2017.06.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.08.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
良かったんだ。
夢と現の狭間にあるばあちゃん。
去年辺りから、夢の中に居る状態が長く続いておりましたが、どんどんその時間が長くなり、今では殆ど夢の中となってしまいました。

今年の夏。
「ばあちゃんが私達の事を判る内に逢いに行こう」と。
数年振りに家族揃って夏休みを取る事が出来、長い時間をかけて田舎まで走りました。
田舎に居たのは僅か3日間。
けれど、ばあちゃんと一緒に居られたのは、正味1日半位だったかも知れない。
行っている間にも色々とあり、現実をまざまざ突きつけられる形となりました。
話は聞いていたけれど、聞くのと実際に体験するのとでは大違い。少なからずショックを受け、こちらに戻って参りました。

ばあちゃんは、今の戀子の体の基礎を作り上げた人、という認識があります。
ばあちゃんと長い時間、一緒に暮らしていた訳ではないので、厳密に云えばそうではないのだけれど、ばあちゃんからの隔世遺伝で戀子はDMになりました。まぁ、血筋なんですよ。
そして今の様に太った成りも、きっかけはばあちゃんでありました。細かいところは省きますが。

戀子がリアル思春期の多感な頃。
そういう色々が相俟って、ばあちゃんとうまく関われない時期がありました。
お互いが離れた場所で生活しておりますので、滅多に逢う事は叶わなかったのだけれど、その距離と逢えない時間の中でうまく昇華出来、それから先は程良い距離感で接する事が出来る様になりました。
大体、人をどうこう思ったところでしょうがない。自分で変えられる事は、自分で変えていけば良いだけの事。

どこの家でも何かしらの問題がある様に、我が家でも、我が家の親戚関係でも、色々な事がありました。
全てを切り離したいと、思いっきり拒絶していた時期もありました。
けれど、そういうのも『時間が解決してくれる』という奴で、どうでも良くなっていきました。
赦せるのかと云われれば、決してそうではない。
でも、どうでも良いのです。そういう事も全て。

数年前。
親戚宅から田舎へと戻る途中下車だった我が家で倒れたあの夜。
毎日の様に病院へばあちゃんに逢いに行った入院中。
その後の我が家での1ヶ月程の生活。
ばあちゃんの我が儘を叱り飛ばした。
大好きだったばあちゃん特製の浅漬けの作り方を教えて貰った。

今年の夏。
我が家で過ごしたあの日以来、久し振りに逢ったばあちゃんの小さな体。
真っ白な髪。
荒れ果てた家の中。
みんなが寝静まった後、眠れなかった戀子と起きてしまったばあちゃんの、夢と現が交じり合う会話。
傍にあった父の帽子を少し弄ってからかぶり、こちらを向いてニコリと笑った時の顔が、とっても可愛らしかった。

ばあちゃんは、もうわたし達の事が判らなくなってしまった。

未だ未だいっぱい聞きたかった事があったのに。
ずっとずっと望んでいた戀子の花嫁姿、ばあちゃんが判る内に見せたかったのに。

『次』がいつだって確かに来るとは限らない。
次に繋がらない事の方が、この世の中には圧倒的に多い。
「またね」を云わないままに一生逢えなくなる人の、なんて多い事か。
この夏、ばあちゃんと一緒に写真を撮ろうと思っていたのに、不確かな『次』を信じたばかりに撮る事が出来なかった。

次にばあちゃんと逢った時には、戀子の事をどういう人だと思うのかな。
どう思われようと、戀子はばあちゃんの体に触れたいと思う。
色んな事を肌で感じたい。

今年の夏、逢いに行けて良かった。
良かったんだ。
スポンサーサイト
2007.11.10 (Sat) 03:24
『キープ笑顔』
キープ笑顔を心掛けようと思いつつ、中々キープ出来ない困ったチャン。
今の俺、相当やさぐれておるのでな。自分でも持て余してしまう程なのでな。
お休み前日の夜、常々思っていた事を聞いて貰い、幾らかすっきりして1日が終われた訳ですが、そうは云っても俺、そこまで大人になれんのですよ。
きっちり気持ちの切り替えをする事も仕事の内なのかも知れないけれど、何しろ中2病ですから。
万年思春期、いつまで経っても大人になれず。青春スーツは装着しっ放し。

今日も今日とてやさぐれて、よくいらっしゃるオヤジなお客様の冗談に、くそ忙しい時で相手もしてらんないわ的状態だった事もあり、ニコリともせずに流してしまったり。
ホントに困ったもんだ。これまで仕事であんな態度を取った事はなかったのに。
仕事はしましょ、イライラしてても。お金貰っている以上はプロなんだから。

あー、くそくそ。
こんな時には一路に絡み付いていたいのに。
けれどこういう時にこそ、ゴロゴロと擦り寄る事が出来ない。ヨシヨシして貰いたいって思うのに、こういう事で甘えるのは何故か卑怯な気がして出来ないんだよな。
可愛げ無いんです。頼るのも苦手なんです。
それよりアレだ。
この間みたいにバドミントンとかしちゃって笑い合いたい。
あー、でもアレだ。
今はめっさ一路とチューしたいんです。

何だろうね。
Hも良いが、それよりチューの方が心癒される感じっていうの???
Hに辿り着いた時よりも、例えば指を絡ませた時の感触がたまらないっていうの???

何やら訳が判らなくなって参りましたが。

肉の交わりよりも、肌の触れ合いがたまらなく恋しい夜であります。
今日刻んじゃった眉間の皺を伸ばさなくっちゃさ。
1日の終わりにリセットしなくっちゃさ。
でもまぁ、すぐに触れ合える距離に一路はいない訳ですが。

暫し、一路サンとは逢えないのでね。
我が家にやって来たスティッチ師匠の感触で、今宵は癒されようと思います。
h-candy.jpg
ホワホワでニヤニヤ。
そしてお香を焚きまくり。
寧ろ充満な方向で☆
2007.11.04 (Sun) 04:29
期待をするから
云われたその時には不満はありつつも、まぁいいやと。
それならそれで、納得いくだろう形にまでやったろうじゃねぇかと。
そんな風に思いながら取り掛かったのだけれど。

後からよくよく考えてみたら、それは『私達は色々やる事がいっぱいで、時間がないから』というもっともらしい理由で、体良く押し付けられただけじゃないのかと思えて。
そこに入った事がないので正直、どんな仕事をしていて、どれだけ時間が足りないのかはよくは判らない。
けれども、少し前に加わったそこから移行した仕事に今回新たに上乗せされ、おかげで手が回らないっつー話だ。
俺の体は1つしかないんだし、それ以上の事を望まれても出来ません。
出来ないから「出来ません」とは云った。出来ないなりに、出来る範囲ではやるけれど、と。
つか大体さ、そこ以外の場所だって条件は同じでしょ。
他の場所も同様にやりましょうって話であれば、納得出来る。
でも、そういう話じゃない。

余程、暇そうにやっている様に見えるのかな。
大した事をしているとは思わないけれど、結構時間めいっぱい動いていると思うのだけれど、そう思っているのは自分ばかりで、ただの驕りだったのかしらね。
実際、余裕なんて今はまるで無いですよ。
気持ちの問題なんだろうか。

もぉいっそ、それなら俺をチェッカーから外してくれないか。
正直、ここずっと終わり2、3時間以外は殆どレジに立てないんだし、他の仕事をあれこれ都合よく振られる位なら、チェッカーとして見て欲しくはない。
そこに専念させて下さいよ。

『最初の話と随分違う』なんて事はよくある話だけれど、これまで随分呑んできたと思う。
実際、良くして頂いた部分だって多い。
ものっそい感謝しています。

けれど、もぉいいっすわ。

訴えてみたところで結局は何にも変わらない。
さらりと流されて、ただやるべき事が増えていくばかり。
今の状態を続けて行ったら、間違いなくまた動けなくなる。
私生活に支障を来たしたところで、会社が何かしてくれる訳でもない。

明日、電話を入れよう。
来年以降の居場所を探そう。

その前に何か変わるか。
や、変わらないよ。

期待するから頭に来るんだ。
期待なんかしないで、来るべき時が来るまで、今だけを過ごそう。

俺が居なくなったところで、何にも変わりはしないから。

勝手にして。
2007.10.31 (Wed) 02:30
判ってはいたが
3日間休んだ位じゃどうにもならんのは判ってはいたが、まぁこうも変わらないものかと。
つか、より激しくなった気がする。

何がどう変われば自分が納得するのかもよく判りません。
どうしたものかな。

どうしていこうかな。

わたしが変わらない限りは、何にも変わらない。
どこに向けて狙いを定めるか、なんだろう。

今は一寸お疲れなので、これでおしまい。
八方塞的なのだけは確かです。

呼吸が上がって、苦しくて仕方がない。
腐らないでいないと。
2007.10.19 (Fri) 02:29
日曜日の夕方
うん、そんな感じ。

やっばい。
また呼吸が上がって来た。
2007.10.18 (Thu) 03:33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。