2004.03.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2004.05.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
タモリに云われて気が付いた
今日から3連チャンでお仕事です。
世の中、GWモードに入っておりますが、GWは関係ナッシングのワタクシ。
働きますよ~。働けるって事は幸せですものね。
だがしかし、参ったのが道路。お休みの車と、GW前の最後の追い込みで忙しいトラックや営業車と、そりゃもぉ入り乱れ。
職場までの道程、デカい国道が2本交わる箇所があるのです。その内の1本は東名へ抜ける道で、普段から混んでいる道だというのに、今日はそんな調子ですからね。必要以上に混んでいる。
普段だったら10分足らずで行ける地点へ、今日は30分以上かかってしまって、もぉ焦る、焦る。
出勤前に休憩室でお昼を食べてから仕事に入るので、最悪、食べないでマンマ入れば良いのですが(その後の低血糖さえ乗り切られれば、の話なのだけれども・・)、どうにかいつも着く時間と変わらない位に着けましたので、セーフ♪

休憩室に入ると、TVは『いいとも』。
タモさんが「今日で4月が終わり・・って事は、今年ももう、3分の1が終わったって事だよねぇ」と。
思わずTVに向かって「えぇ~!」と云ってしまいましたよ。そうだよね、4ヶ月が過ぎたって事ですものね。こりゃ1年、早いわよー。

この3分の1年で何をしたかしら???
何もしてないかしら???
でもほら、未だ3分の2が残っているもの。まだまだやれる事がある。やれると思ってる。
今、頑張っている色々は、今年が終わる頃に何らかの形になって残るでしょう。
良い方へなのか、はたまた逆なのか、それは判らないけれどもね。
でも、先を見据えて頑張りますよ。
頑張りや行いを見てくれている人が、どこかに必ず居ると思うから。
誰よりも何よりも、自分自身に恥ずかしくない、後ろめたくない生き方をしていきましょう。ただそれだけだ。

全然話が変わり・・
今日、仕事中にモールの正面玄関の辺りが何やら騒がしくなってましてね。赤いチカチカが見えていたので、何事かと思っていたら。
モールのすぐ近く、徒歩1分もかからない距離にある銀行で、不審物騒ぎがあったのですよ。詳しい事はよく判らないけれど、結構大事だったのかしら???パトカーが何台も止まっていてね。

「こんなトコで死にたくないよねぇ」と、社員サン達と話して。
いやホント、こんなトコで死にたくないよ。肉まみれは勘弁。
スポンサーサイト
2004.04.30 (Fri) 22:09
ヨコシマも原動力
祝日の今日はお休み。
ずっとやろう、やろうと思いながらも出来ないでいた、タンスの入れ替えを。
もぉ流石にね、冬物の出番はないでしょうし、やたらに暑い日も出て来たりしているのでね。
ここらでやっとかないと、今度は面倒臭くなってしまいそうなので。重い腰を上げて始めました。

大して服も持っていませんし、すんなり済むだろうと軽い気持ちで始めたものの、いざ始めるとこれが、これが・・

黒いパンツってこんなに持ってたっけ???
ブラウス、全く着回してないなぁ。
この服、1回しか着てないんじゃないの???

・・そんなんだらけでした・・

無いと思っていたら意外にあって、どれだけの狭いローテーションの中で生活しているのかがよく判りました。
3時間程度で一応終了。
これでいつ夏が来ても大丈夫だわ。

出掛けるつもりはなかったのだけれど、タンスの入れ替えを終えてから、上の弟のマンションへ。
5月から一人暮らしを始める我が弟。今は少しずつ荷物を移動させている最中なのです。
母、下の弟は既に行った事があって、「おねえは来ないの?」という言葉に「じゃあ、行くよ」と。未だ完全に引っ越しを終えていないので、手ぶらでね。完了したら引っ越し祝いを持って、改めて行こうと思っております。

実はこうして上の弟が家を出るのは2回目。最初は結婚生活を送る為に、別に部屋を借りて出ました。
この結婚生活では色々あり、程なく終了。自分の事ではないので事の内容までは書きませんが、何の前触れもなく、先方に連れ去られる様な形で出て行く事となったので、出て行ったその日の夜、無性に哀しくて仕方がなかったのを覚えております。
あの時は哀しくて、自分でも驚く位に泣いたんだっけなぁ。
今回はそういう事ではないのでね。淋しくは感じるだろうけれど、前の様な種類の淋しさではないから。
大人になるって、そういう事なんかな。

しかし一人暮らしの部屋を見ると、一人暮らし願望に火がつきますな。
今の家族に何ら不満はないけれど、云うならこの場所。この土地。
免許もない、チャリにも乗れないこのワタクシ、もっと便利な所にね。引っ越したいのです。
それにねー、ヨコシマな事を云うならば、一人暮らしの部屋に彼氏を呼ぶっての、すごい憧れなのv
あぁ、それじゃ今の給料じゃやってらんない。生活するどころじゃなーいっ!
ガンバレ、ヨコシマでもガンバレっ!!
2004.04.29 (Thu) 20:07
やっぱりコチラ向き
昨日のレーザー、一昨日の江ノ島散策が相当効いていたのか、昨日は10時前に早々に寝まして。10時間睡眠となりました。
いやー、貪ったね、思いっきり。起きたら腰が痛くて仕方なかったけれど、気分はすっきり。睡眠ですっきりするって事は、元気な証拠かも知れません。

気分爽快のまま、お仕事へ。
行くなり、ジャンケンから始まりました。

「ジャンケンで負けた人が、今から1時間売り子ねー。1時間経ったら、また集合してジャンケン、負けた人がそこから1時間売り子ねー」

今日は店長と社員のジュンさん、パートのヨウちゃんと戀子の4人。
通常、3人の所を4人も居ますので、シフトを見た時に何かをするんだろうとは思っていたけれど、そうか、こういう事か・・
で、社員サンチームとパートチームと分かれてジャンケン、夫々負けた方が表に出て量り売りの売り子をする事となりました。社員サンがお客様の目の前で肉を切り、パートがひたすら量り売ると。

結果は、店長と戀子の負け。
さぁさぁと、声でお客様を呼び寄せます。今回は試食はなかったけれど、お値段に惹かれてドンドンいらっしゃって、もぉどうにもこうにも、てんやわんや。
1時間でまたジャンケンの予定が、そんな事を云っている場合じゃなくなって、気付けば6時半を回る頃まで外で売り子をしておりました。

でもねー、コレが楽しいんですわ。
今の職場も対面販売があると思って(一方的にね。戀子が思い込んだだけなのですが)入ったんですよ。お客様の反応がダイレクトに返って来る接客って、やっぱり生鮮関係が1番ですからね。
ほんの一瞬のやり取りでしかないけれど、そこで生まれる出逢いが大事でね。正直、いいお客様ばかりではないけれど、遣り甲斐を感じる瞬間であります。
それに、頭を使うよりもコッチの方が得意(笑)。

「外に出ている方がイキイキしているよねー」

なんて云われてしまい、やっぱりコッチ向きなんだなぁと思ったりもして。
今の仕事も、別に不満があったりする訳ではないけれど、日々の変化が得られて楽しいのは、対面などの接客かなぁ。

終わった頃には、少々声変わり気味。
でもでも充実感はいっぱい。
今宵も気持ち良く眠れそうです♪♪♪
2004.04.28 (Wed) 23:06
楽しい次の日は・・
楽しく遊んだ次の日は、病院でレーザーを。
どっちが先の方が気持ち的に良いんだろうかなぁ。

『昨日、頑張ったんだから!だから今日はそのご褒美、めいっぱい甘えちゃうぞ♪』
なのか、
『昨日、散々楽しかったんだから!今日は頑張ってレーザーやっつけちゃおう!』
なのか・・

嫌な事は先送りにしないで、ちゃっちゃか済ませてしまった方が良いかもしれませんなぁ・・

いつもの様に視力と眼圧(目の堅さ)を測って、散瞳剤を点眼し、待つ事1時間半。
レーザーを行う部屋に通されて、更に数十分。
・・この時間が何よりも嫌なのです。
ブゥ~ン・・という機械の唸りを聞きながら、今か今かと先生を待つ。
これから始まる数十分の闘いを想像すると、嫌な汗をかいてしまいます。暑くもないのに。
先生が入って来て、ようやく覚悟が出来るという感じ。
願うのは、『どうか痛くありません様に、早く終わります様に』。
もぉ、ただただそれだけ。

今回やった箇所は、目の中心部。
痛い、痛いと云うけれど、眼球そのものは痛みを感じないのだそうで。レーザーを撃った時の跳ね返りが、痛く感じるんですって。
なので、その跳ね返りを感じ易い中心を外れた周辺部はとても痛いのですが、今回の中心部は割りと平気だったりします。
とはいえ、自ら進んで受けましょう!とは云えないっすよ。
だって怖いんだもん。

目薬を点すのも苦手だったワタクシ。
先端恐怖症ではないと思うのだけど、目のすぐ近くで何かをされたりするのは極端に嫌。
眼科にかかる様になって、どうにか目薬は克服出来たものの、痛みを伴わない眼圧を測る時ですら、少々ビビり気味。あの、風がピュッと出て来るアレが大の苦手なのです・・

でもでも、自分の為だものね・・(泣)
誰に助けて貰えるものでもないし、お任せするしかないもの。
嫌だもの、自分の周りに居る大切な人達の顔を見られなくなるのも、大好きな風景を見られなくなるのも。

一応、これで様子見。新生血管を増やさぬ様、出血せぬ様、コントロールに励みます。益々。ガンバレ、俺っ!!!

いやしかし、それにしても凄い雨風でしたねー。
こんな日に外に出るもんじゃないですよ。外でお仕事の方々、お疲れ様でした~。
2004.04.27 (Tue) 22:05
江ノ島に行ってきました♪
一路におねだりして、今日は新しくなった江ノ島水族館と島に行って来ました。
お昼前にお迎え、車を飛ばして藤沢へ(県外の方へ:江ノ島は藤沢市にあります)。

江ノ島水族館は、4/16にリニューアルオープンしたばかり。
戀子が住んでいる辺りの小学生は、遠足へは江ノ島水族館、というのが定番。
江ノ島へは何度か行っているものの、この水族館へは確か、小3の頃の遠足で行って以来。いやいや、20年振りにもなろうとは。

水族館へ行く前にお昼を食べて、臨戦態勢でいざ、水族館へ!
ド平日の真昼間。余り人も居ないんじゃないのかなぁ~・・と思っていたら大間違い。
アンタ達、平日に何してるのよ???とばかりの人の数。老いも若きも、男も女も、まぁいるは、いるは・・
目に付いたのは若いカップルの多い事。学生サンなのかしら???一路と2人、「カップルだらけだねぇ~・・」とげんなり。
一応、うちらもカップルなのですが(笑)。

水族館に限らず、水のある風景というモノが大好きなのです。
以前、水辺を部屋にも欲しくて、金魚を飼っていた事もあったのですが、去年死なせてしまってからというもの、今はフローティングのキャンドルを浮かせたガラスの花瓶があるだけ。
なので、こんなにドーンとどデカい水槽三昧だったりすると、戀子は大興奮な訳ですよ。戀子に連れて来られた一路は、戀子に振り回されっぱなし。
水槽から水槽へ移動するも、中々動かない戀子を置いて先に行き、また戻っては戀子待ち、という様な。
魚を見てイチイチ、「わー!!」だの「きゃー!!」だの云ってますからね。

水槽を泳ぐ魚やペンギン、オットセイ、クラゲを堪能した後、今度は外へ出てイルカのショーを。
ショースタジアムの前には、片瀬海岸があります。太陽の光を浴びてキラキラ輝いている水面は、目には思いっきり眩しかったけれど、潮風に当たって気分は最高♪
目の前でガンガン飛びまくるイルカを見て、プールの中へ飛び込みたくなる衝動を抑えつつ、楽しい時間を過ごしました。

水族館を出たてから、今度は島の方へ渡ります。TVなどでよく出る『THE・江ノ島』っていう感じの場所ですな。灯台があるアソコです。
その灯台の展望台に昇る事が今回の目的でした。

江ノ島には『エスカー』という、楽々で江ノ島のてっぺんまで行けるエスカレーターがあります。
それに乗って灯台のトコまで行こう!と、意気揚揚と行った2人。

だがしかし、なのですよー。
時間が少し遅かったので、エスカーは終了っ!

「どぉするよ???歩きで昇るかぁ?(笑)」
「あぁ、歩きますともよ。普段、ウォーキングしてるしねー」

という事で、ガンガン歩く事に決定!
簡単に『歩く』と云ったものの、コレが思いの外、キツい道程となりました・・
今日はいっぱい歩く事も目的にしておりましたので、足元はいつものヒールやブーツとは違ってスニーカーと、完全にウォーキング態勢。
けれど、普段歩いている平地ではないんだよなぁ。坂道・階段、それしかない。
最初はかなりいい調子だったものの、段々息が上がっていく戀子。
一方、一路は足取りも軽やか。
「おいおい、ウォーキングしててそれかよ?(笑)」
く、くそぉ、云い返す言葉も無い・・(泣)

どうにかこうにか、てっぺんまで辿り付いたものの、肝心の灯台も閉まっておりました(泣)。
で、そこをスルーして、今度は島の裏側へ。
ここからは下り。階段が多くなって来たので、目が見え辛いので一路が手をとり、進んでいきます。
カップル達が愛を誓うという『龍恋の鐘』を鳴らして先へと進み、ようやく目的の岩屋へ辿り付いた頃には、調度日没の時間。
綺麗な夕陽を眺めて気分に浸る間もなく、今度は折り返し。

灯台までの昇りよりも、岩屋からの昇りの方が遥かにキツく・・(泣)
岩屋から中腹に行くまでに、既に膝が笑ってしまう程。余りにキツくて面白くなってきて、笑いながら階段を昇っていきました。
殆ど寄り道をする事無く、行って帰って往復1時間弱。
ウォーキングってよりは、完全に山歩きだ。
そういえば一路、山登りする人だったっけ・・道理で・・

江ノ島を思いっきり満喫した後は、地元に帰ってご飯。
来週は逢えないので、いつまでも名残惜しみつつ、帰りました。

あー、こんなに楽しかったのに、明日はレーザーではないですか・・
遊びの早起きと、嫌な事の為の早起きとじゃ、全然気持ちが違うよねぇ。
でもでも、ヘナヘナ遊んでばかりじゃいらんないし!
頑張りましょう・・自分の為だもの・・
2004.04.27 (Tue) 02:03
どうしてかなぁ
今日はジュンさんと2人。
夕方から、土日オンリーのバイト君、ハブちゃんがやって参ります。

ココでも何度か登場して来ているのだけれど、ちょっととは云えない困ったチャンの彼。
どういう訳か、彼が来るとペースが乱れてしまうのです。
決して忙しくなんかないのにねぇ。
段取り、ちゃんとつけているのにねぇ。
お陰様、今日もマンマと狂ってしまい、気付けば上がりは7時。

・・5時で上がれた筈なのにぃ。
まぁいいさ。明日は休みだし。ちょっと早起きだけど、休みだし。
途中で放り出す訳にもいかないし。ハブちゃんの仕事を奪う訳にもいかないし。

自分達でちゃっちゃかやってしまった方が、遥かに早いのは判っているんだけれども、それじゃしょうがないじゃない。
彼も時間給労働者。時給の差こそあれ、同じ職場で働いているんですもの。それなりの働きをさせなくてどうするの。
学校はお金を払って学ぶな所だけれども、職場はお金を頂く場でしょぉ???

・・こういう子、どうしたら良いんだろうなぁ。
とはいえ、戀子はあくまで時間給労働者。
社員サンという、ちゃんと教育すべき人がそこに居る以上、大っぴらに行動を起こす訳にはいかんでしょ。
けど、彼が来る度にイライラするのも嫌だしなぁ。
仕事の出来・不出来ではないのですよ。心意気の問題なの。
あー、これで時給、50円の差しかないのですか!←本音。

・・まぁなぁ。
無言の彼に振り回されている周りもイカンよな(苦笑)。
どうしてなんでしょうね。それまでスムーズに進んでいた事が、たった1人の人間の為に、悉く崩れていくだなんて。
『マイペース』を胸に、特に土日は仕事に励もうとしているんだけどなぁ。
毎度、毎度、面白い位に乱れっぱなし。

さてさて、来週末のハブDAYはどうなる事やら。
幾ら時間給労働者で、学生の本分は勉学にある!と云われ様とも、アレは許せん!
来週こそはせめて、ペースを乱されません様に。
・・いや、振り回されない様、しっかりした姿勢で仕事に臨まなければ・・(苦笑)。

4月に新入社員サンが入って来て、そろそろ1ヶ月・・なんて会社も多い事でしょう。
ミナサマの会社にも、困ったチャン、いらっしゃいますか???
どう対処されてますかぁ???
2004.04.25 (Sun) 22:02
やっと来たか~!
オンナの体は、自分のモノであってもよく判りません。
オンナを30年近くやっておりますが、未だに判りませんのよ。

やっぱり何って、1番身近なところでは生理。
かれこれ2ヶ月位、生理がなかったんですよ。割と定期的に来ていたのだけれど、3月、4月は全くナシ。気配さえ消してしまわれてね。

あったらあったで鬱陶しいし、面倒だし、ダルイし、イライラするし・・と、散々な云われ様なのだけれども、無きゃ無いで、やっぱり心配。
人生の半分以上を生理とお付き合いして来て、なんと云うか、ある意味、伴侶。
その伴侶の姿を2ヶ月も見ないとね。
何があったんだろうと考えてしまいますのよ。色んな風に。

先ず妊娠の予定はないので、その線の心配する事はないものの、そうなるとメンタル面なのか、体のどこかにガタが来ているのか、それとも・・と、無限地獄。エンドレス。
少し前に婦人科検診の通知を市から貰って、体のメンテをきちんとしないとイカン年齢になったのねぇ~と、多少ならず思っていた事もあってね。
そんな中での生理ナシ期間だったので、どうしたのかなぁ~・・なんて。
そう考えている間に、ちゃっちゃか病院へ行けばいいのだけれど。
でも、どうにも足が向かない婦人科。勇気が必要。何せ未だ、婦人科は経験なし。そろそろ、かかり付け医を作ろうとも思っているのですが・・
女子のミナサマ、どうなさってますか?その辺。

最近、子宮筋腫などの婦人科系の病気の低年齢化が進んでいて、25を過ぎたら定期的に検診を受けた方がいいと云われておりますよね。
どうせなら、男性医師ではなくて女性医師でお願いしたいって思う反面、女性だからこそ無神経ってのもありますからね。

以前、DM(糖尿病)で入院した時に生理になって、その時の生理痛が余りにも酷くて、治療法の1つである運動が出来なかった日があって。
そうしたら、当時の担当医についていた研修医の女性に、「たかだか生理如きで、云々」と云われましてね。
同じ女性だから、その辺の事は理解してくれるかなぁって思ったのが甘かったんですよね。
これも人夫々で、生理が軽い人には重い人の辛さは絶対に判らないですよね。
判らないまでも、労わる事は出来るでしょって思うんだけどなぁ。
「この人が医者になるのかぁ」って思ったのを覚えております。

あ、話がズレたけれど。
生理が来そうな気配が現れたぞ!って事で(笑)。
2004.04.24 (Sat) 23:01
話には聞いておりましたがね
いつもの様に仕事を終えて、ちょっと寄り道をしつつ、帰宅。

部屋に入ると、テーブルの上に封書が数通。
その中に一通、エアメールが。
友達はみんな国内に住んでおりますので、エアメールを貰う所以はありません。
料金別納で、オーストラリアから届いている・・

開けて中身を見ると、オイシイ文言が。

『あなたは顧客優良度において、最高得点を獲得されました!』
『おめでとうございます。顧客としての100%の資格を達成されました!大勢の候補者の中から特別に、あなたにお届けする事になりました』

要は何かというと、宝くじ風なものに参加する権利を得た、という事なのだそうですよ。
1等は2億円強。2億円当たったら何しよぉ~♪♪♪

・・って、おいっ!!!

参加権を得たものの、登録をしない事には参加出来ないんだそうで(コレじゃあ、権利も得てないじゃないのって話ですよ)。
登録するには登録料が発生するんですよね。
コレとは別に、登録はしなくても無料のスクラッチカードを、引換券を送れば貰えるんだそうな。こちらの最高賞金は300万強。

『300万で何が出来るか想像してみて下さい!』

そぉねー、何しようかしら♪♪♪(笑)

しかし、話には聞いていたけれど、我が元に届くとはねぇ。
『顧客優良度』なんて云われても、何の顧客の優良度なんだか、どれを見てもさっぱり判らない。
何人かの名前が列挙されている中で、戀子の名前があるのだけれど、戀子の名前以外の方々は印刷されているのよ。元版っていうのかなぁ。
ダイレクトメールの住所や名前は後から印字されますでしょ?他の方々の名前は印字されているんじゃなくて、印刷なのよ。最初から刷ってあるの。顧客優良度を表すパーセンテージも。

それに、オーストラリアからのエアメール。
ってかコレ、全然エアメールじゃないじゃん(笑)。

どこからどう見ても怪しさ満点。
こんなモンに誰が引っ掛かるのよ。読んでみれば、一目瞭然だわさ。
TVでよくやってましたからね。そういうのがあるんだってのは知っていたけれど、実際に目にしたのは初めて。

しかし、こういうのは明らかにおかしいって判るものだけど、段々やり方がえげつなくなっていますよね。
『オレオレ詐欺』なんてのもそう。弱いところにつけこんだ、最低のやり口。
何を信じれば良いんだか、判ったものじゃないですよね。
自衛しない事にはねぇ。
2004.04.23 (Fri) 22:00
こんなのも嬉しかったり
物凄く忙しいんだよ―――って事がない、我がお店。
普通、お店にはピークの時間帯ってモノが大概はあるけれど、この店は山が全くない。
無いから暇なのかな???と思うと実はそうでもなくて、商品をチョコチョコ補充しないとならないので、中途半端に忙しいのですよ。

今日もそんな感じの1日で、気付けば7時近くになっていて。
美味しいステーキを食べさせて貰ったので(特権ですな、オホホ♪)、明日も頑張りますよ~!

とは云っても。
3連休明けでもあるのでね。妙に疲れてしまいまして。
休み明けはダメねぇ。下手に連休をしない方が楽なのかなぁ。
帰りのバスの中では爆睡。30分もかからない中で爆睡してしまって、気付けば最寄の停留所の1個前。起きたらどこだか判らなくて、一瞬動揺しちゃったり。

夜ご飯を食べてから、いつもだったらウォーキングに出掛けるのだけれど、今日はそんな気力も無くて。TVを観ながら半分寝ている状態でした。
お風呂も明日でいいかなぁ~・・なんて。

12時近くなってから、一路からメルが。

「お疲れ!今日は仕事、どんな感じだったんだ???」

・・あら、珍しい。
電話が嫌いな戀子は、一路とであっても電話でのやり取りは殆どなくて、普段はメルのやり取りが基本。
けれども、大抵は戀子が出したメルに対してレスが来る、という感じ。
そんなもんだろうと思いますよ。何せ男子ですしね。それに三十路を越えた人。戀子と付き合うまでは殆ど、メルをする事なんて無かったし。
一路からメルが来る時には、戀子のメルにレス出来なかった時。付き合い出してからずっと、こんな風なやり取りが続いておりました。

それが、今日は一路から来ました。

・・いやぁ、ただそれだけだったんだけども、それがものすごく嬉しかったのですよ。だって、今迄1度だってそんな事、無かったんだもの。
何かがあって、心配だったりしてメルが来る事はあっても、そんな事は特に無くて、昨日も普通にやり取りがあって、それで今日。

何もない1日の、何気ない1通のメル。

眠くてボーっとしていたけれど、幸せな気持ちで目が覚めた。
んん~、一路を抱っこしたいよぅ。
ギューッとね。

うんうん、ステーキよりも頑張れる、一路の愛情。
さ、明日もガンバレ、俺っ!
2004.04.22 (Thu) 22:58
初体験しちゃいました♪
そんな訳で、今日の初体験。
戀子は現在、パートでお仕事をしております。去年の夏から始めたので、未だ1年にも満たないのですが、当初はフルタイム勤務でした。
けれども、入った直後に網膜症になり、その絡みで仕事をセーブせざるを得なくなってしまいました。で、現在は午後からの5時間程度、週に3、4回の勤務なのです。

体がしんどい時には楽なのだけど(去年なんざ、この勤務形態でもキツかったりして・・)、元気な状態である時には、やっぱりちょっと物足りない。
何が?って、お金がね。
いやさ、お金が全てではないけれど、この国は生きているだけでお金がかかってしまいますでしょ。
今迄の自堕落っぷりだったり、自己管理の出来なさが大きなツケとなって、今の戀子の首を締めております。貯金なんて無いもの~♪オホホ~♪♪♪子供達に「♪よぉ~く考えよう~、お金は大事だよ~♪」なんて歌われる前に、既に判ってるっちゅーねんってな話ですよ。

だからね、元気な時にガッツリ働いておきましょうと。
でも、今の職場には相当良くして頂いているし、年齢的なモノもあるし、また1から人間関係を作っていくのも正直、大変。
なので、1日からの仕事もあるっていうのでね、初めて派遣のお仕事をしようと思いまして。
前振りが長くなりましたが、派遣の登録会に行って参りました。

約束の時間の少し前に会場である会社へ向かうと、そこには二十歳前後の少年が。
「お手伝いの方かなぁ」と思っていたら、その少年が色々と説明をして下さるんだと。
何せ初体験なのでよく判らないのだけど、他の派遣の登録会ってどんな感じなんでしょうかね???
今日はド平日の所為もあるのか、集まった人数は戀子を入れて10人にも満たない。
そしてこの少年の説明がまた、何ともたどたどしいったらない。正直、よく判りませんでした。まぁ概要が書かれた書類を頂いたので、どうにでもなるでしょうけれど。
そんな感じで、登録は1時間半で終了。たどたどしさに疲れた初体験でした(笑)。

今の仕事との兼ね合いもあって、実際にお仕事を始めるのはもぉ少し後になってからの予定。
どんな感じなのかなー。単発故の気楽さはあるのだけれど。後腐れも無いしね。

ささ、明日は本来のお仕事だっ。
3連休してしまうと、体が作業に着いて行く迄に時間がかかっちゃうんだよなぁ。
2004.04.21 (Wed) 21:57
今日も今日とて
疲れが実は、相当溜まっている様で。
先週からの流れと、昨日のいきなりのレーザーとで、何だか疲労困憊。
起きたら12時近かったので、もぉ何もするまいと、1日ダラダラと過ごす事に決定~!

・・この前もダラダラしてたじゃ―――ん!なんて事は云うな♪

先週から撮り溜めてあったビデオをひたすら観賞。その中で興味があったのが、某健康系番組で取り上げていた『ホルモンで性格が決まる』というもの。
因みに戀子の結果は、『楽天的な冒険家』。『物事を楽しいか、そうじゃないかで決める』、『今までの積み重ねが無駄になろうが、後先考えずに突っ走る所がある』なんてのは、当にそう。
えぇ、えぇ、そんなオンナですの、戀子って。
そうか、性格を決めるモノの中に、ホルモンってのもあるとはねぇ~・・

そんな感じでダラダラと過ごしつつ、サイトをいぢりつつも、未だ未だ未完成状態。
特にリンクページ。お友達サイトへのリンク許可を頂きつつも、アップ出来ていなくてごめんなさいな(><)近々アップ致しますので、もぉチョイ待っててね~!

しかし、こんな風にダラダラと過ごす1日の、なんて早い事。
今日は一歩も出ぇないぞぉ~!と思ったものの、習慣化しているのでウォーキングに出ない事には気持ち悪い。今日もガシガシ歩いて来ました。時間が少し遅くなってしまったので、夜歩きはいつものコースを若干、ショートカット気味で。
ジャージにウィンドブレーカーを着て、険しい表情で歩くオンナになんて、近付く野郎は居ないだろうけれどもね。やっぱり怖いなぁって思ってしまうのでね、これでも女子なので♪

明日は初体験しに行って参ります♪
やっぱり何事も、初めてってのはドキドキよぉ。
2004.04.20 (Tue) 22:55
いきなりな再会と、結果良好と、初めてと
病院の梯子の後、今日は一路とデート。
午前中は眼科で、蛍光眼底撮影(FAG)を。蛍光剤を点滴しながら、眼底の写真を撮るものなのですが、いつもは割りとスムーズにいくのに、どういう訳か今日は中々進まない。看護師サンの作業がゴテゴテだった所為もあるのだけれど、どうも他にも問題が。
看護師サンが写真を撮りながら、傍らで先生がその画像を診て色々指示を出すのだけれど、様子がいつもと違う。

撮影終了後、先生が一言、「レーザー、やるよ」。

糖尿病はいわゆるドロドロ血で、それ故に網膜の毛細血管が塞がれてしまい、血液の流れる場所を求めて新生血管が現れるのですが、新生血管は脆い為に出血をおこし易く、酷い場合には失明に到ってしまうのです。
レーザー、正式には光凝固術というこの治療法は、その脆くて危険な新生血管を焼潰すというもの。

・・と簡単に云ってみましたが、コレが痛いのよ。戀子史上最高痛さ。眼球を突き抜けて、頭蓋骨をぶち抜かれる感じ。
勿論、麻酔はします。点眼剤でね。でもいざ始まってしまうと、効いているのか、いないのか、さっぱり判りません。コレも人夫々で、全く痛みを感じないという方もいらっしゃるそうなのですが、戀子はダメ。とにかく痛い。
去年の夏から冬にかけて、そのレーザーを毎週行い、数ヶ月前のFAGの時には問題なかったのですがね。今回の検査では見事に新生血管が幾つか見付かりました。
進行してしまってからでは遅いので、先手先手でやっつけようと、レーザーを。

・・は、判っているのだけれど。
今日云われて、今日もぉレーザーですか???(泣)
「やるよ」と事前に云われていて、覚悟を決めて病院に来るのと、そうじゃないのとでは大違い。
判ってますよ、自分の為だもの。やらなくちゃいけないのなんてさ。
でもね、痛いのは嫌だよぅ(泣)。

時間がお昼に迫っていたので、低血糖防止に軽く食べて。
その間、一路に『待ち合わせに遅れるかも』メルを送り、母にも報告の電話を。

で、いざレーザー。
・・この感覚、もぉ思い出したくなかったよなぁ~・・
幸いというべきか、短時間で終わってくれたのは良かった。10分程でね。そして、1回ずつで良いという話ですから。今日は右目、来週は左目。

そこから今度は内科へ。コッチは結果良好♪
ガンガンしまくったウォーキング、食生活の見直し、ストレスの軽減が、良い結果を生みました。

病院の梯子を終えてから携帯を見ると、一路からメルが。
「レーザーって痛いんだろう。安静にしてなくていいのか?大丈夫そうなら、病院まで迎えに行くよ」
もぉ、痛かろうが何だろうが、逢いたいんだってば♪♪♪
眼球に痛みの残像はあるけれど、この程度なら何でもない。なので即行「ダイジョブよっ!」とレス。
「じゃあ、着くまでにどこに行きたいか考えておいて」と。
お気に入りの和カフェで軽くご飯を食べながら、待つ事、数十分。

「カラオケ、行きたいなぁ~」
「じゃあ、戀子オンステージで。俺は聴いているよ」
「えぇ―――っ?絶対、歌わせるし!」

カラオケへは年に数回行くか、行かないかと云っていた一路なのだけど、今年に入ってからは相当、カラオケづいている。ピーク時は1日おきに行っていた戀子といえば、最後に行ってから既に1年半は経っている。一路の話を聞いて、もぉ行きたくて行きたくてしょうがなかったのです。
付き合い出してから今迄、彼の歌を聴いた事はなかったのですよ。余り好きではないという人を、無理矢理カラオケに連れて行くのもねぇ~・・ってんで、誘わなかった事もあるのでね。
しかし、云ってみるもんだ。こんなにあっさり、付き合ってくれるじゃないの♪

部屋に入るなり、ガンガン歌いまくる戀子に対し、一路はじっくり曲選び。
戀子が5曲歌う間に一路が1曲という位。余程、歌いたかったのか、俺?
一歩からのリクエストにも応えつつ、あっという間の2時間でした。2時間、早かった。もっと歌えた(笑)。
初めて聴いた一路の歌声、何だか少年の様でちょっと可愛かった(笑)。

そこから少し走った居酒屋で夜ご飯。
最近出来たお店で、住宅地の中にある様なお店なのですが、それにしたってどうなのよ?という位、人が居やしない。8時過ぎに入った時点で、客が戀子達2人だけとは・・店員サンの方が多くて、何となくこちらの方が気を使ってしまう感じでね。
お味はまぁまぁだったのだけれど、居心地悪くて早々に撤収。

よりを戻す時に2人で決めた門限『12時』迄は、未だもう少し時間があります。
そのまま帰る事も出来たのだけれど、2人とももぉチョット、一緒に居たかった。

「夜のドライブと致しましょうか」

そう云って車を走らせた途端、土砂降りの雨・・
結局、ラブホへ行ってマッタリと♪お風呂に一緒に入るの、楽し♪

甘えまくりの夜でしたvvv
2004.04.20 (Tue) 03:03
切り崩したいのだけれども
職場にはバイト君が1人おりまして。
ハブちゃんと云うのだけれど、ここでバイトを始めてもぉ1ヶ月以上経つものの、未だに雰囲気に慣れない様なのです。
ここが初バイトらしいのだけれども、ちょっとばかり厄介なお方。

週2しか入らないので、仕事が不慣れなのはしょうがない事。
けれど、判らないとコッチが気付くまで立ち尽くしている、判らないまま自分判断で勝手に処理してしまう、指示した事は無視、遅刻は当たり前で、尚且つ連絡はない、などなど。
ある意味、才能の域なのですよ。まだまだ彼の逸話は出ますしね。

彼が来るのは、2人居る社員サンのどちらかがお休みの日で、夕方からラストまでの掃除要員なのです。そうは云っても、当然それだけでは終わらない訳ですよ。お客様の入り次第で、彼にも色々やって貰わなければなりません。その中でも簡単なのが品出し。
だがしかし、指示をしても抜けっ放し、判らないと立ち尽くす彼ですので、品出しに売り場へ出たとしても、出すべき商品を載せた台車を押しながら、いつまでもグルグルと売り場を回っていたりするのですよ。大した広さもない売り場を。
最初の内はね、指示もちゃんとしてましたし、教える事もしていたのだけれど、最近はそれもちょっとげんなり。

判らないなりにやる気が見えればそれで良いし、多少のミスでガタガタ云う事もしないですよ。
でもねぇ、「判らないんだったらメモを取って」と何度云った?それ以前に、「判らなかったらすぐに聞け」と何度云った???
今時の子は・・って云うレベルじゃないよなぁ。多分、彼個人の問題なんでしょう。

だがしかしですよ。
やっぱり同じ職場で働いている身ですから、どうせなら気持ち良い関係を築きたいでしょ。
だからってんじゃないけれど、先月の半ばに異動して来て、未だハブちゃんとまともに話をしていない、社員のジュンさんからの指令で「モー娘。で、誰が好みか聞いてっ!」と(笑)。
何だ、そりゃ?と云うなかれ。
難しい子なのですよ。いかんせん、喋らない。無口ってよりは、ただの根暗。それを通り越して、少々不気味。
どこの話題に食いついてくるか判らないのです。取っ掛かり易い女の子の話題でも・・ってんでね。

「ハブちゃん、モー娘。で誰が好きぃ?」

戀子サン、根性出させて頂きました。
・・ハブちゃんったらね、首捻っただけで終了。

切り崩したいなぁ、ホント・・
2004.04.18 (Sun) 22:52
もぉ夏ですねぇ~・・
ってなばかりの暖かさ。ってより、暑さ!
関東地方、今日は25度を越えて、東京では27度迄上がったんだそうな。
戀子はお仕事でしたので、涼しい作業場でガンガン肉を切ったり、ナンダカンダとしていたのだけれど、外に出てみてビックリ。

涼しい作業場であっても、ガンガン動けば暑いのですよ。
終わってから着替えてロッカーを出、外の涼しい空気を期待して出てみたら、モワァ~ッ・・とした生暖かい空気が(>□<)
未だ早いわよぉ、暑くなるの!この時期に暑くなったら、12月はどうなってしまうのさぁ~!←お約束。

最近、日課になっているウォーキングをしていても、季節の移ろいを感じます。
夜歩きでも汗をかく様になりましたもの。数週間前は未だ未だ寒くて、30分チョット歩いても汗1つかかなかったのになぁ。
今は桜も散って、さつきが鮮やかなピンクや真っ白な花を咲かせております。

血糖を下げる為、健康維持の為にウォーキングを始めたのだけれど、こうして歩くのはとても楽しい。
車や自転車で走っているだけでは見えない景色が、このゆったりとしたスピードの中からだと、その分だけ多く見えて来ます。

現役で使われている木の電柱だとか。
ひっそりと咲いている花だとか。
誰かが描いた落書きだとか。

何か特別な事じゃなくてもいい。
日常のどこかに新しい発見があって、そこに楽しみを見出せたらその人生、価値があるなぁなんて。
そんな事を最近、よく思うのです。
よく知っている人であっても、その人の全てを知っているなんて在り得ないでしょ?
戀子は親兄弟、一路、友達の全ては知らない。
思いも寄らなかった場所やシーンで知った夫々の一面が、また楽し。

今日は店長の違った一面を発見。
引き出しが多い人ってのは、やっぱり面白いねぇ。
2004.04.17 (Sat) 23:50
すぐにキレる悪い癖
今日は朝から眼科へ。
ホントは今週の頭が眼科と内科の外来の日だったのですが、葬儀があったので来週にズラしたのです。

サイトの別ページにも書いております通り、戀子は糖尿病患者で、尚且つ合併症の網膜症を患っております。
網膜症はかなり進行して失明寸前だと云われましたが、去年行ったレーザー治療のおかげで、現時点は進行はストップ。
それでも油断は出来ませんので、定期的な通院と検査は欠かせず、今週はその大事な検査の日だったのです。
検査の前日と次の日に飲まなくてはならない薬がありまして、それを貰いに行ったのですが。

ですが――――っ!

このこの薬局は、戀子にとって鬼門的場所。
薬局、院外処方なのですがね、ここに居るスタッフ、やたらに態度が悪いのさぁ(怒)。ものすごい偉そうなのよ。
書き始めたらキリが無いので省くけれど、今日も今日とて態度が悪い。

ワタクシ、去年の夏から眼科に通い始めまして、去年は1週間毎、今年に入ってからは2週間毎に行っております。
なので、この薬局にも同じだけ通っているのだけども、態度は一向に変わらない。一人が悪いんじゃなくて全員が悪い。コレ、珍しくないですか?

これは私の勝手な行いなのだけど、人間ですもの、ちょっとした言葉や態度で、お互いに気持ち良いやり取りが出来ます。なので、どこへ行ってもなるべく気持ち良く接する事が出来る様、ちゃんとした応対を心掛けているのですが、ココでは無用。
いやね、最初はこちらもちゃんとした態度で臨んでいたのですが、ホント、そういう気持ちを失せさせるのが狙いですか?とばかりの対応。どうもありがとうってな感じですよ。

今日は、どういう訳かやたらにツボに入ってしまいましてね。キレながら帰ったのでありました。

その話を夜、戀子の彼氏・一路にメルしたところ、「あんまりイライラするなよー」とのレスが。

・・そぉなのよね。判っちゃいるのだけれど・・

戀子は超が付く程の短気。
無駄にキレる事が余りにも多いのですよ。もぉ少し、心穏やかに過ごせればさ、血糖値も上げないで済むし、ココロもカラダも楽なんだろうけどもなぁ~・・
ホント、この『すぐにキレる悪い癖』は治したいんですがねぇ。年を重ねる毎に、気が短くなっている気がします。みんな、逆を云いますよね?

・・無駄ギレせず、戀子サンに穏やかな日々が訪れるのはいつの日か・・
2004.04.16 (Fri) 23:49
予告通り
昨日の予告通り、今日はホントにダラァ~・・っと、ドロォ~・・っとした1日でした。
外へは一歩も出ないで、ただひたすらダラダラと。
そんな1日があってもいーじゃない♪

サイトを始めたばかりで、多少工事中の箇所があったりしますのでね。その辺を整えようといぢってみたものの、やってる傍から眠くなる始末。
で、眠くなったら寝ちまうと。本能の赴くままにですよ、オホホ。

連休は嬉し♪
明日は病院へ行かなくては。薬を貰いに行かなくては。
そんな訳で、目も疲れておりますのでこの辺でね。
2004.04.15 (Thu) 21:48
ダラァ~・・っと、ドロォ~・・っと
いやね、疲れているのは判るのだけど、とにかく眠いのですよ。
先々月辺り、ホントに眠くて眠くて、「こりゃ眠い眠い病だわねぇ~」なんて云っていたのだけれど、もぉそんなどころじゃないのです。
どんなに眠くても、仕事に入りさえすれば眠気も飛んで、体がちゃんと仕事モードに切り替わるのですが、今日はねぇ、ホントにダメよ。ダメなのよ。

戀子は精肉店でパートとして働いており、作業としては、いわゆるスーパーで見かけるパックのあの状態を作るお仕事です。
パートは鶏肉や加工品(ハムやベーコン類、冷凍品など)を詰めたり、スライサーと呼ばれる、肉を切るデカい機械を使って冷凍の肉を切ったり、ミンチチョッパーと呼ばれる機械を使って挽肉を挽いたり、そんなお仕事なのです。想像される以上にチョコマカと動いてばかりなので、眠くなる隙なんてどこにもないのですよ。

けどもねぇ、肉を切ろうが、挽肉挽こうが、眠気も覚める業務用の冷凍庫に入ろうが、とにかく夢うつつ。
起き抜けの、何とも云えないダラァ~、ドロォ~っとした感じが抜けなくて。
途中、タイムサービスが入って(ハッシュポテト(某マックのアレの倍の大きさ)、通常130円が1枚20円)、オバサマ達の戦場を味わったものの、一瞬過ぎて
眠気も覚めないのよ。

「ダメですぅ、眠気が取れないですぅ~・・」

と訴えながら、今日の仕事はおしまい。
すみませぬ、今日は社員サン1人だけしか居なかったし、もう少し居た方が良かっただろうか。
いや、でも今日は勘弁♪

なーんて、シフト見たら明日、明後日と連休になっているではないの♪♪♪
ゆっくり休むよぉ、休ませてくれよ~。
明日はホント、ダラァ~・・っと、ドロォ~・・っと過ごしてやるわ。

夜になって、この間入院した3番目の伯母の旦那サンである伯父から電話が。
う~ん、余命半年なのか・・
手の施しようが無いと云われたらしいのだけれど、人間の生命力をひたすら信じてみたい。
・・未だ早いわよ、おばちゃん。
夢と現を彷徨う状態であっても、どこかに繋がりを求めて。
2004.04.14 (Wed) 22:47
流石にグッタリ・・
昨日、葬儀を終えてから3番目の伯母が入院している病院へ行き、そのまま帰路につきました。
強行も強行、日帰りで大阪だなんてね。といっても、戀子は免許がありませんのでね。ただ乗っているだけなのですが。
朝、大阪に着いた時点で仮眠してますし、割りと平気だわ~なんて、上の弟が運転する車の助手席に乗りながら思っていたのに、急に落ちた。落ちるって、ああいう事だわ。名神から東名に入り、静岡に入った辺りから記憶が全くありません。
気付いたら、家のすぐ近く。「あー、もぉ着いたのねぇ」なんて。
目が乾き切って、コンタクトが落ちたのもどうでも良くて。部屋に入った途端、あっという間に眠りにつきました。

今日はもぉ何もしたくなくてねぇ。
日帰りの筈なのに、どういう訳か多くなっている荷物を整理しなきゃなぁ・・と、頭では思っても体が全く動かない。パジャマを着替えるのも何だか面倒で、パジャマからジャージへと、意味が無さそうな着替えをしてみたり。
肉体的にも精神的にも、ちとバンザイ気味。

あー、明日は仕事なのねぇ。行かねばならないのねぇ。
もぉ1日と云わず、2、3日お休みしたいトコロだわー。
2004.04.13 (Tue) 20:45
久々の再会に
昨日の夜中からひたすら高速を走って、今朝方、大阪に着きました。
3番目の伯母の家に行くと、そこには戀子の母と上の弟が居るだけで、家主である3番目の伯母と旦那サンである伯父、従姉妹である娘は居りませんでした。

この3番目の伯母も、今は決して元気な状態ではなくて、ここ最近で何度も入退院を繰り返しておりました。
疲れが溜まってしまうと『発作』が出てしまうのだけれど、今朝また発作が出てしまい、そのまま入院する事になってしまったとの事。
なので、今日の告別式に参加する事は出来なくなりました。

伯母の家で仮眠をとった後、午後から告別式が行われる教会へ。母方の親族はみな、カトリック教の信者なのです。
1番目の伯母が亡くなった時と同じ教会で、告別式が執り行われる事となりました。

教会の桜は、風に吹かれて沢山の花弁を散らせておりました。
どこまでも広がる真っ青な空とピンクの花びら、鮮やかな葉の緑色が、とても目に印象的でありました。

教会に入ると祭壇が設けられており、その脇に伯母の遺影が飾られておりました。
伯母に逢ったのは、もう6年位前になるでしょうか。
とてもきりっとした、気風のいい伯母のイメージとは全くかけ離れた姿が、額の向こうにありました。
ほんの数年前・・と思っていたけれど、6年は僅かな時間ではありませんでした。

賛美歌が流れ、神父様のお話を聞き、棺の中に収まっている伯母と向かい合う。
綺麗に化粧をされて、真っ白いレースのついた服を纏った伯母の姿は、遺影のそれよりも幾らか若くて、揺り動かしたら目を覚ましそうな程。
安らかな寝顔を見ている内に込み上げて来るものがあり、かける言葉を見つける事が出来ませんでした。

こんな形で再会はしたくなかったなぁ・・
後から何を云っても始まらないのだけれど、元気な内に逢っておきたかったよ。
「元気であれば、いつでも逢えるよ」とた易く云うのだけれど、それがいつまでも続くと無意識に思うのって、ある意味、怖い気がします。
『明日、何があるかなんて判らないじゃん』ってよく云う割りには、実際はそんな感じモノなのかしらね。

涙をいつまでも止める事が出来なくて、自分でもどうにもなりませんでした。

春の日に想う、これから先の生き方、歩き方。
後悔は少ない方がいい。最期は笑っていきたいなぁ。
2004.04.12 (Mon) 23:44
虫の知らせとはこういう事か
今朝、どういう訳だかいつも起きる時間よりも、相当早い時間に目が覚めました。
虫の知らせ・・という奴だったのかも知れません。
昨日、容態が急変した伯母は、今朝方、亡くなったそうです。
また、おかんは兄弟の死に目に逢えなかったんだねぇ・・
仕事である戀子と父、下の弟を残して、先ずは母と上の弟が、伯母が暮らしている大阪へ向かいました。

仕事に行ったら、そんな気分を引きずっている場合ではありません。
今日も今日とて、忙しい日常が待っております。
肉屋で働いている戀子は、今日も肉まみれな生活です。
それもまた、たのし。
こうして動いている間は、色んな事を忘れますもの。

一昨年、ずっと仲良くしていた友達が亡くなってからというもの、人の死に関して、特に過敏になってしまいました。
自分が感じている以上に響いてしまい、それがいつまでもいつまでも、ココロの底に沈んでいて。
当然の事ながら、誰もが決して死から逃れられる訳もなく。
この世に生を受けてから、文字通り人は死に向かって歩いている。

行き先はどこにあるのか。
ここからどこへ行くのか。

いや~・・見えない、経験した事がないってものは、単純に怖いですね。
そんな簡単に括れない事なのだけど。

明日の夜、仕事が終わってから、戀子達も車で大阪へ向かいます。告別式の後、そのままコッチへ帰ってきます。日帰りですね。
あー、久々のおばちゃんとの再会だなぁ。この前逢ったのは、1番目の伯母が亡くなった時、あの時も葬儀だった。

・・何だか頭がまとまらないなぁ。
2004.04.11 (Sun) 22:43
どうなるだろう
つい数日前、母の2番目の姉の病状が思っているよりも悪い事を聞きました。
親戚付き合いというものが、他のお宅ではどういう風な形で成り立っているかは判らないけれど、我が家は完全に孤立型。父方にしても、母方にしてもそう。
我が家だけは他の親戚達から遠く離れていて、いつも関わりがなかった事に加え、どこにでもつき物だろうと思われるいざこざが決定打となり、ほぼ絶縁状態となりました。
といっても、母方の親戚関係は唯一人を覗けば良好なので、そこさえどうにかなれば大丈夫なんですが。

この伯母が入退院を繰り返していると聞いたのは去年の末頃。
母にとっては姉なので、当然心配してお見舞いに行こうという話になったものの、頑なに伯母の娘(=戀子の従姉妹)が拒むのです。
「遠いし、そんなに悪くないから、わざわざ来てもらわんでも大丈夫よ」と繰り返し云うのを、誰が押し切って行けるでしょう。その言葉を信じるしかないでしょう。
なのでその時は見送ったのですが、数日前に、実は既に寝たきりの状態であると、別の従姉妹からの話で知ったのです。

母は7人兄弟の末っ子。
その内、上3人は既に亡くなっているのですが、どの兄弟の死に目にも逢えておりません。それが母にとってはもの凄く心残りになっているので、逢える時に何度も逢っておきたいという気持ちがあります。
この伯母は、病院で寝たきりになっているとはいえ、意識も未だはっきりしているという話。
じゃあ、GWにでも逢いに行こうという事になりました。

けれど、話は急転。
今日の夜になって母の3番目の姉から電話が来て、伯母の容態が急変したという。
3番目の伯母が病院へ見舞ったのが夕方、その時には意識もはっきりしており、多少の会話が交わされたらしいのですが、帰ってから意識がなくなってしまったというのです。「この2、3日がヤマらしい」と。

明日、母は伯母の元へ行く事になりました。
お願いだから、もう少し頑張って、おばちゃん。どうか、おかんと逢ってちょうだい。
人間の生命力の底力を、戀子は信じているよ。
2004.04.10 (Sat) 22:41
はじめました♪
こんにちは、高柳戀子(たかやなぎ・れんこ)と申します。
はじめましての方、どうぞよろしくお願い致します。
以前、別サイトでお世話になった方々、こうなりました。新たなスタートを切りました。これからもよろしくお願い致します。

以前のサイト、9ヶ月ほどで閉めてしまいました。
理由は、戀子の誰よりも大事な人を、間接的に深く深く傷つけてしまったから。
閉めて以降、彼との間で色々ありました。
その間の詳しい事を、ここでは書きません。
メチャメチャ傷つけて、傷つけられて、首を斬ってはまた落とされて。
そんな繰り返しでありました。

彼の事を判っていたつもりだったけれど、核となる部分を見ていなかったんだと思い知らされた戀子と。
戀子の事をいつの間にか、理想化してしまっていた彼と。
腹を割って、尚且つえぐって、吐き出して。
けれど、おかげで見えてきたものがいっぱいありました。
プライドも何もかも傷付け合う様な、本音を曝け出す事って本当に必要。
今までもやっていたつもりだったけれど、結局は方向性が間違っていた様です。
これもぶつからなかったら、判らなかった事。

数回の話し合いを経て、彼との関係は修復されました。
といっても、彼が受けた事に変わりは無く、彼と戀子との間に生まれた溝を埋めるには、かなりの努力が必要です。
でもね、それまでの独りの時間とは違って、今度は彼が傍に居てくれる。
彼から聞いた「一緒に頑張っていこう」という言葉、一生忘れないと思います。

一方、閉めてしまったものの、サイトの存在も戀子の中ではとても大きかった。
書く事が大好きで、ただそれだけで始めたサイトでしたが、気が付けばいつも自分の傍で寄り添い、そして支えてくれる、まるで同士の様な場所になっておりました。
彼との事や自分自身の内側にある問題を、傍に居てくれる大切な友達たちと共に、乗り越えていった感があるのです。

決意をもって閉めたサイトでしたが、またここで始める事に致しました。
初めていらして下さった方には、「何のこっちゃ???」な話でしょうが(苦笑)、まぁそれはそれとして、生暖かい目で見ていて下さいな。
判る方に判って下されば、今日の所は良いのです。
ホント、ゆるい決意ですみませんでした。大した(?)お騒がせでありました。

そんな訳で、はじめました♪
戀子とtear drops、どうぞよろしくお願い致します♪♪♪
2004.04.06 (Tue) 18:40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。