結婚ラッシュは少し前で、今はすっかり落ち着いた風なので、それに刺激されたという事はなく。
正直、どうしてこんなに強く思う様になったのかは、よく判りません。

ずっと昔、まだまだ子供だった頃。
今のこの年齢まで独身でいるとは思ってもおりませんでした。結婚して子供の1人でもいるんじゃないだろうなぁと。
また、独身でいたならば、バリバリ働くキャリアな女になっているだろうと思っておりました。
子供から見れば30歳なんて、そりゃもぉ立派な大人です。大人ってか、オバチャンですものね。

結婚ってのは、誰もがいずれは出来るものだと思っていた。
そうではないと気付いたのは、大人に近付いてから。
結婚を夢物語と考えていた時と比べて今は、もっとリアルに結婚を思う事が出来る。一路と一緒になったら、新婚の甘い生活なんてものとは無縁な、そんな結婚生活になるだろう事も、た易く思い浮かべる事が出来る。
でも。それでも。

一路と毎週の様に逢っていて、その度に帰りが遅くなる。
いつも「もう少し、一緒に居られれば良いのに」と思う。
もっともっと一緒に居たいという気持ちの延長で、結婚したいっていう気持ちがあるのかなぁ。

結婚は生活で、現実そのものであるから、愛とか恋とか云っている場合では無いんだという事は承知なのですがね。
昨日のおデートの時にも、家電やら食器やらを見る機会があって。
その時にふと、一路と生活する様になったらどうなるんだろうなぁ・・と、1人妄想に耽っておりました。
・・そんな事を思っていたとは、彼は気付いていないだろうけれども。

結婚式がどうとか、そういう事は余り考えないのだけれど、結婚生活を考える事が最近は本当に多い。
結婚したいなぁ、この人と。
初めて強く思いました。

現実としては、片付けなければならない事がお互いに山積しているので、まだまだ出来ないだろうと思われます。

・・ああ、一緒に居たいなぁ。
一緒に居たい。
2005.03.08 (Tue) 22:35
マイナスイオン
今日は夜から、一路とおデート。
朝からものっそい天気も良くて、暖かくて、こんなんだったら昼間っから逢って、どこぞへドライブなんてのも良かったにゃー。

時間が中途半端過ぎたので、先ずは夜ご飯。
先週逢った時に、お互いに「何か辛い物が食べたい」という話をしていたものの、アレやらコレやら、チョコチョコ食べてしまったもんで、ガッツリご飯を食べるには到らず。結局、食べられず終いになってしまいました。
それから1週間。この間ずっと、『辛い物が食べたい』欲求に駆られる、駆られる。
カレーじゃないの。胡椒じゃないの。キムチとかね、そういう辛さ。
そんな訳で、お互いに欲求不満(意味が違う)でしたので、近くのモールに入っている韓国料理のお店へ。

元々、戀子は辛い物が苦手でしたが、反対に辛い物が大好きな一路とお付き合いをする様になってからというもの、食べる機会が増えまして。
そしたらアァタ、結構ハマるのね。すっかり辛い物にやられてしまったのでした。

炭水化物チョイ抜きを改めて実行しようと、炭水化物が入っていない物を探すも、いやいや、やっぱり行ったらねー。
米好きとしては、ビビンバやらクッパ、韓国の海苔巻・キムパなどなど、食べたいモノが満載。
んもー、どうしちゃおう・・と思ったものの、一路に「炭水化物じゃないモノが食べられる所がいい」と云った手前、あっさりと翻すのもどうなのよ?という話。
結局、野菜も肉も入っていて、尚且つ辛いダッカルビと、丸鶏のスープを注文。
このダッカルビがかなりのボリュームで、1人で食べるにはチト厳しい。一路にも取り分けて、美味しく頂きました。
先週からのリベンジですもの、御満悦~♪

店を出た後、モールの中をフラフラと。
時間が遅い所為もあって、人もまばら。色んな店に入り倒して、冷やかしまくって、閉店時間ギリギリまでおりました。

新しい環境に入ったばかりの時は、嫌が応にも緊張で血糖値が上がり気味になってしまいます。
血糖値が上がるとその分だけ、マイナス思考になりがちになってしまいます。
実は現在、当にその状態で。
何があった訳でもなく、いや、寧ろ未だ何も起こっていないのにコレはイタイ。

今日、本当は一路と逢うのもどうしようかなぁ~・・と思っていたのですが、逢って良かったよ。癒された。
戀子にとっての一路はマイナスイオン。傍に大瀑布があるんじゃないの?ってなばかりのマイナスイオンの放出っぷり。

マイナスイオンに癒されて、明後日から頑張りましょう。
2005.03.07 (Mon) 23:37
あっという間に、今日も
母の調子がかなり良くなり、家事手伝いも若干少なめに。
意外に早い復活で良かったにゃー。

ここ数ヶ月、毎日毎日、とにかく眠いのです。
ある方は、こんな風に寝ても寝ても眠たいという時は、人生の転機が訪れる前触れなんだと仰っていたのですが、こんなに数ヶ月にも渡って続くのかどうかは謎。
こりゃ、ただ眠たいだけなのか、何なのか。

これまでの人生、睡眠時間は大して要らない方でした。
1日3時間も寝れば、それで充分だったのだけれども。特に昼寝なんてのもしなくて良かったんだけれども。
それがここ数ヶ月というもの、夜は必ず8時間、尚且つ昼寝2時間。
1日の半分近くは寝ているじゃないの。
まるで、今までの睡眠時間を取り戻しているかの様な。
そんな感じであります。

とにかく眠たい今日この頃。
今ならとりあえず、『春眠暁を覚えず』と誤魔化せるかも知れません。

寝ますよ、今日もガッツリと。
おやすみなさいましー。

それにしても、こうも寝てばかりいると、1日があっという間に終わってしまうよ・・
時間が早い訳だ。
2005.03.06 (Sun) 22:38
やはり、そうか・・
朝起きてみてビックリですよ。
体のあらゆる場所が激しく筋肉痛なのです。肘から、膝から、肩周りから・・
アレよ、緊張の余りに力が入り過ぎていたってやつですよ。
大した動きもしていないし、ブランクっていっても、たかだか1ヶ月半程度。
それなのにねぇ。

まぁ、それもこれも、慣れるまでの辛抱ですよ。
しかし、やっぱりなぁ。そんなに緊張してたってか。

次の日に筋肉痛が出たって事は、それなりに若い証拠?
それが判っただけでもヨシ。
2005.03.05 (Sat) 21:49
初出勤!
関東地方は今日は雪!
11時からの仕事に合わせて、本当だったらもっと遅くても良かったのだけれど、電車とバスがどうなるか微妙でしたので、かなり早く家を出ました。
この頃が調度ピークだった様で、横殴りも横殴り。
鞄も服も、あっという間に真っ白。そんな中でバスを待つ事、30分。
参りました・・

バスの遅れはあったものの、電車はほぼ時間通りに運行出来ておりました。
やはり何事も最初が肝心ですからね。何としてでも、間に合う様に行かないと。
何の勘ので1時間位前に最寄の駅に着いたので、ゆっくりお茶をしながら時間を潰す事に。

だがしかし、やはり初ってのは何事も緊張しますな。
ドキドキとワクワクとハラハラとが複雑に入り混じった感じ。あー、学生の時のクラス替えの様だ。
まだまだ時間があるというのに、時計ばかりが気になってしょうがないのです。

だがしかし。
いざ仕事が始まってしまえば、あーだの、こーだのと云っているだけの余裕はなく。とにかく忙しいのよ、この店は。
気付けばあっという間に上がりの時間。
久し振りに若い人達に混じってのお仕事は、オタオタしただけで終わりました。
初日だしね。こんなモンだろう。
上がる頃には雪はとっくに止んでいて、雪が降っていた事さえ嘘の様でした。

帰ると、母は未だ寝ておりました。
昨日から風邪をひいて寝込んでいて、本当は今日、1人残して仕事へ行くのも悩んだのですが、やっぱりね。初日ですから。
そんな訳で、着替えて家事をするも、んまぁ中々体が動かない事よ。グダグダですよ。
でも、明日から5連休ですから。
ええ、5連休なんですよ。オホホ。

どうにかこうにか、初出勤も終了。
疲れたけれど、疲れもまたヨシ。
2005.03.04 (Fri) 23:49
桃の節句
今日は女の子の日ですなぁ。
『女の子』なんて云うには、最早とうがたち過ぎている感がありますが、まぁそれはそれとして。
今日は金魚の日でもあるんですってよ。何でも江戸時代には雛祭りの時に、一緒に金魚も飾ったんだそうで。赤いベベ着た可愛い金魚。

桃の節句の時には、女子同士でお食事会をしたりするのが良いと、某風水師サンが仰っていたものの、今日も戀子は1人、自宅にて。
明日からの仕事に備えて、朝から大掃除だよ、大掃除。
仕事を始めたら暫くは、家の中の事に構ってなんかいられませんからね。

仕事を辞めたら時間も出来るし、掃除もし放題だと思っていたものの、いざ幾らでも時間があるとなると、いつでも出来るという事でやりゃしない。
家に居る時間が多くなったので、バッグなどの手荷物が床に転がっていて・・なんて事はないけれど、いかんせん埃っぽい。
方々に敷いている濃紺の和柄のランチョンマットや、濃茶の階段箪笥風小物入れなんかは、埃が目立ってしょうがないのです。
これは見逃せない。

そんな訳で、『適度』という言葉を頭に置きつつ、掃除スタート。
だがしかし、頻繁に掃除をしている部屋ならいざ知らず、そうではないこの部屋は、適度には出来ず。
結局、軽い掃除が3時間。一部屋に3時間はやっぱりかけ過ぎではなかろうかね。
綺麗になっていく過程が好きだから、特に苦にはならないものの。

綺麗になった部屋で1人、TVの上に飾った土鈴のお雛様をぼんやりと眺めつつ、桃の節句を思ってみたり。

我が家には、よくTVでやっている様な豪華○段飾りといったお雛様はなくて、ケースに入ったお人形が毎年出されます。
厳密に云えばお雛様ではなくて、何だろう、博多人形の類いになるんだろうかな?
誰かから、戀子の初節句の時に頂いたものらしいのだけれども。
今年も無事に登場です。これで30回目になるのね。
30回・・そうか・・思わず、遠い目。

お雛様飾りは可愛らしくて大好きでした。
年が明けてすぐにお雛様の広告が入るけれど、それを眺めるのが小さい頃から大好きで。
でも実際は、お雛様をはじめとする人形が好きだったというよりも、それらを取り巻く小さい小物たちが大好きでした。
思えば子供の頃から、ミニチュア物が大好きだったのかも知れません。小さくて精巧な作りをしているものに、やたら興味が湧いたものでした。

今日ははまぐりのお吸い物にちらし寿司ではなく、いつも通りのご飯ですよ。
そんなもんですよ。
2005.03.03 (Thu) 21:48
やった♪♪♪
夕方、うとうととしていたら、聴き慣れない着メロが。
見ると、この間面接して頂いた会社からの電話でした。

いーやー、漸く決まりました。
本当に決まりました。採用です、採用♪
色んな道を探したものの、やはりワタクシの様な状態ですと、社員は難しい様です。
なので、今回もバイターであります。

フリーター生活も気付けば10年越え。
世間様はフリーターは、『働く意欲が無い人が、しょうがなくやっている』という風に考えてらっしゃる方も多い様ですが。
そうかなぁ。どうなんだろうかなぁ。
以前、社員経験しかない人から、「社員とパートとでは、責任面で全然違うよ」と云われた事もありましたが、過去に数回、店長や店責という立場で仕事をしていた事があるワタクシ。
何れも社員ではなくパートでのお仕事でありました。
何が違っていたかといえば、賞与の有無などといった待遇面だけ。
えぇ、仕事内容は同じですよ。少なくとも、その時々の職場ではね。

社員しかやった事がない人からすれば、時間給労働者であるワタクシの様な人は所詮捨て駒ですし、気楽で良いよなぁと思われるかも知れない。
確かにそうだ。気楽かも知れないよ。隣り合わせだけれどもさ。
でもアレよ。結構厳しい目で見ているよ、我々。
大卒だからってその給料で、なのにその程度の仕事しか出来ねぇのかよ、とか。
そんな仕事でも、そんな意識でも、社員だって云えるんだ、とか。

大きな会社に勤めた事がないので、社員様の何たるかは判っていないのかも知れないけれど、仕事をする姿勢ってのは、然程変わらない様に思います。
適当にやろうという人は、社員だろうが時間給労働者だろうが、そんな垣根は関係無くいらっしゃるでしょ。
そんなモンだわよ。

あああ、仕事が出来る幸せったら。
仕事が始まれば始まったで、色んな愚痴も出て来るでしょうが、それはそれ。
動ける内は働いていたい。外に出たい。

当初の予定とは少し変わったけれど、先ずは止まらない事が大事。
前の仕事を辞めてから1ヶ月半。
思っていたよりも早く次の職場が見付かって良かった。

そんなこんなで、初出勤は明後日となりました。
明後日・・何やら雪が降るとか、降らないとか。
結構積もるとか、積もらないとか。

・・電車が止まりません様に。

何はともあれ、気負わずにやっていこう。
久し振りの接客だし、楽しみだにゃ。
2005.03.02 (Wed) 22:46
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。